ビットコイン (Bitcoin/BTC) の積立投資で長期運用!メリット・デメリットと取り扱い取引所をご紹介

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • 積立投資とは、毎月定額が引き落とされて自動で仮想通貨を購入してもらえる仕組み
  • 積立投資は、知識ゼロでできるドルコスト平均法という投資手法

仮想通貨の取引で儲けを出すには仮想通貨以外の投資と同様に値動きを見ながら取引を進める必要があります。

しかし、「値動きを確認しながらの投資は難しそう」という投資初心者の方や「チャートを見る時間もない…」という忙しい方もいるでしょう。そんな方には積立投資がおすすめです。

そこで、今回はビットコインの積立投資について詳しく解説して行きます。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の積立投資とは

まずはビットコインの積立投資の概要を解説していきます。

積立投資とは

積立投資は仮想通貨だけではなく投資の様々な分野で行われている投資の方法です。

  • 積立投資とは -
    少額ずつの資金を定期的に投資していく投資手法のこと

bitFlyerやZaif (現在はサービス停止中)など、取引所が提供しているサービスで行う場合は、月にいくら投資するか設定するだけで自動的に口座から引き落とされてビットコイン投資に「積立」されます。

積立投資のメリットは大きく分けて次の4つが考えられます。

  • 少額から始められる
  • 手間がかからない
  • 目標を設定しやすい
  • 投資のストレスを感じにくい

以上のメリットが挙げられますが、ご覧になってわかるように初心者でもはじめやすい投資方法です。それぞれのメリットはビットコインの積立投資でも言える内容ですので詳しくは後からみていくことにします。

ドル・コスト平均法とは

積立投資を勉強していくと「ドル・コスト平均法」という言葉を聞くと思います。ドル・コスト平均法とは価格変動のある商品を定期的に一定額、購入していくことです。

投資信託の自動積立、つまり積立投資はドル・コスト平均法を採用していて、価格が低い時に購入量を増やし、価格が高い時には購入量を減らすので平均的な購入単価を保ちます。

そのため積立投資は初心者向きでもありますし投資資金が少ない方に最適な投資方法となるのです。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の積立投資とは

ビットコインの積立投資もドル・コスト平均法を採用し毎月一定額を自動引き落としで積立していきます。積立投資を取り扱っている取引所に毎月日本円を入金することでビットコインの売買を自動的に行ってくれる仕組みです。

毎月自動的に引き落としされてビットコインを購入することになりますが、好きなタイミングで出金できます。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) を積立投資する5つのメリット

  • リスク分散できる
  • より少額から始められる
  • 手間がかからない
  • 目標を設定しやすい
  • 投資のストレスを感じにくい

ここからはビットコインを積立投資するメリットを解説して行きます。

メリット1 リスク分散できる

ビットコインの積立投資はドル・コスト法を採用しています。ボラティリティの高い仮想通貨は大きな利益を得るのと同じくらい大損する可能性もあります。ボラティリティとは価格の変動の大きさを表す用語です。

しかしドル・コスト法であれば、少額ずつビットコインを購入していくのでリスクの分散に適した投資方法です。

メリット2 少額から始められる

ビットコインや仮想通貨の投資をはじめたいと思っても投資資金があまりない方もいるでしょう。そんな方でもはじめられるのがビットコインの積立投資です。

国内の取引所で積立投資のサービスがあるのはZaifとbitflyerですが、Zaifではサービスを一時停止しています。いずれも月1000円からはじめられる設定になっています。投資資金に不安がある方でも気軽にはじめられる金額ですので安心してください。

メリット3 手間がかからない

ビットコインの積立投資は口座やクレジットカードの登録だけで自動的に引き落としされ、その後は自動的に取引をしてくれます。余計な手間をかけずに投資をすることは初心者の方や忙しくて投資にあまり時間をかけられない方に適した方法です。

メリット4 目標を設定しやすい

毎月一定額を積み立てていきますのでどれだけ貯まったかもわかりやすく、「〇〇円になるまで積み立てよう」や「〇〇月まで積み立てよう」と自分なりの目標設定がしやすくなります。

積立額に対して利益や損失がどのくらい出ているかも計算しやすいので先々の計画も立てやすいでしょう。

メリット5 投資のストレスを感じにくい

通常のトレードならば「今のビットコインの価格はどうなっているだろう…」とチャートを気にしながら売買をしなくてはいけません。プロのようなトレーダーであれば多くの時間を割いて取引しているわけですが、多くの方はそうはいきません。

