BINANCE (バイナンス)の取り扱い通貨・銘柄一覧 | おすすめ通貨を徹底解説 !!

編集:
田中 梨香子 (Rikako Tanaka)
この記事の編集者
田中 梨香子

暗号資産 (仮想通貨) を扱うライター兼編集者であり、執筆作品はKasobuにて紹介されています。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • BINANCEの取り扱い通貨数は300種類以上 (2021年8月現在)
  • BINANCEの手数料は安いため草コイン取引におすすめ

BINANCE (バイナンス) の取り扱い通貨や上場コインの投票システム、他取引所と比較した際の特徴について解説します。

BINANCEの取り扱い通貨や、利用するメリットをよく理解し、今後の取引所選びに役立ててみましょう。

先に口コミ評価をチェックする方はこちら

BINANCE (バイナンス) 取り扱い通貨は300種類以上

BINANCEの取り扱い通貨 (取引高順)

Audius

My Neighbor Alice

Alpaca Finance

Alien Worlds

NEAR Protocol

Coin98

Euro

IoTeX

Trust Wallet Token

Raydium

SuperFarm

Smooth Love Potion

Streamr

CertiK

BakeryToken

Toko Token

Unifi Protocol DAO

TrueFi

WINkLink

Mirror Protocol

Perpetual Protocol

Linear

Ellipsis

Alpha Finance Lab

Australian Dollar

Venus

Mina

Sun (New)

Paris Saint-Germain Fan Token

Litentry

Theta Fuel

Clover Finance

UMA

Tellor

VeThor Token

SKALE Network

Balancer

XRPDOWN

XRPUP

ETHUP

ARPA Chain

Bella Protocol

RAMP

Pound Sterling

FUNToken

Mdex

DOTUP

Injective Protocol

BTCDOWN

BarnBridge

bZx Protocol

Kyber Network Crystal v2

WazirX

Burger Swap

Dego Finance

Atletico De Madrid Fan Token

Flamingo

Oasis Network

Frontier

Gitcoin

SUSHIUP

SUSHIDOWN

NKN

HARD Protocol

pNetwork

DIA

ETHDOWN

BTCUP

Travala.com

Orion Protocol

Akropolis

Terra Virtua Kolect

Automata Network

Stafi

FC Barcelona Fan Token

Ethernity Chain

DOTDOWN

eCash

ADAUP

Mask Network

Ampleforth Governance Token

BNBUP

Bitcoin Standard Hashrate Token

Aavegotchi

VITE

Celo

Klaytn

Cocos-BCX

Badger DAO

NuCypher

Measurable Data Token

AAVEUP

Conflux Network

Marlin

ADADOWN

Beacon ETH

EOSUP

LINKUP

DeXe

AAVEDOWN

Prometeus

FIO Protocol

Voyager Token

Auto

BNBDOWN

TROY

Hive

MANTRA DAO

Wrapped NXM

Orchid

UNIUP

Juventus Fan Token

Dusk Network

PERL.eco

Contentos

YOYOW

QuickSwap

Bitcoin Diamond

Phala Network

UniLend

Hegic

EOSDOWN

LINKDOWN

Tornado Cash

Wing

SXPUP

ForTube

IRISnet

MovieBloc

SXPDOWN

Standard Tokenization Protocol

NULS

XLMUP

district0x

RSK Infrastructure Framework

Bounce Token

AC Milan Fan Token

Ontology Gas

TokenClub

dForce

FILUP

AS Roma Fan Token

Prosper

New BitShares

LTCUP

OG Fan Token

Cortex

Swerve

SingularityNET

Frax Share

COVER Protocol

Keep3rV1

EasyFi

Everipedia

TRXUP

Secret

XTZUP

FILDOWN

Viberate

YFIUP

Ambrosus

Moeda Loyalty Points

XLMDOWN

Spartan Protocol

Wabi

YFIDOWN

Beefy.Finance

Genesis Vision

Agrello

PowerPool

Blox

AppCoins

Raiden Network Token

TRXDOWN

XTZDOWN

Aergo

QLC Chain

GXChain

UNIDOWN

Everex

Monetha

LTCDOWN

renBTC

(2021年8月18日現在)

BINANCEの取り扱い通貨数は300種類以上におよびます。ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨はもちろん、多くのアルトコインの売買ができます。

BINANCEで取り扱われている人気仮想通貨

ビットコイン (Bitcoin/BTC)

全ての仮想通貨はビットコイン (Bitcoin/BTC)から始まりました。そのため最も多くの取引所で取り扱われており、いち早く実用化もされています。今ではビットコインを利用した買い物やデビットカード決済ができるお店やサービスがあります。

