BINANCE (バイナンス) おすすめ入金方法!できない場合の対処法も紹介

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • BINANCEは日本円の直接入金ができない
  • BINANCEの入金反映は約1時間程度
  • 入金を安く済ませたい時は国内取引所からの送金、すぐに入金したい時はクレジットカードによる直接購入がおすすめ

「BINANCE入金の仕方がわからなくて手が出せない...」とお困りではありませんか?

今回の記事では、BINANCEの入金方法を、初心者の方にもわかりやすく画像付きで解説します。

あわせて知っておきたい、入金手数料や反映時間、入金できないときの対処法なども取り上げているので、ぜひ参考にしてください。

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
#無期限先物取引
Binance
(バイナンス)
Binance Holdings. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
1,000億円を超える純利益を誇る、世界最大級の仮想通貨取引所
BINANCE (バイナンス) は、取引高世界1位を誇る仮想通貨取引所です。シンガポールを拠点に全世界へ展開しています。300種類以上の豊富な取扱通貨数や、手数料の安さなどが高い評価を受けています。セキュリティ体制も充実していて、信頼性の高さも魅力的です。日本語にも対応しています。
取引手数料
0.015~0.1%
取引方法
現物 / 先物取引 / 信用取引
暗号資産数
394
最大レバレッジ
20倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.0001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
9.9
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

