手数料比較 - 海外仮想通貨取引所ランキング【2021年9月版】

金融サービスに関する評価基準と広告開示要件
閉じる
編集:
田中丸 凛太郎 (Rintaro Tanakamaru)
この記事の編集者
田中丸 凛太郎

KasobuのAssociate Editorです。暗号資産、株式、FXなど幅広い経済・金融系分野のリサーチを行っています。 彼は2021年1月にドットメディア株式会社にインターン生として入社し、同社オウンドメディアの制作ディレクション・運用に携わっています。

編集ポリシー

BINANCE (バイナンス)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
#無期限先物取引
Binance
(バイナンス)
Binance Holdings. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
1,000億円を超える純利益を誇る、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!
BINANCE (バイナンス) は、取引高世界1位を誇る中国発の暗号資産(仮想通貨)取引所です。他にも、ユーザー数が800万人以上、取り扱い暗号資産(仮想通貨)数が190種類など、総じて規模の大きな取引所です。セキュリティもしっかりしているため、安心して暗号資産(仮想通貨)取引ができます。
取引手数料
0.015~0.1%
取引方法
現物 / 先物取引 / 信用取引
暗号資産数
385
最大レバレッジ
125倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
9.9
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

手数料の安い海外仮想通貨取引所の一つで、世界的に人気があるのがBINANCEです。

BINANCEの取引手数料は一律0.1%と格安なうえ、さらに独自トークンのバイナンスコイン (BNB) で取引手数料を支払うと、最大0.05%まで手数料が割り引かれます。加えて入金手数料は無料で、出金手数料は通貨の種類によって異なる[1]

BINANCE, 入出金手数料, 2021年6月29日参照

triangleもののどれも安いと評判です。

またスプレッドが極小なのも魅力的です。ほぼ取引手数料の負担のみで仮想通貨の売買ができるので、国内仮想通貨取引所と比べてもコストを抑えて取引できるでしょう。

Bybit (バイビット)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#先物取引
#無期限先物取引
Bybit
(バイビット)
Bybit Fintech. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
クレカ入金可能!レバレッジの効いたFX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!海外ならココ一択!
Bybit (バイビット) は、シンガポールに拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所です。海外取引所でありながら、日本語に完全対応かつクレジットカードでの入金が可能!ハイレバレッジ取引が可能で、最大100倍のレバレッジをかけることができます。
取引手数料
Maker : -0.025% / Taker : 0.075
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
25
最大レバレッジ
100倍
スマートフォン対応
最低取引単位
-
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
6.7
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

Bybitは2018年に誕生したデリバティブ専門の取引所で、デリバティブの取引所の中では取引高ランキング3位[2]

Coinmarketcap, トップ仮想通貨デリバティブ取引所, 2021年6月28日時点

triangleと、現在急速にユーザー数を伸ばしている人気の取引所です。

Bybitの取引手数料はMaker (指値注文) -0.025%、Taker (成行注文) 0.075%と格安なうえ、スプレッドも2021年6月時点で約200円~300円程度[3]

bybit, BTCUSD, 2021年6月28日参照

triangleと高いパフォーマンスを誇っていて、取引コストを抑えたいユーザーから高い支持を受けています。

またBybitには手数料の安さ以外にも評価ポイントが2つあります。

  • 取引ツールの使いやすさ
  • 安全性の高さ

Bybitはブラウザ版、スマホアプリ版ともに初心者でも使いやすいシンプルなUI設計になっているため、直感的に操作することが可能です。またBybitはセキュリティへの投資を積極的に行っていて、取引所全体の投資率の平均が15%前後なのに対し、Bybitは20%以上[4]

triangleとなっています。コールドウォレットによる資産管理、マルチシグ、二段階認証といったセキュリティ対策はもちろん、ハッキングへの対策も入念に行っていて、セキュリティの評判は高いです。

Bitfinex (ビットフィネックス)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
#無期限先物取引
Bitfinex
(ビットフィネックス)
iFinex, Inc.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
BTC (ビットコイン)の取引量1位に輝く暗号資産(仮想通貨)取引所!
Bitfinex (ビットフィネックス) は、香港発の海外暗号資産(仮想通貨)取引所です。高い流動性が特徴で、ビットコインの取引高は世界No.1です。他にも、最大3.3倍のレバレッジ取引や、レンディングサービスも行っています。
取引手数料
Maker : 0〜0.1% / Taker : 0.055%〜0.2%
取引方法
現物 / レバレッジ取引
暗号資産数
154
最大レバレッジ
3.3倍
スマートフォン対応
最低取引単位
-
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
8.1
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

Bitfinexは2012年に香港で設立された仮想通貨取引所で、Coingeckoの取引所トラストスコアランキングでは5位[5]

triangleに位置しています。Bitfinexの取引手数料はMaker (指値注文) 0.1%、Taker (成行注文) 0.2%で、スプレッドは約100円~300円[6]となっています。

Bitfinexの特徴は以下2つです。

  • 取扱通貨が豊富
  • チャートや取引画面が見やすい

Bitfinexは139種類の通貨を取り扱っていて、ビットコイン (BTC) が下げ相場のときは他の通貨に分散投資したり、大きなリターンを狙って将来性の見込める草コインに投資したりと、自由度の高い取引が可能です。BitfinexではTradingViewが採用されていて、多様な機能を直感的に操作できます。専用のスマホアプリが用意されているのも評価ポイントです。

仮想通貨取引所で手数料が発生する理由

仮想通貨交換業者には「取引所」と「販売所」の2種類がありますが、これら仮想通貨交換業者を通して取引を行うと手数料が発生します。

取引所は、注文板と呼ばれるユーザー同士が取引を行う場所を提供する対価として手数料を受け取っています。

一方販売所は、業者側が設定した価格でユーザーと業者が直接取引し、その対価として手数料を受け取ります。いつでもかんたんに仮想通貨が手に入る一方、取引所に比べ手数料が割高になる傾向があります。

