この記事のポイント
  • アルトコインはビットコイン以外のすべての通貨のこと
  • ビットコインにはない機能をもつが、時価総額は総じて低い
  • 人気アルトコインはETH・XRP・BCH・LTC・EOS・ADA・XLM・NEO・MIOTA・XMRなど

2,000種類以上あるアルトコインは、ビットコインにはない魅力が特徴です。

しかし仮想通貨を始めたばかりの方の中には「アルトコインはどんな種類があるの?」、「どのアルトコインがおすすめ?」というように、具体的なアルトコインの種類についてくわしく知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで本記事では、アルトコインに共通する特徴を解説し、代表的なアルトコインについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

▶ 『仮想通貨・ビットコインのはじめ方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アルトコインとは仮想通貨の種類のひとつ

アルトコインは、特定の仮想通貨を指したものではありません。Alternative Coin(代替通貨)の略称で、「ビットコインに替わるもの」という意味をもちます。

決済用の通貨としてビットコインに取って代わろうとしているものもありますが、別の目的で開発されたものも多くあります。ゆえに「ビットコインに替わるもの」という意味は薄れてきています。

アルトコインの特徴

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。そのアルトコインの特徴は、次の2つです。

  • ビットコインをより便利にしたもの
  • ビットコインとは異なるもの

詳しく解説していきます。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) をより便利にしたもの

アルトコインはビットコインをより便利にしたものです。ビットコインのアイディアは誕生した当時は非常に画期的ではありましたが、取引の承認スピードが遅かったり大量のトランザクションが発生すると送金が遅延してしまったりするという問題がありました。

ビットコインのプログラムコードは開発者が自由に利用できるよう公開されていたため、そのコードを元ににさまざまなアルトコインが作成されました。ビットコイン誕生以後に開発されたアルトコインは、ビットコインの欠点を改善しようと試みたものが多かったのです。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) とは全く異なるもの

多くのアルトコインの開発の目的はビットコインとは全く異なります。アルトコインの多くはブロックチェーンのしくみを活かして既存の業務を改善するために開発されています。

たとえば時価総額3位のリップルは、ブロックチェーンのしくみを用いて、金融機関同士の送金プラットフォームを作ることを目指しています。ビットコインのように、単純に決済用通貨としての地位を獲得することを目指していません。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)との違いは?

機能

アルトコインはビットコインにはない機能があります。たとえば時価総額第2位のイーサリアムは、ブロックチェーン上にアプリケーションを動作させるしくみを作りました。ビットコインでもアプリケーションを作成できるのですが、イーサリアムはより幅広い機能をもったアプリを作ることが可能となります。

アルトコインはビットコインとは開発の目的が違うため、ビットコインよりも優れているとは一概に言えません。ですがビットコインにはない様々な機能をもったものが多いです。

時価総額

ビットコインとアルトコインでは時価総額の面で大きな違いがあります。というのも仮想通貨における総時価総額のうち、約60%はビットコインが占めているからです。時価総額第2位のイーサリアムは12%程度、時価総額3位のリップルは7%程度となっており、ビットコインがダントツの時価総額を誇っていることがお分かりいただけると思います。

残りの23%は時価総額4位以下のアルトコインが分け合う形となっており、時価総額ランキングが低いものはほとんど価値がありません。時価総額が高いということは、それだけ多くの人に売買されていることを示しています。ゆえに時価総額が低いアルトコインの多くは、ビットコインに比べて信頼性が低いといえるでしょう。

中央集権型のアルトコイン

仮想通貨というと「発行・管理する団体がない、非中央集権的な通貨」というイメージを持たれる方は少なくありません。ですがアルトコインの中には、「発行・管理する団体」をもつものがあります。

たとえば米ドルを裏付け資産とするテザーは、米企業Tether社が発行する仮想通貨です。「ビットコインのように発行上限が定まっている」わけではなく、Tether社の意向でテザーを発行することができます。

またビットコインでは、コンピュータがあれば通貨の送金を承認する作業に誰でも参加できますが、一部のアルトコインで参加できるは、コインを管理する団体に認定された人だけとなっています。

