ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH) の手数料が安いおすすめ取引所比較

1分で理解する要約
  • ビットコインキャッシュの手数料は入金手数料・取引手数料・送金手数料・レバレッジ手数料
  • スプレッドは取引における実質の手数料
  • スプレッドの狭い「取引所」を利用するのがおすすめ

「安い手数料でビットコインキャッシュの売買をしたい」そう思われてませんか。本記事では、ビットコインキャッシュの手数料の種類と手数料を抑えるための秘訣についてまとめました。本記事を読むことで、安いコストでビットコインキャッシュの売買が行えるようになります。

ビットコインキャッシュ (BitcoinCash/BCH) について

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分岐して誕生した通貨です。ビットコインキャッシュはビットコインよりもブロックのサイズが大きく、より多くの送金処理が行えるよう設計されている点が特徴的です。

ビットコインから分岐したのは、ビットコインのスケーラビリティ問題 (※1) を解決するための技術をめぐって開発者たちが対立したからです。

(※1) 大量の送金依頼が発生すると、送金処理が遅延したり送金手数料が高額になったりすること

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH) にかかる手数料の種類

取引手数料

取引手数料とはコインを売買するときに差し引かれる手数料のことです。取引所が提供する売買サービスごとに、取引手数料が設定されています。

販売所での売買

販売所では取引手数料は無料です。販売所とは直接業者とコインの取引を行う売買サービスのことです。取引手数料は無料ですが、売却価格よりも購入価格が高く設定されており、その差額 (スプレッド) は実質的にユーザーが負担する手数料となっています。

取引所での売買

取引所はユーザー同士で売買する取引サービスのことです。代金から取引手数料として一定の割合が差し引かれます。取引手数料は一律に「何%」と設定している取引所もありますし、流動性を作るMaker注文と流動性を奪うTaker注文とで手数料率を区別しているところもあります。

Maker注文は取引板に掲載されている注文とマッチせず、即座に約定することのない注文のこと。Maker注文は取引板に掲載されるため、流動性を作り出します。Takerは取引板に掲載されている注文と即座にマッチする注文のことで、流動性を奪うものです。成行注文はすべてTakerとなります。

入金手数料

入金手数料とは取引所の口座への入金に伴う手数料です。利用する取引所や入金方法によって入金手数料は異なります。なお振込手数料は利用者が負担する形になってますので、利用銀行によって負担額は変わってくるでしょう。

送金手数料

送金手数料は暗号資産 (仮想通貨) を他の取引所やウォレットへ送付するときに支払う手数料のことです。送金手数料は送り元の取引所によって異なります。たとえばCoincheckからビットコインキャッシュを送付するときは0.001 BCH、GMOコインでは無料となっています。

レバレッジ手数料

レバレッジ取引を行うときには取引手数料に加えてレバレッジ手数料がかかります。レバレッジ手数料は、特定のタイミングをまたいでポジションを保有し続けたときにかかる手数料です。手数料が発生するタイミングは取引所ごとに異なります。

ビットコインキャッシュ (BitcoinCash/BCH) のスプレッド

スプレッドとは

スプレッドは買値と売値の差額のことです。たとえばビットコインキャッシュの売却価格が26,000円、購入価格が28,000円だったとき、スプレッドは2,000円です。この差額は取引における実質的な手数料となっています。スプレッドが小さい取引所を選んだほうが、トレードによる利益を出しやすいでしょう。

取引所と販売所

販売所と取引所のスプレッドを比べたとき、一般的に取引所のほうがスプレッドは狭いです。よってスプレッドを小さく抑えたい場合は、販売所よりも取引所を使うとよいでしょう。販売所では業者が買値と売値を決めているため、スプレッドは大きく開く傾向があります。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH) の手数料が安いおすすめ取引所3選

Coincheck (コインチェック)

Coincheck (コインチェック) の手数料一覧表

入金手数料

クイック入金手数料

出金手数料

取引所手数料

販売所手数料

レバレッジ手数料

ビットコインキャッシュ送金手数料

無料

1018円(3万円未満は770円)

407円

無料

無料

-

0.001 BCH

Coincheck (コインチェック) の特徴

Coincheckはマネックスグループの取引所です。わかりやすい画面で初心者の方でもかんたんに取引できることが特徴です。ビットコインキャッシュを含めた14種類の暗号資産 (仮想通貨) を「販売所」で購入可能。販売所では取引手数料はかかりません。取引所ではビットコインのみ取り扱いがありますが、取引手数料は無料です。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の手数料一覧表

入金手数料

クイック入金手数料

出金手数料

取引所手数料

販売所手数料

レバレッジ手数料

ビットコインキャッシュ送金手数料

無料

無料

無料

無料

無料

0.04%/日

無料

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の特徴

DMM BitocoinはDMM.comグループの取引所です。特徴はビットコインキャッシュを含む11種類のコインのレバレッジ取引を行えることです。よって多くの種類のコインのレバレッジ取引を行いたい方におすすめです。ただし販売所ではビットコインキャッシュの取り扱いはありませんので、ビットコインキャッシュを実際に保有したい方には向きません。

またクイック入金手数料や日本円の出金手数料、ビットコインキャッシュを含む暗号資産 (仮想通貨) の送金手数料はすべて無料となっているため、コストを抑えてトレードできます。