手数料が発生するタイミング

仮想通貨取引所で手数料の支払いが発生するタイミングは、ある程度決まっています。仮想通貨取引にかかる主な手数料は以下の5つです。

  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • マイニング手数料
  • 取引手数料
  • スプレッド

入金手数料は、取引所の口座に自己資金を入金したタイミングで発生します。海外仮想通貨取引所では、入金手数料は無料である傾向にあります。

一方、出金手数料は取引所の口座から資金を引き出すときに発生します。出金する通貨の種類や金額によって、手数料が変わることがあるので、出金時によく確認しておきましょう。

マイニング手数料とは、ビットコインの出金時、新しいブロックを生成するときにかかる手数料です。マイニング手数料は出金時のブロックチェーンの負荷によって変動するので、出金手数料と共に確認しておくのが重要です。

取引手数料は、仮想通貨の売買に対して設けられることのある手数料で、MakerとTakerで手数料が異なる場合が多く、基本的にMakerの手数料の方が安い傾向にあります。

また見えない手数料として、購入価格と販売価格の差額であるスプレッドも取引時のコストとして覚えておく必要があります。スプレッドは、通貨の価格変動や流動性の変化で広がりやすい傾向にあり、広がっているタイミングで取引を行うと思わぬ損をしてしまうことがあります。通貨の価格が高騰している時を避けたり、流動性の高い取引所で取引を行うなど、スプレッドを意識した取引を行うと良いでしょう。

手数料とスプレッド

一般的に、各種手数料においては国内よりも海外取引所の方が安価である傾向にありますが、実際にはどうなのか、両者の主要取引所の具体的な数字をもとに比較してみました。

国内大手取引所の取引手数料は以下の通りです。

一方、海外取引所の取引手数料は以下の通りです。

単純に取引手数料のみを比較すると国内の取引所の方が安く感じますが、取引コストを計算するときには、取引手数料だけでなく購入価格と売却価格の差からなるスプレッドも合わせて計算しなければいけません。

国内と海外の取引所のスプレッドを比較してみましょう。こちらは執筆時の各取引所の公式板情報にて確認したデータを使用しています。

国内取引所のビットコイン (BTC) のスプレッドです。

  • bitFlyer:約1500円[13]
  • Coincheck:約1300円[14]
  • DMM Bitcoin:約31900円 (販売所) [15]

海外取引所のビットコイン (BTC) のスプレッドはどうでしょうか。

  • BINANCE:約100円〜200円[16]
  • Bybit:約200円〜300円[17]
  • Bitfinex:約200円〜300円[18]

これらの比較だと海外取引所のスプレッドは国内取引所に比べ非常に狭いことがわかります。取引所を選ぶ際には、取引手数料だけでなくスプレッドも合わせて考えると、コストをなるべく抑えて取引ができるでしょう。

手数料で選ぶポイント

なるべくコストのかからない取引所を選びたいという方は多いでしょう。しかし、手数料が安価だからという理由だけで取引所を選ぶのも不安が残ります。そこで投資スタイル別で選ぶポイントを紹介します。

例えば短期トレードをする方は、スプレッドが狭く取引手数料が安い取引所を選ぶと良いでしょう。スプレッドや取引手数料は回数を重ねるたびに発生するためです。頻繁に取引をしない長期トレードのような場合は販売所を利用するなど、取引所と販売所の使い分けを行うと良いでしょう。

資産に余裕があって大きな資金を使って取引する方は、取引実績に応じて手数料が割引になる取引所を選ぶといった工夫も考えられます。このように自分の取引スタイルに関わる手数料を見極めると、取引所を選ぶときの1つの判断材料となります。

海外仮想通貨取引所の手数料まとめ

仮想通貨取引を行う際には、入金手数料、出金手数料、マイニング手数料、取引手数料、スプレッドなど、さまざまな手数料が発生します。

各種手数料は取引所によって異なったり、通貨の価格変動や流動性にも影響されるため、手数料の仕組みや自分の取引スタイルがどの手数料とよく関連しているかを理解した上で、取引所を選ぶとよいでしょう。

情報ソース・引用元一覧

1

BINANCE, 入出金手数料, 2021年6月29日参照

2

Coinmarketcap, トップ仮想通貨デリバティブ取引所, 2021年6月28日時点

3

bybit, BTCUSD, 2021年6月28日参照

6

Bitfinex, BTC/USD, 2021年6月28日時点

7

bitFlyer, 手数料一覧・税, 2021年6月28日参照

8

Coincheck, 販売所手数料, 2021年6月28日参照

9
10

BINANCE, 手数料レート, 2021年6月28日参照

11

bybit, 取引手数料の計算, 2021年6月28日参照

12

Bitfinex, Fees schedule, 2021年6月28日参照

13

bitFlyer, 取引所, 2021年6月28日時点

14

Coincheck, BTC買い板/売り板, 2021年6月28日時点

15

DMM Bitcoin, 販売所, 2021年6月28日時点

16

BINANCE, BTC/USDT, 2021年6月28日時点

17

bybit, BTCUSD, 2021年6月28日時点

18

Bitfinex, BTC/USD, 2021年6月28日時点

メディアメソドロジー
主な「暗号資産取引所」の評価・レビュー基準
  • ユーザー体験
  • 取引の質やボリューム
  • セキュリティや運営会社の信頼性
  • サービスを利用する上での利便性
  • 日本語対応やカスタマーサービスの充実度 ..etc

関連記事