【金利タダ取り】Bybit (バイビット) のデルタニュートラル戦略で毎日効率的に仮想通貨を受け取る方法とは?

編集:
遠藤 大樹 (Daiki Endo)
この記事の編集者
遠藤 大樹

遠藤 大樹 (Daiki Endo) は暗号資産 (仮想通貨) を中心に扱うライター兼編集者です。執筆・監修作品はKasobuにて公開されています。日々、頑張っています。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • デルタニュートラル戦略はビットコイン建てで1倍のショートポジションをもつ戦略
  • ショートポジションをもつことによりファンディングレートを獲得できる
  • デルタニュートラル戦略をやるならBybitがおすすめ

デルタニュートラル戦略というものをご存じでしょうか?

投資においてノーリスクで利益を得られる方法はありません。特に仮想通貨ではボラティリティが高く、非常に値動きが激しいため、安定したトレードには不向きであるともいえるでしょう。

しかし、仮想通貨が大きく値上がりしている中で、ファンディングレートという金利が大幅に上昇しており、これを利用したデルタニュートラル戦略をとることで、資産を減らすことなく低リスクでおいしい金利を稼げるのです。

後程詳しく解説しますが、2021年に入ってから実際に100万円をこの方法で運用した場合、毎日1万円ほどの利益を生み出せるような相場が続いています。そのため現在、仮想通貨を長期保有だけしていて値下がりのリスクにさらされている方や、銀行に預けたままで資産運用をしていない方には非常におすすめです。

そこで本記事では、「資金調達率って何?」という方や「デルタニュートラル???」という方から実際にBybitで口座開設を既に済ませている方までわかるように詳しい概要や手順について解説していきます。

「デルタニュートラル戦略」とは

仮想通貨の効率的&低リスクな資産運用

効率的で低リスクな運用方法と聞くと思わず「これ詐欺じゃないの?」と思うかたもいるのではないでしょうか?

しかし「デルタニュートラル戦略」は、もともとオプション取引における用語で、従来からあるしっかりとした投資戦略であり、あやしいツールの購入などは一切必要ありません。

仮想通貨におけるデルタニュートラル戦略の仕組みを理解するにはいかの2つの要素を理解する必要があります。

  • 無期限先物取引
  • 資金調達率(ファンディングレート)

「だたやり方だけ知って稼げればいい」という方は読み飛ばしてもらっても構いません!

ファンディングレート(資金調達率)とは何か?

ファンディングレートとは「無期限先物契約と現物価格との価格乖離を抑止するため」に設けられている手数料のことです。「資金調達率」とも呼ばれます。

適用されるレートはそのときの相場の動向から一定時間ごとに計算され、そして1日の決まった時間にポジション保有者から徴収、またはポジション保有者に対し付与されます。

たとえば無期限先物契約の価格が現物価格よりも高いとしましょう。現物価格に近づけるためには、ショートポジションを増やす必要があります。このときファンディングレートは、「ロングポジション保有者からファンディングレートを徴収し、ショートポジション保有者に支払う」よう設定されます。無期限先物契約の価格が現物価格よりも安ければ、これとは逆のことが行われることになります。

なお ファンディングレートは「マイナスかプラスか」によって、支払う側と受け取る側が変わります。

資金調達料を支払う側と受け取る側

ファンディングレート

マイナス

プラス

ロングポジション保有者

受け取る

支払う

ショートポジション保有者

支払う

受け取る

無期限先物ってなに?

先物契約では満期が来ると現物価格を基準としてポジションが清算されるため、現物価格とは乖離しない傾向があります。一方で無期限先物はその名のとおり「満期がない」先物を指します。無期限先物契約では現物価格とは関係なく価格が構築されていきます。 急騰・急落が起こる加熱した相場では、現物価格と乖離してしまう可能性が高いといえるでしょう。

そのため無期限先物契約ではファンディングレートというしくみを用いて、現物価格との乖離を調整しようとするわけです。

ファンディングレートの特徴とは?

