ビットコイン (BTC) のマイニング方法・やり方

編集:
松本 頌平 (Shohei Matsumoto)
この記事の編集者
松本 頌平

暗号資産 (仮想通貨) を専門に扱うライター兼編集者であり、執筆作品はKasobuにて紹介されています。

編集ポリシー

ビットコイン (BTC) のマイニングとは

マイニングは、日本語に訳すと「採掘」を意味します。ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる取引台帳に、誕生してから現在までの全取引が記録されています。マイニングとは売買取引などすべてのトランザクションのデータを記録する作業のことです。

マイニングでは、採掘者であるマイナーが取引記録を承認してチェーン状につないでいきます。取引の承認には特定の数字が必要であり、その数字はハッシュ関数という関数にランダムな数字「nance値」を入れて求める必要があります。この計算量が非常に膨大であるために、特定の数字を見つけた人には、報酬としてビットコインが与えられる仕組みになっています。

ちなみに、複数の人がこの計算に成功しても、最初に計算に成功した人が報酬を受取るシステムであるため、1件の取引に対して1人しか報酬は受取れません。

ビットコイン (BTC) マイニングの種類

ビットコインのマイニングの種類は、以下の全3種類です。

  • ソロマイニング
  • プールマイニング
  • クラウドマイニング

各マイニングの特徴について解説していきます。

ソロマイニング

ソロマイニングとはマイナーが自分のコンピューターから一人で参加する方式です。機材の用意やマイニングのソフトの設定を全て一人で行う必要があるため、コンピューターに関する知識が豊富な人や、趣味の延長で参加している人が多く見られます。

ソロマイニングの最大のメリットは、マイニングに成功したときの報酬を全額一人で獲得できるため、報酬が全3種類のマイニングの中でももっとも高額な点です。

デメリットとしては、自分が成功できなければ報酬はゼロという点でしょう。またマイニングに必要な機材や、かかる電力代などすべて自己負担しなくてはならないので、コストがかかります。

プールマイニング

プールマイニングとは複数のマイナーが協力し合ってマイニングに参加する方式です。参加者はソロマイニング同様に、コンピューターに関する専門知識が必要とされます。マイニングに成功した場合には、管理者が代表して報酬を受け取り、協力者の仕事量に応じて分けられます。

プールマイニングのメリットは、一人でマイニングするよりも計算量が多くなるため、報酬を獲得しやすい点です。デメリットはソロマイニングよりも報酬額が低くなってしまう点です。

クラウドマイニング

クラウドマイニングとはマイニングをする企業にお金を支払ってマイニングをする方式です。

メリットはソロマイニングやプールマイニングのように、自らマイニングを行うわけではないため、コンピュータの専門知識が必要ない点です。もちろん機材の準備も必要ありません。

デメリットは自分の代わりにマイニングをしてくれる企業側に手数料を支払う点です。依頼する企業によって、初期費用や手数料が異なります。

また依頼していたマイナー企業が倒産したり、資金を持ち逃げされてしまったりなどのトラブルも発生する可能性があるので、契約前に内容をよく検討しなくてはなりません。

ビットコイン (BTC) のマイニングに必要な知識

マイニングはコンピューターに関する専門的な知識が必要です。主に必要な知識として以下の3つが挙げられます。

ハッシュレート
ディフィカルティ
マイニングソフトや機器のセットアップに関する知識

ハッシュレートとはマイニングの採掘速度を表す数値で、単位は hash / sで表されます。

ディフィカルティはマイニング計算の難易度のことです。ビットコインではナンス値を求める計算に約10分かかるように設定されています。しかしハッシュレートが高まり、計算能力がアップしてナンス値が早く見つかるのを防止するために、約2週間に1回のペースで自動敵にディフィカルティは調整されます。

マイニングソフトや機器のセットアップに関する知識とは、マシンの冷却効率やソフトウェアを使ったマシンの動作スピードなどです。また大量のデータを計算するため、消費電力を調整するための知識も必要となります。

マイニングを始める前に、出金用のウォレットを用意する

マイニングで成功したら、報酬のビットコインをウォレットで受取ります。すでに取引所を利用している人は、取引所のウォレットも使用可能です。

ただし取引所はハッキングされる恐れがあるので注意しなくてはなりません。過去にも取引所がハッキング被害を受けて、大量の仮想通貨がトレーダーのウォレットから流出したケースもあります。

