アルトコインとは

アルトコインとは、ビットコインの誕生以来のビットコイン以外のコイン全てを指します。(語源はオルタナティブコイン)
そして日々アルトコインの種類は増え続けており、その種類は計1000種類以上になっています(ちょっと増えすぎですね…笑)。また、アルトコインは出来高がまだ伴っていない通貨も多く、ビットコイン以上に値動きが激しいのが一つの特徴です。ただ、そんな中において国内で購入できるアルトコインには比較的出来高を伴った比較的安心なものが多く、目先の値動きだけでなくその特徴をさらに押さえることにより世の中の注目や需要がどの通貨に向かっていく傾向があるのかどうかという判断軸を持つことができるのではないかと思います。

今回は、主にこれからビットコイン投資やアルトコイン投資も本格的にチャレンジしてみたい初心者の方や、すでにアルトコインには投資していてなんとなく投資をしていたけれども基本のポイントだけでももう一度押さえておきたいという方に向けて、情報整理を行いました。

この機会に改めて基本を押さえておきましょう。

注目のアルトコイン12選

リップル (Ripple/XRP)

仮想通貨としてのリップル(XRP)は「送金」の分野において、従来の送金の在り方に革命を起こすことを志向して作られました。2012年に国際決済のための分散型台帳ネットワークとしてスタートし、他の仮想通貨と違って運営元が存在します。(運営元:米国シリコンバレーにあるRipple Labs, Inc.)また、リップル(XRP)はビットコインのような通貨とは違い、貨幣的価値を持ちません。そうではなく、リップルの分散型台帳ネットワーク(リップルネットワーク)を利用するためのシステム利用料としての目的で存在します。

リップルネットワークにおいては、ゲートウェイという銀行に近い役割を果たす個人や法人がリップルネットワーク内にIOU(I owe youの略)という証明書を発行し、ユーザーはそのIOUの価値に見合った資産をゲートウェイを通じて換金し、価値の移動を行います。分かりやすく言うとリップル(XRP)の場合、日本円から米ドルに両替する際やその反対行為を行う際にも、それらの通貨がゲートウェイを介して瞬時にXRPという通貨になり、ネットワーク内を通過するというイメージです。

では貨幣としての価値がないリップルにどうしてそこまで注目が集まるのでしょうか?

答えは、冒頭にも書いたように、注目に値する「送金」ソリューションがあるからです。この送金システムはリップルコネクトと呼ばれ、みずほフィナンシャルグループなどの国内主要金融機関もリップルネットワークによる国際送金の実証実験を行うなど、新しい送金方法として注目されています。通常、ビットコインでは、送金完了までに10分程度かかることがありますが、このリップルコネクトであれば僅か4秒で送金が完了すると言われています。またゲートウェイシステムには、銀行のような大規模な仲介作業が発生しないので、低コストで送金が完了するのです。
余談ですが、現在銀行の国際送金手数料の相場は10%前後とされており、さらに国際両替手数料を合わせて約1500兆円にも及びます。このコストがリップルネットワークにより、約60兆円に削減できると試算されていることもあり、この数字を見れば、圧倒的なその期待値に納得がいくのではないでしょうか。

これだけチェックポイント!

  • 「送金」ソリューションの大革命を志向する
  • 国際決済のための分散型台帳ネットワーク(リップルネットワーク)を持つ
  • XRPはIOUを発行するゲートウェイを通過する単なるシステム利用料として存在

購入できる取引所 (bitbank)

ネム (NEM/XEM)

ネム(NEM:XEM)は “A new economy starts with you.” というミッションの元、コミュニティ志向で平等分散型なプラットフォームを志向しています。
そして、ネム(NEM:XEM)の語源は “ New Economy Movement ”の略です。

ネムのコア機能の特徴としては、独自のトークン、いわゆるコイン発行ができる点です。
この発行トークンは、モザイク(Mosaic)と言われており、モザイクを発行するためにインターネット上のドメインに似たネームスペース(Namespace)というものを取得する必要があります。どこかインターネットを想起させるような仕組みがあり、日本の3大取引所の一つZaifを運営するテックビューロ社が開発するプライベートブロックチェーンのミジン(mijin)のコア技術としても活用されています。

そのような背景からも、日本人にとって馴染みがあり、とても関心が寄せられているのです。将来性という観点でいっても、他の仮想通貨に比べて出遅れ感があることから、2018年はさらなるブレイクが期待できる仮想通貨の一つでしょう。

これだけチェックポイント!

