クロスチェーン

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)
この記事の編集者
安藤 啓明

暗号資産 (仮想通貨) に関する記事のディレクターで、これまでにも「お金」をテーマにした記事のディレクションを多数行った経験があります。

編集ポリシー

クロスチェーンとは、独立したブロックチェーン同士で異なる種類の暗号資産 (仮想通貨) を交換することを指します。また、このような交換をクロスチェーンスワップと呼びます。

ビットコインが誕生して以降、イーサリアムやリップルといった確立されたネットワークが増加する一方で、それぞれが相互互換性を持つことはほとんどありません、ほとんどのブロックチェーンネットワークは独自の機能を、孤立したエコシステム内でしか動作できないように設計しています。

クロスチェーンプロトコルは、ブロックチェーン間の相互運用性を保証し、さまざまなネットワーク間での価値と情報の交換を可能にします。ブロックチェーン間の互換性により、仲介者の助けを必要とせずにブロックチェーンが相互に通信できるようになります。

クロスチェーンプロトコルによって異なる暗号資産 (仮想通貨) をシームレスにやり取りできるようになれば、人々が分散型台帳のメリットをより完全に近い形で享受できるようになると考えられています。