インターネットに接続するホットウォレットは、常にハッキングのリスクがあるので、個人で管理できるコールドウォレットを用意しておくと安心です。

ビットコイン (BTC) のソロマイニングのやり方

一人で気軽に参加できるソロマイニングのやり方について紹介します。

マイニング用の機材を用意する

マイニング用の主な機材はASIC・GPU・FPGAの3種類です。

特定の処理を行うためのプログラムを書き込んだICチップがASICです。ビットコインのマイニングではハッシュ関数に数値を代入して、最初に計算を解かないと報酬は受取れません。ASICはマイニングできる通貨量が多く、計算が非常にスピーディーなので、ビットコインのマイニングに最適です。

GPUは本来、画像処理時用のICチップです。ゲーミング用パソコンなどにもよく搭載されており、もう使わないゲーミングPCをマイニング専用機にする方もいます。初期費用を掛けたくない人に向いています。

FPGAはユーザーが、製造後に構成を再設計できる回路のことです。ビットコインのマイナーは、多くの場合ASICかGPUを使っています。しかしFPGAはGPUよりもエネルギー効率が良く、電気代当たりの報酬が多額になるため、コンピュータやマシンの専門知識がある人に最適です。

マイニングソフトをインストールする

マイニングは、サイトでユーザー登録をして、マイニングソフトをインストールし、マイニングを開始するだけです。

マイニングソフトは普段使っているパソコンに対応したものや、ゲーミング用パソコンなどGPUを搭載したものでないと使えないものなど種類が豊富です。

はじめてマイニングに参加する人や、普段使っているパソコンがGPUを搭載していないタイプの場合には、インストールしたらすぐに無料でマイニングが開始できる「Honey mine」がおすすめです。

マイニングソフトのインストール方法は、ソフトのサイトからユーザー登録後、自分のパソコンへソフトをインストールします。

あとはソフトを起動してマイニングが開始するように設定すれば自動ではじまります。

ビットコイン (BTC) の プールマイニングのやり方

マイナー同士で協力し合ってマイニングするプールマイニングのやり方について解説します。

マイニング用の機材を用意する

「ビットコイン (BTC) のソロマイニングのやり方」の項目ですでに紹介したように、マイニング用機材には、主にASIC・GPU・FPGAの3種類があります。プールマイニングでもソロマイニングと同様の基準で選びましょう。

自分が持っているパソコンでマイニングに参加する場合には、GPUが搭載されているかもあわせて確認しておいてください。

マイニングプールを選ぶ

マイニングプールを選ぶときには、「ハッシュレート」が重要なポイントです。マイニングではより多くのハッシュを作成するほどに報酬としてコインを獲得できる確率が上がります。

そのためマイニングプール全体のハッシュレートが大きいほどにマイニングできるコインが増えるのです。

マイニングプールに参加し、マイニングを開始する

参加するマイニングプールを決めたら、サイトからプールに接続するためのURLを自分のマイニング用機材の管理画面へ入力しましょう。設定を保存したあと、機材を再起動させると自動でマイニングプールへ接続してマイニングが開始します。

ビットコイン (BTC) のクラウドマイニングのやり方

ビットコインのクラウドマイニングのやり方について解説します。

マイニング業者を選ぶ

クラウドマイニングのマイニング業者のなかには、投資家から資金を集めるだけで、配当を一切しない詐欺業者がいるので注意が必要です。また配当として受取ったとしても、それが収益から支払われているのか、または投資家の資金を分配しているのかなど、配当金の詳細が不透明なことも多いです。

必ず事前にマイニング業者の下調べを十分にしたうえで、安全と確信が持てる業者に投資するようにしましょう。

採掘プランを選択し、決済して待つだけ

クラウドマイニングの一つ、Genesis Miningを例に説明していきましょう。まずサイト内で、ハッシュパワーと呼ばれる任意の投資金額を選択するだけで、プランが選択できます。

あとは自動的にマイニングがスタートするので、利益が出るのを待つだけです。このようにクラウドマイニングは、必要な機材を用意する必要もなく、誰もが気軽にマイニングに参加できます。

ビットコイン (BTC) マイニングのやり方まとめ

ビットコインではマイニングに参加して成功すると、報酬としてビットコインが獲得できます。マイニングにはソロマイニング・プールマイニング・クラウドマイニングの3種類あり、それぞれ特徴が異なるので、自分に合った方法で参加しましょう。

ただしクラウドマイニングの場合には、詐欺業者も多いです。くれぐれも下調べをしてから契約をしてください。