Bitfinex (ビットフィネックス) の使い方ガイド|入金・出金方法・注意点

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー

【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)

1分で理解する要約
  • 香港に拠点を置く海外仮想通貨取引所
  • 日本語非対応なのでGoogle翻訳の導入を推奨
  • 40種類以上の仮想通貨を取り扱っている

Bitfinexは、国内取引所で取り扱っていない通貨が取り扱われているので、多くの日本居住者が利用しています。

本記事では、海外取引所Bitfinexについて仮想通貨の入金から取引、そして仮想通貨の出金方法について画像付きで解説します。日本語に対応していない取引所ですが、使い方を覚えてしまえば、スムーズに取引を行うことができます。

Bitfinex (ビットフィネックス) とは

Bitfinexは、中国の香港に拠点を置く海外仮想通貨取引所です。日本語は非対応となっているので、Google翻訳といった拡張機能の使用を推奨します。

Bitfinexでは信用取引を行うユーザーに対して、他のユーザーが資金を貸すレンディングサービスを提供しています。

貸し出しできる仮想通貨の種類は複数あり、金利を指定して通貨を一定期間貸し出します。貸し出した側は一定期間が経過すると、設定した金利を受け取ることができるサービスです。

Bitfinexではハッキング被害にあった経験から、以前よりもセキュリティ強度が上がっているので、安心して取引することができる取引所であるといえるでしょう。

またBitfinexでは公式スマホアプリがリリースされているので、ダウンロードして使用することを推奨します。

Bitfinex (ビットフィネックス) の入金方法

Bitfinexは海外取引所ですが、日本円を入金することができます。しかし入金手数料が高いので、仮想通貨取引を行う場合は仮想通貨を使用します。

国内取引所からビットコインやイーサリアムといった、Bitfinexで対応している仮想通貨を送金しましょう。

Depositを選択

Bitfinexのアカウントにログインしたら、

Depositボタン」をクリックして仮想通貨の入金画面に移動しましょう。

入金する仮想通貨を選択

入金したい仮想通貨」を選択してクリックしてください。種類が多いので選択ミスに注意してください。

クリックすると「入金アドレス」が表示されます。3回の利用制限があるので注意しましょう。

上から順にウォレットの種類を解説します。それぞれ種類が別なので注意が必要です。

Exchange Wallet:取引用
Margin Wallet:信用取引用
Funding Wallet:レンディング用

仮想通貨入金時の注意事項

入金するウォレットを間違えると仮想通貨を取り出せなくなるので、間違えないように注意しましょう。アドレスはワンクリックでコピーできるので、ボタンを押して貼り付けてください。

Bitfinex (ビットフィネックス) の出金方法

Bitfinexからビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を出金する方法を解説します。仮想通貨の入金と同じで、入金アドレスの入力ミスに注意してください。

Withdrawを選択

Withdrawボタン」をクリックして仮想通貨の出金画面に移動しましょう。

出金する仮想通貨を選択

出金したい仮想通貨」を選択してクリックしてください。

選択した通貨の出金画面に移動します。出金先の入金アドレスと出金する数量を入力して、「I have read, understand」の項目にチェックを入れましょう。

出金内容に間違いがなければ、「Request Withdrawal」のボタンをクリックしてください。

仮想通貨出金時の注意事項

入金と同じくアドレスの入力ミスに注意しましょう。仮想通貨によって送金時間も違うので確認しておくことをオススメします。

Bitfinex (ビットフィネックス) の使い方 (買い方・売り方)

取引画面に移動するには、

Trading」をクリックしましょう。

次は「取引したい通貨」を選択してください。
注文画面は左下に表示されているので、画面を下にスクロールして表示させます。

仮想通貨を購入する方法

注文方法」を選択してください。

取引量」を入力してください。

今回は買うので「Exchange Buy」をクリックしましょう。

仮想通貨を売却する方法

注文方法」を選択し「取引量」を入力してください。

今回は売るので「Exchange Sell」をクリックしましょう。

仮想通貨取引時の注意事項

以下の3つのように、さまざまな注文方法がありますので、注文方法の選択を間違えないようにしましょう。

  • Limit (指値注文)
  • Market (成行注文)
  • Stop (逆指値注文)

Bitfinex (ビットフィネックス) のレンディングサービスとは?

画面左上にある「Funding」がレディングサービスになります。Bitfinexのレンディングは、米ドルやユーロといった法定通貨や仮想通貨を、他のユーザーに貸し出すことができるサービスです。

利率や返却までの期間、そして貸し出す金額を設定するだけで利用できます。レンディングサービスを利用することで、仮想通貨取引以外でも利益を出すことができるのです。

Bitfinex (ビットフィネックス) を使う時の注意点

Bitfinexは海外取引所であるため、利用するうえでいくつかの注意点が存在します。

過去にハッキング被害

Bitfinexは、2016年8月に120,000BTC分がハッキングにより流出しました。しかしユーザーに対しての補填は完了しており、その後はハッキングの被害にあっていません。

現在はよりセキュリティに力を入れている取引所ですので、安心して取引することができます。

中国の影響を受ける可能性がある

中国では仮想通貨に対する規制が厳しくなっています。国外への資産流入を恐れた中国政府は、OKEx.cn取引所を閉鎖するよう命じました。さらに2017年にはICOを全面禁止しているなど、仮想通貨に対する規制は世界でもトップクラスです。

Bitfinexも中国の取引所であるため、規制により突然閉鎖するリスクを抱えています。長期間保有する予定の通貨は、外部ウォレットに移動させておくことがオススメです。

Bitfinex (ビットフィネックス) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。