ファンディングレートは相場の状況によってプラスになったりマイナスになったりと変動しますが、一方が継続することがあります。たとえば2020年12月13日~2021年3月10日まで、BybitのBTCUSD無期限契約における資金調達率はすべてプラスとなりました。(下画像緑の棒グラフが資金調達率、黄色折れ線グラフがビットコイン価格)

なぜこのようにファンディングレートのプラスが継続しているのかというと、 ビットコイン (BTC) が長期的に価格上昇すると考える人が増えたことが要因だと思われます。ロングポジションをとる人が大幅に増え、ショートポジションが少なくなりました。よって無期限契約の価格が現物価格よりも上昇したのでしょう。

このような上昇相場でロングポジションをとることは、うまく上昇の波に乗れることができたら値幅益を得ることができますが、長くポジションを持っていると毎日ファンディングレートを継続的に支払う必要があります。例えばファンディングレートが0.2%の際に100万円分のポジションを持っていたら、1日3回資金調達の送受があるので

  • 100万円 × 0.2% × 3回 = 6,000円

となり、毎日6,000円がとられてしまう事になります。もしポジションが1,000万円であれば、毎日6万円がマイナスで飛んでいくことになります。

ですが反対に考えると資金調達率がプラスの状態でショートポジションを持つと、毎日継続的に金利をもらい続けることができます。

上記は2021年3月16日午前1時の資金調達率です。Bybitは資金調達料の受け取りは1日3回 (1時/9時/17時)行われます[1]

Bybit, Bybitでの入金と出金, 2021年9月6日参照

triangle

8時間ごとに金利は変化しますが、もし100万円分のBTC (約0.2BTC) のポジションを構築しており、上記の金利状態で3回資金調達料を受け取った場合

  • 100万円 × 0.2447% × 3回 = 約7,500円

となり、1日当たり7,500円を得ることができることになります。これが30日間続くと20万円以上を受け取れるというわけです。

デルタニュートラル戦略がノーリスクの理由

上記まで理解できた方は「ショートポジションを持つと、価格が上昇した際に損失になるのでは?」と考える方もいるかもしれません。

そこでここの相場変動リスクをゼロにする(ニュートラルにする)のがデルタニュートラル戦略となるのです。よって、デルタニュートラル戦略を構築することで金利のみ毎日継続してもらえるということが実現できるというわけです。

価格上昇しても評価額を変化させないとはどういうことか

価格上昇しても評価額を変化させないためには、現物保有分と同額のショートポジションを構築する必要があります。これは簡単に説明すると「1BTCを保有したあとそのビットコイン (BTC) をレバレッジ1倍ですべてショートする」ことで実現可能です。

レバレッジ1倍で1BTC分のショートポジションを建てたあと、ビットコイン (BTC) の相場が10万上昇したときおよび10万円減少したときのケースを比較してみました。

デルタニュートラルの戦略

ビットコイン価格

(1)10万円上昇したとき

(2)10万円下落した場合

1BTCの日本円の価値・・・A

+10万円

-10万円

1BTCショートポジションの価値・・・B

-10万円

+10万円

資産合計 (A+B)

0円

0円

(1)相場が10万円上昇したときと (2)相場が10万円減少したときにおいて、JPY建ての資産額は一定で変化していません。そして現物の価値 (A) は相場が変化すると上がったり下がったりしますが、ショートポジション (B) によって相殺されるため、トータルの損益は0円となることがわかります。

上記のように、デルタニュートラル戦略は「相場が上下どちらに行っても、評価額が0になる」のが特徴です。

別の具体例も見てみましょう。

1BTC=500万円のときに0.1BTCを購入したとします。

1BTC=490万円に下落したとき資産価値は49万円となり、当初から1万円減少してしまいました。このとき0.1BTCのショートポジションを1倍でもっていたとしたら、どうなるでしょうか。

ショートポジションの含み益は1万円となり、現物との損失と合算すると±0円となることがわかると思います。

つまり、現物保有額と同額のショートポジションを持つことで、ビットコインの価格変動のリスクをヘッジできるのです。

Tips

もしビットコイン (BTC) の価格が下落したときは、保有している現物資産は価値が減少しますが、このショートポジションによって減少した資産額と同額の含み益が生まれます。逆にビットコインの価格が上昇したときは、ショートポジションによる損益はマイナスとなりますが、それと同額の上昇益を保有している現物資産で得られます。

