Discord (ディスコード)のプッシュトゥトーク機能 | 音声入力モードの設定方法を解説

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
1分で理解する要約
  • プッシュトゥトークはPTTキーを押しているときだけ音声を伝えられる
  • PTTキーはユーザー自身がキーボードから選ぶ
  • 仮想通貨からDiscordへの招待リンクも紹介

Discordのプッシュトゥトークの詳細を解説し、設定・利用方法を紹介します。

Discordの使い方をよく知らない初心者の方向けに、プッシュトゥトーク機能をわかりやすく解説していきます。

Discord (ディスコード) のプッシュトゥトークとは

プッシュトゥトークは、特定のキーを押している間だけ自身の声を相手に伝えられる機能です。キーを離した瞬間、あなたの声は相手につながらなくなります。

自身がDiscordを使用中、周囲が騒がしいときがあります。そのときマイクをオンにし続けていると相手は気になってチャットに集中できません。

プッシュトゥトーク機能を使うことで、メッセージを伝えたいときだけ音声を相手に伝えられるので、こちら側の騒音を相手に聞かせずにすみます。

Discord (ディスコード) の音声入力システム

Discordの音声入力システムには、「音声検出モードと「プッシュトゥトーク」の2つのパターンがあります。それぞれについて解説します。

音声検出モード

Discordの音声機能のうちスタンダードな方です。音声検出モードには入力感度の自動調整機能があります。

しかし自動調整の結果、音声が過剰に大きくなったり小さくなったりして不便を感じることもあるでしょう。発言の途中で音声が切れることもあります。

音声を思いどおりにコントロールできない場合は、インプットモードの「Voice Activity」にて、入力感度の自動調整に入ったチェックを外してください。ゲージで自身の好みの入力感度に調整できます。

プッシュトゥトーク

プッシュトゥトークは「PTTキー」としてキーボードの特定のボタンを選び、それを押している間だけユーザーの音声が相手に伝わります。ボタンを離すと音声は途切れます。音声伝達の開始と終了はDiscord内の効果音で知らされます。

インプットモードの「Push to Talk」より、空白のボックスをクリックしてください。好きなボタンを押すと、それがPTTキーとして認められます。

PTTキーを離してから実際に音声が途切れるまでのタイムラグもありません。

Discord (ディスコード) のプッシュトゥトーク利用方法

次にDiscordでプッシュトゥトークを実際に利用する方法を説明していきます。

プッシュトゥトークを有効にする

左側メニュー欄の「ユーザー設定」のなかから「音声」を選びます。

入力モードを「プッシュトゥトーク」に指定します。

右側の枠にてPTTキーを指定してください。指定したキーを押している間だけあなたの音声が相手に伝わります。

音声伝達の開始と終了の効果音は「通知」から設定できます。ミュートの起動/解除時やプッシュトゥトークのON/OFF時など、効果音で動向を知らせる機能を状況別に入れるか入れないか設定できます。

チェックを入れていれば相応の状況で効果音が鳴り、外すと効果音は鳴りません。

仮想通貨に関するDiscord (ディスコード) の招待リンク集

仮想通貨の運営側からDiscordの招待リンクを公開する場合があります。招待リンク先を自身が運営するブログやサイトなどに載せクリックしてもらうことで、その人数に応じて無料で仮想通貨をプレゼントしてもらえるという特典があります。

以下に代表例を2つ、実際のリンク先URLを添えて紹介します。

BLACK DIA

招待協力した人数に応じて仮想通貨「BLACK DIA」がプレゼントされます。30人ならBDA、50人なら3億BDA、100人なら5億BDAがもらえます。

BLACK DIA COINを入手する

桃太郎コイン

招待人数×100枚の桃太郎コインがプレゼントされます。1人招待するだけで仮想通貨が100枚もらえるのでハードルは低いです。

桃太郎コインを入手する

まとめ

Discordにはプッシュトゥトーク機能があり、PTTキーとして指定したキーを押している間だけ自身の音声が相手側に伝わります。話していない間の余計な雑音を相手に聞かせずに済むので便利です。

プッシュトゥトークを利用することで、仮想通貨に関する情報をリアルタイムで相手に伝えることができます。キーでメッセージを入力している時間を省略したい場合はプッシュトゥトークを積極的に利用しましょう。