Coincheck (コインチェック) の手数料は高いのか?他の取引所との比較や安く抑える方法を解説!

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • Coincheck (コインチェック)の手数料を把握する
  • Coincheck (コインチェック)と他の取引所の手数料が比較できる
  • Coincheck (コインチェック)の手数料を抑える方法を理解する

CoincheckはNEMの大流出事件をきっかけに、悪い意味で有名になってしまった国内最大手取引所の1つです。マネックス証券に買収され、流出から約10ヶ月を経て復活を果たしたCoincheckですが、もともとUI(ユーザーインターフェイス)はよく、アプリ版のチャートを見るために使った人も多かったのではないかと思われます。

今回は、そんなCoincheckをまた使ってもらうために手数料の視点から紹介していきたいと思います。

「取引所ごとの手数料ついて詳しく知りたい!」
そんな方は「かそ部」が独自に作成したこちらの「手数料比較 取引所ランキング」をご覧ください!

先に口コミ評価をチェックする方はこちら
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
Coincheck
(コインチェック)
コインチェック株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
取引量・ユーザー数は日本で最大級!使いやすいスマホアプリと豊富な取扱通貨で人気の取引所!
Coincheck (コインチェック) は、2012年創業の日本の老舗暗号資産(仮想通貨)取引所です。東証一部上場企業であるマネックスグループが主要株主になっており、セキュリティがしっかりとしています。また、スマホアプリが使いやすいと評判で、初心者にたいして門戸が広い取引所です。
取引手数料
無料
取引方法
現物 / 信用取引
暗号資産数
16
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
0.005BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
6.8
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

Coincheck (コインチェック) の手数料

銀行振込手数料

まず銀行振込は、手数料が無料となっています。

コンビニ入金の手数料は以下のようになっています。

コンビニ入金

対象金額

手数料

3万円未満

770円

3万円以上30万円未満

1018円

クイック入金の手数料は以下のようになっています。

クイック入金

対象金額

手数料

3万円未満

770円

3万円以上30万円未満

1018円

50万円以上

入金金額×0.108%+486円

仮想通貨の入金手数料は上記の様になっています。

通常速度での入金は手数料がかかりませんが、すぐにでも着金させたい場合は手数料がかかってしまいます。また高速入金に対応しているのはBTCのみになっています。

仮想通貨の送金手数料

送金手数料

通貨の種類

送金手数料

BTC

0.001BTC

ETH

0.01ETH

ETC

0.01ETC

LSK

0.1LSK

FCT

0.1FCT

XRP

0.15XRP

XEM

0.5XEM

LTC

0.001LTC

BCH

0.001BCH

仮想通貨の送金手数料は上記表の様になっています。送金手数料とは、仮想通貨を外部ウォレットや別の取引所に送金する際に生じる手数料のことを表しています。

Coincheckユーザー同士の送金に関しては無料で行われます。

仮想通貨の販売手数料

Coincheckの販売手数料は、一定ではないので参考になる表はありません。

そもそも、販売手数料とは何かを解説しておきましょう。CoincheckはBTCのみ、ユーザー同士の売買が可能な取引所を所有していますが、アルトコインに関してはユーザーはCoincheckから購入をする形になる販売所の形態のみ存在します。

つまり、買う時の値段と売る時の値段にスプレッド(金額の差)が生じています。当然、買う時の方が高い値段で設定され、売る時の値段が安くなっています。

このスプレッドを販売手数料と定義しましょう。平均すると2%から6%のスプレッドが生じています。

取引所手数料

取引所手数料

Taker手数料

Maker手数料

0%

0%

Coincheckの取引所では、ビットコイン (BTC) の売買を行えます。

スプレッド

スプレッド

販売所手数料

販売所のスプレッド

無料

約2%

Coincheckの販売所では、ビットコイン (BTC) と8種類のアルトコインの売買を行えます。

手数料は無料ですが、約2%のスプレッドが実質の手数料としてかかります。スプレッドとは、買値と売値の差額のことです。例えばリップルの売値が38円、買値が40円だったとき、差額の2円が実質の手数料となります。

通貨の種類や取引量などでスプレッドは変動しますが、約2%と非常に高いので、取引する際は注意が必要です。

レバレッジ手数料

昔はコインチェックも他の取引所同様にレバレッジ取引を行っていましたが2020年3月13日を持って終了しております。

Coincheck (コインチェック) の手数料を他の取引所と比較

取引手数料で比較

Coincheckの取引所における取引手数料を、他の仮想通貨交換所と比較してみましょう。

取引所手数料比較 (ビットコイン現物)

取引所名

Taker手数料

Maker手数料

Coincheck

0%

0%

GMOコイン

0.01%

0%

BITPoint

0%

0%

Liquid by Quoine

0%

0%

ご覧のとおり多くの取引所の取引手数料が無料となっており、Coincheckも同じく無料となっていることがおわかりいただけると思います。

では、販売所におけるスプレッドを比較してみましょう。

販売所スプレッド比較 (ビットコイン現物)

