10万円を元手に始めるビットコイン (Bitcoin/BTC) 投資のやり方を徹底解説

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
1分で理解する要約
  • 10万円投資する戦略は期間によって異なる
  • 10万円のビットコインで可能な投資方法は主に6つ
  • 計画的な取引を続けるのがポイント

ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)投資は、500円と少額からはじめられます。もし10万円をビットコインの購入に使えるのであれば、さまざまな方法で投資可能です。

本記事では10万円で購入できるビットコインの枚数や、ビットコインに10万円投資する戦略などについてご紹介します。ビットコインの購入におすすめの取引所もお伝えするので、投資予定の人はぜひチェックしてみてください。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) とは?

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の1つで、その名の通り「仮想」の「通貨」です。

通貨およびコインという名称から判断できるように、ビットコインはお金です。日本円や米ドルと同じように、お金と変わりません。

お金であるため、「円」や「ドル」という風にビットコインにも通貨の単位があります。ビットコインの通貨単位は**BTC (ビーティーシー) **です。1円や1ドルと同様にビットコインも1BTCと数えます。

しかし「仮想」の通貨なので日本円や米ドルとは異なり、手に持ったり見たりするのは不可能です。通貨の形をしたビットコインはなく、「B」と書かれたコインも当然ながらありません。あくまでもビットコインは「仮想」の「通貨」なのです。

ビットコインはいくら?

2021年6月30日現在1BTC400万円となっています。

10万円で購入できるビットコイン (Bitcoin/BTC) の枚数は?

2020年11月6日現在400万円です。この価格において10万円で購入できるビットコインは、0.025BTCになります。

ビットコインは1BTCを1枚とあらわすこともあり、現在の価格で10万円で購入できるビットコインは0.025枚です。取引手数料がかかると、購入できるビットコインの枚数はさらに少なくなります。

ビットコインの最小単位

ビットコインの通貨単位はBTCと別に、「satoshi」という最小単位もあります。1BTC=0.00000001satoshiです。

1BTCが100万円なら、1satoshi=0.01円と計算できます。現在は1BTC=約400万円なので、1satoshi=0.04円です。

計算上は0.04円ほどで取引できますが、極端に少ない金額のため、暗号資産(仮想通貨)取引所は最低発注数量を設けています。

ビットコインはいくらから買える?

ビットコインはいくらから買えるのか、実際の最低発注数量をもとに考えてみましょう。

取引所名

最低発注数量

Liquid

0.001BTC

DMM Bitcoin

0.001BTC

bitbank

0.0001BTC

GMOコイン

0.0001BTC

BITpoint

0.0001BTC

bitFlyer

0.00000001BTC

1BTCが100万円で取引されている場合、Liquidでのビットコイン購入額は以下のように計算できます。

100万円×0.001=1,000円

1,000円ほどでビットコインを買えるとわかります。bitbankやbitFlyerでは最低発注数量がさらに少ないため、500円とより少額でもビットコインを購入可能です。

ただし取引時では手数料が発生するため、高い手数料をとられる取引所を選んでしまうと損する可能性があります。注意しましょう。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の価格変動

2011年

2011年1月1日時点のビットコインの価格は、0.3ドル (24円) ほどでした。

2011年4月16日にはアメリカの大手ニュース雑誌「TIME」がはじめてビットコインの特集を組みました。この日のビットコインは1ドル (80円) ほどで取引が行われていました。

しかし5月から6月にビットコインの価格は上がり、2011年6月10日にはおよそ35ドル (2,800円) に達しました。「TIME」で特集を組まれて2ヶ月経たずに、およそ35倍も価格が上昇したのです。

ただし上昇し続けたわけではありません。2011年6月20日に大手取引所「Mt.Gox」からビットコインが大量に流出したのを受けて、約19ドル (1,500円) から大幅に価格が下がりました。

2013年

2013年1月1日時点、ビットコインは**約13.5ドル (1,200円) **でした。

2013年3月に地中海東部の島国であるキプロス共和国で「キプロス・ショック」が発生しました。キプロス・ショックとはキプロス政府が銀行預金に課税すると発表したことによって生じた、金融危機です。銀行に預金者が大勢押し寄せました。この際、国の中央集権的な管理を受けないビットコインが注目されました。

