IOSTを買うならBINANCE (バイナンス) !話題のエアドロップの受け取り方も解説

編集:
遠藤 大樹 (Daiki Endo)
この記事の編集者
遠藤 大樹

遠藤 大樹 (Daiki Endo) は暗号資産 (仮想通貨) を中心に扱うライター兼編集者です。執筆・監修作品はKasobuにて公開されています。日々、頑張っています。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • BINANCEでアイオーエスティー (IOST) を購入する際は、国内の取引所で仮想通貨を購入し、それをBINANCEに送金する
  • 購入したアイオーエスティー (IOST) をBINANCEで保有しているとエアドロップに参加できる可能性がある
  • 購入したアイオーエスティー (IOST) はステーキングすることで追加収入が得られる
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
#無期限先物取引
Binance
(バイナンス)
Binance Holdings. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
1,000億円を超える純利益を誇る、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!
BINANCE (バイナンス) は、取引高世界1位を誇る中国発の暗号資産(仮想通貨)取引所です。他にも、ユーザー数が800万人以上、取り扱い暗号資産(仮想通貨)数が190種類など、総じて規模の大きな取引所です。セキュリティもしっかりしているため、安心して暗号資産(仮想通貨)取引ができます。
取引手数料
0.015~0.1%
取引方法
現物 / 先物取引 / 信用取引
暗号資産数
409
最大レバレッジ
20倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
9.9
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

国内でも人気なコインである、アイオーエスティー (IOST) を世界最大の取引所BINANCEでも買えるか疑問に思った方も多いと思います。この記事では、BINANCEでアイオーエスティー (IOST) を購入する方法を画像つきで紹介していきます。ぜひ最後までお付き合いください。

先に口コミ評価をチェックする方はこちら

BINANCE (バイナンス) でアイオーエスティー (IOST) を購入する方法・買い方

BINANCEは日本円の入金に対応していないため、以下の手順で日本円を仮想通貨に交換し、その仮想通貨をBINANCEに入金してアイオーエスティー (IOST) を購入します。

*BINANCEではクレジットカードを用いることで、基軸通貨を直接購入することもできますが、クレジットカード決済だと手数料が高くなってしまうため、kasobuでは国内取引所から通貨を送金する方法を推奨しています。

STEP1 国内の取引所で仮想通貨を購入する

まずはじめに、国内の取引所で仮想通貨を購入します。おすすめの取引所はCoincheckbitFlyerです。Coincheckは東証一部上場の金融企業「マネックスグループ株式会社」傘下の取引所で、高いセキュリティレベルを誇ります。

なお、kasobuでは別の記事でCoincheckでの口座開設方法仮想通貨の購入方法をまとめています。口座開設がお済みでない方は以下の記事も参照してください。

また、bitFlyerでは複数通貨の板取引が提供されています。板取引では、最小のスプレッドでの取引が可能なため、売買手数料を抑えたい方はこちらの利用がおすすめです。

bitFlyerの口座開設や入金の仕方がわからない方は、以下の記事を参考にしてください。

参考 : 【5分でわかる】bitFlyer (ビットフライヤー) の登録・口座開設まとめ
参考 : bitFlyer (ビットフライヤー) での入金方法や手数料・反映時間などを徹底解説!

購入する通貨は基本的にBINANCEに取り扱いがあれば、どれでも構いませんが、ビットコイン (BTC) やイーサリアム (ETH) であればBINANCE側でのペアがあるのでおすすめです。

また、通貨の送金手数料が気になる方はリップル (XRP) を購入し、そのリップル (XRP) を一度BINANCEでステーブルコインやビットコイン (BTC) に変えましょう。こちらの方法が原則的に一番オトクにアイオーエスティー (IOST) が購入できる方法です。

STEP2 BINANCE (バイナンス) へ送金

STEP1で購入した通貨をBINANCEのウォレットに送金します。今回はブラウザ版BINANCEでの送金のやり方を簡単にご紹介します。

ホーム画面右上の人型をクリックし、「ウォレット」→「フィアットと現物」の順に進みます。「フィアットと現物」から「入金」を選び、先ほど購入した通貨を選択します。画像ではビットコイン (BTC) を入金します。

その後入金アドレスと入金用のQRコードが表示されます。好きなほうを選んで、送金元の取引所やウォレットに反映させます。

今回はCoincheckから送金してみます。上記画像の様に、新規宛先に先程取得したBINANCEのウォレットアドレスをペーストします。

STEP3 入金された通貨を売却し、アイオーエスティー (IOST) を購入する

入金された通貨を一度、バイナンスコイン (BNB) テザー (USDT) などの基軸通貨に変えてから、アイオーエスティー (IOST) を購入します。アイオーエスティー (IOST) の取り扱い通貨ペアは2021年11月時点では(バイナンスコイン (BNB) ・テザー (USDT) ・バイナンスUSD (BUSD) ・ビットコイン (BTC) ・イーサリアム (ETH) )の5種類があります。

もし、STEP1でビットコイン (BTC) かイーサリアム (ETH) を購入していれば、そのままアイオーエスティー (IOST) を購入できるので手間が少なくなります。

BINANCEで基軸通貨を用意したら、ホーム画面上部から「マーケット」を選択し、検索窓に「IOST」と入力します。すると、中央に取り扱いペアーが表示されます。ご自身の基軸通貨と同じペアーをクリックすることで取引画面に進みます。