  • コミュニティ志向の仮想通貨
  • Zaif運営のテックビューロ社が開発するmijinのコア技術になっており、これがとんでもなく期待されている

購入できる取引所 (Zaif)

モナコイン (Monacoin/MONA)

モナコイン(MONA)はあの匿名掲示板2ちゃんねるにおいて、有志が勝手に作ってネタで採掘し始めた価値のないコインが始まりです。

2014年1月1日に正式に公開されました。

2015年3月にはZaif取引所での取引がはじまりました。
そして、2017年の9月29日に金融庁が正式に仮想通貨交換業者の登録を発表し、取り扱い通貨の中に「モナコイン」が追加されました。
翌営業日の10月3日にbitFlyerからもモナコイン取り扱いのニュースが報じられ、そのニュースをきっかけに価格が急上昇したのです。

今では、秋葉原のUDX巨大ディスプレイにモナコインの動画広告が有志からの出資により実現したり、競馬といった各種サービスの賞金として用いられたり着実にコミュニティの力により正式に金融庁の取り扱い登録を受けた日本初のコインです。

これだけチェックポイント!

  • ライトコインを改良して作られた
  • あの2ちゃんねるから初めての国産通貨
  • コミュニティが活発であり、実際にコインの利用もされている

購入できる取引所

ビットコインキャッシュ (Bitcoincash/BCH)

ビットコインキャッシュとは、2017年8月1日にビットコインのブロックチェーン内のブロックが一杯で支えきれなくなり(ブロック高478558)、ビットコインからハードフォークして生まれた仮想通貨です。

“Peer-to-Peer Electronic Cash”というビットコインのビジョンを実現するために生み出された、安い手数料で安定した送金を可能にします。

ブロックサイズが拡大

ビットコインの問題点として論点となっていたのは、ビットコインのスケーラビリティ問題で、ビットコインにおけるブロックチェーンのブロックサイズが1MBに制限されていたことで、処理(遅延)遅延・取引手数料の上昇が多々発生していましたことでした。
近年の価格高騰の影響により取引量が増加し、手数料は1年間で100倍上増加してしまっていたのです。

ビットコインキャッシュはそのブロックサイズをビットコインの従来の1Mから8倍の取引をさばけるサイズに拡大しました。これにより、こうした送金詰まりのような事象が発生しづらくなったのです。(グラフで見ると一目瞭然ですね)

ビットコインよりも送金通貨らしい働きが強化されており、見方によってはこちらが分岐したのではなく、”ビットコインキャッシュこそ本物のビットコイン”だと唱える人もいるほど熱狂的な信者が存在しています。

ブロックサイズが可変

また、ブロックサイズを可変できる仕組みを取り入れたことも重要で、ふたたびフォークが必要になることを避ける目的で、ブロックサイズの値自体を、柔軟に変更できるような仕様にしました。こうすることで万が一ブロックがいっぱいになったとしてもハードフォークを避けることができることもポイントです。

これだけチェックポイント!

  • ビットコインからの分裂(ハードフォーク)により誕生
  • ブロックサイズがビットコインの8倍
  • 新しい難易度調整アルゴリズムを採用

購入できる取引所 (bitFlyer)

イーサリアム (Ethereum/ETH)

イーサリアムは、”世界中の誰もが利用でき、政府の検閲を受けず、電力供給される限り永久に止まることのないWorld Computer”の実現を目指して、2014年8月にプロジェクト開始時にもかかわらずクラウドセールにて1ヶ月半という短期間で16億円の資金調達をおこない開発がスタートしたものです。

イーサリアム(Ethereum)は、独自のブロックチェーンを開発するところから始まっており、初期の開発文書(ホワイトペーパー)はビットコインの開発に関わっていた天才プログラマーVitalik Buterin(ヴィタリックブテリン氏)が作成、その後2015年6月に実際に作動するイーサリアムブロックチェーンが公開されました。そして、2016年3月に「ホームステッド」と呼ばれる実用安定供給される形でアップデートが行われました。

