暗号資産(仮想通貨)フロー (Flow/FLOW) の取引所比較!どこで購入するのがおすすめ?

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • エンターテイメント向けのブロックチェーン技術
  • Kraken (クラーケン) やHuobi global (フォビグローバル) で取引可能
  • 技術性の高さから価格上昇する可能性のある暗号資産 (仮想通貨)

最近、新しいブロックチェーン技術として注目を浴びている
フロー(Flow/FLOW) をご存知でしょうか。イーサリアムのブロックチェーンの欠点を補っていて、エンターテイメント業界に貢献できる可能性を秘めた暗号資産 (仮想通貨) であり、今後ますます成長することが期待されています。

本記事では、フロー (Flow/FLOW) の特徴をわかりやすく解説し、どの取引所で取引できるのかを紹介します。価格上昇の可能性がある暗号資産 (仮想通貨) のため購入を検討されている方はぜひ最後まで読んでみてください。

フロー (Flow/FLOW) とは

フロー (Flow/FLOW) とは新しいブロックチェーン技術を示し、ダッパーラボ社 (Dapper Labs) が開発しました。元々ダッパーラボ (Dapper Labs) はブロックチェーン技術を使用していくつかのゲームアプリを開発していましたが、イーサリアムのブロックチェーンを活用していたため問題が生じてしまいました。

イーサリアムのブロックチェーンはトランザクション性能をはじめとするいろんな問題が存在し、エンターテイメント向けとはいえませんでした。そこで、ダッパーラボ社 (Dapper Labs) は消費者向けに特化したブロックチェーンの必要性を認識し、フロー (Flow/FLOW) を開発しました。

フロー (Flow/FLOW) が購入におすすめな取引所

Kraken (クラーケン)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Kraken
(クラーケン)
Kraken Digital Asset Exchange
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
MtGOXの破産処理手続きの支援を表明した歴史と信頼のある取引所
Kraken (クラーケン) は、2011年に設立された老舗の海外暗号資産(仮想通貨)取引です。海外取引所ながら、日本語や日本円に対応しています。また、取引量に応じて取引手数料が安くなるシステムが設けられていたり、スプレッド低いので、余計な出費が少ない点が魅力です。
取引手数料
Maker : 0〜0.16% / Taker : 0.1~0.26%
取引方法
現物 / FX / 両替
暗号資産数
88
最大レバレッジ
5倍
スマートフォン対応
Androidのみ
最低取引単位
0.01BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
8.5
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

Kraken (クラーケン) は2011年にカリフォルニアで設立された老舗の暗号資産 (仮想通貨) 取引所です400万人以上のユーザー数がおり、取引高では世界で12位にランクインするほどの大変人気な暗号資産 (仮想通貨) 取引所です。

日本へは2020年9月から進出しており国内でも取引可能です。またビットコインの神様と呼ばれるロジャー・バーが株主となっていることも有名です。

メリット1 世界3位の取引所

Kraken (クラーケン) は取引所として総合的に高評価されており、2011年にカリフォルニアで設立されてから1度もサイバー攻撃や大きな被害にあうことなく安定して長年運営されています

そのためユーザーからの評価が高く、Coinmarketcapの取引所総合ランキングでは世界第3位に位置しています。日本ではまだサービスを開始したばかりですが、今後はさらにユーザー数が増えることが予想されます。

まだ登録されていない方は、すぐに取引開始できるよう今のうちに登録しておいても良いでしょう。

メリット2 徹底したセキュリティ

Kraken (クラーケン) はそのセキュリティの高さから、暗号資産 (仮想通貨) 取引所のセキュリティランキングでも世界第3位という実績があります。

このセキュリティの高さの秘策は、オフラインで暗号資産 (仮想通貨) を管理するコールドウォレット機能やアカウント利用の際に二段階認証を採用するなど、これら以外にも多くのセキュリティ対策を行っているからです。

メリット3 取引がスムーズ

Kraken (クラーケン) は他の暗号資産 (仮想通貨) 取引所と比較して圧倒的なユーザー数を抱えており、その数はなんと400万人以上にのぼります。そのため取引量もかなり多く、24時間取引高では世界12位にランクインしています。

なので流動性が非常に高く安定した価格で希望通りの取引をすることが可能であり、ユーザーにとって重宝できる取引所として機能しています。

Huobi global (フォビグローバル)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
Huobi Global
(フォビグローバル)
HBUS Holdco, Inc.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
シンガポールに拠点をおく暗号資産(仮想通貨)取引所
Huobi Global (フオビグローバル) は、2013年に設立された、シンガポール発の暗号資産(仮想通貨)取引所です。独自トークンを利用することで取引手数料が半額になるというサービスを受けることができる点が魅力です!また、取引の約定がスムーズです!
取引手数料
0.007
取引方法
現物
暗号資産数
360
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
-
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
8.8
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