GMOコイン

GMOコインの手数料一覧表

入金手数料

クイック入金手数料

出金手数料

取引所手数料

販売所手数料

レバレッジ手数料

ビットコインキャッシュ送金手数料

無料

無料

無料

取引所 (現物): メイカー -0.01%、テイカー 0.05% 取引所 (レバレッジ) :無料 (※2) 、暗号資産FX:無料

無料

0.04%/日

無料

(※2) BTC/JPYはメイカー -0.025%、テイカー 0.030%

GMOコインの特徴

GMOコインはGMOインターネットグループの取引所です。特徴はほとんどの手数料が無料である点です。クイック入金や日本円の出金、暗号資産 (仮想通貨) の送金がすべて無料。また取引所 (レバレッジ) や暗号資産FXにおいても、取引手数料はかかりません。コストを気にせずトレードできるでしょう。

Coincheckでビットコインキャッシュ (BitcoinCash/BCH) を買う方法

STEP1 Coincheckで口座開設

「口座開設 (無料) はこちら」をクリックしてください。

その後の流れは以下のとおりです。

STEP1

アカウントを登録

STEP2

作成アカウントにログイン

STEP3

本人確認書類を提出

STEP4

ハガキを受取る

本人確認書類を提出し、審査が完了次第取引を行えます。おおよそ1日~2日ほどで本人確認が完了します

STEP2 Coincheckで暗号資産 (仮想通貨) を購入

日本円入金、コインチェック

まず日本の取引所に登録して日本円を入金します。Coincheckの「日本円を入金する」の項目にある振込先の口座に入金しましょう。

注意点として振込をするときに振込人名義は「指定されたユーザーID+あなたの名前」にする点に注意しましょう。指定されたユーザーIDを記載しない場合正しく入金が反映されないことがあります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) を購入する

仮想通貨購入、コインチェック

日本円を入金したら左のメニューから「コインを買う」を選択します。手に入れるビットコインの数量を入力したら「購入する」の項目を押して購入完了です。

ビットコインキャッシュ (BitcoinCash/BCH) 取引所全10社の手数料比較

暗号資産取引所名

入金手数料

クイック入金手数料

出金手数料

取引所手数料

販売所手数料

レバレッジ手数料

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH) 送金手数料

DMM Bitcoin

無料

無料

無料

無料 (レバレッジ取引)

無料

0.04%/日

-

GMOコイン

無料

無料

無料

現物:メイカー -0.01%、テイカー 0.05% レバレッジ:無料 (※3)  暗号資産FX:無料

無料

0.04%/日

無料

Coincheck

無料

770円~1018円

407円

無料

無料

-

0.001 BCH

bitFlyer

無料

330円(住信SBIネット銀行からは無料)

220円~770円

0.01~0.15% (※4)

無料

0.04%/日

0.0002 BCH

bitbank

無料

-

550円~770円

無料 (※5)

無料

-

0.001 LTC

SBIバーチャル・カレンシーズ

無料

無料

50円~250円

無料

無料

-

-

Liquid

無料

無料

560円~760円

0.1% (※6)

-

0.1%/8時間

0.001 BCH

BITPOINT

無料

無料

330円

無料

無料

0.035%/日

無料

TAOTAO

無料

無料

無料

-

無料

0〜0.041%/日

-

BITMAX

0~110円

-

110円~400円

-

無料

-

0.001BCH

(※3) BTC/JPYはメイカー-0.025%・テイカー0.030%
(※4) ETH/BTCとBCH/BTCは0.2%
(※5) ビットコイン/リップル/モナコイン/ビットコインキャッシュはメイカー-0.02%・テイカー 0.12%、ライトコイン/イーサリアム/ステラは無料 (取引手数料無料キャンペーン 2021年1月4日まで)
(※6) BTC/JPYとQASH通貨ペアは無料

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH) の手数料に関する注意点

ビットコインキャッシュを売買するとき、スプレッドの広さに注意しましょう。というのもスプレッドが狭いほど利益を出しやすいからです。スプレッドは「販売所」よりも「取引所」が狭いため、「取引所」で売買するとよいでしょう。また取引所サービスを提供する業者によっても、スプレッドの狭さは異なってきます。よりスプレッドの狭い取引所サービスを選択することが利益を出すコツです。

ビットコインキャッシュ (BitcoinCash/BCH) の手数料を抑える秘訣

販売所よりも取引所を利用しよう

暗号資産(仮想通貨)の取引ができる場所は販売所と取引所の2種類です。

販売所は任意の価格で購入可能な指値注文が利用でき、またスプレッドが比較的狭いため無駄な取引コストが抑えられます。

一方販売所は取引手数料やスプレッドが大きく、コスト高になりやすいためおすすめはできません。

スプレッドの狭い取引所を選択する

取引所の中にもスプレッドの大きいところと狭いところがあります。スプレッドは取引の都度発生するコストですが、1回の取引にかかるスプレッドはあまり大きくないため意識しない人もいるかもしれません。

しかし何度も取引すれば大きなコストとなって利益を圧迫するため、スプレッドの狭い取引所を選びましょう。

ウォレットで保有する

取引を行わなければ取引コストは発生しません。つまり暗号資産(仮想通貨)をウォレットに入れて保有し続ければよいというわけです。

価格の変動も考慮しなければいけないので、むやみになんでも保有し続ければよいというわけではありません。しかし今後の値上がりを期待して購入した通貨なら、長期的に保有することを検討してもよいかもしれません。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH) の手数料に関するまとめ

手数料を抑えてビットコインキャッシュを売買する秘訣は取引所を使うこと、スプレッドの狭いところで取引すること、売買せず長期保有することの3つです。

本記事を参考に、ぜひ安い手数料でビットコインキャッシュをトレードしてみてください。