BITPoint (ビットポイント) の特徴をわかりやすくご紹介

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
1分で理解する要約
  • 高機能トレードプラットフォームMT4を採用で自動売買可能
  • 基本的な手数料が無料なのが魅力
  • セキュリティが高い

この記事では、BITPointの特徴について詳しく解説します。この記事を読んで、ぜひこの機会に理解を深めてください。

BITPoint (ビットポイント) の特徴

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
BITPOINT
(ビットポイント)
株式会社ビットポイントジャパン
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
豊富なチャートツールを実装しグレードアップした国内取引所!
BITPoint (ビットポイント) では、現物取引と最大4倍のレバレッジ取引を取り扱っています。取り扱い暗号資産(仮想通貨)はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ベーシックアテンショントークンの6種類で、中でもビットコインのみレバレッジ取引が可能です。
取引手数料
無料
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
7
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.0001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る
BITPoint (ビットポイント)の基本情報

運営会社

株式会社ビットポイントジャパン

会社所在地

東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階

取扱通貨

5種類 (ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ)

取引種類

現物取引、レバレッジ取引 (2種)

取引手数料

無料

BITPoint (ビットポイント) は国内取引所で、株式会社ビットポイントジャパンによって運営されています。トレーディングツールのMT4が利用できる国内外含めて数少ない取引所の1つです。

BITPoint (ビットポイント) のメリット

BITPointのメリットは、次の5つです。

  • 手数料が無料
  • 高いセキュリティ性
  • 充実したトレーディングツール
  • スマホ取引にも対応
  • 多彩なキャンペーンが頻繁に行われる

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

手数料が無料

BITPointの大きな魅力は、手数料が無料となっている項目が多いことです。

各手数料

取引手数料

すべての通貨ペアにおいて無料

即時入金サービス

無料

仮想通貨送金手数料

無料

口座管理料

無料

ご覧のとおり、取引手数料や即時入金サービス、仮想通貨送金手数料、口座管理料といった項目が無料となっています。

利用者はほとんど手数料を支払うことがなく通貨を売買できますので、非常におトクに取引できます。

高いセキュリティ性

2つ目のBITPointの魅力は「高いセキュリティ」です。

というのも、2018年10月に、情報セキュリティ審査機関アイ・エス・レーティング社から「金融・証券企業並みのセキュリティ」という「A」の格付け評価を受けているからです。自社内の基準だけではなく、第三者が設定した基準をクリアしていますので、利用者の方は安心して利用できるでしょう。

続いて、具体的なセキュリティ対策についても触れていきます。

マルチシグ対応

BITPointは、複数の秘密鍵を用意する「マルチシグ」に対応しています (一部の仮想通貨は対応していません) 。

このマルチシグがあるとどういうメリットがあるかというと、通貨を盗まれにくくなります。例えるなら、通貨を保管している金庫を開けるのに「複数の鍵」が必要な仕組みとなっており、かつその鍵は別々の人が管理しているようなものです。鍵をひとつ盗まれたとしても金庫は開かず、通貨は盗まれません。

独自のウォレットシステム

BITPointでは、「コールドウォレット」と「ホットウォレット」の両方式を採用しています。

具体的には、利用者が保有している仮想通貨の80%を「コールドウォレット」に保管し、残りは、利用者が他社の口座へ通貨を送金する際の送金用通貨として「ホット・ウォレット」に保存しています。

「コールドウォレット」とは、インターネットから切り離された環境下にあるストレージのことで、ハッキングされる心配がありません。利用者の財産の8割がコールドウォレットに保管されているので、安心して利用できるでしょう。

充実したトレーディングツール

3つ目のBITPointの特徴は、4種類のトレーディングツールがあることです。

  • Meta Trader4 (MT4)
  • BITPoint ADVANCE
  • WEB取引ツール
  • BITPoint Lite

ひとつずつ特徴を見ていきましょう。

MetaTrade4 (MT4)

Meta Trader4は、BITPointが提供する取引市場の中の「ビットポイントMT4取引」を行うときに利用します。「現物取引」や「レバレッジ取引」には利用できません。

Meta Trader4は、外国為替証拠金取引にも使われる、トレーダー専用ツールです。特殊な注文方法や自動発注が行えたり、豊富なインディケーターを表示させてチャートの分析ができます。「もっとレバレッジをかけた取引を極めたい」といったレバレッジ取引上級者に非常におすすめです。

Meta Trader4はスマホアプリがありますので、スマホからもMT4取引を行えます。

BITPoint ADVANCE

BITPoint ADVANCEは、Webブラウザからアクセスできる取引画面です。ローソク足チャートと注文画面が一画面に表示されており、利用者が即座に発注しやすことが特徴です。

BITPoint ADVANCEでは、「現物取引」と「レバレッジ取引」を行えます。「ビットポイントMT4取引」には対応していません。

WEB取引ツール

WEB取引ツールは、Webブラウザからアクセスできる取引画面で、BITPoint ADVANCEと同様に「現物取引」と「レバレッジ取引」を行えます。

BITPoint ADVANCEとの大きな違いは、表示されるチャートの形状が異なること。というのも、BITPoint ADVANCEで表示されるチャートは、多くの人が慣れ親しんでいる「ローソク足チャート」や「ラインチャート」ですが、WEB取引ツールのチャートは「ティックチャート」と呼ばれるものだからです。

「ティックチャート」とは、約定した価格を線でつなげて表したもので、BITPointでは、直近の10分間の約定価格の推移が表示されています。10分以前の価格が表示されないため、大きな時間枠の値動きは把握できません。

