bitFlyer (ビットフライヤー) の本人確認方法を徹底解説!

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
1分で理解する要約
  • 本人確認とは?
  • bitFlyerの本人確認に必要な書類
  • bitFlyerの本人確認の流れ

仮想通貨を始める時には取引所に対しての本人確認が必要です。決して本人確認の方法は難しくありません。しかし、書類提出の仕方や手順がわからないとあきらめる人もいます。今回は本人確認の手順を画像とともにわかりやすく説明したいと思います。これさえ済めばすぐにでも仮想通貨の取引が始められます。

bitFlyer (ビットフライヤー) で本人確認する意味

bitFlyerのサービスを利用するためには本人確認が必要です。簡単な手続きや書類だけで登録をしてしまうと詐欺や盗難が横行してしまいセキュリティや危機管理に問題が生じてきます。

特に、誰かのなりすましをしてお金をだまし取るなどの危険性からほとんどの仮想通貨取引所は本人確認の必要があります。これは仮想通貨取引所だけではなく証券会社や銀行などの金融機関でも多くの場合が行っている制度になります。

bitFlyer (ビットフライヤー) とは

bitFlyerとはCMでもおなじみの日本の仮想通貨取引所です。2014年1月に設立され、現在ではビットコインの取引数・取引登録者数で国内ナンバーワンの取引所として名を馳せています。

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
bitFlyer
(ビットフライヤー)
株式会社bitFlyer
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
日本最大 (取引量・ユーザー数・資本金) のBTC (ビットコイン)・ブロックチェーン企業
bitFlyer (ビットフライヤー) は2014年に設立された、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引量、ユーザー数、資本金どれをとっても日本最大級の規模を誇る日本の暗号資産(仮想通貨)取引所となっています。
取引手数料
0.01〜0.20%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.00000001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
7.4
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

【トレードクラス】なぜ本人確認書類の提出が必要?

そもそもは2017年4月に仮想通貨業者の指針が改訂され、マネーロンダリングや詐欺・不正取引の抑制をするために本人確認書類が必要となりました。

本人確認書類をしなければ登録できないかというわけではありません。まず、bitFlyerには大きく分けて2種類のアカウントがあります。ウォレットクラストレードクラス

ウォレットクラスはアカウント登録、仮想通貨・日本円の入出金はできますが、売買したり取引したりする事はできません。また、ほかにも最大 仮想通貨送付・決済額にも制限があり、bitFlyerのサービスがすべて使えるわけではありません。

すべてのサービスを利用するためにはトレードクラスになる必要があります。このトレードクラスになるために本人確認書類の提出が必要となってくるというわけです。

bitFlyer (ビットフライヤー) の本人確認に必要な書類

必要書類の写真をとって公式ページを通じてファイルをアップロードし、bitFlyerに送るだけです。ただし、個人で本人確認をするのか法人として本人確認をするのかで提出する書類が変わってくるので個々に見ていきましょう。

個人の本人確認に必要な証明書一覧

提出書類には組み合わせがあります。

  • パターンA : 通知カード + 写真付き証明書1種(運転免許証、パスポートなど写真がついている証明書いずれか)

  • パターンB : 通知カード + 写真無し証明書2種(健康保険証、住民票の写し、年金手帳など写真がついていない証明書いずれか)

  • パターンC : 個人番号カード表面 + 裏面

上記の組み合わせで画像をbitFlyerに提出すれば個人としての本人確認が可能です。

法人の本人確認に必要な証明書一覧

それでは次に法人の本人確認に必要な書類を見ていきましょう。また、Bitflyerで登録ができる法人の種類は株式会社・有限会社・合同会社・合資会社・社団法人に限ります。

  • 登記事項証明書(、原本)

  • コピーは不可、原本のみ

  • 発行から6ヵ月以内

  • 名称、本店または主たる事務所の所在地、事業の内容、代表権を有する役員が記載されているもの。

  • 名称、本店または主たる事務所の所在地、事業の内容、代表権を有する役員が記載されているもの。

上記の条件がそろっていなければ法人の本人確認は承認されません。

  • 取引責任者の本人確認資料

こちらは取引責任者である人物の本人確認に必要な書類(パターンA・パターンB・パターンCのいずれか)を提出する必要があります。

未成年が登録する場合に必要な書類

未成年でもbitflyerにアカウント登録する事は可能です。その場合は「保護者の証明書」をPDFで作成して提出します。

PDFに「保護者の方の氏名生年月日住所顔写真がのっている証明書」を記載して提出する必要があります。

bitFlyer (ビットフライヤー) の本人確認の流れ

書類がそろったら本人確認をしていきましょう。

新規アカウント作成の流れ

まず初めに新規アカウントを作成する流れを確認していきましょう。

ホームページより新規アカウント作成

まずはbitFlyerの公式ページにある「無料でアカウント作成ボタン」をクリックしましょう。

電話番号認証

登録の際に必要な電話番号は直接電話番号を入力するかトップページにある「Facebookでアカウント作成」のボタンを押し、Facebook上で登録されている電話番号と連動させるかのいずれかになります。