BINANCE (バイナンス) で入金する前に知っておきたい3つのルール

BINANCEで入金する前に知っておきたいルールは以下の3点です。

Tips
  • 日本円の直接入金はできない
  • 入金手数料は無料
  • 入金反映は1時間程度

順に解説します。

BINANCEに日本円の直接入金はできない

BINANCEは海外の取引所であり、日本円の直接入金に対応していません。

そのため、BINANCEに入金する際は

  • 一度国内取引所でビットコイン (BTC) などを購入してから、BINANCEに送金する

  • BINANCEでクレジットカードを利用して希望の通貨を直接購入する

のいずれかの方法を取る必要があります。

なお、BINANCEに対応している主要な法定通貨は以下のようになっています。

BINANCEに入金可能な法定通貨の例

オーストラリアドル、ユーロ、英国ポンド、米国ドル、香港ドル

かつては、BINANCEも日本円の対応に向けて動いている様子がありましたが、金融庁の規制により断念しているものと考えられます。

入金手数料は無料

BINANCEは入金手数料が無料です。

ただし、BINANCEに通貨を送金する際に、送金元の取引所で発生する手数料は自己負担となります。

例えば、国内取引所Coincheckでビットコイン (BTC) を購入し、そこからBINANCEに送金することで入金を行うとします。

この場合、Coincheck側で一律0.0005BTC=約2,100円 (2022年3月10日時点) の送金手数料が発生します。

この送金手数料は、送金額に依りません。そのため、手数料を抑えるには、なるべく送金回数を減らし、一度にまとめるようにしましょう。

入金反映は1時間程度

入金が反映されるまでには、約1時間程度かかります。

正確には、入金する通貨の種類や、送金に利用するブロックチェーンの混雑状況によって変動します。

例えば、ビットコイン (BTC) の場合、トランザクション処理(送金情報をブロックチェーンに記入すること)にかかる時間は約10分程度です。

BINANCE側では、2ブロックに渡って確認作業を行うので、最速の着金時間は10分×2=20分となります。

ただし、ブロックチェーンの混雑時にはさらに時間を要し、場合によっては半日以上かかる場合もあります。

そのため、急ぎで入金を済ませたい場合は、送金速度に優れたリップル (XRP) を利用するようにしましょう。

BINANCE (バイナンス) の入金方法【国内取引所から送金する場合】

先述したとおり、BINANCEは日本円の直接入金に対応していません。

そのため、

Important
  • 一度国内取引所で希望の通貨を購入してからそれをBINANCEに送金する
  • クレジットカードで通貨を直接購入する

のいずれかの方法を取る必要があります。

ここでは1つめの、国内取引所Coincheckで購入したビットコイン (BTC) を、BINANCEへ送金することで入金する方法を解説します。

STEP1 BINANCEにログインする

まずはBINANCEにログインしましょう。

口座開設がお済みでない方は、以下のボタンから口座開設できます。

STEP2 BINANCEの入金用アドレスを取得する

ログインが完了したら、BINANCEのホーム画面から、「ウォレット」→「フィアットと現物」とたどり、入金ボタンを押して下さい。

右上の「入金」をクリックします。

次に、こちらの検索窓に入金したい通貨名を入れます。

すると、BINANCE入金用のウォレットアドレスが表示されるので、アドレスをコピーします。

仮想通貨のウォレットアドレスは、1文字でも間違っていると、正しく送金ができません。

最悪の場合資産が消失してしまうので、必ず目視で書き写したりせずに、コピ&ペーストしてください。

送金元(今回はCoincheck)にアプリがあれば、表示されるQRコードをアプリ上で読み込んで送金手続きを行うことも可能です。

STEP3 国内取引所にログインし、日本円を入金

今回は国内取引所の例として、Coincheckを使っていきます。

まずはCoincheckにログインします。登録がまだの方は、以下のボタンから登録できます。

ログインが完了したら、日本円を入金します。

Coincheckの「日本円の入金」の項目にある振込先の口座に入金しましょう。

住信SBIネット銀行へ振込をする時に、振込人名義を「指定されたユーザーID+あなたの名前」にする点に注意しましょう。

指定されたユーザーIDを記載しない場合、正しく入金が反映されないことがあります。

詳細な入金手順は、以下の記事で詳しく解説しています。

STEP4 国内取引所でビットコイン (BTC) を購入する

日本円を入金したら、左のメニューから「販売所(購入)」を選択します。

手に入れるビットコイン (BTC) の数量を入力したら「購入する」の項目を押して購入完了です。

STEP5 国内取引所からBINANCEへ送金する

Coincheckのメニューで「コイン送金」から「ビットコインを送る」の項目を選択します。

次に、「送金先リストの編集」から先程コピーしたBINANCEのアドレスを登録します。

新規ラベル」と「新規宛先」の項目が出てきます。

新規ラベル」には「binance BTC」のように、どこのアドレスに何の仮想通貨を送っているのかがひと目で分かるような名前をつけます。

新規宛先」に先ほどコピーしたアドレスを貼り付けしましょう。macbookでは[command]+Vで貼り付けできます。windowsパソコンでは右クリックで貼り付けできます。

宛先を追加したら、追加した「binance BTC」を選択して送金するビットコイン (BTC) の量を入力します。

手数料を確認して、送金するをクリックして送金が完了です。

BINANCE (バイナンス) への入金【クレジットカードを用いる場合】

ここからは、クレジットカードで希望通貨を直接購入する方法を解説します。

クレジットカードで通貨を直接購入すれば、国内取引所を介さずに、実質的な日本円入金が可能です。

ただし、クレジットカードを利用する際は、交換レートに応じて決まるスプレッドが実質的な手数料として働くので、注意してください。

スプレッドは変動するため具体的な指標は公開されていませんが、ユーザーの情報によると、約2%~7%が相場のようです。

それでは手順を解説していきます。

ホーム画面より、「仮想通貨の購入」をクリックし、表示されるプルダウンから「クレジット/デビットカード」をクリックします。

その後、支払いに使用する通貨や購入枚数を入力します。

BINANCEへのクレジットカード入金は以下の記事で詳細を解説していますので、あわせてご参照ください。

BINANCE (バイナンス) に入金する際の2つの注意点

慣れないうちは少額から入金する

国内取引所を経由して入金する方法では、入金用アドレスの間違いに注意しなければなりません。

1文字でもアドレスが間違っていると、資産を失ってしまう可能性があります。

そのため、慣れないうちは少額で送金を行いましょう。

送金手数料を把握しておく

国内取引所から送金する場合、BINANCEで発生する手数料は無料ですが、送金元の国内取引所で送金手数料が発生します。

例えば、Coincheckでは、ビットコイン (BTC) を送金手数料が一律0.0005BTC=約2,100円 (2022年3月10日時点) となっています。

余計な出費を抑えるために、送金手数料がどれくらいかかるかを把握し、必要に応じて、できるだけまとめて送金するなどの対策を取りましょう。

BINANCE (バイナンス) の入金におすすめの仮想通貨はリップル (XRP)

国内取引所からBINANCEに送金して入金するのであれば、リップル (XRP) を使うことをおすすめします。

リップル (XRP) は送金手数料が安く、入金反映も高速です。

例えばCoincheckでは、リップル (XRP) の送金手数料は0.15XRP=約11円 (2022年3月10日時点) です。

ビットコイン (BTC) の0.0005BTC=約2,100円 (2022年3月10日時点) と比較すると、その差は明らかでしょう。

BINANCE (バイナンス) で入金を確認する方法

入金されているか確認したい時は、BINANCEのホーム画面の「取引履歴」から確認できます。

入金処理がどれくらい進んでいるか詳細に知りたい時は「chainFlyer」というサイトがおすすめです。

仮想通貨の送金データ (トランザクション) に付与されるトランザクションIDを用いて、ブロックチェーン内のステータスを検出できます。

確認したい取引のトランザクションIDを入力しましょう。

トランザクションが表示されたら、通常2~5回の確認の後で送金が完了する仕組みになっているので、何回確認をされているか見ましょう。あとどれくらい反映に時間がかかるのかの目安になります。