正式には、イーサリアムというプラットフォームの中で使用されるイーサと呼ばれる通貨が市場では取引されており、その時価総額はビットコインに次ぐ地位に拡大しています。

一番の特徴は、「スマートコントラクト」という契約代行履行の技術であり、STATE OF THE DAPPS というサイトに、非常にたくさんの実用アイデアが載せられています。
一言で言えば、Decentralized Apps(通称Dapps:ダップス)という、中央管理者なしに自律分散的に稼働するアプリケーションの基盤となる技術です。
これまでIT企業をはじめとする多くのWebサービスはプラットフォームとして中央集権的な誰かが必ず管理を行っていました。対して、これらのDappsはそうした概念をアップデートし、仲介の必要性を自律履行によりプログラム化して行くことを主眼としています。

これだけチェックポイント!

  • Decentralized社会(自律分散型社会)の実現を目指す
  • 基盤技術「スマートコントラクト」を実装
  • 天才プログラマーVitalik Buterin氏が開発に参加

購入できる取引所 (bitFlyer)

イーサリアムクラシック (Ethereumclassic/ETC)

イーサリアムクラシックは、元祖フォークコインです。

2016年、DAO事件というイーサリアム上で150億円相当の資金がDappsのプログラムバグによりハッカーに差し押さえられてしまうという事件が発生しました。
この事件の救済措置として、ハッカーの行為を無効化する強制的ハードフォーク介入が行われ、本体(イーサリアム)に改良が加えらました。

一方でこれに反対をしたのが、イーサリアムクラシック立ち上げの一番の原因です。今回のDAO事件ではあくまでイーサリアム側ではなく、Dapps側にプログラムのバグがあった以上、恣意的に本体プログラムを改修するのはブロックチェーンの根本思想からは逸脱するとしてハードフォークによる改良を加えないオリジナルイーサリアムを存続させることを主張しました。

こうしてフォークした際、本体イーサリアムは改良したプログラム側を引き継ぐこととなり、従来のままのプログラムを有したもう一方のイーサリアムはイーサリアムクラシックとして存続をすることになりました。

イーサリアムがプログラムの変更に積極的なのに対して、イーサリアムクラシックは保守的といった捉え方がされています。そのため、その仕様はイーサリアム開発初期のままであり、今後のアップデートへの対応も踏まえて考えると、イーサリアムが一歩先を行っている感覚があると感じる人が多いです。

これだけチェックポイント!

  • 元祖フォークコイン
  • DAO事件の遺産
  • 保守的開発が推進

購入できる取引所 (bitFlyer)

リスク (Lisk/LSK)

リスク(Lisk)は、2016年にMax Kordek氏らを中心として開発を行った前述のDapps構築プラットフォームです。
故に、イーサリアムに非常に似ています。

大きな違いは、Dappsを一つのメインブロックチェーン上で管理せず、サイドチェーン化して管理するという点です。
これにより、一つ一つのブロックチェーン上でのDappsの稼働が上がった場合においてもネットワークの負荷が少なく、処理能力が向上することが期待されています。

これだけチェックポイント!

  • Decentralized社会(自律分散型社会)の実現を目指す
  • Dappsをサイドチェーン化して管理する

購入できる取引所 (bitFlyer)

オーガー (Augur/REP)

オーガー(Augur)は、分散型の予測市場プラットフォームです。分散型予測市場というのは、簡単にいうとギャンブル要素の強い予測になります。大統領選挙や、ワールドカップの勝敗など、ことある毎の予測に掛け金を投じるのです。

ギャンブルと違うの?ということになりそうですが、単に運任せではなく、社会的な事象を掛けの対象とし、大衆の知恵を予測に反映させる「大衆予測」という考え方を志向しています。

Augur自体は通貨ではなく、予測補助により得られる報酬トークンです。
Augurというプラットフォームの中で人々の予測が発生し、それに対して掛けが行われます。予測には、Augurトークン保有者が予測結果の補助を行います。そして、その全体収益の内の1%程度をAugurトークン保有者に配当するのです。

ただ一方で、仕組みは面白いのですが、開発されているのに一向に立ち上がらず先行き不透明な状況が続きます。

これだけチェックポイント!