個人情報の入力

自分のアカウントでログインしたら「ご本人情報のご登録」をクリックして名前性別生年月日住所などを登録していきましょう。

IDセルフィーの登録

IDセルフィー登録とは提出した証明書と自分の顔が一致するかbitFlyer側で確認作業が必要です。写真が見にくい・不明瞭などの問題があればbitFlyerから再提出を求められる場合があります。

本人確認完了メール受信

本人確認をした場合、トレードクラスの登録完了メールを受信することになります。本人確認書類をしないのであればウォレットクラスのままでの利用となり扱えるツールは限られます。

【トレードクラス登録完了】登録完了の郵送通知

本人確認完了メールが届けば、トレードクラス登録完了の郵送通知が家へ届きます。メールを受信しておおよそ2日間で届く事が多いです。

本人確認書類提出の流れ

アカウント登録が完了したら次に本人確認に必要な書類の流れを一つ一つ確認していきましょう。

公式サイトから「設定」

まずは公式サイトから左ツールバーにある設定ボタンをしましょう。

「bitflyerアカウントご登録内容」を選択

設定ボタンを押したら「bitFlyerアカウントご登録内容」が出てくるので選択

「登録情報を確認する」を選択

「ご本人情報を登録する」を選択したのち、名前・生年月日・国・住所・電話番号を入力して「登録情報を確認する」を押します。

続けて「本人確認書類を提出する」をクリックし、「書類の種類を選択する」より提出する書類を選択しましょう。

「ご本人確認書類を提出する」を選択

「ご本人確認書類を提出する」を選択して、身分証明書となるもの(上記に記載済み)を添付しましょう。

「続けて取引目的等を確認する」を選択

「続けて取引目的等を確認する」を選択します。

各設問に答え、「入力する」を選択をおして完了!

各設問に答え、「入力する」を選択すれば完了です。

bitFlyer (ビットフライヤー) の本人確認にかかる時間

当然ながら本人確認は個人から送られてきた書類をbitFlyer側が確認するわけですから提出した瞬間ではなく承認するのに時間がかかります。

bitFlyer (ビットフライヤー) での本人確認に必要な日数

本人確認に必要な日数はbitFlyer内での混雑状況・口座開設志願者数によっても変わってきますが基本的には本人確認の資料を提出した翌日には本人完了メールが届きます。ただし2018年1月以降は登録者数が増えすぎて1週間かかってしまったという事もあるそうです。bitFlyerの混雑状況によりますので一概には言えません。

銀行口座の承認に必要な日数

本人確認より時間がかかってしまうのが銀行口座の承認です。アカウントを登録し翌日には本人確認が完了しますがさらにそれから2日後あたりに銀行口座の承認が完了します。

本人確認ができたらパスワード設定

本人確認が済んだらパスワードを変更しましょう。bitFlyerからランダムで初期設定のパスワードが通知されてるのでそれを元にパスワードを変更します。

ただし自分の誕生日など第三者から類推しやすいのは避けた方が良いです。仮想通貨も自分の資産となるため銀行口座やクレジットカードと同じ番号はできれば避けましょう。

待っている間に他の取引所にも登録するべき

bitFlyerは取り扱いできるコインが少ないためほかの取引所・販売所でもその間に登録するべきです。また、盗難などからリスクヘッジを行うためにも自分の資産はいくつか取引所を分けて登録しておいた方が将来的にも安全と言えるでしょう。

bitFlyer (ビットフライヤー) の本人確認 まとめ

仮想通貨の取引所は、いくつかあります。先日のcoincheckのNEM流出事件のような事態を絶対に避けるためにも、本人確認を必ず行い、セキュリティを強固にしておくことが大切です。また、複数の取引所をフル活用し、万全の対策をすることが仮想通貨の取引において、必要不可欠です。

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
bitFlyer(ビットフライヤー)
株式会社bitFlyer
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
日本最大 (取引量・ユーザー数・資本金) のBTC (ビットコイン)・ブロックチェーン企業
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
7.4
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

関連記事