ビットコイン (BTC) の空売り (ショート) とは

編集:
松本 頌平 (Shohei Matsumoto)

ビットコイン (BTC) の空売り (ショート) とは

空売りとは元々保有していない金融商品を売却後に買い戻す行為です。この行動は信用取引やビットコインFXで「売り」から取引を始める際に用いられます。空売りを始めるためには、取引する会社に証拠金として資金を預けます。すると空売りに対応した取引方法で「売り」が可能です。

空売り後はビットコインが値下がりした後に、ビットコインを買い戻すと取引が完了します。その際に買い戻した金額から空売りした金額を引くことで差額が利益になります。

ビットコイン (BTC) を空売り (ショート)できる条件

ビットコインの空売りは「信用取引」もしくは「ビットコインFX」で行うことができます。この2つの名称のどちらを使うかは取引所によって変わりますが、利用できるサービスは基本的に同じです。空売りは取引所から仮想通貨を借りる必要があるため、現物取引しかできない取引所では行うことができません。

この2つでは、「空売り」の他に「レバレッジ」が利用できます。レバレッジは自分が持っている資金を証拠金として預けることで、取引所を運営している企業からさらなる資金を借りて資産運用を行う方法で、短期的に大きな利益を狙う際によく利用されます。

ちなみにレバレッジは取引所によって別々に設定されています。国内取引所の場合は金融庁の規制でレバレッジ倍率は最大2倍に規制中です。[1]

金融庁, 内閣府令, 2021年6月29日参照

triangleしかし海外取引所では日本の金融庁の規制が及びません。そのためレバレッジは自由度が高いです。取引所によっては最大レバレッジが100倍にできる場所も珍しくありません。

当然レバレッジが高いほどリスクリターンの割合は大きくなります。さらにロスカットが発生する証拠金維持率やゼロカットシステムの有無など、取引をするうえで大切な要素が取引所ごとに異なるので、取引所の選定時は必ずチェックをしておきましょう。

ビットコイン (BTC) の空売りで知っておくべきポイント

証拠金を預け入れる必要がある

レバレッジをかける場合は初めに投資資金を証拠金として預け入れることになります。現物取引ではビットコインを持っていない場合「買い (ロング) 」でのみ取引を始められますが、レバレッジ取引ではロングとショートの両方から取引が始められます。

ショートを仕掛ける場合は証拠金維持率に気を配らなければなりません。証拠金維持率は基準値を下回るとロスカットが発生し、保有ポジションが全て決済されます。

少ない資産で効率よく取引できる

レバレッジ取引の利点となるのが、レバレッジをかけられる点です。レバレッジは「てこ」を意味します。てこのようにレバレッジ取引では少ない資金でも大きな金額を借りて取引ができるようになります。国内取引所のレバレッジを見ると、最大レバレッジは2倍までとなっています。そのため5万円の資金を投じる場合、最大10万円の資金を動かせるようになります。

仮想通貨は他の金融資産と比較して特に価格変動率と呼ばれるボラティリティが大きいです。そのため上手くいけば少ない取引回数で大きな利益を出すことも考えられます。

ハイリスク・ハイリターンな方法である

仮想通貨投資は元々ボラティリティが高いため安定しない取引方法だと言われています。その上レバレッジも設定次第で現物取引よりリスクが高くなるのは当たり前です。仮想通貨とレバレッジが合わさるとレバレッジ取引はより利益を最大化できる一方で、損失を抱えたときの証拠金の減りは大きくなります。

そのためレバレッジ取引を取り組むなら失敗した時の損失額をあらかじめ想定しておき、失敗しないためにどのような投資戦略を取るのか考える必要があります。

ビットコイン (BTC) の空売り (ショート) のメリット

両建て取引ができる

両建て取引とはロングとショートの双方でポジションを維持することです。2つのポジションを保有すると、相場がポジションより上か下でもそれぞれが含み益と含み損を発生させることで損失をゼロに抑えることが可能です。

両建てを駆使する例として、ビットコインは上昇トレンドでも、予想外の暴落が発生することも珍しくありません。その際に両方のポジションを取っておくことで利益減少を抑えられます。なおロングとショートの2つでポジションを取るために手数料が通常の2倍必要です。また取引所によっては両建てのために証拠金を2倍用意することがあります。

どんな相場もチャンスにできる

ビットコインの現物取引はビットコインを保有していない場合、ロングしか取引が行えません。しかしレバレッジ取引ではショートにも対応しています。つまり相場の状況に合わせた投資戦略を取ることが可能です。

ビットコインが上昇トレンドに乗っている場合は、ロングでポジションをとります。一方相場が下降気味でいつ右肩上がりに戻るかわからない時もあるでしょう。その場合はショートでポジションをとれて、下降トレンドの環境でも利益を狙えるということです。

短期で利益を出せる場合がある

ショートポジションでは基本的に短期間の取引が一般的です。相場が不安定状況ではいつ上昇トレンドに乗るか分からないため、利益の深追いはかえって損失を出す結果になりかねません。しかし相場を見て適度に決済注文を出せれば、素早く利益を稼げます。