また、以下のリンクから直接上記の画像画面に飛べます (口座開設がお済みでない方は口座開設の画面に飛びます) 。

IOSTエアドロップでDonnieトークン (DON) が受け取れる

エアドロップの詳細

BINANCEではDonnieトークン (DON) エアドロップに対応すると9月24日に発表しています。Donnieトークン (DON) は、韓国拠点のプロジェクト「Donnie Finance」のガバナンストークンで、プロジェクトはアイオーエスティー (IOST) のブロックチェーン上で展開されています。

日本時間2021年9月30日17時以降に作成された最初のブロックでアイオーエスティー (IOST) 保有量を記録するためのスナップショットが実施されています。
スナップショットが行われたタイミングでアイオーエスティー (IOST) を保有していたユーザーはDonnieトークン (DON) を受け取っています。

エアドロップの対象は「現物ウォレット・証拠金取引ウォレット・セービングウォレット・ステーキングウォレット」に1IOST以上を保有していることです。

対象外となってしまうのは「スナップショット時点で入出金が保留されているアイオーエスティー (IOST) やUSDTマージン先物ウォレットに保管されているアイオーエスティー (IOST) 」なので該当する人はエアドロップを受け取れないので要注意です。

Donnieトークン (DON) を発行している「Donnie Finance」はBinanceで2度エアドロップを実施しています。そのため次のエアドロップもバイナンスで行われる可能性が高くなります。

エアドロップ量は2度ともDonnieトークン (DON) の総供給量の5%が配布され、これまでに合計10%がエアドロップされています。

エアドロップ対応している仮想通貨取引所

20221年2月に行われたエアドロップに対応していた主な取引所は以下の通りです。

  • BINANCE
  • Huobi Global
  • KuCoin
  • オーケーコイン・ジャパン

国内の取引所ではオーケーコイン・ジャパンが唯一対応していました。国内大手のCoincheckではIアイオーエスティー (IOST) の購入自体は可能ですが、エアドロップには対応していませんでした。

また、Huobi Global は日本人の取引を停止していますが、将来的にはHuobiグループの国内法人である、 huobi Japanでの取り扱いがあるかもしれません。

BINANCE (バイナンス) でIOSTエアドロップを受け取る方法

Binanceでは2021年の2月と9月に2度エアドロップが行われました。現在はエアドロップされる予定はありませんが、今後エアドロップが行われるのであれば、参加する可能性は非常に高くなります。そのため、過去に行われたエアドロップの要件と受け取り方を抑えておきましょう。

BINANCEでアイオーエスティー (IOST) のエアドロップを受け取る方法は2つあります。

現物でIOSTを保有する

受け取るにはスナップショット時に1IOSTをBINANCEのウォレットに保有していることが条件です。そのため購入して口座に置いておくだけでエアドロップに参加でき、もっとも簡単な方法です。

保有する方法は上に書いたSTEPに従うのも良いですし、「Coincheck」や「オーケーコイン・ジャパン」でアイオーエスティー (IOST) を購入して、Binanceに送金しても受け取れます。

しかしスナップショットの時刻の15分前には入出金が停止されるので、それまでに入金を行いましょう。

アイオーエスティー (IOST) をステーキングに出す

ステーキングとは仮想通貨を預けることで、預け入れた仮想通貨の量と期間に応じて金利を受けられるサービスです。

ステーキングにアイオーエスティー (IOST) を預け入れたとしてもエアドロップの条件を満たしているので、DONを受け取ることが可能です。
またステーキングの報酬は年利で7%ほどあり、長期で預け入れるほど金利は高くなります。
そのため長期間の保有を考えている人であれば、ステーキングで報酬を受け取れ、さらにエアドロップも受け取れるので一石二鳥です。

注意点としてはステーキングにはロック期間というものがあります。ロック期間中は自由に売買することができないので、すぐに現金化したいというかたには向いていません。

BINANCE (バイナンス) のアイオーエスティー (IOST) まとめ

BINANCEでアイオーエスティー (IOST) を購入するには、国内取引所から通貨を送り、それをBINANCE女上の基軸通貨に交換します。

アイオーエスティー (IOST) が購入できたら、次回のスナップショットを期待して長期保有するのも手です。保有する際はステーキングに回すと報酬を受け取れるので、金利も得られて一石二鳥です。

次回のエアドロップ情報は未定になっていますが、次のエアドロップにBNINANCEが参加する確率は、今までの2回の事例を見ても、高い思われます。

関連用語

ステーキング
ステーキングとは、仮想通貨をウォレットで保有またはロックすることによって、PoSベースのブロックチェーンに参加して報酬を受け取る方法のことを指します。対象となる仮想通貨を保有しているだけで、継続的に報酬を得られることが特徴です。
トークンエコノミー
トークンエコノミーとは、トークン(貨幣の代替価値のあるもの)を活用したエコノミー(経済)という意味です。トークンの価値を担保する技術としてブロックチェーンを採用している仮想通貨での経済圏は、トークンエコノミーの代表例です。
エアドロップ
エアドロップ (Air Drop) とは、無料で暗号資産 (仮想通貨) を配るイベントです。主な目的は暗号資産 (仮想通貨) の保有者を広げ、経済圏を拡大することです。

関連記事

仮想通貨取引所(総合)ランキング

国内
海外
人気記事
広告掲載 / お問い合わせ
「Kasobu」への広告掲載・そのほかご相談は、下記お問い合わせボタンよりご連絡ください。
お問い合わせ
Kasobu / 仮想通貨投資情報サイトの Twitter