ビットコイン (Bitcoin/BTC) にオススメのトレード方法や購入方法まとめ

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
1分で理解する要約
  • ビットコインとは?
  • ビットコインの投資のメリットデメリット
  • ビットコインの利用可能なトレード方法について

こちらではビットコインとはなにか、ビットコインはどこで購入できるのかなどをご紹介します。またビットコインへ投資する際のメリットやデメリットもくわしく解説していますので参考にしてみてください。

またビットコインには数種類のトレード方法があります。トレード方法についてもくわしくご紹介していきます。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) とは?

ビットコインは暗号資産ともよばれている「仮想通貨」です。文字通り仮想の通貨であり、物質的には存在していません。しかし円やドル、ユーロのようにお金のひとつです。

またビットコインはトレードの際には「BTC ( ビーティーシー )」と表記されており、1BTCを1ビットコインと数えます。ビットコインはまだまだ発展途上の仮想通貨ですが、将来性は高いといわれています。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) はどこで買える?

こちらではビットコインの購入所や購入方法についてご紹介します。

ビットコインの購入方法

ビットコインの購入方法として取引所や販売所での購入が可能です。

取引所の場合は、仮想通貨をやり取りするユーザー間で任意の価格で売買を行います。一般的に販売所は決められた価格を運営会社と直接取引するのが特徴です。取引所のメリットはスプレッドが安い点でしょう。販売所のメリットは注文が確実に通るといった点です。

取引所も販売所もさまざまな種類があります。どの取引所・販売所が使いやすいかは登録・口座開設をして使ってみないとわからないのがデメリットです。同じ取引所でも向き不向きがありますので、あらかじめ口コミなどを調べておくといいでしょう。

ATMで購入する

ビットコインはATMでも購入が可能です。ビットコインATMといって、ビットコインが購入できるATMがあります。

ATMの機種によって使い方はさまざまですが、大まかな流れは同じです。機種によっては個人認証が不要なATMもありますので、ATMの指示にしたがってください。

①本人確認として個人認証を行う ( 指紋認証、メール、SMS )
②ビットコインアドレスをかざす
③ATMに現金をいれる
④ビットコインウォレットにビットコインが送付されたか確認する

現在日本には設置されていません。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) でトレードするメリット

ビットコインでトレードするメリットについてご紹介します。

少額からはじめることが可能

ビットコインの最低発注数量を、取引所ごとにまとめました。

取引所

最低発注数量

DMM Bitcoin

0.001BTC

LIquid

0.001BTC

BITpoint

0.0001BTC

bitbank

0.0001BTC

GMOコイン

0.0001BTC

bitFlyer

0.00000001BTC

ビットコインは少額からはじめることが可能です。ビットコインの最小単位といわれている1億分の1BTCは「1satoshi」ともいわれています。

これは他の通貨にくらべると非常に小さな単位です。最低購入単位は取引所によって異なりますが、1000円以下でもビットコインを購入できます。

24時間365日取引できる

ビットコインは株式売買やFXと異なり、24時間365日の取引が可能です。

分散投資の対象となる

ビットコインは分散投資の対象です。日本円、ユーロ、米ドルなどの通貨は普通であれば国家によってつくられています。しかしビットコインは仮想通貨であるため、国家や企業に依存しないのが特徴といえます。

強固なネットワーク

ビットコインには強固なネットワークがあります。ビットコインを管理する大きなコンピューターネットワークであるノードが世界中に存在するからです。

またノードを管理しているのがP2Pネットワークといわれています。世界中にあるノードがブロックチェーン上にあるデータを共有しているのです。

そのため誰かが改ざんしようとしても、かんたんに発見されてしまいます。ビットコインは強固なネットワークにより喪失リスクが低いのがメリットともいえるでしょう。

透明性が高い決済が可能

ビットコインは透明性が高い決済が可能です。これはP2Pというネットワークをベースにしたブロックチェーンで構築されているためです。

ビットコインの取引があるごとに「ブロック」と呼ばれる部分に記録され、これがチェーンでつながって情報が整理されています。また記録される情報はいくらビットコインが送付されたのか、どこからどこへ送付されたのかなど資金の流れです。

これらを無理に改ざんしようとすると、不整合が生じるためすぐに発見されるでしょう。

国際情勢などに左右されにくい

ビットコインは国勢情勢にも左右されにくいといわれています。先述したようにビットコインは仮想通貨です。

もし日本という国が破綻した場合、日本銀行から発行される日本円には価値がなくなってしまうのです。実感できる人は少ないですが、どの通貨にも破綻の危険はあります。しかしビットコインは国家や企業に依存しない仮想通貨ですので、破綻のリスクは非常に低いといえるでしょう。