  • 分散型の予測市場プラットフォーム
  • Augur自体は通貨ではなく、予測補助により得られる報酬トークン
  • プロジェクトに暗雲が立ち込めている

購入できる取引所 (Binance)

ファクトム (Factom/FCT)

ファクトム(Factom)は、分散型の文書管理プラットフォームです。

ファクトムを用いることにより、あらゆる文書の電子データの記録・管理を第三者の存在なしに証明することができます。
ますます機密情報の管理において、ますます需要が高まる現代社会において、将来的に今までよりも低コスト、かつ高セキュアな社会を実現できる可能性があります。

データをファクトムサーバー格納

ユーザーは利用料金を支払いデータをファクトムサーバーと呼ばれるところにエントリー(送信)します。エントリーされたデータは、ファクトムサーバーの確認後、エントリーブロックに格納されます。そして、格納された各データはディレクトリブロックという箱の中で設定されたカテゴリー毎にまとめて暗号化され、10分毎にビットコインのブロックチェーン上に格納されます。

これだけチェックポイント!

  • 分散型の文書管理プラットフォーム
  • ファクトムサーバー、エントリーブロック、ディレクトリブロックで管理

購入できる取引所 (Binance)

ダッシュ (Dash/DASH)

匿名仮想通貨として、ダッシュ(Dash)、モネロ(Monero)、ゼットキャッシュ(Zcash)という通貨が存在します。
この3つの仮想通貨はぜひ匿名三兄弟としてセットで覚えておきたいところです。中でもダッシュは長男にあたる頼れる存在です。

では、一体どんなところが匿名なのでしょうか。

ビットコインにあるブロックチェーンは、構造上プログラムを辿るとある程度誰から誰に送金が行われたのかといった履歴を解析することが可能となっています。
一方、ダッシュ(Dash)に代表される匿名仮想通貨に関しては、それぞれ送金の際に匿名にできる範囲を決めることができるようになっています。

中でもダッシュ(Dash)はもともとダークコイン(Dark Coin)という呼び名だったことからもおわかりの通り、匿名性を徹底的に強化した仮想通貨でした。(のちにあまりに呼び名の印象が悪いという話になりDashになりました。)

Dashはマーケティングにも積極的であり、コミュニティが一番活発な仮想通貨でもあります。

これだけチェックポイント!

  • 匿名兄弟(Dash、Monero、Zcash)の長男
  • マーケティングに積極的

購入できる取引所 (Binance)

モネロ (Monero/XMR)

匿名兄弟(Dash、Monero、Zcash)の次男、モネロ(Monero)ですが、活動が活発でなくマーケティングもあまりされていません。

ただ、機能的な特徴に関しては、このモネロが他の匿名通貨兄弟に比べて安全性が高いと言われています。送金の際に、一体誰から誰に送金がされたのかが、外からは全く判別できなくなるという特徴があります。

これだけチェックポイント!

  • 匿名兄弟(Dash、Monero、Zcash)の次男
  • マーケティングに消極的

購入できる取引所 (Binance)

ジーキャッシュ (Zcash/ZEC)

ジーキャッシュは匿名兄弟(Dash、Monero、Zcash)の中でも、完全な匿名性を有する点が大きな特徴です。

完全な匿名性というのは、送信者・受信者のアドレス、送金したコインの数量が全くわからないということです。

ただ一方で、決定的な欠点が一つだけあります。
初期のZcashプロジェクト立ち上げの際に、特別な秘密鍵を破棄する必要があるのですが、その秘密鍵自体が破棄されておらず仮に誰かにバレてしまった場合、Zcashは解読されてしまう危険性があるのです。
これをトラステッドセットアップ(信頼できる人による立ち上げ)問題と言います。

これだけチェックポイント!

  • 匿名兄弟(Dash、Monero、Zcash)の三男
  • 完全匿名性を主張

購入できる取引所 (Binance)

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!