アルトコインマイニングの始め方 - おすすめ通貨と儲かる基準とは

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
1分で理解する要約
  • アルトコインはビットコインの進化版として多くの銘柄が誕生している
  • マイニングは予算に応じた手段が利用可能
  • アルトコインは将来性を見極めることで高騰する銘柄をつかめる可能性が上がる

マイニングは暗号資産(仮想通貨)を定期的に稼ぐ手段として知られています。マイニングは資金額によってとれる方法が違ってくるので自分に合った方法を採用することが重要です。

またマイニングの難易度からしてもアルトコインのマイニングは敷居の低いものになっています。

本記事ではマイニングの種類やそれぞれの注意点の説明とアルトコインをマイニングする利点などを解説しています。

アルトコインとは

アルトコインはビットコインに続いて誕生したすべての暗号資産(仮想通貨)を指す名称です。アルトコインはイーサリアムやリップルのように有名な通貨から、通貨規模が小さくほとんど知られていないような草コインと呼ばれる銘柄まで多くの種類が存在しています。

アルトコイン誕生の背景

暗号資産(仮想通貨)のはじまりであるビットコインは、ナカモトサトシと呼ばれるプログラマーによって2008年に誕生し普及が進みました。

ビットコインの基本となるブロックチェーンではマイナーによる技術的な承認 (マイニング) が行われることで中央管理なしで機能することが可能になっています。

しかしビットコインはブロックチェーンを活用したはじめての暗号資産(仮想通貨)であり、マイニングによる承認や通貨の送金速度に課題がある状態でした。

そのため公開ずみのビットコインを構成するソースコードを利用して、現在までにビットコインの問題点を改善したアルトコインが数多く誕生しています。

さらに元々ビットコインは純粋な送金手段として開発された暗号資産(仮想通貨)です。しかし開発の過程でビットコインの機能に新しい付加価値を加えることで、新たに開発されたアルトコインには様々な機能が付与されることになりました。

技術的に優れたアルトコイン

ビットコインには送金にかかる時間が長く利用者が増えることで、マイニング作業が滞り送金手数料も高騰しているという問題があります。

アルトコインは多くのユーザーに利用してもらうために、実用性を高め付加価値をつけることでビットコインよりも優れた技術が実装されています。

アルトコインマイニングの方法

ソロマイニング

ソロマイニングは自分でマイニングマシンと環境を用意して、マイニングを行うことです。マイニング方法にはいくつか手段がありますが、ソロマイニングでは他者の力を借りないため、獲得した報酬についてはすべて自分のものにできるという特徴があります。

しかしマイニングを行うためにはマイニングに適したマイニングマシンや環境整備、さらにマシンを起動させるための電気代など多額のコストが発生します。様々な要素が絡むことで財力のない個人勢では参入が難しくソロマイニングを行っているのは企業や団体がほとんどです。

軽い気持ちでソロマイニングに取り組んでもコストのわりに得られる利益が釣り合わず、結局挫折してしまう場合が多いでしょう。

メリット

ソロマイニングを行うことで得られるメリットは主に以下の通りです。 

  • 他のマイニング方法より最も高い利益を獲得できる
  • マイニング方法を自分で決定可能

ソロマイニングは他のマイニング方法のように協力してマイニングを行うことがありません。他者の力を借りず自分でマイニングを行うことでマイニングによって得られた報酬はすべて自分のものにできます。

またマイニングは存在する暗号資産(仮想通貨)やマシンによって様々な手段が用意されています。マイニングを行う暗号資産(仮想通貨)によって適した手段をとれるようになり、稼働時間なども自由に決定できる点が魅力です。

デメリット

ソロマイニングを行ううえでのデメリットは以下の通りです。

  • 報酬を安定して獲得できるかは不明
  • 他のマイニング方法と比較すると大きなコストを支払わなければならない

マイニングは複雑な計算をマイニングマシンで実行することで正しい条件を見つける作業です。マイニングは多くのマシンによって行われており常に条件を達成することは不可能です。他にも計算速度を競う中でより高性能なマシンが登場して結果的に報酬を得られない場合もよくあります。そのためマイニング状況と運によって安定した報酬を常に獲得できるとは限らないということです。

