BINANCE (バイナンス) が閉鎖される可能性はある?噂の真相を徹底解明

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • BINANCEは取引量がトップクラスの取引所
  • BINANCEは香港からマルタ島に本拠地を移して運営中
  • BINANCEは閉鎖される可能性が低い取引所

中国では仮想通貨に対する規制が厳しく、閉鎖に追い込まれる取引所も多く存在しています。海外大手仮想通貨取引所BINANCEでも同じように、規制により突然閉鎖するのではないかといわれています。

本記事では、海外取引所BINANCEが閉鎖する可能性について解説します。BINANCEは世界中のユーザーが利用しているので、閉鎖するようなkことがあれば仮想通貨にとっても大打撃となるでしょう。

先に口コミ評価をチェックする方はこちら
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
#無期限先物取引
Binance
(バイナンス)
Binance Holdings. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
1,000億円を超える純利益を誇る、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!
BINANCE (バイナンス) は、取引高世界1位を誇る中国発の暗号資産(仮想通貨)取引所です。他にも、ユーザー数が800万人以上、取り扱い暗号資産(仮想通貨)数が190種類など、総じて規模の大きな取引所です。セキュリティもしっかりしているため、安心して暗号資産(仮想通貨)取引ができます。
取引手数料
0.015~0.1%
取引方法
現物 / 先物取引 / 信用取引
暗号資産数
386
最大レバレッジ
125倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
9.9
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

BINANCE (バイナンス) について

BINANCEは、2017年7月に設立された海外仮想通貨取引所です。2018年3月24日に運営会社の本拠地を香港からマルタ島へと移動しています。仮想通貨の取扱量が100種類を超えています。

トロンやイオスなどといった国内仮想通貨取引所で取り扱っていない仮想通貨を取り扱っていることで有名となっています。取引高が世界でもトップクラスなため、注文が約定しやい取引所です。

さらに取引所独自の仮想通貨BNBトークンを取り扱っていて、取引手数料として利用すれば0.005%で取引を行うことができます。また取引所に上場させる仮想通貨を決めるとき、投票券としても機能を果たす仮想通貨です。

取り扱い通貨が豊富で取引手数料の安いBINANCEは、登録手数料や口座維持料が無料ですのでアカウントを開設しておきましょう。

BINANCE (バイナンス) が一部のユーザーのアカウントを閉鎖?

セルビアなどの東ヨーロッパの国々では、BINANCEのアカウントは閉鎖されているとSNSで一時話題となりました。しかしセルビア居住者のアカウント閉鎖は見直されています。

これまでユーロ建ての導入などヨーロッパへ進出する動きがあっただけに、不審な動きであったといえます。

BINANCE (バイナンス) が閉鎖される可能性

2019年3月5日現在、BINANCEは閉鎖していません。しかし、BINANCEだけに限らず、国内外全ての取引所に閉鎖するリスクがあるといえます。

中国の規制によってBINANCE (バイナンス) が禁止される可能性

しかし香港に取引所の本拠地を置くBINANCEは、閉鎖するリスクが十分にある取引所でした。中国では仮想通貨に対する規制がかなり厳しいため、閉鎖に追い込まれた取引所は多数存在します。

BINANCE (バイナンス) がマルタに移転

香港に取引所の本拠地を置いていたため取引所の閉鎖について騒がれましたが、BINANCEは本拠地をマルタ島に移しました。そのため、中国から仮想通貨に関して鑑賞を受けるということはないでしょう。

BINANCE (バイナンス) の新規登録の停止と閉鎖の関係

BINANCEでは一時新規登録を停止していたため、取引所が閉鎖するのではないかと騒がれていました。しかしBINANCEの新規登録停止時期は2018年1月のことで、仮想通貨バブルの絶頂期です。

新規登録が殺到したことによる一時停止なので、取引所の閉鎖とは何の関係もありません。

現在は新規登録は可能

2019年3月5日時点、BINANCEではアカウント登録・口座開設することはできます。

金融庁からの警告で BINANCE (バイナンス) が閉鎖される可能性

2017年9月に中国のOKCoin.cnを閉鎖する動きを見せました。OKCoinは世界でもトップクラスの取引所で、中でもOKCoin.cnは北京を拠点として運営していた取引所です。

海外への資金流出を恐れた中国規制当局は、OKCoinやHuobiでの人民元建も廃止するよう規制をかけました。中国の3代仮想通貨取引所といわれるほど取引量の多かったため、BINANCEも閉鎖に追い込まれるのではといわれていました。

しかしBINANCEはマルタ島に本拠地を移しているので、中国規制当局の影響はほぼ受けないとされています。現在もBINANCEは運営を継続しています。

BINANCE (バイナンス) の閉鎖のまとめ

BINANCEは元中国の仮想通貨取引所だったことや、ヨーロッパ諸国で一部アカウントを凍結したりしたため、閉鎖するのではないかと騒ぎになりましたが、現在も新規アカウント登録を行うことができるようになっています取引所が突然閉鎖するリスクは、極めて低いといえるでしょう

仮想通貨取引所はどの取引所であっても、等しく閉鎖するリスクを抱えています。しばらく取引を行わない仮想通貨に関しては、取引所ではなく対応しているウォレットに退避させておくことがオススメです。

Important

BINANCE(バイナンス)が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。どの取引所を選べば良いか迷っている方はぜひ「国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング」をご覧ください。

関連記事