デルタニュートラル戦略のメリット

メリット1 低リスクで仮想通貨の資産運用が可能

デルタニュートラル戦略の一番の利点は、仮想通貨特有の高いボラリティーに左右されず、着実に仮想通貨の枚数を積み上げられることです。もちろん、価格の急騰によってロスカットされてしまう可能性がまったくないわけではありませんが、自身の保有する額の100%に1倍のレバレッジをかけたデルタニュートラル戦略の状態の強制決済価格はかなり常識はずれの金額のため、実際にユーザーが追うべきリスクは限りなく小さいでしょう。

メリット2 時や場所を選ばない

一般的な取引だと、利益の確定や損切までの額などで頭を悩ますこともあるかと思います。しかし、デルタニュートラル戦略では、ショートポジションを保有するだけで金利がもらえるので、利確や損切、さらには実際の相場感に関して必要以上にデリケートにならずにすみます。

デルタニュートラル戦略のデメリット

デメリット1 一攫千金は狙えない。

資金調達料が一般的に±0.3%ほどの手数料です。この手数料が自分の保有する仮想通貨んいレバレッジ1倍でかかるので、華々しい利益をあげることは理論上は不可能です。ただ、資金調達料も年利に換算すると20%以上の高い利回りであることは確かなので、手持ちの眠っている資産をコツコツ増やしたい方におすすめです。

デメリット2 米ドルが暴落する懸念

デルタニュートラル戦略を行える海外取引所では、米ドルが基軸通貨として用いられます。そのため、米ドルが大きく下落すると、その分だけ損失が出てしまうでしょう。ただし、米ドルのボラリティーは仮想通貨のボラリティと比べると大したことないので、考えすぎるのはかえってよくありません。

デメリット3 今後もずっと高金利かどうかはわからない

資金調達料の本質はポジションの偏りを補正するための施策です。従って、デルタニュートラル戦略を組んだ仮想通貨、もしくは仮想通貨界隈ぜんたいが大暴落の時期を迎えると、金利が下がったり、ショートポジションに金利の支払いが発生する可能性もあります。

Bybit (バイビット) でのデルタニュートラル戦略のやり方・手順

仮想通貨投資におけるデルタニュートラル戦略とは、次の3つを同時に行うことをいいます。

  1. ビットコイン (BTC) を現物で保有する
  2. ビットコイン (BTC) 無期限先物において現物保有分のショートポジションを保有する
  3. 資金調達料を受け取る

上記を行うことで 暗号資産(仮想通貨)における価格変動のリスクがほぼゼロになり、かつ金利を稼げるようになります。

以下ではSTEPごとに具体的なデルタニュートラル戦略実行手順について解説します。今回はビットコイン(BTC) でデルタニュートラル戦略を組みます。また使用する取引所はファンディングレートが他の取引所よりも群を抜いて高くなっているBybitを利用します。後述しますが、Bybitはビットコインを証拠金に取引が可能なため、現物保有とショートポジションが1つの取引所で完結してとても効率的です。

STEP0 必要なものを準備

仮想通貨のデルタニュートラル戦略で資金調達料を得るために必要なものはいか

以下の3点です。

  • 国内取引所の口座(ビットコイン (BTC) をすでに持っている方は不要)
  • Bybit(バイビット)のアカウント
  • 運用したい額のビットコイン (BTC)

Bybitにビットコイン (BTC) を入金して取引を行うので、まだビットコイン (BTC) を持っていない方は、事前に購入する必要があります。 まずはコインチェックなどの国内仮想通貨取引所でビットコインを購入しましょう。もしくはBybitにクレジットカードで直接入金することも可能です。