またソロマイニングは自分でマイニングを行う性質上、マイニングマシンや環境整備などを自分で行わなければなりません。マイニングをはじめるための初期コストや稼働時の電気代に加え、マシンのメンテナンスといったコストは決して安くはないです。そのためまとまった資金がない場合はソロマイニングをこなすことは難しいといえます。

プールマイニング

プールマイニングは自前で完結するようなマイニング環境を構築できない場合に、たくさんのマイナーでマシンパワーを共有して承認作業を実行する方法です。

獲得するマイニング報酬についてはプールマイニングに参加したマイナーで分配されるため、一気に大きな利益を得ることは難しいです。しかし多くのマシンパワーを終結させることでマイニングを成功させる確率が高まり、安定して利益を得やすくなっています。

設備についても1度用意すれば、コスト面は電気代やメンテナンス費用などの負担をするだけですみます。

メリット

ソロマイニングではマイニングのための環境を整えることで、承認作業を成功させて大きな報酬を稼いでいきます。しかし近年では多くのマイナーが参入することでマイニングを成功させる確率も低くなってきました。マイナー同士が高性能なマイニングマシンを使用していた場合、安定して報酬を得られないことも少なくありません。

しかしプールマイニングはマシンパワーを終結させており格段にマイニングの成功率が上がります。そのためプールマイニングに参加することで安定した報酬が手に入るようになります。

デメリット

マイニングマシンの計算速度はハッシュレートと呼ばれています。プールマイニングに参加することで安定した報酬を得やすくなることは確かですが、用意する設備のハッシュレートが低いとプールマイニング内での貢献度が下がり獲得できる報酬も少なくなります。

またプールマイニングは参加したマイナーの合計ハッシュレートによって承認作業をこなします。合計ハッシュレートが低いプールマイニングを選ぶと、その団体として安定した報酬を得ることも難しいです。

クラウドマイニング

クラウドマイニングはマイニングを事業にしている企業や団体に投資をすることで金額に応じた報酬を獲得する方法です。これまで紹介したマイニング方法とは異なり自前でマイニング設備を用意する必要がありません。

メリット

クラウドマイニングのメリットは以下の通りです。

  • マイニング環境や維持コストを支払う必要がない
  • 専門知識なしではじめられる
  • 難しい作業は必要なくすべて企業に任せられる

すでに紹介したソロマイニングやプールマイニングでは、マイニングマシンなどのマイニング環境を整える必要がありました。しかしクラウドマイニングはマイニングを行う企業や団体に投資するだけではじめられます。つまり初期投資費用以外に発生するコストがないので少ない金額からでもマイニングに参加できます。

またマイニング環境の構築の点でも企業に投資するだけではじめられ専門的な知識も必要ありません。そのため安定してマイニング報酬を得るためのメンテナンス作業も行う必要がなく、初期費用を支払うことですべて企業や団体にお任せすることが可能になっています。

デメリット

マイニングを行う暗号資産(仮想通貨)は供給量があらかじめ決められているため、需要の変動によって価値も変わっていきます。そのため対象の暗号資産(仮想通貨)が価値変動するとマイニングで獲得できる報酬も増減することを意識しなければなりません。価格変動のリスクは暗号資産(仮想通貨)を扱う以上避けられない点です。

またクラウドマイニングはマイニング団体に投資をする点から、悪意ある第3者によるハッキングや業績悪化によってサービス自体が終了してしまう場合もあります。団体によってはマイニング自体を行わず資金だけを奪い取るような詐欺集団である危険性も考えられます。