この方法は長時間チャートに張り付かないことで、取引のためのストレスを軽減できます。またコツコツ利益を積み重ねるタイプの投資家にも向いており、欲をかかなければそこまで難しくありません。

投資は負けなければ利益がマイナスになることはありません。全勝することはほぼ不可能ですが、できる限り損失を抑える取引を繰り返すことで結果的に安定した利益を稼げる可能性は高いです。

ビットコイン (BTC) の空売り (ショート) の手順

ビットコインの空売りでは初めに取引所へのログインが必要です。レバレッジ取引の仕様は取引所によって異なるので、実際に取り組む前に必ず確認をしておきましょう。

そして口座へ資金を振り込みます。銀行口座からの振込は銀行によって手数料が抑えられる所もあります。その後は入金した資金を、現物用の口座からレバレッジ用口座に移しましょう。取引所によって専用口座の名称は変わってきます。

次の手順はレバレッジ設定です。設定したレバレッジが証拠金にかかるため、どれくらいの規模でどのようにリスク管理ができるのかを考慮して決定してください。

最後はいよいよレバレッジ取引です。空売りするビットコイン数を入力して注文を出します。注文タイミングと注文量は相場状況とリスク管理でそれぞれ決めましょう。なお新規注文は成立前ならキャンセル可能です。そしてショートポジションを持った後は決済注文をするだけです。取引に費やせる時間と相場の状況を見て無理のない範囲で決済してください。

ビットコイン (BTC) の空売り (ショート)の注文方法

指値注文

指値注文は注文量とエントリー価格を設定して新規注文を出す方法です。相場の状況を見極めて、適切な位置でポジションを取れれば、高値でショートすることもできます。一度出した指値注文は約定するまでキャンセル可能なので、注文を出したまま約定する雰囲気がなければ注文し直しましょう。

成行注文

成行注文は注文時に最も条件が良い価格でショートポジションをとる方法です。仮に成行注文と指値注文では成行注文が優先されます。そのため売り注文がかぶった場合は、優先してポジションを取れる仕組みです。

ストップオーダー

注文時に損失を許容できる金額を設定することで、相場が設定ラインに到達した場合成行注文が入ります。最終的には成行注文として指値注文より優先されることで、確実な注文が可能です。

ストップリミット注文

逆指値の設定で相場が設定価格に触れた場合、指値注文が自動的に実行されます。ストップオーダー注文との違いは、値動きが激しい状態でも指値注文で狙った価格帯で注文が通る点です。

トレール注文

トレール注文は値動きに合わせて逆指値の設定価格が変動します。相場価格が上昇した時に逆指値価格も追随する仕様なので、自然と獲得利益を増やせる注文方法です。またトレール注文の利用によって、相場変動が激しくても逆指値注文を毎回入れなおす必要もありません。

OCO注文

OCO注文では2つの注文を一度に出します。片方の注文が約定した場合、残りの注文は破棄される仕様です。ポジションを持っている時に指値注文と逆指値注文を同時に入れることで、後はチャートに張り付かなくてもトレード結果が予想できるようになります。

IFDOCO注文

IFD注文とOCO注文が組み合わさった注文方法です。つまり新規注文として指値を入れた後、決済用に指値と逆指値の2つの注文を入れられる仕組みになっています。IFDOCO注文を駆使すると一度注文を設定するだけで新規注文から決済まで自動化されます。

ビットコイン (BTC) の空売り (ショート) をするときの注意点

ビットコインの空売りをする際には、現物取引には無い注意点がいくつかあります。

空売り (ショート)すべきタイミング

相場の下降トレンドはどれくらい継続するのでしょうか。結論から申し上げると、結果が出るまで誰にも分かりません。そのためチャート分析を通して大体のラインを決めておくのも大切です。

また下降トレンドでも一時的に値動きが上向く可能性もあります。ショートポジションを持つタイミングとしては、下降トレンドに入ったと判断される場合に新規注文を行うといいでしょう。

ロスカットがある

ロスカットはポジションを持った際に、証拠金維持率のラインを下回ることで発動します。取引前に証拠金維持率を把握しておくことも必要ですが、できる限りロスカットを発生させない立ち回りも心がけることが大切です。

損失が大きくなる可能性がある

レバレッジは高く設定するほど発生する利益を大きくできる一方で、損失も現物取引と比較してすぐに拡大する取引です。そのため損切ラインの設定はより慎重に行う必要があります。注文方法を駆使すると発生する損失を限定できるので、有効活用していきましょう。

ビットコイン (BTC) を空売り (ショート)できる取引所

GMOコイン

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
GMOコイン株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
安心のGMOインターネット (東証一部上場)グループの暗号資産(仮想通貨)取引所
GMOコインは、東証一部上場企業であるGMOインターネットの子会社!GMOコインの持つ金融サービス提供ノウハウを活かすことで、徹底したセキュリティ対策を実施!安心して暗号資産(仮想通貨)取引を行うことができます。
取引手数料
Maker : 0.01% / Taker : 0.05%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.0001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