ビットコインの非中央集権的な思想に反するもので、この点でビットコインとは異なります。どこかに権力が集中している「中央集権的なもの」がアルトコインには多いです。

ブロックチェーンを用いないアルトコイン

仮想通貨の中にはブロックチェーン技術を用いないものがあります。ブロックチェーンとは一定期間に発生した送金情報を塊(ブロック)にまとめて、時系列につなげていくしくみのこと。基幹技術として多くの仮想通貨に用いられてますが、送金が遅かったり一度に大量の送金を処理するのが難しかったりする問題があります。

そこであえてブロックチェーンを使わないしくみを用いて、上記の問題を解決したものがあります。たとえばアイオータはブロックチェーンではなくTangleという技術を使っており、瞬時に送金が完了するしくみを実現しています。

▶ 『ブロックチェーン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アルトコインの種類のかんたん一覧表

代表的なアルトコインとシンボルは次のとおりです。

人気のあるアルトコインの種類を徹底解説!

イーサリアム (ETH/Ethereum)

イーサリアムは時価総額第2位をマークしています。開発者は当時19歳だったヴィタリック・ブテリン氏。2018年にはForbes誌の「アンダー30」の一人に選ばれています。

ビットコインにはもっと柔軟な開発環境が必要だ」としてブテリン氏はビットコイン開発チームに改善提案していました。ですがこの改善提案は受け入れてもらえず、これをきっかけにイーサリアムが開発されました。

それまで送金記録にしか用いられなかったブロックチェーンを、アプリの開発に活かすというイーサリアムのアイディアは当時は非常に画期的で、大きな注目を集めました。

特徴

イーサリアムの特徴は、アプリケーションを動作するためのプラットフォームとなることです。ビットコインのように送金記録をブロックチェーンに刻むだけではなく、チェーン上に様々な機能をもったアプリを実装できます。通貨ETHは、イーサリアム上のアプリを動作するときに消費されます。

特定の条件に達したときに、通貨を送付する「スマートコントラクト」機能を実装しており、透明性が求められる金融ローンや不動産契約などの分野に応用できると期待されています。

リップル (XRP/Ripple)

リップルは、サンフランシスコに拠点を置く米企業リップル社によって開発されました。カナダのWeb開発者Ryan Fugger氏が提唱した、信頼関係がない個人同士でお金をやり取りするためのネットワーク「リップルペイ」の概念が基になっており、この概念にブロックチェーン技術が加わって現在のリップルの形ができました。 

特徴

リップルは金融機関の同士の送金に用いる送金プラットフォームを作成するプロジェクトです。リップルネットワークに参加した銀行同士が通貨を送金するとわずか数秒で着金が完了します。この金融機関同士の送金は、特に国をまたいだ送金のときに威力を発揮します。

国をまたぐ送金のときは、「SWIFT」と呼ばれる電信ネットワークを使いますが、着金まで数日かかり、さらにバケツリレーのように中継銀行を介して通貨を送金してくため、手数料が高くつくことが問題となっています。リップルネットワークを使うことで、2行間で直接通貨をやり取りできるようになるため手数料が安く済みます。

通貨XRPは、リップルネットワーク上で異なる法定通貨同士を橋渡しするブリッジ通貨として利用されます。

ビットコインキャッシュ (BCH/Bitcoin Cash)

ビットコインキャッシュの開発チームは、もともとはビットコイン開発者チームの一つでした。ビットコインキャッシュを立ち上げたのは、現ビットコイン開発チームと開発の方向性が違ったからです。ビットコインキャッシュは、ビットコインのプロトコルを基に立ち上げられました。

2018年11月、ビットコインキャッシュの開発チームは2度目の内部分裂を起こしています。現在のビットコインキャッシュは、bitcoinABCというグループによって開発されてます。基本的な性能はビットコインと同じとなっています。

特徴

ビットコインキャッシュは、ビットコインから派生して誕生した通貨です。ビットコインと袂を分かった後はさまざまなアップデートが行われ、ビットコインよりも速い送金スピード、安い送金手数料を実現しています。「ビットコインキャッシュこそが真のビットコイン」と謳っており、決済用通貨として普及を目指しています。

▶ 『ビットコインキャッシュ (BitcoinCash/BCH) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ライトコイン (LTC/Litecoin)

ライトコインの開発者は、情報工学者のチャーリー・リー氏。ビットコインのプロトコルを元に設計されました。2011年10月から運営されている、最も古い仮想通貨の一つです。

特徴

ライトコインはビットコインの補助用通貨として開発されました。ビットコインよりも4倍の送金スピードを持ち、総発行量も4倍となっています。ライトニングネットワークという瞬時に送金を処理できる技術が搭載されたことで、決済に利用する動きが強まっています。

