BINANCE (バイナンス) のウォレット | 仮想通貨を送金する手順

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • 仮想通貨のウォレットにはコールドウォレットとホットウォレットがある
  • BINANCEはTrustというモバイルウォレットアプリを買収
  • BINANCEからウォレットへの送金はとっても簡単に

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨を保存する財布の役割を果たします。

本コンテンツは、BINANCEのウォレットについて、買収した企業についてや各種仮想通貨ウォレットへの送金方法をご紹介していきます。

先に口コミ評価をチェックする方はこちら
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
#無期限先物取引
Binance
(バイナンス)
Binance Holdings. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
1,000億円を超える純利益を誇る、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!
BINANCE (バイナンス) は、取引高世界1位を誇る中国発の暗号資産(仮想通貨)取引所です。他にも、ユーザー数が800万人以上、取り扱い暗号資産(仮想通貨)数が190種類など、総じて規模の大きな取引所です。セキュリティもしっかりしているため、安心して暗号資産(仮想通貨)取引ができます。
取引手数料
0.015~0.1%
取引方法
現物 / 先物取引 / 信用取引
暗号資産数
386
最大レバレッジ
125倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
9.9
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

そもそもウォレットとは

仮想通貨におけるウォレットとは?

仮想通貨はインターネット上で展開するブロックチェーンの仕組みの中に存在しています。

したがって、仮想通貨のウォレットも現物を管理するのではなく、ブロックチェーンの仕組みの中でデータを保管しておくものだと理解しておきましょう。

コールドウォレットとホットウォレット

仮想通貨のウォレットにはコールドウォレットホットウォレットの2つのタイプが存在しています。

コールドウォレット

コールドウォレットとは、インターネットにつながっていないオフライン状態のウォレットのことを言います。送受信に必要な秘密鍵を紙やハードディスク上で管理をするため、ハッキングなどに強くセキュリティが高いウォレットです。

しかし、秘密鍵を紛失してしまうと、誰もアクセスできなくなってしまうのがデメリットです。セキュリティが高い分、自己管理がしっかりできる方向けのウォレットと言えるでしょう。

ホットウォレット

ホットウォレットとは、インターネットにつながっているオンライン状態のウォレットのことを言います。いつでも送受信が可能で便利な反面、セキュリティが弱いホットウォレットはハッキングの危機にさらされてしまうデメリットがあります。

便利で簡単で初心者でも行えますが、最低限のセキュリティをあげること (2段階認証など) は忘れずに行いましょう。

BINANCE (バイナンス) のウォレットから送金する手順

BINANCEからウォレットに送金する手順を紹介します。

トップページからWithdrawalsをクリックしましょう。そして、左側のSelect coinと書かれているところを押すと、プルダウンでコインの一覧が出てきます。Keyword検索をして送金したいコインを選びましょう。

コインを選んだら、アドレス送金額を入力し、Submitを押しましょう。

認証メールが送られてくるため、認証すれば送金処理が開始されます。

あくまで取引所からの引き出しになるので、着金までには少し時間がかかります。

BINANCE (バイナンス) が買収した Trust Wallet

BINANCEには専用アプリは存在していませんが、Trustというモバイルウォレットアプリを買収しています。

非常に簡単に作成できる

Trustウォレットはとても簡単に作成できます。

アプリをダウンロードして、作成を押し、バックアップフレーズが表示されるので、それをメモします。バックアップフレーズを入力すると作成が完了します。

バックアップフレーズを忘れてしまうとアクセスできなくなってしまう可能性があるので、必ずメモに残すなどして保管しておくことを推奨します。

ERC20に対応している

ERC20とはEthereumの規格サイズのコインのことを言います。

CDやレコードに規格サイズがあるように、仮想通貨にも規格サイズが存在しています。Ethereumのブロックチェーンをベースに作られたコインの多くが、ERC20という規格サイズに収まっているため、同じウォレットに収めることが可能になっています。

従来ERC20を取り扱う場合、MEW (MyEtherWallet) というEthtereum専用のウォレットを使用するしか選択肢がありませんでした。

パソコンでアクセスするタイプのウォレットですが、初心者には使いにくいものでしたが、Trustが誕生したことで使いにくいMEWを使う必要がなくなり、初心者にとっての敷居が低くなったのです。

日本語対応はもちろんですが、モバイルアプリという点が初心者にもやさしい設計になっています。

DApps

TrustウォレットはDAppsの仕組みを採用しています。

DAppsとは分散型アプリケーションであり、中央集権的なアプリケーション開発を行なっていません。非中央集権的な管理のメリットは、管理者のみが多額の利用料金を搾取したり、アクセスの集中によるサーバーダウンを防ぐことができます。

DAppsの機能を活かしたゲームなどもたくさんリリースされており、Trustを使うと、こういったゲームをプレイすることもできるようです。

BINANCE (バイナンス) ウォレットに関するQ&A

BINANCE (バイナンス) のウォレットは安全?

BINANCEのウォレットとは、取引所そのもので管理をするということになります。

BINANCEは不正な送受信を検知すると、全ての取引や送受信をストップする仕組みが自動化されており、過去にもハッカーがハッキングを試みて失敗している経緯があります。

世界のハッカーに対して抑止をしている取引所でもありますが、オンラインにつながっているため、心配な方はハードウェアウォレットに送金しておくことをおすすめします。

ハードウェアウォレットまではいかなくとも、先ほど紹介をしたTrustなどのモバイルウォレットなどに送金をしておくだけでセキュリティは変わってきます。

Important

BINANCE(バイナンス)が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。どの取引所を選べば良いか迷っている方はぜひ「国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング」をご覧ください。