供給制限による需給バランスの調整

ビットコインの発行上限数量はおよそ2,100万枚です。2,100万枚しかないため、欲しいと思ったときにあまりがなければ購入できません。そのためデジタルゴールドと呼ばれています。

ボラティリティが高い

ビットコインはボラティリティが高いのが特徴です。ボラティリティとは価格変動率を意味します。ビットコインはつねに価格変動をしているため、株式やFXのように取引可能時間を気にする必要がありません。

東京時間やロンドン時間など、各国の市場がさかんになる取引時間を狙って売買する必要がなくかつ土日も取引が可能です。働いている人や忙しい人にとってはメリットといえるでしょう。

入出金がいつでも可能

ビットコインは入出金がいつでもできます。また取引所や販売所にもよりますが、海外の一部の会社ではクレジットカードによる入金も受け付けているようです。

これまで入出金は時間がかかるところが多くありました。しかしビットコインであれば、ほとんどの場合で1時間以内での入出金が可能といわれています。

遅い場合でも翌営業日から3営業日以内には入出金が可能です。こちらもタイミングを選ばないため、働いている人や忙しい人にとってメリットになるでしょう。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) でトレードするデメリット

こちらではビットコインでトレードするデメリットについてご紹介します。

ハッキングリスク

ビットコインのセキュリティは非常に高いといわれています。ブロックチェーンと呼ばれる技術が使われているため、データの改ざんや不正へのリスクは低いのが特徴です。

しかしまったくリスクがないわけではありません。取引所や販売所、そのほかのウォレットがハッキングされる可能性もあるのです。

ハッキング対策としておすすめなのはオフラインでの取引です。外部環境とつながっていない秘密鍵を管理できる取引所や販売所があります。ハッキングのリスクが気になる人は、ぜひ検討してみてください。

取引所の倒産リスク

仮想通貨の破綻リスクは少ないといわれていますが、取引所の倒産リスクがあります。2020年現在、日本では仮想通貨の交換業を開始する際、金融庁の認可が必要となりました。

証券会社や銀行などとくらべると、仮想通貨は歴史が浅いといえます。そのため取引所が突然倒産するリスクも考えてなくてはなりません。

仮想通貨間での分散投資が効きにくい

仮想通貨は投資の中では「分散投資」に該当します。しかし仮想通貨間での分散投資はしづらいといわれています。

ビットコイン以外の通貨を総称して「アルトコイン」と呼んでいますが、ビットコインが下がるとアルトコインも一斉に下がる傾向にあるからです。

決済手段としては利用低迷

ビットコインはいずれ世界中で使えることを目的としてつくられました。実際にビットコインが世界中で使えるようになったら、日本円やユーロ、米ドルよりも利便性が高いといわれています。

しかし現状決済手段として利用は低迷しており、現実にはほとんど使えない状態です。

税金面で不利

ビットコインはFXと比較すると税金面で不利といわれています。FX取引ですと、利益に対する税金は「**20.315%**」です。もし赤字が続いた場合は、3年間の繰り越しが可能。株式投資も同じです。

しかし仮想通貨の場合ですと、雑所得と分類されてしまいます。そのため最高課税は55%にまでなります。赤字が続いた際に翌年への繰り越しもできません。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) で利用可能なトレード方法

こちらではビットコインで利用可能なトレード方法をご紹介します。

デイトレード

ビットコインのデイトレードについてメリットデメリットをご紹介します。

メリット

ビットコインをデイトレードするメリットとして、目標利益を1日ごとに管理できる点でしょう。デイトレードと決めているからこそ、損切りもしやすいのが特徴です。

さらにデイトレードは夜寝ている間に大暴落や大暴騰がないため、安心して取引にのぞめます。

デメリット

デイトレードのデメリットは、1日に何度も取引を行わなくてはならない点です。取引している間値動きの確認が必要になります。

忙しい人や日中仕事の人は取引しにくいといえます。またつねに取引画面を見ていると値動きが激しいため、本来売買するべきでない場面で売買してしまうなどミスが増える可能性があるでしょう。

レバレッジトレード

こちらではレバレッジトレードのメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

レバレッジトレードは少額の資金でもより大きな金額で取引できるのが特徴です。レバレッジトレードをしない場合は実際に「100万円」用意した金額で売買を行い「10万円」の儲けが出たとしましょう。

しかしレバレッジトレードの場合は用意する金額は「10万円」でレバレッジを10倍に設定するだけで、100万円と同じ金額の取引が可能になります。すると少ない資金で大きな儲けを出せるのです。

