インターオペラビリティとは

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)

インターオペラビリティとは、日本語で「相互運用性」と呼ばれる概念で、さまざまな異なる情報システムやデバイス、アプリケーション間でリソースを無制限に共有できるようにするプロパティのことです。かんたんに説明すると、2つ以上のコンポーネントまたはシステムで共通の規格を用いることで、情報をシームレスに交換し利用できるようにする機能を指します。主にIT分野で用いられることが多い用語ですが、医療や組織の分野において情報の交換や連携について議論する際に用いられることもあります。

ブロックチェーンにおけるインターオペラビリティとは、情報の円滑な共有を可能にするために、さまざまなブロックチェーンがすべて相互に通信するという概念です。具体的な技術としては、クロスチェーンと呼ばれます。たとえば現時点では、ビットコインとイーサリアムのブロックチェーン間で情報を共有することは不可能です。クロスチェーン技術はそのような問題を解決して、異なるブロックチェーン間でも送金やコントラクトのやり取りを可能にします。

ブロックチェーンにおけるインターオペラビリティは、集中型システムと同義の仲介者などを排除するのに役立ち、完全に分散化されたシステムを実現できるというメリットがあります。