仕事など他のことをしていても相場が気になってしまい、ストレスに感じてしまう可能性も考えられます。

積立投資であれば時々、相場を確認することはあっても毎日のように気にする必要はありませんので、ストレスがかかりづらいと言えます

ビットコイン (Bitcoin/BTC) を積立投資する3つのデメリット

ビットコインの積立投資は多くのメリットがありましたが、投資である以上はデメリットもあります。いくつかデメリットを紹介します。

  • 情報収集するモチベーションの低下
  • 一攫千金は狙えない
  • 手数料が割高になる

デメリット1 情報収集するモチベーションの低下

積立投資は一定額を入金すればほったらかしで構いません。時々、増えた減ったを確認するくらいの労力で済みます。しかし、それがデメリットにもなりえます。

通常のトレードをする人々はビットコインに関する情報収集を日々行っています。積立投資をしていると売買も自動になるため日々の相場に対して敏感にならなくても大丈夫という感覚になり、情報収集へのモチベーションが低下します。

仮想通貨の投資で利益を出していくには日々、勉強し情報収集しなければいけませんのでモチベーション低下は危険な材料と考えられます。

デメリット2 一攫千金は狙えない

毎月コツコツと積み立てていく投資方法ですので短期的に一攫千金を狙うことには向いていません。積立投資自体が長期的な投資を目的にしていますので、「今買っておこう」と思ったときには通常の取引と並行すると効果がでやすいでしょう。

デメリット3 手数料が割高になる

国内の取引所の例ですが通常の取引なら手数料は0.1%など低めに設定されています。
一方、積立投資となると低くても1.5%となりますので割高な印象があります。詳しくは後のテーマでも触れていきますが手数料が気になる場合、積立投資は向かないでしょう。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の積立投資ができる暗号資産 (仮想通貨) 取引所3選

ビットコインの積立投資を取り扱っている取引所を紹介します。積立投資のサービスが存在する取引所はbitFlyerとZaifの2つです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
bitFlyer
(ビットフライヤー)
株式会社bitFlyer
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
日本最大 (取引量・ユーザー数・資本金) のBTC (ビットコイン)・ブロックチェーン企業
bitFlyer (ビットフライヤー) は2014年に設立された、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引量、ユーザー数、資本金どれをとっても日本最大級の規模を誇る日本の暗号資産(仮想通貨)取引所となっています。
取引手数料
0.01〜0.20%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.00000001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
7.4
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

bitFlyerの積立は1000円単位で行えます。クレジットカードの登録を済ませるだけでスタートできるのでお手軽です。また、自動売買の日にちの指定も可能で「月に〇回だけ」、「〇日から〇日まで購入」など自由度の高い買い付けが可能です。

また、bitFlyerではイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュなどのアルトコインでの積立投資も行えます。

デメリットは手数料が一律10%ほどと高めの設定であることです。取引を立て続けに行うと手数料がかさんでいってしまうので、少額からスタートする方にとっては痛手になるかもしれません。

積立投資は長期的に行うのが目的ですから手数料がかさめば利益も減ることになります。クレジットカードの利用ポイントを貯めたい方やアルトコインで積立投資をしたい方にはおすすめですが、それ以外の方にはあまりおすすめできません。

Zaif (ザイフ)

※注意
現在Zaifではコイン積立サービスを停止しています。以下の情報はサービス停止前の情報ですのでご注意ください。

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Zaif
(ザイフ)
株式会社 Zaif
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
売買や決済サービス、コイン積立などあらゆる新機能が使える成長型暗号資産(仮想通貨)取引所
Zaif (ザイフ) では、ビットコインやイーサリアムなどの代表的な暗号資産(仮想通貨)の取引の他にも、ビットコインやモナコインで決済ができる暗号資産(仮想通貨)決済サービスや、定期の暗号資産(仮想通貨)積立サービスを利用することが可能です。
取引手数料
無料
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
9
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
0.0001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
6.0
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

2018年10月10日、株式会社フィスコ仮想通貨取引所との間で仮想通貨取引所「Zaif」の事業を、株式会社フィスコ仮想通貨取引所に対して譲渡する旨の事業譲渡契約を締結しました。

Zaifの積立投資は1000円からはじめられる設定です。上限は設けられていませんが積立の金額によって手数料が変わりますので以下をご覧ください。

1000円〜2000円

100円

3000円〜9000円

3.5%

10000円〜29000円

2.5%

30000円〜49000円

2.0%

50000円以上

1.5%

Zaifの積立は毎月27日に積立金額が銀行口座から引き落とされ、翌月の10日から翌々月の9日の1ヶ月間、毎日自動買い付けされます。積立金額を変更する場合、毎月10日前後くらいまで設定すれば引き落とし日までの対応がなされるようです。