レバレッジトレードは売りも可能。かならずしも買いからはじめる必要はありません。コインの価格が下がっているときは、買いだと利益を出す可能性は低いといえるでしょう。

そんなとき売りの注文を出せば市場の波にのりうまく利益をあげられるのです。現物取引では買いの注文しかできませんので、レバレッジトレードのメリットともいえます。

レバレッジトレードで借金を背負うことはありません。ゼロカットシステムといったシステムを採用しているため、証拠金として預けているお金が「ゼロ」になることはあっても、それ以上の損失にはならないのです。

デメリット

レバレッジトレードはメリットだけではなく、デメリットもあります。少ない資金で利益を最大化できますが、その分損失も大きくなるのが特徴です。

用意した資金以上のトレードができてしまうので、注意が必要です。しっかりと管理しましょう。またレバレッジトレードは手数料が高いといわれています。そのため長期保有には不向きです。

アービトラージ

こちらではアービトラージについてご紹介します。

メリット

アービトラージはトレードの知識が必要ないため、最低限のルールさえわかっていれば誰かでもかんたんに取引にのぞめます。さらに難しい操作が必要なくリスクが低いため初心者でもはじめやすいです。

アービトラージは購入・売却・送金の3ステップだけです。仮想通貨を保有している時間も数分から数時間なので、仮想通貨ならではの激しい価格変動に左右されにくいといわれています。

またかんたんな3ステップですので、相場の価格変動を関係なく取引できるのが特徴です。

デメリット

アービトラージはかんたんな3ステップで初心者でもかんたんにはじめやすいのが特徴です。しかしその分1度にあげる利益が小さいのがデメリットといえるでしょう。

そのため1度の取引で大きく利益をあげたい人には不向きなトレードスタイルといえます。またアービトラージでそれなりに利益をあげようとすると、まとまった資金を用意する必要があります。

さらにアービトラージは1度の取引による保有時間が短いため、相場があれているときにはリスクが高いです。

ビットコイン(Bitcoin/BTC) の注文方法

こちらではビットコインの注文方法についてご紹介します。

指値注文

ビットコインの指値注文は売買したい価格をあらかじめ決めておく必要があります。売買したい価格を注文画面で入力し、実際にその価格になったら注文が実行される方法です。

注文の予約ともいわれる方法です。ある一定の金額になったら注文を出す方法は、チャートに張り付いていなくてもいいため忙しい人や長時間パソコンの前にいられない人におすすめとなっています。

ただし相場が予想外の動きをした場合、いつまでも注文が実行されません。一定期間注文できなければ、取消などを忘れないようにしましょう。

成行注文

成行注文はその時々のビットコインの価格を見て売買する注文方法です。そのためチャートを確認してチャンスを感じたときに即売買ができるのがメリットといえます。

しかし成行注文の場合は都度チャートを確認しなくてはなりません。忙しい人や日中会社員をしている人は難しい注文方法かもしれません。

さらに成行注文はほかの投資家からも注文が入った際、注文の成立が遅れてしまい予定の価格とは違う価格で取引にいたる可能性もあります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) を買うまで

こちらではCoincheckという取引所でビットコインを買う方法についてご紹介します。

口座を開設

まずは口座を開設します。

Facebookでも登録が可能です。
アカウントの登録後は、指示にしたがって本人確認書類のアップロードを行いましょう。本人確認書類のアップロードが完了すると、審査がスタートし、メールにて連絡が来ます。

その後、自宅に口座開設完了のハガキが送られてくるので、受け取ってください。受け取りをもって口座開設が完了になります。

口座に日本円を入金

画面左端のメニューから『日本円を入金する』をクリックします。

このように専用の振込口座が表示されるので、入金したい日本円の額を振込んでください。

※ID番号が表示されます。SBIで振り込む場合は必ずID番号を入れてください。IDを入れないと手間がかかる場合や最悪入金されない可能性があります。

購入する

購入は非常に簡単です。
左端のメニューから、『コインを買う』を選択し、画像の画面に移動します。
ビットコインを選んで希望枚数を選び購入するを押せば完了です。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の購入におすすめ取引所

こちらではビットコインの購入におすすめの取引所をご紹介します。

Coincheck

コインチェックは一部上場企業のマネックスグループが親会社となっている取引所です。マネックス証券など証券会社も手掛けています。

コインチェックのメリットは「入金手数料無料」「取引手数料無料」「最低500円から取引可能」といった点でしょう。手数料が無料なのは長期で見るとコストダウンになります。

また最低500円から取引ができるため、少額投資を行っている人に人気です。仮想通貨初心者の人やまとまったお金が用意できない人でも気軽にはじめられるでしょう。

また取り扱っている仮想通貨の種類は全部で12種類となっています。これは国内でトップクラスにあたります。さらにコインチェックはパソコンだけでなく、アプリでの使用も可能。