▶ 『ライトコイン (Litecoin/LTC) の今後・将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

イオス(EOS/EOS)

イオスは2017年にホワイトペーパーが発行された、比較的新しい仮想通貨です。プロトコルを開発したダニエル・ラリマー氏は、仮想通貨ネオの前身BitSharesやSteemitの開発に携わった人物です。ケイマン諸島に登記されたblock.oneという民間企業によって開発されています。

特徴

イオスはアプリケーションのプラットフォームとなるブロックチェーンを開発するプロジェクトです。イオスのブロックチェーンは、取引手数料を排除し、1秒あたり何百万トランザクションを処理できるとしています。EOSトークンは、このプラットフォームを作るための資金調達の手段として利用されました。

2017年に公式サイトにおいてICOが行われ、合計40億ドル(約4,400億円)以上を調達しました。

カルダノ (ADA/Cardano)


カルダノはカルダノ財団とブロックチェーン企業IOHKによって運営されています。開発者の一人チャールズ・ホスキンソン氏は、イーサリアムの共同設立者であり、天才数学者とされています。

特徴

カルダノはビットコインやイーサリアムよりもスケーラブルなブロックチェーンを開発するプロジェクトです。具体的には処理を行う層を2層にしてブロックチェーンに拡張性をもたせます。

他のプロジェクトと異なるのは、学術的なアプローチを行っている点です。開発チームは、グローバルなブロックチェーン研究者と専門技術者で構成されています。ADAトークンは、カルダノブロックチェーン上のアプリを動作させる際に消費されます。

ステラ (XLM/Stellar)

ステラの開発者はジェッド・マケイラブ氏。世界最大級のビットコイン取引所MtGoxの前身eDonkyを設立したり、リップルを立ち上げたりした方です。現在はステラ開発財団に所属しています。

特徴

ステラは国際送金プラットフォームを作るプロジェクトです。リップルと同じような目的を持っていますが、リップルと異なるのは、個人間における送金業務を対象としていることです。また、ステラの開発を行うステラ開発財団は非営利団体となっています。

ネオ (NEO/NEO)

ネオの創設者は中国人のダ・ホンヘイ氏。2020年までにナンバー1の仮想通貨プロジェクトになることを公言しており、上海やシアトルに事務所を設立しています。

特徴

ネオは中国版イーサリアムと言われるように、スマートコントラクトを実装し、アプリケーションのプラットフォームとなることを目指しています。NEOプラットフォーム上では、NEOトークンとNEOGasという2種類のトークンが使われます。

アイオータ (MIOTA/IOTA)

アイオータは4人の技術者によって作成されました。ドイツに拠点を置く非営利組織のIOTA財団によって開発が続いています。

特徴

IOTAはIoTに採用されることを目指しているプロジェクトです。特徴は、ブロックチェーンではなくTangleというしくみを採用している点。Tangleでは、「ノード」と呼ばれる人はおらず、IOTAを送金する人たちだけで送金処理を行います。具体的には、送金者自身が過去の2つの送金を処理することで送金履歴が刻まれます。

この仕組を実現したことで、取引手数料は0円、瞬時に送金が完了するスケーラブルな構造を実現しました。

モネロ (XMR/Monero)

モネロは仮想通貨関連の話題が掲載される掲示板「bitcoin forum」において、ハンドルネーム「thankful_for_today」を名乗る人物によって開発された仮想通貨です。基礎となったプロトコルは、ハンドルネーム「Nicolas van Saberhagen」によって作成されたCryptoNoteです。

特徴

モネロは匿名性が強い特徴があります。一般的な仮想通貨は、「どのアドレスからどのアドレスに」「どのくらいの数量の通貨が送金されたか」が公開されていますが、モネロの場合は公開されず、追跡できません。その特性からダークマーケットの支払い通貨として使われており、先進国から規制の対象となっています。

まとめ

さまざまな種類のアルトコインの概要について解説しました。今回ご紹介した多くのアルトコインは、決済用通貨としての普及を目指していません。何らかの既存業務を置き換えるプラットフォームを開発しており、将来インフラとなる可能性を秘めています。

インフラとなったときには価値が大きく上がる可能性がありますので、投資商品としての期待値は高いでしょう。

▶ 『アルトコイン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!