2013年は中国がビットコインに注目しはじめた年でもあります。ビットコインの取引が中国で活発になり、11月には中国の最大手ともいわれる取引所「BTCChina」がビットコインの取引量世界1位を達成しました。

中国の取引量に連動するかのようにビットコインの価格は高騰し、2013年12月5日には**およそ1,028ドル (10.5万円) **を記録しています。しかし同日に中国政府がビットコインの規制を発表したため、価格は一気に下落しました。

2017年

2017年1月1日時点のビットコインの価格は**約960ドル (11,1万円) **でした。価格は上昇し続け、12月には当時の最高値およそ19,290ドル (216万円) に達しています。

2017年8月1日にはビットコインのハードフォークでビットコインキャッシュが誕生しました。ハードフォークはブロックチェーンの分岐を意味し、従来の暗号資産(仮想通貨)とは互換性がありません。

ハードフォークが発生したのは「スケーラビリティ問題」がきっかけでです。スケーラビリティ問題はビットコインのブロックが1MBに制限されていることで生じます。ビットコインの取引が増えると処理速度が落ち、取引手数料が高騰するという問題が生じるのです。

問題解決のためにハードフォークを行い、ブロックサイズの大きなビットコインキャッシュが誕生しました。

2017年12月にはアメリカのシカゴにある2ヶ所の取引所で、ビットコインの先物取引がはじまりました。先物取引は決められた日を設け、その日に資産を売買することを約束するのが特徴です。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) はどこで買える?

ビットコインの購入方法

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)を取扱っている取引所、販売所で購入できます。

取引所ではユーザー間で取引を行い、任意の価格で売買するのが特徴です。取引所に払う手数料を安く抑えられるというメリットが挙げられます。ただし取引しなければならないため、暗号資産(仮想通貨)の取引経験がある人におすすめです。

販売所は運営会社と取引し、価格は決められています。スプレッドが実質的な手数料であり、決まった価格で確実に購入できるのがメリットです。コストを下げたい人や暗号資産(仮想通貨)の取引に慣れていない人に向いています。

取引所も販売所もアカウントを登録し、口座開設すれば利用が可能です。

国内にも海外にも暗号資産(仮想通貨)取引所があり、手数料やウォレット、取扱通貨数などがそれぞれ異なっています。コストや購入方法などさまざまな点を考慮し、取引所や販売所を選びましょう。

ビットコイン ATMで購入する

ビットコインは「ビットコインATM」でも購入できます。

ビットコインATMでは現金を用いてビットコインの購入、売却を行えます。購入したビットコインはウォレットに送金が可能です。ウォレットに送金したい場合は、あらかじめスマホにモバイルウォレットのアプリをインストールしておきましょう。

一部のビットコインATMでは「ペーパーウォレット」の印刷も可能です。ペーパーウォレットはアドレスや秘密鍵を紙に印刷する方法で、オフラインでビットコインを管理できます。

ビットコインATMは世界各地に設置されていますが、日本にはないようです。なお利用すると手数料が発生します。

ビットコイン (Bitcoin/BTC)に10万円投資する前に

ビットコインに10万円投資しても、利益が出るとは限りません。もし10万円を失っても生活に支障をきたさないようであれば、投資してもよいでしょう。

ビットコインに投資して利益を出すためには、精神的に余裕を持つことが大切です。生活費を投資に使ってしまい精神的に余裕がない人は、正常な判断ができない可能性が高いといえます。損切りができず、場合によっては大損してしまうかもしれません。

生活費を投資して後がないような状況は避けて、「失っても問題ない」「勉強のために10万円を使う」という意識で投資しましょう。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) を今から買って儲かる理由