スマホアプリは250万以上のダウンロードを誇っており、初心者から上級者まで幅広い層に人気です。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは大手企業であるDMMグループの傘下にある取引所です。DMMグループはFXや暗号資産のほかに、英会話・動画事業などさまざまな事業を展開しています。

また取引コストが低めなのが特徴です。さらに取り扱っている仮想通貨の種類は、全部で11種類です。DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化しているのも特徴で、仮想通貨11種類すべてに対してレバレッジ取引ができるのも人気の理由といわれています。

DMM Bitcoinは登録時のキャンペーンを行っており、登録するだけで「1,000円キャッシュバック」が受け取れます。レバレッジ取引がどの仮想通貨でもできるため、1,000円あれば実際の取引が十分に可能です。

またDMM Bitcoinは大手企業のため、仮想通貨の取引がはじめての人でも安心して取引できるのが魅力でしょう。

bitFlyer

bitFlyerは2014年からサービスを提供しており、取引所の中では歴史がある方といえます。そんなbitFlyerですが、取引コストに関しては「入金手数料」「取引手数料」の2種類が無料です。

比較的低コストで利用できる取引所といえるでしょう。さらにbitFlyerのみで提供している「ビットコインをもらう」というサービスを使えば、買い物やサービス利用でお得にポイントをためられます。

この独自のサービスを使ってためたポイントで、仮想通貨の購入も可能です。そのためポイントがたまれば、実質無料で仮想通貨の取引ができます。

bitFlyerはスマホにも対応していますが、AppStoreの評価では星4.3と高い評価を獲得しており、使いやすいと評判です。

使いやすく低コストで利用できるため、初心者から上級者まで幅広い層に人気があり、ビットコインの取引量と仮想通貨サービス利用率で国内1位を誇っています。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のトレードに関するQ&A

こちらではビットコインのトレードに関するQ&Aをご紹介します。

ビットコインでトレードするメリットは何ですか?

ビットコインは取引所によりますが、安いところだと1,000円以下の少額からはじめられます。さらにFXと違い仮想通貨は24時間365日いつでも取引が可能です。土日祝日関係ありません。さらに分散投資の対象となり、国や企業に依存しないため破綻のリスクが低いです。

ビットコインで利用可能なトレード方法は何がありますか?

ビットコインで利用可能なトレード方法は3つあります。1つめは「デイトレード」です。デイトレードは1日の中で取引を終了させるトレード方法となっています。

2つめは「レバレッジトレード」です。レバレッジトレードは少ない資金でも、大きな金額の取引ができます。これにより小さな資金で大きな利益をあげられるトレード方法となります。

3つめは「アービトラージ」です。アービトラージは最低取引ともいいます。取引所間の価格差を利用した取引方法です。たとえばAの取引所で100円で買った通貨をBの取引所で105円で売り、5円乗り気をあげるのがアービトラージとなります。

ビットコインのトレードを初心者が行うときに必要な知識はありますか?

ビットコインを取引するうえで必要なテクニカル分析は人それぞれですが、仮想通貨の取引にあたって、最低限知っておきたいテクニカル分析が「ローソク足」です。

さらにローソク足の形状の1つに「ピンバー」というものがありますのでこちらも覚えておくといいでしょう。ピンバーはローソク足の実態部分が小さく、上下どちらかにヒゲのような棒が長く出ているのが特徴です。

たとえば実体部分が黒く上ヒゲが長いローソク足は「1度上昇したが、その後売りが強く押し戻された」状態を意味しており「下落する可能性が高い」といえます。つぎに実体部分が白く下ヒゲが長い場合は「1度下落したが買いが強く買い戻された」状態で「上昇する可能性が高い」といえるのです。

チャートにピンバーが出現したからといって、かならず「上昇する」「下落する」わけではありません。あくまで判断材料です。おすすめはピンバーと「レジスタンスライン」「サポートライン」の併用です。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のトレードのまとめ

ビットコインをトレードするには仮想通貨の取引所に登録するところからはじめましょう。口座登録に必要な書類は「本人確認書類」「メールアドレス&パスワード」「名前や住所などの個人情報」です。

登録が終わったらさっそく入金して、トレードをはじめてみましょう。トレード方法には「デイトレード」「レバレッジトレード」「アービトラージトレード」の3つがあります。

どのトレード方法を選ぶにしろ最低限のテクニカル分析として「ローソク足」を覚えておくといいでしょう。ぜひ自分にあったビットコインの取引所やトレード方法を見つけてください。