GMOコインは、東証一部に上場している「GMOインターネットグループ」のグループ会社が運営する取引所です。同グループはFX取引高世界第一位の証券業者である「GMOクリック証券」を運営しており、そこで培ったノウハウやリソースを元にビットコインFX事業を行っています。

ビットコインだけでなく、イーサリアム (ETH) やビットコインキャッシュ (BCH) 、リップル (XRP) など全13通貨のレバレッジ取引を行うことができ、送金手数料や取引手数料が無料なのも魅力です。スマホアプリがあるため、外出時の急な相場変動にも対応が可能です。

Bybit (バイビット)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#先物取引
#無期限先物取引
Bybit(バイビット)
Bybit Fintech. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
クレカ入金可能!レバレッジの効いたFX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!海外ならココ一択!
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
0.5
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

Bybitは本社をシンガポールに構える仮想通貨取引所です。レバレッジ取引はもちろん、多種多様なデリバティブ取引を提供しているのが特徴です。

Bybitは何といっても日本語に完全対応している点ポイントです。サポートに関しても日本語でできるようになっており、いちいち英語から翻訳する必要もありません。Bybitで設定可能なレバレッジは最大100倍です。そのためより利益を最大化したい人におすすめできます。

また仮に大きな損失が発生してもBybitでは追証は発生しません。ロスカットが間に合わず証拠金以上の損失を背負うとしても、ゼロカットシステムによって証拠金を超える損失はBybitが補填してくれます。

CryptoGT (クリプトGT)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#先物取引
CryptoGT(クリプトGT)
Hatio. Ltd
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
クレカ入金可能!レバレッジ最大500倍!追証なしで少額から利益を狙える魅力の暗号資産(仮想通貨)FX特化型取引所
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

CryptoGTは、キプロスに運営会社を持つ仮想通貨取引所です。CryptoGTの特徴は最大500倍のレバレッジ設定にあります。海外取引所で一般的な100倍以上のレバレッジがかけられるため、少額から大きな利益を稼ぐことも可能です。また取引で多額の含み損を背負った時の追証はありません。仮にロスカットが遅れて証拠金以上の損失が発生しても、ゼロカットシステムのおかげで借金になることはないです。

トレードツールについても本格的な設計になっており、高度なチャート分析までこなせます。日本語にも対応しており、英語が分からないことでCryptGTの利用をあきらめる必要はありません。

Deepcoin

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
Deepcoin
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
DeFiプロジェクト「秒息宝」を提供する総合暗号通貨デリバティブ取引プラットフォーム
Deepcoinは無期限契約取引を基盤とする総合暗号通貨デリバティブ取引プラットフォームです。分散型金融DeFiを応用した投資プロダクト「秒息宝」を提供しています。また銀行レベルのHSM技術で資産を管理し、安心できるセキュリティを提供しています。
取引手数料
メイカー : 0.09% テイカー : 0.1%
取引方法
現物/無期限契約
暗号資産数
33
最大レバレッジ
125倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.0001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
0.8
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

Deepcoinはレバレッジ取引以外にも現物取引やUSD契約のCFD取引にも対応しているデリバティブ取引所です。レバレッジは最大125倍まで設定可能で、より大きな資金で取引を行えます。

CFD取引ではレバレッジ取引を活用する上で問題点となる資金調達料もありません。DeFiと呼ばれる分散型金融サービスも提供されており、参加すると利息を受け取れるようになります。

ビットコイン (BTC) の空売り (ショート) に関するQ&A

ビットコイン (BTC) の空売りは儲かる?

空売りはビットコインの価格が下がるタイミングで儲けを出すことができる取引方法です。そのため、ビットコインの価格が大きく下がる場合に売り注文をだすことで大きな儲けを出すことができます。直近では、2021年5月にテスラがビットコイン決済を中止したときや、中国が新たに仮想通貨規制を公表した際に価格が大きく下落しました。[2]

triangle

そのため、普段からビットコインに関する情報を集められるような環境を整え、価格が下がるタイミングで取引を行えるようにしておくことが重要です。

ビットコイン (BTC) の空売り (ショート) が規制・禁止されるって本当?

ビットコインを含め仮想通貨はボラティリティが高いです。そのためハイリターンな安定性のない投資方法だと言われています。その要素にくわえてレバレッジ要素が入ることで、ビットコインのショートは禁止すべきという声も挙げられているようです。

現時点ではビットコインの空売りが禁止されることはありませんが、国際的に空売り禁止論が盛り上がることで、規制される可能性も否めません。

ビットコイン (BTC) の空売り (ショート) まとめ

ビットコインの空売りは相場が下げ調子でも稼げるようになる手段です。証拠金を納めてレバレッジ取引を行うことは、現物取引よりも儲ける可能性を広げられる点で挑戦する価値があります。

レバレッジは倍率を上げるほどリスクリターンが大きくなりますが、リスクを抑えるためにレバレッジを最低限に抑える方法もありでしょう。注文方法をうまく活用することで、トレードにかけるストレスを軽減することも可能です。空売りの仕組みを活かして賢く利益を上げていきましょう。

情報ソース・引用元一覧

1

金融庁, 内閣府令, 2021年6月29日参照