大企業がビットコイン事業に関わっている

ビットコイン事業にはLINEやヤフー、楽天などの大企業が関わっています。大企業が関われば、ビットコインへの信頼性につながるでしょう。

信頼性が高まれば、ビットコインの投資に興味がなかった人や保守的だった人が取引をはじめる可能性があります。大企業によるビットコイン事業への参入で価格が上昇するとも予想されるので、今から買っても儲かるといえます。

基軸通貨としての需要がある

基軸通貨とは、暗号資産(仮想通貨)取引所で中心的に取引される通貨のことです。基軸通貨を間にはさめば他の暗号資産(仮想通貨)とも交換できます。

基軸通貨は取引量が非常に多いため、需要がつねに多くあります。ほとんどの暗号資産(仮想通貨)取引所でビットコインを基軸通貨に選んでいるため、取引が続く限りビットコインは一定の需要があるのです。

需要の多さを考慮すると、ビットコインを今から購入しても儲かると判断できます。

ビットコインETF承認の可能性

ビットコインETFとは、ビットコインを用いた上場投資信託を指します。上場投資信託とは専門家に資金を預け、運用を行ってもらう商品のことです。資金を預けられた専門家は、いろいろな金融商品へ投資します。

ビットコインETFはビットコインも投資の対象に含まれているのがポイントです。ただしビットコインETFはまだSEC (米国証券取引委員会) の承認を得ていません。

もし承認を得れば、機関投資家がビットコイン市場へ参入するといわれています。ビットコインに機関投資家の大口資金が流れると、価格が上がる可能性があります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) に10万円投資する戦略

中長期的な値上がりが期待される場合

中長期的な値上がりを期待して投資する場合、ビットコインのFX取引は選ばなくてもよいでしょう。

FX取引ではポジションを保有するため、スワップコストが発生します。ポジションを長期的に保有するとその分コストも発生し、損をする可能性があるのです。現物取引でビットコインを保有することをおすすめします。

中長期的な投資では、時間分散が重要なポイントです。10万円を全額ビットコインに投資するのではなく、「これぐらい下がったらこの額で買う」と決めておきましょう。

ビットコインのような暗号資産(仮想通貨)は、手堅く投資すれば利益を数倍狙えます。負けにくい投資を続けることが大切です。

短期的トレードで利益を出したい場合

FX取引では資産の取引ではなく、ポジションを保有しながら差額の価格で取引します。短期的なトレードでビットコインから利益を得たいなら、FX取引がおすすめです。

レバレッジ取引では自分で用意した資産以上の取引を行えます。たとえばレバレッジ4倍で取引した場合、ビットコインの価格が10%上昇すると、元金の評価額は40%アップします。

しかしレバレッジをかけてビットコインを長期的に保有し続けるのは、かんたんではありません。レバレッジ4倍で25%の値幅が出た際、元金は100%変動します。

ポジションと価格が同じ方向であれば問題ありませんが、逆方向なら即座に資産を失ってしまいます。

短期的なトレードでも同様です。ビットコインのFX取引を行う際はリスク管理に注意してください。

10万円分のビットコイン (Bitcoin/BTC) があれば可能な投資方法

積立投資

段階的にビットコインを買う、積立投資が可能です。あらかじめ決めておいた額を投資し、毎月ビットコインを購入します。総額10万円なら、毎月8,000円強のビットコインを購入するという投資方法です。

一定期間に定額で金融商品を購入する方法を「ドルコスト平均法」と呼びます。価格が高ければ購入数量が減り、低ければ数量が増えるのが特徴です。

購入を少しずつ続け、時間が経つにつれてビットコイン資産が増えます。初心者でもかんたんにはじめられる投資方法です。

スイングトレード

スイングトレードとは、特定の期間に取引を完結させる投資方法です。取引期間は1週間から1ヶ月ほどを目安にしましょう。

1週間から1ヶ月ほどであれば、大きな価格変動を生じる場合があります。大きな値幅を狙い、利益を得るのが特徴です。

スイングトレードはデイトレードのように小さな利益を狙わないため、短期的な値動きを気にする必要はありません。つねにチャートを見なくてもよいので、忙しい人におすすめの投資方法です。