Huobi global (フォビグローバル) は世界的に有名なシンガポールの暗号資産 (仮想通貨) 取引所であり、日本では2018年12月17日から運営が開始されています。尚、設立背景として過去に日本の暗号資産 (仮想通貨) 取引所であるBitTrade (ビットトレード) を買収し、大きく拡大している取引所です。

日本版 Huobi Japan (フォビジャパン) は着実にユーザー数を伸ばしていますが、今回はその背景にある Huobi global (フォビ グローバル) のメリットを下記にて解説させていただきます。

メリット1 世界的に有名である

日本では進出してまだ間もないですが、海外では5年間取引所として運営されてきたため、世界的信頼度が高く安心して利用できます。また、知名度が高くユーザー数も多いため、取引に関しても問題なく進めることができます。

また、Huobi global (フォビグローバル) では安い手数料で暗号資産 (仮想通貨) を購入でき、全ての通貨ペアで板取引できるのも特徴的です。

メリット2 フォビトークンが存在する

Huobi global (フォビグローバル) にはフォビトークンと呼ばれるイーサリアム (Ethereum) のブロックチェーン上の分散型暗号資産 (仮想通貨) があります。英語表記では「HT」と表し、正式名称は「Huobi Global Ecology Integral」です。

発行上限枚数は5億枚であり、既に5億枚は発行済みで追加発行はされません。尚、5億枚の割当としては、20%がユーザーへの奨励やプラットフォームの運営費用、20%運営チームへの報酬、残りの60%がHuobi global (フォビグローバル) カードを購入したユーザーに対してのプレゼント配布に使われています。

また、発行されて以来世界中のおよそ30社の取引所で取扱っていて、世界暗号資産 (仮想通貨) 時価総額ランキングでは第18位を占めています。ちなみに日本国内では時価総額7位となっていて、24時間取引高はおよそ120億円以上とされています。

主なメリットとしては2020年6月上旬に日本国内でも購入できるようになったため、今後普及する可能性があることと「焼却プログラム」によって供給量は減少しブランド価値を高める可能性もあります。

フロー (Flow/FLOW) の取引所に関するQ&A

フローとはどういう通貨ですか。

フロー (Flow/FLOW) とは高速で分散化された高度なブロックチェーン技術を活用したもので、ゲームの開発やアプリなどエンターテイメント向けのブロックチェーン技術です。つまり消費者向けのブロックチェーンであり、優れた体験をユーザーにと届けることができる可能性を秘めています

元々、イーサリアム上でゲームの開発を行っていたダッパーラボ社 (Dapper Labs) が開発した技術であり、その背景としてはイーサリアム上でトランザクション処理性能をはじめとする課題に直面したことがきっかけで、コンシューマー向けのブロックチェーンの必要性を認識したことでフロー (Flow/FLOW) が作られました。

現在、ゲームでの開発に使われることの多いフロー (Flow/FLOW) ですがダッパーラボ社 (Dapper Labs) は様々なジャンルへと活用していきたい意向を示しており、今後ますます成長する可能性がある技術です。

フローの取扱がある取引所はどのようなものがありますか?

フロー (Flow/FLOW)を取り扱っている取引所は全部で6箇所あり、以下の通りです。

Kraken (クラーケン)

FLOW/USD FLOW/GBP FLOW/EUR FLOW/ETH FLOW/BTC

Huobi global (フォビグローバル)

FLOW/USDT FLOW/ETH FLOW/BTC

Coinlist Pro (コインリストプロ)

FLOW/USDT FLOW/USD

OKEx (オーケーイーエックス)

FLOW/USDT FLOW/ETH FLOW/BTC

Gate.io (ゲートドットアイ・オー)

FLOW/USDT FLOW/ETH

Hoo (フー)

FLOW/USDT

HitBTC (ヒットビーティーシー)

FLOW/USDT

フロー (Flow/FLOW) の取引所に関するまとめ

フロー (Flow/FLOW) はブロックチェーン技術の高さや、ゲームやエンターテイメント業界に大きな変革をもたらす可能性のある暗号資産 (仮想通貨) です。その技術性の高さに興味を示し、購入される方が今後たくさん現れる可能性もあります。

まだまだ取扱っている取引所が少ないのが難点ですが、フロー (Flow/FLOW) はパートナー企業にBINANCE (バイナンス) やCoinbase (コインベース) といったベンチャー企業を多数抱えています。

そのため今後はそれらの取引所に上場される可能性も高く、価格が上昇する可能性があります。

なので、取引を検討される方は本記事で紹介した暗号資産 (仮想通貨) 取引所に登録し、フロー (Flow/FLOW) を取引できる体制にしておいた方が良いでしょう。