仮想通貨取引所の選び方

編集:
眞船 美香 (Mika Mafune)
この記事の編集者
眞船 美香

暗号資産投資家でもあり、Head of Owned Media Divisionでもあります。オーストラリアのシドニーより、海外の暗号資産に関する情報や英語文献をもとに日々リサーチを行なっています。 2012年から共同通信社で宮内記者会の記事インターンとして参画し、その後は小学館のCanCamで編集アシスタントを経験します。大学卒業後は、メルセデス・ベンツ日本の文献課に所属し、車種カタログやそのほか英語文献などの添削・編集業務を行いました。2017年に電通へ入社し、海外ネットワーク強化のためのマーケティング・コミュニケーションを担当し、ウェブ電通報をはじめとするオウンドメディアに日本語と英語の両方で記事執筆・投稿を行いました。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • 仮想通貨取引所の選び方がわかる
  • かそ部おすすめの国内取引所がわかる

仮想通貨取引は一般的に「取引所」を通じて行われます。しかし、新しく取引を始められる方にとっては、どの取引所がいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

本記事では、仮想通貨取引所の選び方とかそ部のおすすめ取引所をまとめました。最後まで読んで、ご自身にあった取引所を見つけてみてください

仮想通貨取引所とは

仮想通貨取引所とは仮想通貨と法定通貨を交換したり、仮想通貨同士を取引する場所のことをいいます。仮想通貨取引所で口座を開設し、日本円を振り込むことによって入金額が反映され仮想通貨との交換が可能になります。

日本国内で仮想通貨取引所の運営を行うには金融庁の認可が必要です。現在登録されている仮想通貨取引所の数は30社[1]

金融庁, 暗号資産交換業者登録一覧, 2021年6月18日発行

triangleです。

また仮想通貨取引所は「取引所」と「販売所」に分けられます。

取引所はユーザー同士で取引を行う場所で、ユーザーは希望する数量や価格を決めて注文し、買い手と売り手が双方に同意すると取引が成立します。

販売所は運営側を相手に取引を行う場所で、販売所では売値と買値が提示されており、指定のレートで取引を行います。販売所は自分の好きなタイミングですぐに仮想通貨取引が成立する一方、手数料が割高な傾向があります。

取引所と販売所の両方を有している仮想通貨取引所が多いので、短期間で取引を行う場合は取引所、長期間保有する場合は販売所といったように状況によって使い分けるのをおすすめします。

仮想通貨取引所を選ぶポイント

国内にはさまざまな仮想通貨取引所があります。数ある仮想通貨取引所の中から口座開設する取引所を選ぶ際には、以下6つのポイントから検討してみましょう。

1つめは、手数料です。

仮想通貨取引では、取引手数料や送金手数料などの手数料が発生します。金額は仮想通貨取引所によって大きく異なるため、事前に確認しておくことが大切です。せっかく利益を出しても手数料が高ければ無駄な損失が膨らんでしまいます。

仮想通貨取引の主な手数料は次のようなものがあります。

  • 取引手数料
  • 入出金手数料
  • 送金手数料
  • スプレッド

この中でも注意しておきたいのがスプレッドです。スプレッドは実質的な手数料の一部で、売値と買値の差額のことを指します。たとえば買値が1BTC=400万円で売値が399万円だった場合、1BTCを購入した直後に売ると400万-399万=1万円のスプレッドが発生します。よって利益を出すためには売値が400万円を超えたタイミングで売却しなければならず、スプレッドは小さければ小さいほど利益をだしやすいということになります。

2つめは、セキュリティと信頼性です。

仮想通貨取引所はハッキングの標的になりやすいため、セキュリティの強固さが求められます。顧客の資産をオフラインで管理するコールドウォレットを利用しているか、二段階認証で不正ログインを防いでいるかといったセキュリティ対策を事前に確認しましょう。

仮想通貨取引所によっては万が一ハッキングなどの被害に遭った際に盗難補償サービスが受けられるところもあります。公式ホームページ、またはカスタマーサポートを通じて確認しておきましょう。