イーサリアム (Ethereum/ETH)

イーサリアム (Ethereum/ETH)はビットコインの次に有名な仮想通貨です。イーサリアムはブロックチェーン技術に加えてスマートコントラクトという機能がそなわっていることが最大の特徴です。スマートコントラクトとは人の手を介さずに自動的に契約を実行するシステムのことであり、1994年にこれを提唱した暗号学者ニック・スザボは、お金を入れボタンを押すだけで商品を購入できる自動販売機のような仕組みだと説明しました。このシステムにより取引時間の短縮と人件費の削減が可能になります。

リップル (Ripple/XRP)

リップル (Ripple/XRP)は日本人に人気の仮想通貨です。現在の国際送金の仕組みは日数がかかる上に手数料コストが高いことで問題視されています。この課題を解決するために開発された仮想通貨および一連のプロジェクトがリップルです。異なる決済手段や通貨でも取引できるようになったことで、取引時間の短縮と換金コストの削減を可能にしています。

ライトコイン (Litecoin/LTC)

ライトコイン (Litecoin/LTC)はビットコインの課題を改善し開発された仮想通貨です。ライトコインは決済用通貨として作られたため、ビットコインよりもスピーディかつ低コストの取引を可能にしています。

ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)

ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)はビットコインから派生した仮想通貨です。ビットコインのスケーラビリティ問題(取引を記録するブロックチェーンの容量が上限に達することによって起こる処理速度の低下と、それに伴う送金遅延)に対する考え方の違いから分裂が行われました。現在ではビットコインキャッシュABC (BCHABC) に名称が変更されています。

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)The DAO事件を機にイーサリアムから分裂した仮想通貨です。基本的にはイーサリアムと同様の機能がそなわっていますが、発行上限を決めるなどこまかい部分でイーサリアムと違いがあります。

ステラ (Stellar/XLM)

ステラ (Stellar/XLM)はリップルの技術をもとに開発された仮想通貨です。しかしリップルとは異なり、急激な高騰を防ぐために定期的に発行されており、価格が安定しやすくなっています。個人間の国をまたぐ決済手段として利用されています。

イオス (EOS)

イオス (EOS) は企業間取引で利用されることを目的とした仮想通貨です。その最大の特徴はスピーディな取引であり、毎秒5万件以上のトランザクションの処理が可能といわれています。

ネオ (NEO)

ネオ (NEO)は分散型アプリケーションの開発が行えるプラットフォーム型仮想通貨です。イーサリアムと同様にスマートコントラクトが使えるため、中国版イーサリアムともよばれています。

カルダノ (Cardano/ADA)

カルダノ (Cardano/ADA)はオンラインカジノプラットフォーム 「Cardano」 で利用されることを目的とした仮想通貨です。イーサリアム開発に携わった天才数学者チャールズ・ホスキンソン氏が開発に携わっていることで知られています。

バイナンスコイン (Binance coin/BNB)

バイナンスコイン (Binance coin/BNB) はBINANCEが独自に発行しているトークンのことです。バイナンスでの取引手数料を割引したり (本記事の後半で詳しく説明します) 、他の仮想通貨と両替したりすることができます。

2021年8月現在での時価総額は仮想通貨全体で4位[1]

CoinMarketCap, Binance Coin, 2021年8月28日参照

triangleと、取引所が発行するトークンとしては異例の人気を誇っています。

取引方法ごとに利用できる通貨

現物取引

仮想通貨を実際に売買する取引のことです。BINANCEで取り扱っている全ての通貨で行うことができます。

マージン取引

証拠金を担保として取引所から借りた資金を使って行う取引のことです。レバレッジ取引、信用取引とも呼ばれています。
BINANCEで取り合っている全ての通貨で行うことができます。

P2P取引

取引所のサーバーを介さずに、売り手と買い手が1対1で行う取引のことです。取引にかかる時間を短縮できるなど様々なメリットがあります。

BINANCE P2P取引に対応している通貨

テザー (USDT) / ビットコイン (BTC) / バイナンスUSD (BUSD) / バイナンスコイン (BNB) / イーサリアム (ETH) / SLP / ダイ (DA)I / エオス (EOS) / ロシアルーブル (RUB) / バイナンスIDR (BIDR) / ウクライナフリヴニャ (UAH) / ドージコイン (DOGE) / ナイジェリアナイラ (NGN)