トランザクションIDは、送金した取引所の取引履歴から調べることができます。

Coincheckの場合は「コインを送る」の「コインの送金履歴」から該当する取引履歴を探してクリックし、「TX ID」の項目にある番号をコピーしましょう。

BINANCE (バイナンス) で入金ができない4つの原因

国内取引所での出金処理が終わっていない

BINANCE側で入金処理が行われているか確認する方法は先述しましたが、そもそも出金元となる国内取引所での出金処理が完了していないケースがあります。

この場合は、出金元の国内取引所で送金ステータスを確認してください。

送金待ちとなっていたら、出金処理が終わっていないということとなります。

ブロックチェーンが混雑している

国内取引所から出金された通貨は、ブロックチェーン上で処理された後、BINANCEに送金されます。

ただ、ブロックチェーンが混雑していると、送金処理に時間がかかってしまいます。

どれくらい処理が進んでいるかは、先述した「chainFlyer」などのツールで確認できます。

トランザクションIDを利用して、ステータスを確認しましょう。

入金アドレスが間違っている

入金アドレスが間違っていると当然入金できません。

入金処理が行われているのにBINANCEに反映されない場合、入金アドレスが間違っている可能性があります。

入金アドレスをコピー&ペーストせずに手動で入力してしまったなど、少しでも思い当たる節があれば、すぐに送金元の取引所とBINANCEに問い合わせましょう。

ただし、運がよければ資金が返ってくることもありますが、基本的には失ってしまうものと考えて法が良いでしょう。

入金アドレスを扱う時は、必ずコピー&ペーストかQRコードを利用し、間違えのないようにしましょう。

タグを入力し忘れている

通貨によっては、送金時にタグの入力が必要なものがあります。

入力を忘れたり、ミスをしたりすると、通貨が失われてしまう可能性があるので注意しましょう。

タグの入力に不備があると考えられる場合は、すぐにBINANCEのサポートに問い合わせてください。

BINANCE (バイナンス) の入金に関するよくある質問

入金ネットワークはどれを選べば良いですか?

BINANCEの入金ネットワークとしては、以下の7つがあります。

BINANCEの入金ネットワーク

ネットワーク

概要

BEP2

バイナンスチェーン。代表通貨はバイナンスコイン (BNB) 。

BEP20

バイナンススマートチェーン。代表通貨はバイナンスコイン (BNB) 。

ERC20

Ethereumネットワーク。代表通貨はイーサリアム (ETH) 。

TRC20

TRONネットワーク。代表通貨はトロン (TRX) 。

EOS

EOSネットワーク。代表通貨はイオス (EOS)

BTC

Bitcoinネットワーク。代表通貨はビットコイン (BTC)

BTC (Segwit)

Segwit (スケーラビリティ問題を解決する技術) を取り入れたBitcoinネットワーク。

BINANCEで選択するネットワークは、送金を行う国内取引所のネットワークと同一である必要があります。

例えば、CoincheckからBTCを使ってビットコイン (BTC) を送金した場合、BINANCEでは入金ネットワークにBTCを選択しなければなりません。

手数料が安いからといって他のネットワークを選択してしまうと、資金を失ってしまう可能性があります。

タグ/メモとは何ですか?

タグやメモは、それぞれの入金処理に割り振られた固有の識別子です。

入金を適切に処理し、正しい場所に送金するため役割を果たしています。

バイナンスコイン (BNB) やネム (XEM) 、コスモス (ATOM) など、特定の通貨の入金にタグやメモの入力が必要です。

国内取引所からの送金とクレジットカードでの直接購入どちらがおすすめですか?

手数料が安いのは、国内取引所からの送金です。

ただし、やや手順が煩雑で、入金反映にも時間がかかってしまいがちなので、すぐに入金したいときは、クレジットカードでの直接購入が良いでしょう。

クレジットカードでの直接購入は、日本円と仮想通貨のレートに実質的な手数料「スプレッド」が含まれています。

スプレッドは取引の活発さに応じて常に変動していますが、概ね2%~7%が相場のようです。 (2022年3月10日時点の情報)

入金ボーナスはありますか?

2022年3月現在、入金ボーナスはありません。

その代わり、取引環境の充実やセキュリティの向上に当てることにより、ユーザーの信頼を獲得しています。

BINANCE (バイナンス) の入金まとめ

今回の記事では、BINANCEの入金方法を解説してきました。

BINANCEは海外取引所のため、日本円の入金はできません。

入金には、国内取引所で購入した仮想通貨をBINANCEに送金するか、クレジットカードで希望の通貨を直接購入する必要があります。

BINANCEは、取扱通貨の豊富さと、圧倒的な手数料の安さ、取引画面の使いやすさから、世界一のユーザー数・取引高を誇る取引所です。

ぜひこの機会に、BINANCEでの口座開設を検討してみてください。

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

関連記事

仮想通貨取引所(総合)ランキング

国内
海外
広告掲載 / お問い合わせ
「Kasobu」への広告掲載・そのほかご相談は、下記お問い合わせボタンよりご連絡ください。
お問い合わせ
Kasobu / 仮想通貨投資情報サイトの Twitter