BITPoint Lite

BITPoint Liteは、スマホ用の簡易的な取引アプリで、かんたんに通貨を売買することができます。このBITPoint Liteでは、「現物取引」のみ対応しており、「レバレッジ取引」や「MT4取引」は行えません。

スマホ取引にも対応

BITPointでは、スマホからの取引手段が豊富です。

  • MT4アプリ
  • BITPoint Lite アプリ
  • BITPoint ADVNCE (WEBブラウザ)
  • WEB取引ツール (WEBブラウザ)

MT4アプリ

Meta Trader4のスマホアプリを使って、スマホからビットポイントMT4取引を行えます。スマホからも多彩な注文を行えるので、外出先でも高度なトレードが可能です。

BITPoint Lite アプリ

BITPoint Liteアプリでは、現物取引の簡易的な取引が可能です。

BITPoint ADVNCE (スマホのWEBブラウザ)

スマホのWEBブラウザから、BITPoint ADVANCEにアクセスして「現物取引」と「レバレッジ取引」を行えます。ただし、縦に長い画面で表示されるので、スクロールを駆使しながら利用する必要があります。

WEB取引ツール (WEBブラウザ)

スマホのWEBブラウザからBITPointへログインし、WEB取引ツールを利用できます。縦長の画面ですので、スクロールを駆使しながら見る必要があります。「現物取引」と「レバレッジ取引」に対応しています。

多彩なキャンペーンが頻繁に行われる

BITPointでは、さまざまなキャンペーンが頻繁に行われています。次の表は、2018年に行われたキャンペーンを一覧にしたものです。

BitPointで行われたキャンペーン (2018年)

キャンペーン日時

タイトル

内容

6月~7月

BITPoint Liteアプリリリースキャンペーン

アプリで約定した累計金額に応じて、最大3000円分のビットコインをプレゼント

11月~12月

建玉管理料キャッシュバックキャンペーン

レバレッジ取引の新規建玉の累計金額に応じて、最大40%まで建玉管理料をキャッシュバック

11月~12月

ログインボーナス取引応援キャンペーン

1日1回ログインすると1000Satoshiプレゼント

11月~12月

現物取引応援キャンペーン

現物売買取引の約定した日数が10日以上の方にビットコインをプレゼント

12月~2019年2月

2019新春キャンペーン

新規口座開設+5万円以上の入金で3000円相当のビットコインをプレゼント

仮想通貨取引所のキャンペーンというと、新規口座開設する人向けに行われるものが多い印象がありますが、BITPointではそういったことはありません。

すでに口座を開設している人が恩恵を受けられるキャンペーンも多く、これらのキャンペーンを利用しておトクに仮想通貨をもらえたり、手数料を安く抑えられたりします。また、キャンペーンの条件も決してハードルが高いものではありません。

BITPoint (ビットポイント) のデメリット

BITPointのデメリットは、次の2つです。

  • 取引が成立しにくい
  • スプレッド幅がやや広い

ひとつずつ見ていきましょう。

取引が成立しにくい

BITPointのデメリットのひとつは、流動性が低いため取引が成立しにくいことです。次の表は、国内取引所におけるビットコインの24時間取引高のランキングです。

国内取引所における、ビットコインの24時間取引高ランキング (2019年3月10日)

順位

取引所名

全体に占める割合

1位

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン)

72.4%

2位

bitFlyer (ビットフライヤー)

9.3%

3位

BTCBOX

6.8%

4位

Zaif (ザイフ)

5.0%

5位

Coincheck (コインチェック)

4.5%

6位

bitbank (ビットバンク)

1.5%

7位

BITPoint (ビットポイント)

0.5%

8位

Fisco (フィスコ)

0.0%

参考:国内ビットコイン市況-Bitcoin日本語情報サイト

ご覧のとおり、24時間取引高のうち、BITPointが占める割合はわずか0.5%ほど。ですから、他の取引所と比べると、ユーザー数が少なく取引が成立しにくいと言えるでしょう。

スプレッド幅がやや広い

BITPointの2つ目のデメリットは、スプレッド幅がやや広く、短期のトレードには向かないことです。次の表は、国内取引所におけるスプレッド幅のランキングを示したものです。

国内取引所における、スプレッド幅ランキング (2019年2月27日)

順位

取引所名

スプレッド幅 (BTC/JPY)

1位

bitbank (ビットバンク)

1円

2位

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン)

16円

3位

Coincheck (コインチェック)

51円

4位

Zaif (ザイフ)

115円

5位

bitFlyer (ビットフライヤー)

182円

6位

BITPoint (ビットポイント)

582円

7位

BTCBOX

762円

8位

Fisco (フィスコ)

1170円

参考:国内ビットコイン市況-Bitcoin日本語情報サイト

ご覧のとおり、スプレッド幅が小さい順に並べると、国内取引所8社中6位となっています。スプレッド幅が大きいため、短期のトレードで利益を出すのは難しいでしょう。

BITPoint (ビットポイント) の特徴 まとめ

BITPointの特徴とデメリットについてみてきました。スプレッド幅が大きめで、流動性が少ないことはやや気になるところですが、その代わり手数料が無料だったり、さまざまなキャンペーンが行われていることは大きな魅力です。

もし、BITPointに興味をもっていただけましたら、ぜひ口座開設してみることをおすすめします。

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
BITPOINT(ビットポイント)
株式会社ビットポイントジャパン
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
豊富なチャートツールを実装しグレードアップした国内取引所!
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る