3つめは、取引量です。

仮想通貨取引所では、取引量に比例してユーザー数が多い傾向にあるため、取引量を基準に取引所を選ぶと取引相手が見つかりやすく決済注文が通りやすくなります。

反対に取引量がまだ少ない仮想通貨取引所では取引処理に手間や時間がかかりやすく、注文金額と購入金額に大きな差が出てしまうリスクがあります。

4つめは、サーバーの強さです。

仮想通貨の価格が高騰または急落したとき、注文が殺到してサーバーがダウンしてしまうことがあります。サーバーがダウンするとその間取引の機会を逃してしまうので、取引所のサーバーの強さも確認しておくのが良いでしょう。

5つめは、使いやすさです。

使いやすさを測る基準としては、チャートの見やすさや取引を行うまでの流れ、取引種類の豊富さ、インディケーターの種類などがあります。

仮想通貨投資を始めたばかりの方やプロの投資家など、ニーズによってそれぞれどんな機能を重視するかは異なりますが、出先でもチェックできるようなスマホアプリの使いやすさなどは共通して事前に確認しておくと良いでしょう。

最後は、取扱通貨数と種類です。

利用する取引所の取扱通貨数が多ければ、将来性が見込める通貨に投資して利益を狙えたり、複数の通貨に分散投資してリスクヘッジできたりと取引の幅が広がります。

現在、国内で購入できる仮想通貨は全部で32種類ほどあり[2]

triangle、これら金融庁により許可が降りている取引所にて扱われる仮想通貨のことをホワイトリストと呼びます。

国内の主要仮想通貨取引所

金融庁・財務局に登録されている国内の主要仮想通貨取引所は30社です。その中でも取引高が上位3社の取引所を紹介します。

bitFlyer (ビットフライヤー)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
bitFlyer
(ビットフライヤー)
株式会社bitFlyer
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
日本最大 (取引量・ユーザー数・資本金) のBTC (ビットコイン)・ブロックチェーン企業
bitFlyer (ビットフライヤー) は2014年に設立された、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引量、ユーザー数、資本金どれをとっても日本最大級の規模を誇る日本の暗号資産(仮想通貨)取引所となっています。
取引手数料
0.01〜0.20%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.00000001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
7.4
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

bitFlyerは、2014年1月に設立されたbitFlyer株式会社が運営する仮想通貨取引所です。bitFlyerは取引高ランキング1位の実績を誇ります。設立以来ハッキングに遭った事もなく、信頼性・サービスの安定性では高い評価を受けています。

2021年6月時点、取扱銘柄数は12種類[3]

bitFlyer, 当社が取扱う仮想通貨について, 2021年6月27日参照

triangleでビットコイン (BTC) やイーサリアム (ETH) はもちろん、テゾス (XTZ) やリスク (LISK) といった比較的マイナーな通貨も扱っています。

手数料は入金手数料が0〜330円、出金手数料が220円〜770円、取引手数料はビットコイン (BTC) とアルトコインで異なり、ビットコイン取引所で0.01%〜0.15%、アルトコイン取引所で0.2%となっています。なお販売所の取引手数料は無料です。

独自の取引ツール「bitFlyer Lightning」は、FX取引や先物取引など多種多様な取引方法に対応しています。

専用のスマホアプリもあり、直感的に操作できるUI/UXで初心者にやさしい設計になっています。「bitFlyer ウォレット」においては2020年上半期のダウンロード数は国内1位と、月間利用者数も合わせて国内1位を獲得しています[4]

triangle

また仮想通貨を売買する仮想通貨取引所としての機能のほか、ビットコイン (BTC) を決済に使ったり、ポイントとして受け取ったりと行った実用的なサービスも充実しています。「ビットコインをつかう」サービスでは、ビックカメラをはじめとした商品をECサイトで購入できます。「ビットコインをもらう」サービスでは、bitFlyerを経由して他サービスを利用するとポイントが貰え、ポイントはビットコイン (BTC) に換金することができます。