そのため投資予定のマイニング団体に関しては綿密な調査を行い信頼性を確かめたうえで資金を投じましょう。

アルトコインマイニングが儲かる理由

競争が少ない

暗号資産(仮想通貨)の先駆けであるビットコインはマイナーによる承認競争が激しく、獲得できる利益はどうしても少なくなってしまいます。

その点アルトコインはビットコインに比べてマイニング競争の相手が少ないです。収益性も高めで高性能なマシンを用意できなくても報酬を得やすくなっています。つまり効率よく利益を獲得できる穴場といえる環境になっていますが、アルトコインマイニングにおける特異性によって、ビットコインマイナーが参入しにくい特徴があります。

参入障壁が低い

ビットコインマイニングの特徴はマイニング処理に特化した集積回路であるASICが搭載されたマイニングマシンが有効的に働くことで、ASICの利用者による独占的なマイニングが行われていることに尽きます。通常のパソコンやマシンに搭載されている集積回路にはCPUGPUがありますが、これらの回路ではASICに太刀打ちできません。

しかし多くのアルトコインはASICに対して耐性をつけることで一般的なCPUやGPUでも収益化できるように設計されています。ASICを多用する業者は効率よくマイニングを行えないためアルトコインマイニングへの参入も少ないです。そのためアルトコインのマイニングは参入障壁が低く、特別な集積回路を用意できないマイナーでも利益を狙いやすくなっています。

価格の上昇が見込める

暗号資産(仮想通貨)は市場に流通するコインの供給量があらかじめ定められていることで、ユーザーの需要が高まると価格が高騰します。

ビットコインは現在暗号資産(仮想通貨)の中で最も需要が高い銘柄として周知されています。価格面でもすでに大きな伸びを見せており、需要の増加による価格高騰には限界が見られるのが特徴です。

一方アルトコインはビットコインと比較して需要も低く1コイン当たりの価格が低い銘柄が多く存在します。また値動きの幅が大きいことで銘柄によっては何十倍から何百倍の価格上昇を見せることもあります。

草コインと呼ばれたバージ (Verge/XVG) という銘柄は一時的に7,500倍の高騰を記録しました。

アルトコインは認知度が高まり、需要が広がることで爆発的な高騰を見せる余地があります。大きな利益を狙うなら将来性が高いと思われるアルトコインを探してマイニングをするといいでしょう。

アルトコインマイニングに関するQ&A

マイニングをするには高額な初期費用が要るの?

マイニングの手段としては以下の3種類が用意されています。

  • ソロマイニング
  • プールマイニング
  • クラウドマイニング

上記のマイニング方法のうちソロマイニングとプールマイニングについては、マイニングをはじめるためにマイニングマシンや環境を整えなければなりません。

しかしクラウドマイニングではマイニングを行う団体に投資することで環境を整える必要もなく、少ない費用でマイニングをはじめられるようになっています。マシンを稼働させるための電気代といったコストも発生しないので、堅実な投資先を選ぶことで安定して報酬を得られるでしょう。

アルトコインって稼げるの?

暗号資産(仮想通貨)は需要が増加することで、価値が高まり1コイン当たりの価格が上がっていく特性を持っています。ビットコインはすでに広く周知され需要が広がっており爆発的な価格上昇は見込めません。

しかしアルトコインは知名度が低く1コイン当たりの価格が安い銘柄も多数存在します。過去には価格の高騰で何十倍から何百倍もの値上がりを記録した通貨もありました。そのため需要が高まる見込みのあるアルトコインを保有することで、何かのきっかけで大きな利益を得られる可能性があります。

アルトコインマイニングのまとめ

アルトコインマイニングはビットコインマイニングと違い、ASIC耐性をつけることでマイニングの敷居を低くすることに成功しています。

マイニング方法も予算に応じて適した手段が用意されているので内容を理解して取り組んでみてください。

また大きな利益を狙うために価格の低いアルトコインをマイニングするのではなく、潜在的な需要が見込める銘柄を見極めることで結果として莫大な利益を得られる可能性も高まります。暗号資産(仮想通貨)はまだまだ発展途上です。賢くマイニングを行い利益を得ていきましょう。

関連記事