Huobi global (フォビグローバル) 評判・口コミ・レビュー評価

金融サービスに関する評価基準と広告開示要件
閉じる
編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
Huobi Global
(フォビグローバル)
HBUS Holdco, Inc.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
シンガポールに拠点をおく暗号資産(仮想通貨)取引所
Huobi Global (フオビグローバル) は、2013年に設立された、シンガポール発の暗号資産(仮想通貨)取引所です。独自トークンを利用することで取引手数料が半額になるというサービスを受けることができる点が魅力です!また、取引の約定がスムーズです!
取引手数料
0.007
取引方法
現物
暗号資産数
357
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
-
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
8.8
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る
先に比較してみたい方はこちら

海外おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング (300以上の取引所から厳選してご紹介)

Huobi Global (フオビグローバル) とは?

Hyobi Globalは、中国の仮想通貨交換業者である「Huobi.Pro」が世界的に展開する取引所です。「Huobi Token」という独自のトークンを発行しており、取引に使うと手数料が安くなるなどのメリットがあります。

日本では「Huobi Japan」が登場しており、ビットコインやイーサリアムなど6種類の仮想通貨を取引できます。ハイレベルなセキュリティにも定評があり、多くの投資者が安心して使えるしくみでしょう。

現在Global版は日本在住者が利用できません。しかし海外からなら取引可能なので、国外に居住する日本人などは引き続き使えます。Twitterも英語ながら積極的に情報を発信しており、信頼性は高いといえるでしょう。

Huobi Global (フオビグローバル) の特徴

Huobi Globalではビットコインだけでなく、イーサリアムやイオスなどアルトコインのレバレッジ取引もできます。アルトコインに魅力を感じていて一攫千金を狙いたい方にはおすすめでしょう。

国内の仮想通貨取引所では、ビットコインしかレバレッジ取引できないところが多く、アルトコインはどうしても現物取引でしか手に入れられません。仮想通貨のプロトレーダーなどは不満を感じることもあるでしょう。

海外ではHoubi Globalのようにアルトコインのレバレッジ取引の体制を強化しているところが多いので、イーサリアムやリップルなどで大きな利益をもらいたい方なら注目です。

Huobi Global (フオビグローバル) でのレバレッジ取引

Houbi Globalでは、テザー建てでレバレッジ取引ができます。**テザーはUSドルと価値が連動することで、世界的な注目を受けている仮想通貨で、日本でもCryptoGTなどで手に入れられます**。

ビットコインやイーサリアム建てなどでもレバレッジ取引ができるプランも用意していたようですが、Huobi Globalでは2019年5月現在、準備中のままのようです。現在は日本在住者がGlobal版を利用できないので、多くの日本人がHuobi Globalではレバレッジ取引ができません。

最大レバレッジ倍率は3倍と抑えめです。海外の取引所では最大倍数が3ケタであるところも多いだけに、控えめにも感じられます。しかしレバレッジ倍数が少ないことで、余分なリスクをおそれずにチャレンジできる面もあるので、投資経験が浅い方でも取り組めるでしょう。

レバレッジ取引とは?

**レバレッジ取引とは専用口座にお金を証拠金として預け、決まった倍数分の予算で売買できる形式です**。大きな利益をもらえるチャンスもありながら損失**リスク**も高まるので、チャレンジには冷静な判断を要します。

大きな利益が期待できることばかり見るのではなく、リスクも考えながら、適切に資金を管理しつつ進めることが大切です。

Huobi Global (フオビグローバル) のレバレッジ口座の取引方法

Huobi Globalの取引画面の「MARGIN」に向かいましょう。支払通貨の項目がテザーになっているのを確かめてから、買いたい通貨を選んでください。

レバレッジで増えた分は取引所からの借金なので、注文前には資本金でテザーを借りることになります。借りたぶんは一旦口座に入ることになるので、「Margin Account」で資本金を目当ての取引ペアに動かしましょう。

注文形式は指値注文を意味する「Limit Order」、成行注文を意味する「Market Order」があるので、ここまで決まったら買いか売りの注文ボタンを押しましょう。