Coincheck

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
Coincheck
(コインチェック)
コインチェック株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
取引量・ユーザー数は日本で最大級!使いやすいスマホアプリと豊富な取扱通貨で人気の取引所!
Coincheck (コインチェック) は、2012年創業の日本の老舗暗号資産(仮想通貨)取引所です。東証一部上場企業であるマネックスグループが主要株主になっており、セキュリティがしっかりとしています。また、スマホアプリが使いやすいと評判で、初心者にたいして門戸が広い取引所です。
取引手数料
無料
取引方法
現物 / 信用取引
暗号資産数
16
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
0.005BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
6.8
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

Coincheckは2012年8月に設立されたコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。2018年にハッキングの被害に遭いましたが、2019年より東証一部上場企業である「マネックスグループ」の傘下に入ったあとはセキュリティ強化に力を入れ、現在は信頼性で高い評価を受けています。

2021年6月時点、取扱銘柄数は16種類[5]

Coincheck, 取扱い通貨の終値一覧, 2021年6月27日参照

triangleで国内最多です。手数料は入金手数料と取引手数料が無料、出金手数が一律407円となっています。

最大の特徴はその使いやすさで、初心者でも見やすくかんたんなインターフェースを採用しています。専用のスマホアプリもあり多くのユーザーに利用されています。

GMOコイン

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
GMOコイン株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
安心のGMOインターネット (東証一部上場)グループの暗号資産(仮想通貨)取引所
GMOコインは、東証一部上場企業であるGMOインターネットの子会社!GMOコインの持つ金融サービス提供ノウハウを活かすことで、徹底したセキュリティ対策を実施!安心して暗号資産(仮想通貨)取引を行うことができます。
取引手数料
Maker : 0.01% / Taker : 0.05%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
販売所 : 0.00000001 BTC/取引所 : 0.0001 BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

GMOコインは、2016年10月に設立された、東証一部上場企業であるGMOインターネットが運営する仮想通貨取引所です。2021年6月時点、取扱銘柄数は13種類です[6]

GMOコイン, 暗号資産(仮想通貨)チャート, 2021年6月27日参照

triangle

GMOコインは10種類の銘柄でレバレッジ取引ができる[7]

GMOコイン, 暗号資産FX「暗号資産FX 取引ルール」, 2021年6月27日参照

triangle点が特徴です。ビットコイン (BTC) の値動きが緩やかなときはアルトコインで取引を行うなど、相場に合わせた取引が可能です。

iOSとAndroidの両方に対応したスマホアプリ「GMOコイン 暗号資産ウォレット」も提供しています。チャート分割もできる高機能チャートが搭載されており、1つのアプリで現物取引から仮想通貨FXまで取引できるので便利です。取引以外にも日本円の入出金や仮想通貨の預入・送付などさまざまな機能が揃っていて、スマホだけで取引を完結できる環境が整っています。

仮想通貨取引所の選び方まとめ

仮想通貨取引所では仮想通貨の売買取引ができます。仮想通貨取引所には取引所と販売所が存在し、取引にかかる時間と手数料がそれぞれ異なるので目的に応じて使い分けましょう。

2021年6月時点で金融庁の認可を受けている国内仮想通貨取引所は30社あります。

仮想通貨取引所によってそれぞれ特徴があるので、この記事で紹介した選ぶポイントに着目して、自分にあったものを選んでみてください。

情報ソース・引用元一覧

1

金融庁, 暗号資産交換業者登録一覧, 2021年6月18日発行

3

bitFlyer, 当社が取扱う仮想通貨について, 2021年6月27日参照

5

Coincheck, 取扱い通貨の終値一覧, 2021年6月27日参照

6

GMOコイン, 暗号資産(仮想通貨)チャート, 2021年6月27日参照

7

GMOコイン, 暗号資産FX「暗号資産FX 取引ルール」, 2021年6月27日参照

関連記事