Ethereum Virtual Machine (EVM)

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)
この記事の編集者
安藤 啓明

暗号資産 (仮想通貨) に関する記事のディレクターで、これまでにも「お金」をテーマにした記事のディレクションを多数行った経験があります。

編集ポリシー

Ethereum Virtual Machine (EVM) とは、イーサリアムのフルノード内に埋め込まれたサンドボックス化された仮想スタックであり、スマートコントラクトのバイトコードを実行する役割を担っています。スマートコントラクトは通常、Solidityなどの高級言語で記述され、EVMバイトコードにコンパイルされます。

これは、マシンコードがネットワークやファイルシステム、またはホストコンピュータのプロセスから完全に切り離されていることを意味します。イーサリアムネットワーク内のすべてのノードはEVMインスタンスを実行し、同じ命令の実行に同意できるようにします。EVMはチューリング完全です。これは、計算機能の任意の論理ステップを実行できるシステムを指します。

EVMはイーサリアムプロトコルに不可欠であり、イーサリアムシステムのコンセンサスエンジンに役立ちます。これにより、誰も信頼できないエコシステムでコードを実行できます。このエコシステムでは、実行の結果が保証され、完全に決定論的 (つまりスマートコントラクトの実行) になります。

EVMに実装されたすべての命令について、実行コストを追跡するシステムは、ガス単位で関連するコストをそれぞれの命令に割り当てます。ユーザーが実行を開始したいとき、この割り当てられたガス代を支払う必要があります。