BINANCE (バイナンス) の日本語対応の流れと日本語表示方法

編集:
久門 大介 (Daisuke Hisakado)
この記事の編集者
久門 大介

暗号資産 (仮想通貨) を扱うライター兼編集者であり、執筆作品はKasobuにて紹介されています。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • BINANCEは世界で最も取引高の多い人気取引所
  • 日本語非対応になっていたが現在は復活している
  • ブラウザ上で翻訳機能を使えば日本語表記にできる

BINANCEは手数料が安く豊富な仮想通貨を取り扱うことから、世界でもっとも利用されている仮想通貨取引所です。日本人ユーザーに大変人気で、口座開設数もアメリカ人に次いで多いと言われています。2021年9月現在、BINANCEは日本語に対応していますが、過去には日本語非対応になったこともありました。

本記事では、過去にBINANCEが日本語非対応になった理由やその後の動き、パソコンやスマホで日本語表示させる方法などをわかりやすく解説します。

先に口コミ評価をチェックする方はこちら
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
#無期限先物取引
Binance
(バイナンス)
Binance Holdings. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
1,000億円を超える純利益を誇る、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!
BINANCE (バイナンス) は、取引高世界1位を誇る中国発の暗号資産(仮想通貨)取引所です。他にも、ユーザー数が800万人以上、取り扱い暗号資産(仮想通貨)数が190種類など、総じて規模の大きな取引所です。セキュリティもしっかりしているため、安心して暗号資産(仮想通貨)取引ができます。
取引手数料
0.015~0.1%
取引方法
現物 / 先物取引 / 信用取引
暗号資産数
406
最大レバレッジ
20倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
9.9
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

BINANCE (バイナンス) は2020年6月より日本語対応を再開

BINANCEは2017年7月のオープン以来、わずか半年で取引高世界一になった取引所です。その成長スピードは史上最速とも言われています。

2018年1月時点で取引所の口座開設数は全世界600万人以上を超えており、そのうちの約40万口座が日本人による開設であったとBINANCEは報じています。しかし2018年以降、日本語の対応を停止させていました。その理由や詳細については後に解説しています。

しかし、BINANCEは2020年の6月より日本語対応を再開しており、2021年9月現在でも日本語で利用することが可能です。取引をする上で言語の壁は大きいため、日本語対応しているか否かは重要な観点となるでしょう。

BINANCE (バイナンス)は金融庁の警告により日本語非対応に

BINANCEは2021年9月現在では日本語に対応していますが、過去に金融庁より警告を受けて日本語対応を停止していました。そのことについて詳しく解説していきます。

BINANCE (バイナンス) と金融庁との関係

BINANCEのCEOであるCZ氏は、「日本の金融庁から日本語ページを取り除くよう指示があり従った」とインタビューで語っています。

しかし、金融庁からの指示により即座に日本語ページの削除をしていたにもかかわらず、2018年3月23日には金融庁から無登録で営業活動を行なっていたと警告を受けることになりました。

日本国内では2017年4月に改正資金決済法が施行されて以来、暗号資産 (仮想通貨) 交換業を行う場合は金融庁による登録が必須です。BINANCEはインターネットを通じて日本居住者に向けて無登録で暗号資産 (仮想通貨) 交換業を行なっていたとみなされて、注意喚起を受けたもようです。

この警告を受けてBINANCEは2020年6月まで日本語対応を停止させていました。

BINANCE (バイナンス) を日本語表示させる方法

2021年9月現在では日本語に対応していますが、状況によっては再度停止される可能性もあります。というのも、BINANCEは2021年6月に金融庁から二度目の警告を受けているからです。万が一に備えて、日本語表示させる方法をしっかりと抑えておきましょう。

Google翻訳を使う

BINANCEを利用する際には、Google翻訳を使用して日本語表示にしましょう。次に利用方法を解説します。

ブラウザ「Google Chrome」でBINANCEの公式ホームページにアクセスし、ログインします。

BINANCEの公式ホームページ

ページが英語で表示されている場合、アドレスバー内にある「Google翻訳マーク」をクリックします。そして、「言語を選択」をクリックし、日本語を選びましょう。英語から日本語に問題なく変換されれば、トップページ左上に「日本語に翻訳されました」と表示されます。「原文を表示」をクリックすると元の英語に戻ります。

ただしこれは自動翻訳のため、元の文と違う意味が表示されることもあります。普段は英語で対応し、分かりにくい部分のみ翻訳機能を利用するのがよいでしょう。

スマホでBINANCE (バイナンス) を日本語表示させる方法

2020年6月より日本語対応がされるようになって以来、スマホアプリでも日本語表示ができるようになりました。ただし、こちらもいつ非対応になるかわからないため、スマホアプリ以外の日本語表示方法を紹介します。

ブラウザから見れば簡単

アプリが日本語非対応になったとしてもブラウザからサイトを利用できるため、Chromeブラウザを使えばGoogle翻訳で自動翻訳が可能です。

まずはBINANCEのスマホサイトを開きます。

するとこのページを翻訳するかどうか尋ねられます。その右側に「翻訳」というボタンが表示されるのでそれを押せば自動で翻訳されます。

翻訳するかどうか尋ねられない場合は、メニューボタン「︙」を押します。メニュー内に「翻訳」があるので、それを押せば自動で翻訳されます。

BINANCE (バイナンス) の日本語についてのまとめ

BINANCEが日本語を非対応にし、再開させた経緯を解説しました。これからもいつ非対応になるのか分からない状況なので、非対応になっても日本語表示にできるようにしておきましょう。

自動翻訳機能はとても便利ですが、スマホで利用する場合ブラウザからはオススメしません。スマホのブラウザからだと画面が見づらく、肝心のトレードが疎かになってしまうためです。スマホアプリは使いやすくユーザーに優しい設計となっているので、できる限りアプリを利用するのがベストであると言えます。

Important

BINANCE(バイナンス)が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。どの取引所を選べば良いか迷っている方はぜひ「国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング」をご覧ください。

関連記事

仮想通貨取引所(総合)ランキング

国内
海外
人気記事
新着記事
編集部おすすめHOTトピック記事
広告掲載 / お問い合わせ
「Kasobu」への広告掲載・そのほかご相談は、下記お問い合わせボタンよりご連絡ください。
お問い合わせ
Kasobu / 仮想通貨投資情報サイトの Twitter