レバレッジ管理である「Lorn Position」より「Repay」を押せば、借りた通貨を返せます。持ち続けている限りテザーで0.1%、それ以外は0.02%の利息がかかるので注意しましょう

Huobi Global (フオビグローバル) の最新ニュース

Huobi Globalは話題性の高い取引所で、グローバル展開も目立つことから、一挙手一投足に注目する投資者が多いようです。最近もさまざまなニュースを仮想通貨界隈で提供しているので、3つの代表例をまとめました。

米国在住者のアカウントを閉鎖

**Huobi Globalは2019年11月5日に、13日からアメリカの全ユーザーのアカウントを閉鎖し、サービスを順次打ち切ることを発表しました**。注文や送金などができなくなり、口座からの出金も翌年1月31日までに引き出すよう呼びかけています。

これによりHuobi Globalは、アメリカ在住者向けのサービスを打ち切る意思を明確に打ち出しました。Huobiがアメリカ市場が撤退するのではと不安に感じた投資者もいるでしょう。

2019年2月からグループはアメリカ支部の「Huobi US」を展開していましたが、同年12月に規制などの問題からサービス中止にいたっていました。しかし監視ツール導入などのセキュリティ強化を経て、アメリカ版は4月に再開を予定しています。

以上からHuobiグループは、決してアメリカから撤退を図るわけではないことがうかがえます。

Huobi Global通用ポイント「HT(Huobi Token)」リリース

2018年1月24日にHuobi Globalは、**Huobi Token**のリリースを発表しました。「Huobi Global通用ポイント」という別名もあり、2月1日にはテザー、ビットコイン、イーサリアムがHuobi Token建てで売買できるようになりました。

Huobiが発行した独自トークンを取引に使えば、手数料が最大半額になるなどの特典を受けられます。BinanceからのBNBトークンなど、海外の人気取引所がオリジナルトークンを発行する動きが目立っており、取引所の人気と相まってトークンが注目を受けるケースもあります。

Huobi Tokenの場合は四半期ごとにHuobi側が買い戻すのが特徴です。時間が経つほど価値が下がっていくというトークンの性質に取引所側が配慮しているためで、買い戻し制度により価値が安定化することを狙っています。

独自のDeFiブロックチェーンテストネットを開始

2020年3月3日、Huobiは独自の**DeFiブロックチェーンテストネット**を公開しました。人気グループの新しいサービスに期待する方も多いのではないでしょうか。

DeFiとは「分散型金融」で、ブロックチェーンがある仮想通貨と同じく管理を一手に引き受けるグループが存在しません。関係するユーザー全員の合意により、金融サービスの運営が進みます

金融サービスでは仮想通貨の貸し借りなどで多くの利用者が予想されます。取引などのデータを意味するトランザクションを大量に処理するため、DeFi専用のハイクオリティなチェーンを設計しているのも今回のテストネットの特徴です。

ビットコインやイーサリアムなど複数の仮想通貨に対応しており、HuobiトークンもDeFiにおけるネイティブトークンとして使える見通しです。ローンチ後に追加する銘柄もあるそうで、今後の動きに注目しましょう。

Huobi Global (フオビグローバル) まとめ

Huobi Globalは現在、日本在住者が利用できない状態ですが、クオリティの高さから世界的に人気です。**ハイレベルなセキュリティに限らず、アルトコインのレバレッジ取引や独自トークン発行など、多くの仮想通貨投資者の注目を集めています**。

日本では「Huobi Japan」が利用できるなど、グループは目覚ましいグローバル化を迎えています。今後のさらなる発展に期待しましょう。

Important

Huobi Global (フオビグローバル) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。どの取引所を選べば良いか迷っている方はぜひ「国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング」をご覧ください。

メディアメソドロジー
主な「暗号資産取引所」の評価・レビュー基準
  • ユーザー体験
  • 取引の質やボリューム
  • セキュリティや運営会社の信頼性
  • サービスを利用する上での利便性
  • 日本語対応やカスタマーサービスの充実度 ..etc

関連記事