いずれにせよ、 Bybitのアカウントは必要なので、お持ちでない方は以下のボタンから登録をしておいてください。

Bybitへ仮想通貨を入金する方法は以下の記事で詳しく解説しています。

参考 : Bybit (バイビット) の入金方法ガイド!日本円入金はどうする?よくあるトラブルや解決方法
参考 : Bybit (バイビット) で仮想通貨をクレジットカードで買う方法 | 知らなきゃ損するお得情報もご紹介

STEP1 ビットコイン (BTC) を現物で保有する

現物のビットコイン (BTC) をもつことは、「BTC/JPYで1倍のロングポジションを取っている」ことと同じです。なぜならビットコイン (BTC) の価値が上昇すれば、日本円換算での資産価値が上昇するからです。そして反対に ビットコイン (BTC) の価値が減少することにより、資産価値が減少するリスクを抱えています。

まだビットコインを (BTC) 持っていない方はコインチェックでビットコインを購入しておきましょう。

すでにビットコイン (BTC) をお持ちの方はBybitの口座に運用したい分のビットコインを送金(入金)します。

Tips

資金調達率変動に備えて事前に入金を推奨
資金調達率は8時間おきに変動します。資金調達率がおいしい%まで来た際に入金するのでも問題はありませんが、あらかじめ入金しておくとスムーズなので今資金調達率が芳しくなくても、入金しておくとよいでしょう。

STEP2 Bybit (バイビット) でビットコイン (BTC) をレバレッジ1倍でショート

次に、ビットコイン (BTC) 無期限先物において保有している現物資産と同額分のショートポジションを保有します。つまりレバレッジ1倍でショートポジションを持ちます。


Bybitにビットコイン (BTC) を入金出来たら、「デリバティブ」→「インバース無期限」→「BTCUSD」を選択し、取引画面を開きます。

Bybit (バイビット) での注文の仕方

次に、注文画面での操作を説明します。

①ここでレバレッジモードを選びます。Bybitでは、証拠金の一部にレバレッジをかける「分離マージン」と全額にかける「クロスマージン」があります。デルタニュートラル戦略を行う際は「分離マージン」を選択します。

②かけるレバレッジを指定します。ここは必ず1倍にしてください (写真では65倍になっています)。

③保有資産の何%を契約するかを指定します。ここは100%を選択します。すると、ひとつ上の契約数のボックスにユーザーの資産100%の数量が自動的に記入されます。

再度①〜③を確認した後に右下の「売り/ショート」を押すと注文が飛びます。

Bybitの取引画面について、詳細がわかってから取引を開始したい方には以下の記事が便利です。

参考 : Bybit (バイビット) 使い方・取引方法ガイド – 登録・チャート・取引画面

Tips

※ この際「予想強制決済価格」が現在価格の遥か上の価格になっていることを確認します。99万ドルに達するとポジションがロスカットされ強制的にポジションが決済されてしまうのですが、現在価格からみても99万ドルに達するのはビットコイン (BTC) 価格が600万円から9000万円以上に一気に上昇することを意味するので、ほとんどあり得ません。

以上の手順でデルタニュートラルなポジションを構築することができました。

ビットコイン (BTC) の価格が上昇すると持っているショートポジションの未実現損益はマイナスになりますが、資産は一定で保たれているので安心してください。(決済価格などの影響で少々変動はありますが誤差の範囲です。)

STEP3 資金調達料を受け取る

最後に「資金調達料を受け取る」を行います。 行うといっても特にやることはなく、あとは勝手に利息が入ってくるといった方が正しいです。

Bybitでは日本時間の1時、9時、17時と8時間ごとにポジションに応じた資金調達料が計算され、自動的にウォレットに付与されます。

以下、資金調達率が0.2%の時の資金別の金利受け取りシミュレーションです。送金時の参考にしてください。この時、ビットコイン (BTC) の価格は1BTC=600万円とします。

金額別シミュレーション

送金仮想通貨金額

1日に受け取れる資金調達料

10万円

600円

100万円(約0.2BTC)

6000円

600万円(約1BTC)