Coincheck (コインチェック)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
Coincheck
(コインチェック)
コインチェック株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
取引量・ユーザー数は日本で最大級!使いやすいスマホアプリと豊富な取扱通貨で人気の取引所!
Coincheck (コインチェック) は、2012年創業の日本の老舗暗号資産(仮想通貨)取引所です。東証一部上場企業であるマネックスグループが主要株主になっており、セキュリティがしっかりとしています。また、スマホアプリが使いやすいと評判で、初心者にたいして門戸が広い取引所です。
取引手数料
無料
取引方法
現物 / 信用取引
暗号資産数
16
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
0.005BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
6.8
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

国内大手取引所のCoincheckは2019年11月6日より、仮想通貨自動積立サービス「Coincheckつみたて」の提供を開始しました。仮想通貨の自動積立サービスは国内の取引所では唯一の提供となります。

本サービスは事前に利用者が提示した金額を毎月定期的に仮想通貨として積み立てることのできるサービスです。利用者が自分で作業することなく、自動的に入金から仮想通貨の購入までを手数料無料で代行してくれます。

その他の取引所でも積立投資できる

ビットコインの積立投資のサービスを提供している取引所は紹介したbitFlyerとZaifの2つだけですが、もちろんその他の取引所でもサービスを使わずに個人的にビットコインの積立投資をすることはできます。

ビットコインを取り扱っている取引所であればビットコインの積立投資が可能です。国内取引所にはbitFlyerとZaifの他に「Coincheck」や「DMM Bitcoin」、「bitbank」など、海外取引所には「BINANCE」、「BitMEX」などがあります。

自分で積立金額を設定して手動で定期的に入金してビットコインを購入すれば、それはもう立派な積立投資です。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

全11種類の暗号資産(仮想通貨)で積立可能

SBI VCトレード (SBI VCTRADE)

東証一部上場グループの盤石なセキュリティで安心積立投資

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の積立投資に利用する取引所の選び方

ビットコインの積立投資はどこの取引所でもできることを前項目で説明しましたが、それではどの取引所で積立投資をするのが良いのでしょうか。積立投資を検討する際の取引所を選ぶために着眼すべきポイントは次の2つです。

  • 積立投資のサービスがある
  • 手数料が安い

積立投資のサービスがある

前述の通り、bitFlyerやZaifにはビットコインの積立投資のサービスが存在します。積立投資のサービスを利用すれば、最初の設定だけであとは手間をかけることなく自動的にビットコインが積立されます。

積立投資のサービスのメリットは自動で引き落としがされて手間が省けることですが、デメリットは手数料が高いことです。bitFlyerは特に、積立投資の手数料が非常に高くなっています。

Zaifに関しては、現在はコイン積立のサービスは一時停止中となっていますが、復活する可能性は十分にあります。復活した際、以前のサービスから内容が変更されなければ手数料はZaifがお得です。

手数料が安い

積立投資のサービスのある取引所はZaifとbitFlyerですが、現在bitFlyerは新規口座開設を一時停止中、Zaifは積立投資のサービスを一時停止中ですので、bitFlyerの口座をすでに持っている人でなければこのサービスは利用できません。加えてbitFlyerの積立投資は手数料が非常に高く設定されています。

積立投資のサービスをしていない取引所から選ぶ際は手数料で比較するのが良いでしょう。積立投資は少額ずつに回数を分けてビットコインを購入することになりますので、手数料がかさまない工夫が必要です。したがって、手数料がより安い取引所を選びましょう。

更に詳細を知りたい方はこちら
ビットコイン (BTC) 取引所おすすめ3選!失敗しない選び方もご紹介

Coincheck (コインチェック) の貸仮想通貨サービス

Coincheckでは貸仮想通貨サービスを提供しています。これは長期間ビットコインを保有するという点で積立投資と似たサービスで、持っている仮想通貨をCoincheckに一定期間貸し出すだけで、契約満了後に利用料を受け取ることができるというものです。

一定期間、貸し出した仮想通貨を引き出すことはできませんが、長期間保有する場合はこのサービスを利用してみても良いかもしれません。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) の積立投資まとめ

積立投資はビットコインの売買のタイミングがわからない方や長期的な投資がしたい方、忙しくてチャートをこまめにチェックできない方など、様々な方に適している投資方法です。メリットもたくさんありますがもちろんデメリットもあります。

投資はどんな方法であってもリスクとリターンは必ず隣り合わせです。メリットもデメリットも把握し理解した上でビットコインの積立投資を検討してみてください。