取引所名

スプレッド

Coincheck

25450円

GMOコイン

14512円

bitflyer

28718円

Zaif

33392円

見ていただくとおわかりいただけるように、Coincheckの販売所スプレッドは高い部類に入ります。そのため販売所はなるたけ利用せず、取引所を利用するのが賢明です。

Coincheck (コインチェック) の手数料は高いのか

他の取引所との比較

コインチェックの手数料が他社と比較して安いのかを見ていきましょう。

法定通貨の入出金手数料比較

入手金手数料に関しては他の取引所と大きな差はありません。コンビニからの入金やUSD入金に対応している点は他の取引所との差別化が図れています。

海外(USDが法定通貨の圏内)から使用する場合には便利です。

仮想通貨の入出金手数料比較

国内取引所では、仮想通貨の入金手数料は基本的に無料です。

出金 (送金) 手数料に関しては以下の図のような差があります。

入出金手数料比較

銘柄

Coincheck

bitflyer

bitbank

BTC

入金:基本無料 送金:無料~0.001BTC

0.0004BTC

0.001BTC

ETH

無料~0.01ETH

0.005ETH

0.005ETH

LTC

無料~0.001LTC

0.001LTC

0.001LTC

BCH/BCC

無料~0.001BCH

0.0002BCH

0.001BCC

MONA

-

無料

0.001MONA

LSK

無料~0.1LSK

0.1LSK

-

XRP

無料~0.15XRP

-

0.15XRP

XEM

無料~0.5XEM

-

-

Coincheckのほうが手数料が低くなる場合

Coincheckユーザー同士の送金

coincheckの送金手数料は少し割高です。
しかし、Coincheckのユーザー同士での送金に関しては無料で行えるので、それらを上手に使いこなすと良いでしょう。

無駄な通貨が出ない

Coincheckの販売所は、手数料を含めた全額での取引が可能なのも実質的な手数料が低くなるポイントになります。自動で手数料までを計算し、全額を他のコインに交換ができるのは国内ではCoincheckのみです。

他の取引所では、通貨の最低購入および最低売却枚数が決まっており、1円や2円単位の額は中途半端に残ってしまいます。

Coincheckではこれが起こらないため、無駄な通貨が誕生しないのはお勧めできるポイントです。(海外にはBinanceなど、独自トークンに交換する機能などで対策している所もある。)

Coincheck (コインチェック) の手数料を安く抑える方法

ビットコインの取引は販売所をできるだけ使わない

Coincheckはスプレッドが表示されていません。しかし、販売所で取引をすれば、必ずこの額が手数料として取られてしまいます。

ビットコインの取引に関しては販売所ではなく、必ず取引所を使うようにしましょう。

急ぎの用で、すぐにBTCが必要な場合をのぞいて販売所で買うのは勿体無いという結論になります。

アルトコインの頻繁な取引を控える

Coincheckでアルトコインを売買するときは、なるたけ長期で保有することをおすすめします。

というのも、Coincheckにおいて、アルトコインはスプレッドの高い販売所でしか購入できないからです。つまり購入するときは高いですし、売却するときは安い価格でしか売れません。

可能であれば販売所を利用すること自体をやめたほうがよいのですが、Coincheckの販売所でしか購入できない銘柄もあるはず。どうしてもCoinchekの販売所を使いたいときは、手数料の面を考えて、頻繁に取引することは避けるべきです。

スマホアプリでBTCを取引しない

Coincheckのスマホアプリでビットコイン (BTC) の取引を行わないことも、手数料を節約する方法の一つです。

なぜならCoincheckのスマホアプリは、販売所形式のみに対応しているからです。スマホアプリでビットコインを売買すると、スプレッドが高くついてしまいます。

ビットコインの売買を行うのであれば、スマホのWEBブラウザかパソコンから行いましょう。

入出金の頻度を減らす

入出金する際は、振込手数料や出金手数料が都度かかります。少しづつ入金したり出金したりするとその都度手数料がかかりますので、なるべく1回にまとめて行うことをおすすめします。

仮想通貨の出金についても送金手数料がかかりますので、まとめて送りましょう。

入出金の頻度を減らす

日本円での入手金の頻度を少なくしましょう。入出金頻度が増えるとその分手数料が取られてしまいます。

Coincheck (コインチェック) の手数料 まとめ

CoincheckはUI (ユーザーインターフェイス)が綺麗で、アプリも使いやすくお勧めの取引所の1つです。しかし、販売所という欠点を兼ね備えている点は考慮するべきでしょう。

歴史的な大事件から奇跡の復活を遂げたCoincheckをこれからも見守っていきましょう。

関連記事