【図解付き】Bitfinex (ビットフィネックス) の登録方法を徹底解説!

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー

Bitfinexは、中国の香港に拠点を置く海外取引所です。

日本語に対応していないので、Google翻訳などの拡張機能の使用を推奨します。

取引画面も見やすく、ツールも豊富で使いやすくなっています。

Bitfinexでは、信用取引をするユーザーにユーザーが資金を貸すという、レンディングサービスを提供しています。

貸し出し可能な通貨は複数あり、金利を指定して通貨を一定期間貸し出し、金利を受け取ることが可能です。

ハッキング被害にあった経験から、以前よりもセキュリティの強度がより上がっており、安心して取引することが可能になっています。

Bitfinexは、取引所の公式スマホアプリも存在しているので、ダウンロードして使用することを推奨します。

運営会社

iFinex Inc.

運営会社所在地

Central Hong Kong

Bitfinex (ビットフィネックス) でアカウント登録するメリット

Bitfinexは、取引画面が使いやすく便利なことで評判ですが、それ以外にも多くメリットが存在します。

公式スマホアプリがある

Bitfinexには公式スマホプリが存在し、公式サイトからもダウンロードが可能になっています。

外出先からも、仮想通貨の急な価格変動に対応することができ、便利なのでダウンロードしておくことを推奨します。

取引手数料が安い

Bitfinexの手数料は、国内仮想通貨取引所とほぼ同じくらいの手数料になっています。

Bitfinexでは、過去30日間の取引量に応じて取引手数料が変わっていくというシステムを採用しており、Maker手数料は0.0〜0.1%、Taker手数料は0.1〜0.2%と変動します。

取引可能な通貨が多い

Bitfinexで取り扱っている仮想通貨は40種類以上と非常に豊富で、リップルやイーサリアムといった主要なアルトコイン以外にも、草コインと呼ばれる価格の低い発行したてのアルトコインも数多く上場しています。

仮想通貨を貸し出すレンディングサービスがある

Bitfinexでは、信用取引をするユーザーに、取引資金を別のユーザーが貸すというレンディングサービスを提供しています。

貸し出し可能な資金は米ドル、ビットコイン、イーサリアムなど、様々な種類があり、貸し出す側が金利を指定して通貨を一定期間貸し出すことで金利を受け取ることができます。

Bitfinex (ビットフィネックス) でアカウントを登録する手順

Bitfinexの登録は、約3分ほどで完了します。

Bitfinexにアクセス

まずはBitfinexの公式サイトにアクセスし、アクセスしたらSIGN UPのボタンをクリックしてアカウント登録ページに移動しましょう。

メールアドレスを登録する

Username、メールアドレス、パスワードを入力して登録します。

二段階認証を行う

Google Authenticatorをダウンロードするように求められるので、指示に従って二段階認証を完了させましょう。

確認メールを開く

ユーザー情報の入力が完了すると、入力したメールアドレス宛てに確認メールが届くので、届いたメールを開きましょう。

届いたメールを開いたら、メールアドレルを確認ボタンをクリックしましょう。これで、アカウントの登録は完了します。

アカウントにログイン

アカウント登録が完了したら、LOG INボタンをクリックして登録したアカウントにログインしましょう。

利用規約に同意

LOG INボタンをクリックすると、利用規約が表示されるので内容をよく読み、submitをクリックしてください。

Bitfinex (ビットフィネックス) での本人確認手順

Bitfinexでは、マネーロンダリングなど仮想通貨を利用した犯罪防止のため、本人確認を実施しています。

Bitfinexにて、仮想通貨を取引するには本人確認を済ませる必要があります。本人確認には、1ヶ月ほどかかる場合があるので、早めに済ませておきましょう。

本人確認で使える書類

Bitfinexの本人確認では、以下の書類を提出することができるので用意しましょう。

  • パスポート(Passport)
  • 運転免許証(Drivinglicense)
  • 在留カード(ResidencyⅭard)
  • 雇用許可証(EmploymentPermitCard)
  • 国民IDカード(National ID card) ※日本人以外

本人確認書類提出ページへ移動

本人確認書類を提出するページへ移動します、トップページ右上のアイコンをクリックしてください。メニューが表示されるので、Verificationをクリックしましょう。

登録者情報の確認

本人確認書類を提出する前に、取引所の利用目的などを入力する必要があります。Begin Verificationをクリックしてページを移動しましょう。

本人確認書類の提出

本人確認書類の提出を行います。

今回はパスポートを使用します。

パスポートを撮影し、アップロードしましょう。

パスポートをアップロードしたら、次に本人確認のため自分の顔を撮影してアップロードします。

個人情報の入力

アップロードが完了すると個人情報の入力に移行するので、必要事項を入力しましょう。

これで本人確認は完了です。審査完了の連絡が来るまで待ちましょう。

まとめ

Bitfinexには公式スマホアプリが存在するので、ダウンロードしておくことを推奨します。価格の安い、発行されたての草コインが上場しやすい傾向にあるので、早い段階で仕込んでおきたい方は、アカウント登録を済ませておきましょう。

アカウントの登録は、約3分ほどしかかかりませんが、本人確認に1ヶ月ほどかかる場合があるので注意しましょう。

Bitfinex (ビットフィネックス) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

仮想通貨取引所(総合)ランキング

国内
海外
人気記事
新着記事
編集部おすすめHOTトピック記事
海外仮想通貨取引所の関連記事
海外仮想通貨取引所の人気記事
海外仮想通貨取引所の新着記事
広告掲載 / お問い合わせ
「Kasobu」への広告掲載・そのほかご相談は、下記お問い合わせボタンよりご連絡ください。
お問い合わせ
Kasobu / 仮想通貨投資情報サイトの Twitter