長期保有

長期保有はその名の通り、長期的にビットコインを保有する投資方法です。ビットコインの大幅な価格上昇を期待し、長期的に保有を続けます。

長期保有では精神面のコントロールが大切です。価格変動を毎日気にすると、少し価格が上がっただけで売却する場合があります。これでは大きな利益を逃してしまいます。

損切りを控えることも大事なポイントです。少しの価格変動に動じないために、購入して1年間はチャートを見ないなどの対策も重要になるでしょう。

デイトレード

デイトレードは中級者向けの投資方法です。1日単位で取引し、決済を行います。1日単位なら、ある程度の価格変動が期待できます。

デイトレードは1日に1回だけ取引する人もいれば、数回取引する人もいます。1日のうちに価格が上昇し、一気に下落すれば、下落が落ち着いたところで購入してまた反転を待つという取引も可能です。

デイトレードはチャートを確認しながら取引するため、チャート分析の知識や経験を必要とします。

スキャルピング

スキャルピングは超短期間に何度も売買を繰り返す、上級者向けの投資方法です。

スキャルピングはビットコインのチャートをこまめに見る必要があり、気を抜けません。チャートの分析力が必要な上、精神的にも体力的にも負担がかかります。

短時間で何度も取引を繰り返し、小さな利益を積み重ねるのが特徴です。経験やセンスが問われますが、慣れるとどんな相場でも毎日利益を得られます。

上級者であれば、スキャルピングとスイングトレード、デイトレードを組み合わせて取引するのもよいでしょう。

レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、取引所に証拠金を預け、レバレッジによって証拠金の何倍もの価格で取引する投資方法です。

購入して値上がりを待つという方法だけではなく、売却からも利益を狙えます。ビットコインの価格が下落していても、高い価格で売却して価格が下がったときに買い戻せば、差額で利益を得られます。

ただしレバレッジ取引はリスクが高いため、注意しましょう。何倍もの価格で取引を行うため、得られる利益は大きいですが、その分損失も大きくなります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) を買うまで

ビットコインを購入する方法を説明します。ここではCoincheckを例に取り上げます。

口座を開設

まずは口座を開設します。

Facebookでも登録が可能です。
アカウントの登録後は、指示にしたがって本人確認書類のアップロードを行いましょう。本人確認書類のアップロードが完了すると、審査がスタートし、メールにて連絡が来ます。

その後、自宅に口座開設完了のハガキが送られてくるので、受け取ってください。受け取りをもって口座開設が完了になります。

口座に日本円を入金

画面左端のメニューから『日本円を入金する』をクリックします。

このように専用の振込口座が表示されるので、入金したい日本円の額を振込んでください。

※ID番号が表示されます。SBIで振り込む場合は必ずID番号を入れてください。IDを入れないと手間がかかる場合や最悪入金されない可能性があります。

購入する

購入は非常に簡単です。
左端のメニューから、『コインを買う』を選択し、画像の画面に移動します。
ビットコインを選んで希望枚数を選び購入するを押せば完了です。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の購入におすすめ取引所

Coincheck

Coincheckの運営元は、証券会社の運営などを手がけている金融大手「マネックスグループ」が親会社です。一部上場企業なので信頼性が高く、安心して取引できます。

ビットコインは500円から購入可能です。ワンコインでビットコインに投資できるので、初心者でも気軽にはじめられます。取扱暗号資産(仮想通貨)数は国内トップクラスを誇る12種類です。

その上取引手数料と入金手数料が無料のため、コストはほぼかかりません。あまりお金をかけずにビットコインの投資をはじめたい人に、Coincheckはおすすめです。

スマホアプリが使いやすいのも特徴で、2019年にはアプリダウンロード数1位を記録しています。二段階認証を採用しているため、第3者によるアクセスは容易ではありません。24時間いつでもスマホでビットコインの取引が可能です。

パソコンでは高機能なチャートを利用できます。セキュリティ対策を強化した、安全なシステムを利用可能です。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは英会話やFX取引、動画事業などさまざまな事業を展開している「DMMグループ」の傘下です。大手企業が運営しているので信頼性が高いといえます。