※上の表は2021年8月20日時点のものです。

OTC取引

売り手と買い手が取引所を仲介せずに、直接行う取引のことです。店頭取引、相対取引とも呼ばれています。大量の注文を一度に同じ価格で取引することが可能です。非公開で取引が行われるため、市場に影響が及ばないことも特徴です。

BINANCE OTC取引に対応している通貨

振替元

ビットコイン (BTC) / イーサリアム (ETH) / バイナンスコイン (BNB) / バイナンスUSD (BUSD) / テザー (USDT) / USDコイン (USDC)  など120種類以上

振替先

ビットコイン (BTC) / イーサリアム (ETH) / バイナンスコイン (BNB) / バイナンスUSD (BUSD) / テザー (USDT) / USDコイン (USDC) / カルダノ (ADA) / アクシー・インフィニティ (AXS) / ビットコインキャッシュ (BCH) / パンケーキスワップ (CAKE) / ダイ (DAI) / ドードー (DODO) / ポルカドット (DOT) / イオス (EOS) / ユーロ (EUR) / チェーンリンク (LINK) / ライトコイン (LTC) / MDX / ユニスワップ (UNI) / リップル (XRP)

※上の表は2021年8月20日時点のものです。

先物取引

先物取引とは、特定の仮想通貨において、価格や数量を決め、将来の定められた期日までに売買を行うことを取り決める取引方法です。仮想通貨の市場価格の変動によって損益が出ます。

BINANCEでは以下の2つの方法での先物取引が可能です。

BINANCE 先物取引

USDS-M先物

有効期限なし

すべてUSDTとのペア

COIN-M先物

有効期限あり

すべてUSDとのペア

BINANCE (バイナンス) のメリット

銘柄が豊富

前述したとおり、BINANCEは300種類以上の通貨を取り扱っています。そのため有名でなく時価総額の低いコインも数多くあり、草コインの取引に非常におすすめです。

今後大きく飛躍する可能性のある通貨をいち早く見つけることができるのもBINANCEの大きなメリットといえるでしょう。

取引手数料が安い

BINANCEの取引手数料は0.1%で、取引するごとに更に下がっていきます。他の海外取引所と比較しても、とても低く設定されているのが特徴です。

さらに、BINANCEの独自トークンであるバイナンスコイン (BNB) で手数料を支払うことで、手数料がさらに割引されます。割引は、2017年7月にバイナンスが設立されてからの年数に基づいて、以下の表の通りに変化します。※

binance 手数料

※2021年7月14日に4周年を迎えましたが、BINANCEは「お客様の継続的なサポートに感謝して」と、25%割引のオプションを2022年7月13日まで有効にすると発表しています。[2]

triangle

参考:【徹底解説】BINANCE (バイナンス) の手数料はいくら?取引手数料・入出金手数料を他社と徹底比較

口座開設が簡単

メールアドレスとパスワードを登録すればすぐに口座を解説することができるので、身分証明証などの書類を準備する必要がありません。

参考:【最新】BINANCE (バイナンス) の登録・口座開設方法まとめ | 5分で完全解説

人気投票で仮想通貨を上場させる取り組み「Community Coin of the Month」

BINANCEでは過去に、上場させる仮想通貨を人気投票で決定する「Community Coin of the Month」というイベントが毎月一回開催されていました。

仮想通貨の上場とは、取引所で通貨の売買を可能にすることを意味します。実績のある取引所へ上場すると、出来高の増加や価格の上昇が期待されるので、多くの仮想通貨が取引所への上場を目標にしています。

利用者から人気のある仮想通貨を上場させることのできる「Community Coin of the Month」は、利用者数の増加させ、仮想通貨売買を活発し、BINANCEを半年で世界でもトップクラスの取引所に成長させました。

BINANCE (バイナンス) 取り扱い通貨のまとめ

BINANCEと他取引所の取り扱い通貨数比較

取引所

取り扱い通貨数

BINANCE(バイナンス)

300種類以上

GMOコイン

14種類

BITPoint (ビットポイント)

8種類

bitbank (ビットバンク)

10種類

bitFlyer (ビットフライヤー)

13種類

Coincheck (コインチェック)

17種類

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

12種類

※2021年8月26日現在

BINANCEの取り扱い通貨数は300種類以上で、他の国内外の取引所と比較しても圧倒的に多いことがわかります。そのため国内では見つけることのできなかった有望なコインを探しあてることができるかもしれません。

Important

BINANCE(バイナンス)が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。どの取引所を選べば良いか迷っている方はぜひ「国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング」をご覧ください。

情報ソース・引用元一覧

1

CoinMarketCap, Binance Coin, 2021年8月28日参照

関連記事