KuCoin (クーコイン) の取り扱い通貨一覧 | おすすめ銘柄まとめ

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • KuCoinでは200種類近くの銘柄を取り扱っている
  • KCSやNEO (ネオ) 、Qlick (QLC) などがおすすめの銘柄
  • KuCoinではユーザーの投票で上場銘柄が決まる

KuCoinは多数の銘柄を取り扱っている海外取引所です。また取引所で、独自にトークンも発行しています。

本記事では、KuCoinの銘柄一覧及びおすすめの仮想通貨や、それぞれの概要や特徴を紹介します

先に口コミ評価をチェックする方はこちら

Kucoinは以前は日本語対応があり、日本人に人気の取引所でしたが、2018年6月28日に日本人ユーザーへのサービス終了を発表しています。2020年7月時点、日本人は利用できません。

KuCoin (クーコイン) の取扱銘柄一覧

(時価総額は2019年2月6日現在)

KuCoinの主な取引銘柄一覧

通貨名

通貨単位

時価総額順位

Bitcoin

BTC

1

Ethereum

ETH

3

EOS

EOS

4

Bitcoin Cash

BCH

6

Litecoin

LTC

7

TRON

TRX

8

Stellar

XLM

9

Bitcoin SV

BSV

11

Dash

DASH

15

NEO

NEO

16

Ethereum Classic

ETC

17

Maker

MKR

20

VeChain

VET

26

Ontology

ONT

27

Qtum

QTUM

30

OmiseGO

OMG

32

Decred

DCR

33

0x

ZRX

36

Bitcoin Diamond

BCD

42

DigiByte

DGB

45

Bytom

BTM

53

IOST

IOST

55

Revain

R

56

Populous

PPT

58

Status

SNT

59

Electroneum

ETN

60

Aurora

AOA

64

HyperCash

HC

74

Waltonchain

WTC

76

Deceentraland

MANA

79

KuCoin Shares

KCS

87

Power Ledger

POWR

91

Aion

AION

93

WAX

WAX

94

Dent

DENT

95

上記の表は、KuCoinの主な取扱い銘柄一覧表です。2020年7月時点では200種類近くの銘柄を取り扱っています。

またKuCoinではビットコインやイーサリアムだけでなく、独自トークンのKCS、テザーやTUSDなどのステーブルコインも、基軸通貨として利用することができます。

KuCoin (クーコイン) のおすすめ銘柄

KuCoinでは多数の銘柄を取り扱っているため、さまざまな仮想通貨で取引したいという方には合っているといえます。しかし、銘柄が多すぎてどの仮想通貨で取引をすればいいかわからないという方もいるでしょう。

ここでは、そういった方に向けてKuCoinで購入できるおすすめの銘柄を紹介していきます。

KuCoin Shares (クーコインシェアズ/KCS)

KCSはKuCoinが独自に発行している取引所トークンです。保有量によって、KuCoinが取引手数料で得た利益の50%を配当として分配される仕組みとなっています。

また取引手数料の割引を受けることもでき、1,000KCSごとに1%の割引が受けられ、最大で30%までの割引が可能です。

NEO (ネオ)

NEOはDApps開発のプラットフォームです。同じDAppsプラットフォームであるイーサリアムと比較されることが多く、「中国版イーサリアム」と評されています。2019年2月時点で、数多くのDAppsがNEOを使い開発されており、KuCoinでは基軸通貨としても採用されています。

NEOのホワイトペーパーには、クロスチェーンを実装予定であることが記述されています。将来的にはイーサリアムなど他のDAppsプラットフォームと、連動して使えるようになるでしょう。また、2019年以降は取引の処理能力をさらに上げていく予定となっています。

QlinkはWiFiの共有など、分散型モバイルネットワークを低コストで構築することを目的としたプロジェクトです。知名度はまだそこまで高くないですが、将来的に価格上昇が期待できます。

短期での投資というよりは、中長期での投資に向いている仮想通貨と言えます。

KuCoin (クーコイン) に上場する銘柄は投票で選ばれる

KuCoinではユーザーからの投票によって、上場する銘柄が決まります。自分がICOに参加した銘柄などがあれば、ユーザーは投票して上場を後押しすることができます。

KuCoin (クーコイン) の取扱銘柄 まとめ

ここまでKuCoinの銘柄について解説しました。KuCoinで取引する際には、手数料の割引などが受けられるKCSトークンなどを活用することで、費用を抑えて取引することができます。

また他では買えない草コインや珍しい仮想通貨を買いたいという方も、KuCoinを使ってみると良いでしょう。

Important

KuCoin (クーコイン) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。どの取引所を選べば良いか迷っている方はぜひ「国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング」をご覧ください。

関連記事