デジタル署名 (Digital Signature)

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)

デジタル署名とは、メッセージやソフトウェア、デジタルドキュメントの信頼性と整合性を検証するために使用される技術のことです。これは、手書きの署名をデジタル化したもので、データの送信者や送信されたデータが改ざんされていないことを証明します。

デジタル署名は、非対称暗号化とも呼ばれる公開鍵暗号に基づいています。具体的には、RSAなどの公開鍵アルゴリズムを使用して生成される、秘密鍵と公開鍵によってデジタル署名は機能します。デジタル署名を作成する個人は、秘密鍵を使用して署名関連データを暗号化しますが、そのデータを復号化する唯一の方法は、署名者の公開鍵を使用することです。

受信者が署名者の公開鍵でドキュメントを開くことができない場合、それはそのドキュメントがすでに何者かによって復号化された後か、署名そのものに問題があったことを示します。これが、デジタル署名が認証される方法です。

暗号資産 (仮想通貨) の分野では、送金者が送金時に秘密鍵を用いた暗号化を行うことによって、送金が秘密鍵の持ち主によって行われたことと、取引内容が正当なものであるということを証明します。