3万6000円

1000万円

6万円

1億円

60万円

以上の手順のように デルタニュートラルなポジションを構築し、資金調達料を活用して利益を出すというのが仮想通貨投資におけるデルタニュートラル戦略です。

仮想通貨のデルタニュートラル戦略の注意点

デルタニュートラルで構築したショートポジションは、金利がプラスの間は金利を受け取り続けることができますが、仮想通貨が暴落し、資金調達率がマイナスになると、逆に今度は資金調達料を取られてしまいます。

日頃から資金調達率がどのくらいなのかを把握しておき、資金調達率がマイナスな状態が数日つづいた際には、ショートポジションを解消し、支払いをストップするようにしましょう。

また資金調達率がプラスな状態が続くようであれば、再度同じ手順でショートポジションを建てるだけです。

仮想通貨のデルタニュートラル戦略におすすめな取引所

ビットコイン (BTC) を証拠金として取引できる必要がある

デルタニュートラル戦略を行うときは、ビットコイン (BTC) を証拠金に出来る取引所を選ぶことが効率的です。

証拠金でビットコイン (BTC) を持つことでSTEP1をクリアでき、現物保有とショートポジションが1つの取引所で完結できます。

Bybit (バイビット) が人気

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#先物取引
#無期限先物取引
Bybit(バイビット)
Bybit Fintech. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
クレカ入金可能!レバレッジの効いたFX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!海外ならココ一択!
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
6.7
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

Bybitはビットコイン (BTC) を証拠金に取引ができるのでデルタニュートラル戦略で金利を受け取る手法には、ビットコイン (BTC) を証拠金として利用できるかつ主要取引所のなかでも資金調達料の利率が非常に高いBybitが人気となっています。

ファンディングレートを大手取引所のBINANCEのと比較してみました。

BybitのBTCUSD無期限契約におけるファンディング手数料

日付

適用されたファンディングレート

2021-03-10 17時

0.2983%

2021-03-10 9時

0.1846%

2021-03-10 1時

0.1488%

合計

0.6317%

BINANCEのBTCUSDT無期限契約におけるファンディング手数料

日付

適用されたファンディングレート

2021-03-10 17時

0.0485%

2021-03-10 9時

0.0243%

2021-03-10 1時

0.0570%

合計

0.1298%

2021年3月10日におけるBybitのファンディングレートは、BINANCEの約5倍となっていることがわかります。

仮想通貨取引所ごとのリアルタイムなファンディングレートを確認したい方は以下のサイトでわかりやすくまとまっているので参考にしてみてください。

参考 : リアルタイムの資金調達率

仮想通貨デルタニュートラル戦略での運用成績・口コミ紹介

仮想通貨の金利について、Twitterでも以下のようなコメントがありました。

金利収入がえぐすぎますね。。。

— HAT / 帽子屋 (@hat_fx) March 11, 2021

バイビの金利で毎日1マン出るだけでもゲロうま

— メビ (@mebi_trade) March 7, 2021

Bybitの金利うますぎてもっと突っ込みたい
この金利続いたら年間175%で原資3倍近くなるんだけど

— 桃チャス🌸 (@momochan_BTC) March 12, 2021

仮想通貨のデルタニュートラル戦略で金利を稼ぐ方法まとめ

デルタニュートラル戦略は低いリスクで金利をもらえる戦略で、仮想通貨取引の中では比較的安定した投資に入ります。最後にもう一度、要点を抑えておきましょう。

  • レバレッジ一倍でショート
  • ロスカットは現実的に起こらない
  • 保有額と同額を扱う
  • Bybitでは分離マージンを使う。

上記4点を抑えるだけで、金利が安定してもらえるデルタニュートラル戦略が構築できます。余剰資産で試してみてください。

また、今回ご紹介したのはビットコイン (BTC) を用いたデルタニュートラル戦略でしたが、もちろん他の仮想通貨でも同様に戦略の構築が行えます。

Bybitのインバース無期限取引では、ビットコイン (BTC) 以外にイーサリアム (ETH) 、イオス (EOS) 、リップル (XRP) も取引可能となっているので、ぜひチャレンジしてみてください。

情報ソース・引用元一覧

1

Bybit, Bybitでの入金と出金, 2021年9月6日参照

関連記事