ビットコインをあわせると11種類の暗号資産(仮想通貨)を取扱っています。レバレッジ取引に特化しているのが大きな特徴で、暗号資産(仮想通貨)11種類すべてでレバレッジ取引が可能です。

取引手数料や送金手数料、出入金手数料は無料に設定されています。新規口座開設のキャンペーンを利用すれば1,000円がプレゼントされ、実質0円でビットコインの取引をはじめられます。

スマホアプリは操作がかんたんで、チャートを確認しながらワンタッチ発注も可能です。パソコン版のツールではレイアウトを自由に変更でき、チャートから注文も行えます。

365日サポートしており、LINEでも問い合わせが可能です。ビットコインの他、さまざまな暗号資産(仮想通貨)でレバレッジ取引をしたい人に適しているでしょう。

GMOコイン

GMOコインを運営しているのは「GMOコイン株式会社」です。一部上場企業「GMOインターネット株式会社」のグループ会社に属し、金融サービスで培った実績や経験が運営に活かされています。

現物取引もレバレッジ取引も可能です。またビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)をGMOコインに貸し出し、数量に応じて貸借料を受け取れる「貸暗号資産」のサービスも行っています。

パソコンの取引専用ツール「WebTrader」では画面にチャートや板などが集約され、取引を1つの画面で完結できます。また「TradingView」も提供し、81種類のインジケーターを利用可能です。

スマホアプリ「ビットレ君」は初心者でも上級者でも使いやすく、直感的に操作できます。複数の注文方法を用意し、スマホアプリのみスピード注文に対応しています。

取扱暗号資産(仮想通貨)は7種類、送付手数料や出金手数料は無料です。現物取引のメイカーにかかる手数料はマイナスのため、取引を行うほど手数料の分だけ付与されます。

10万円分のビットコイン (Bitcoin/BTC) に投資する際の注意点

10万円分のビットコインを投資する際、計画的に取引することを心がけましょう。むやみにただ取引を行うだけでは値動きに誘導され、損失が増える可能性もあります。

取引は1日に2回、週に1回などのように自分なりのルールを決めることも重要です。計画性のある取引を続けましょう。

もし相場が荒れていれば、落ち着くまで取引をしないことも有効です。ビットコイン市場や暗号資産(仮想通貨)にかんするニュースなどの情報を確認しながら、取引を続けましょう。

10万円分のビットコイン (Bitcoin/BTC) で行う投資に関するQ&A

10万円分のビットコイン (Bitcoin/BTC) があれば可能な投資方法は何ですか?

10万円分のビットコインがあれば、積立投資や長期保有などの投資方法を行えます。

ビットコインで取引してきた経験に応じて、投資方法を選ぶとよいでしょう。たとえば中級者にはスイングトレードやデイトレード、上級者にはスキャルピングやレバレッジ取引がおすすめです。

ただしレバレッジ取引は大損のリスクも抱えているので、注意しましょう。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の購入に適した取引所はどこですか?

ビットコインの購入にはCoincheck、DMM Bitcoin、GMOコインの3つの取引所が適しています。

Coincheckはコストを抑えて投資したい人、DMM Bitcoinはレバレッジ取引をしたい人、GMOコインは高機能なツールを使いたい人におすすめです。ビットコインの投資スタイルに応じて選んでみてください。

10万円分のビットコイン (Bitcoin/BTC) で行う投資に関するまとめ

10万円分のビットコインで行う投資には、さまざまな方法があります。積立投資やスイングトレードなどの投資方法から、自分に合うものを選びましょう。

なおビットコインに10万円投資する戦略は期間によって異なります。中長期的な取引をしたいなら現物取引、短期ならFX取引がおすすめです。

大企業のビットコイン事業への参入や基軸通貨としての需要、ビットコインETF承認の可能性を考慮すると、ビットコインは今から買っても儲かるといえます。

10万円分のビットコインで少しずつ利益を積み上げ、慣れたら中級者や上級者向けの投資方法にチャレンジしてみてください。