【完全版】CryptoGT (クリプトGT) の手数料まとめ | 他社とも徹底比較

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • CryptoGTの利用にかかる手数料を紹介
  • スプレッド、スワップ、入出金の3種類の手数料を確認しよう
  • それぞれの手数料を抑える戦略が利益の最大化に大切

「CryptoGTってどれだけ手数料がかかるの?」「入出金の手数料やスプレッドは安いかな?」などと気にしていませんか? CryptoGTでは入出金やスプレッドなどの手数料がかかるため、計画的な取引が大切です。

この記事では、CryptoGTへの登録の前に手数料を確かめたい人のため、入出金やスプレッドにかかる出費を紹介します。これを読めば、CryptoGTをお得に利用できるかのヒントを得られるでしょう。

先に口コミ評価をチェックする方はこちら

CryptoGT (クリプトGT) とは?

運営企業

Hatilo LTD

拠点

キプロス

通貨ペア

58種類

入出金手数料

無料

取引手数料

変動あり

最大レバレッジ

500倍

追加証拠金

なし

ロスカット

証拠金維持率100%以下

日本語対応

スマートフォン対応

MT5

サポート

メールやチャット

法人口座

CryptoGTはキプロス拠点の取引所ですが、日本語にも対応できます。仮想通貨やFXのペアが58種類と多く、最大500倍のレバレッジをかけられるなど、多種多様な投資パターンを望めるでしょう

複数のウォレットをひとつのアカウントで管理できるだけでなく、二段階認証などのセキュリティにも抜かりがありません。国内の取引所では見られない特徴が多く、優秀と感じられるでしょう。

CryptoGT (クリプトGT) の手数料は3種類

CryptoGTでは、以下の3種類の手数料がかかります。

  • スプレッド
  • スワップ手数料
  • 入出金手数料

それぞれの手数料をチェックしておかないと、知らないうちに損を重ね、思うように利益を取れないことがあります。出費の可能性を想定できるように、CryptoGTの手数料の全容をつかんでおきましょう。

CryptoGT (クリプトGT) の手数料1 スプレッド

スプレッドとは買値と売値の差です。買値の方が高いことが多く、スプレッドが狭いほどまとまった価格で売りやすいといえます。

CryptoGTでは、スプレッドが常に変わります。価格変化に応じてスプレッドも変わるため、お得な取引にはタイミングの見極めも重要です。

しかし複数の通貨ペアを比べることで、スプレッドの狭いものを見極めれば、お得な取引のヒントがわかるでしょう。

CryptoGT (クリプトGT) の手数料2 スワップ手数料

スワップ手数料とは、決済前の注文できるポジションを持っているときの手数料です。CryptoGTでは4時間ごとに新しいスワップ手数料が決まり、その時々における通貨ペアの価格からも影響を受けます

CryptoGTでは、仮想通貨別の平均スワップレートを売りと買いの各ポジション別に公表しているので、取引前にチェックしましょう。

スワップ手数料の計算方法

CryptoGTにおける仮想通貨のスワップは、
保有ポジションの仮想通貨数量×スワップレート×購入価格÷100です。

たとえば日本円でビットコイン相場が1BTC80万円、注文数量が0.1BTC、ビットコインの買いポジションにおけるスワップレートが-0.01%とします。

数量0.1BTC×-0.01%×8万円=-0.8円のスワップが発生し、相場よりも少しだけお得に取引できます。

CryptoGT (クリプトGT) の手数料3 入出金手数料

CryptoGTでは、取引所での入手金手続きに対する手数料は無料です。ただし仮想通貨の送金を早く済ませるためのトランザクションフィーは支払う必要があります。

ビットコインの約0.0001BTCなどのように、トランザクションフィーは、送金作業の承認に必要なデータ計算処理をしてくれるマイナーに払う手数料です。フィーを上げるほど早い時間で送金できますが、余分な損にならないための配慮も行いましょう。

CryptoGT (クリプトGT) の手数料を国内の取引所と比較

CryptoGTを国内で人気の仮想通貨取引所と、ビットコイン送金・出金手数料でくらべてみました。ほかの取引所との比較で、CryptoGTがいかにお得かがわかるでしょう。

取引所名

ビットコイン入金手数料

ビットコイン出金手数料

CryptoGT

無料

無料

bitFlyer

無料

0.0004BTC

bitbank

無料

0.001BTC

GMOコイン

無料

無料

BITPoint

無料

無料

DMMビットコイン

無料

無料

Coincheck

無料

0.001BTC

CryptoGT (クリプトGT) の手数料を海外の取引所と比較

CryptoGTの入出金手数料を海外の仮想通貨取引所とくらべてみました。外国の取引所選びに迷っている方は、手数料の面でどれが得かを見極めるとよいでしょう。

取引所名

ビットコイン入金手数料

ビットコイン出金手数料

CryptoGT

無料

無料

Poloniex

無料

0.0005BTC

Binance

無料

0.0005BTC

Bitfinex

無料

0.0004BTC

KuCoin

無料

0.0005BTC

Kraken

無料

0.0005BTC

Bittrex

無料

無料

BitMEX

無料

0.001BTC

Huobi Japan

無料

0.0005BTC

Cryptopia

無料

0.0005BTC

CryptoGT (クリプトGT) の手数料を抑える方法

CryptoGTでは手数料がかかる場面があるので、なるべく抑えながらお得に取引したいと考える方もいるでしょう。この章ではスプレッドやスワップ手数料などを節約する方法を紹介するので、充実した仮想通貨ライフの参考にしてみてください。

スプレッド編

スプレッドの節約には、相場が落ち着いた段階での注文や、スプレッドが小さい銘柄の比較検討などが大切です

仮想通貨は24時間365日休まず値動きを続けており、株やFXよりも価格変動が激しくなる可能性が高いといえます。相場変化が大きい時間帯はスプレッドも広がりやすいので、ある程度価格が落ち着いた段階で買いや売りの注文を出せば、お得な取引が望めるでしょう。

CryptoGTは取扱銘柄が多数で、それぞれスプレッドも異なるため、銘柄同士の比較検討も大切です。通貨の好みを尊重するだけでなく、スプレッドが小さい通貨ペアを選べば、多くの利益を取れる可能性があります。

スプレッドの節約には、通貨ペア同士の比較や、相場が落ち着くタイミングを大事にしましょう。

スワップ手数料編

スワップ手数料はポジションを保有している間ずっとかかるため、投資スタイルにより取引所を使い分けることが大切です。

短期で買ったものを売りたいならCryptoGTを使いましょう。ポジションの持ちすぎによるスワップ手数料の増加を防げるだけでなく、短期売買の繰り返しで利益を積み重ねるチャンスだからです。

長期保有ならBitMEXを使ってはいかがでしょうか。こちらにはビットコインやイーサリアム対象の「無期限FX」があります。先物取引の一種で、満期までに決済を済ませられれば、ポジションに対するで手数料がかかりません。

以上から投資スタイルに合った取引所の使い分けが、スワップ手数料節約のカギを握ります

CryptoGT (クリプトGT) の手数料 まとめ

CryptoGTは入出金手数料が原則無料ですが、スプレッドやスワップ手数料など注意すべき要素もあります。スプレッドは相場変動の大きい時間帯を避け、通貨ペア同士で比べながらせまいところを見極めましょう。

スワップ手数料はBitMEXなどほかの取引所と、投資スタイルに合わせて使い分ければ節約できます。手数料を最小限に抑えることが、多くの利益を狙うポイントです。

Important

CryptoGT (クリプトGT)が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。どの取引所を選べば良いか迷っている方はぜひ「国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング」をご覧ください。

関連記事