マイニングプールの仕組み・参加方法まとめ | 国内外でおすすめなプールもご紹介

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • ハッシュパワーがマイニングを左右する
  • マイニングプールに参加するメリットとは
  • おすすめマイニングプールの紹介

仮想通貨を手に入れるには大きく分けて、仮想通貨取引所や販売所で購入する、誰かからもらう、マイニングを行うの3つの方法があります。

今回は3番目のマイニングの一種であるプールマイニングについて説明します。

マイニングとは

日本円や米ドルといった法定通貨は、国によって発行され国によって管理されます。また、法定通貨を金融機関に預ければ、金融機関の顧客を管理するための台帳(ホストコンピュータ)に、取引が記録されます。

しかし、仮想通貨の場合はそういった根本的な部分が異なります。仮想通貨によって仕組みが異なるので、ここではビットコインを例に挙げます。

ビットコインには、国や金融機関に該当するものがありません。その代わりに、ブロックチェーンと呼ばれる台帳のようなものに全ての取り引きが記録され、ネットワーク上に保存されます。

ブロックチェーンの内容が正しいか、改ざんされてないか確認し、承認する行為をマイニング(採掘)と言います。マイニングには、膨大な計算が求められます。マイニングを行う人をマイナー(採掘者)と呼び、マイニングによる報酬を得ることができます。

マイニングプールの特徴

マイニングプールとは

マイナーは、マイニングを行うことで報酬を得ることができます。しかし、報酬を得ることができるのは、もっとも早く計算を行ったマイナーのみです。計算を早く行うための力を「ハッシュパワー」と呼びます。現実としてマイニングで報酬を得られるのは、ハッシュパワーの高い上位層のマイナーのみです。

現在は、中国で大規模なマイニングが行われています。高いハッシュパワーを実現するために、高性能の「エーシック(ASIC)」という専用マシンを数百台規模で揃え、安い電気料を背景にフル稼働させています。また、近年では規制が強まる中国に代わり、マシンの冷却に適している北欧への進出も行われています。

一人でマイニングを行うことを「ソロマイニング」と言いますが、ソロマイニングで報酬を得ることは困難です。そこで、グループでマイニングを行う「マイニングプール」が注目を集めています。

ビットコインの場合、マイニングが成功した時に得られる報酬は12.5BTCです。「1BTC=100万円」で換算すると、1250万円です。しかし、最も早く計算を行うことは、ソロマイニングの場合は、まず無理です。マイニングプールで個人が持つハッシュパワーを集結させると、マイニングに成功する確率が上がります。報酬を一人で独占することはできませんが、安定した収入が得られるようになります。

マイニングプールの仕組み

基本的にマイニングプールは、プールに参加している人の調整役として機能します。機能はプールに参加している人のハッシュを管理し、利用可能な処理能力のプールされた努力を通して報酬を求めます。

そしてプールに参加している人それぞれの仕事を記録し、適切な検証の後に、仕事量に比例して各プール参加者に報酬の共有を割り当てます。

またプールは、プールメンバーによって手数料を変えるかもしれません。

各プール参加者への仕事は、2つの方法によって割り当てることができます。従来の方法では、ブロックチェーンマイナーが計算している特定の範囲のナンスで構成される作業単位をメンバーに割り当てます。そしてプール参加者が割り当てられた範囲の作業単位を完了すると、新しい作業単位の割り当てを要求します。

2つ目のマイニング方法では、プールから割り当てられることなく、プール参加者は自分が好きな分だけ仕事を選ぶことができます。この方法では、参加者たちが同じ範囲の作業をすることを防ぐために、マイナー達が同じ土地を探索することがないようにしています。

さらに、アウトプットを強化するためにプールのプールも存在出来ます。

マイニングプールのシェア (ビットコイン)

ビットコインハッシュレートの分布の上位5社(2021年2月26日)

  • F2Pool(中国) 16%
  • Poolin(中国) 14%
  • Binance Pool(中国) 11%
  • AntPool(中国) 9%
  • Huobi.pool(中国) 8%

これまで、安い電力料や広大な土地を背景に、中国がマイニングの中心となってきました。しかし、中国当局の規制が進み、今後は大きく勢力図が変わる可能性があります。フル稼働させるマシンの冷却に適した北欧を拠点とするマイナーグループが、徐々に増えています。

ちなみに日本は、大規模なマイニングに適しているとは言えません。電力料が高く、工場の様に多くの専用マシンを設置するには土地の確保も難しいという問題があります。また、夏は暑い上に湿度が高く、空調にも費用がかかり過ぎます。

マイニングプールの選び方

マイニングプールを選ぶ上で最も重要なのが、マイニングプール全体のハッシュパワーの大きさです。前述の通り、マイニングによる報酬は、ハッシュパワーが大きく影響します。ハッシュパワーが小さいマイニングプールに参加しても、そのマイニングプール自体が得られる報酬は少なく、割り当てられる報酬も少なくなります。

また、マイニングプールによって対応している通貨が異なります。時価総額が最も大きいビットコインは、世界中に多くのライバルがいます。マイニングに成功した時の報酬は大きいですが、ライバルが多い分その確率は小さくなります。

ライバルが少ない通貨のマイニングに対応しているマイニングプールを選ぶことで、報酬を得やすくなります。日本では、国産のビットゼニーが人気です。海外にはライバルがほとんどおらず、言葉の壁がないのも人気の要因です。

ただし、どのマイニングプールに参加しても、報酬として得られるのは自分が持つハッシュパワーに応じた割合になります。思ったほど報酬が得られない場合、マイニングプールよりも、自分のハッシュパワーが不足している可能性の方が高いと言えます。

おすすめのマイニングプール (海外)

Binance Pool (バイナンスプール)

世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが提供しているマイニングプールです。バイナンスを普段から利用している人は簡単に利用出来ますし、利用したことがない人でもバイナンスが提供しているサービスなので信用出来るでしょう。特にビットコインをマイニングするのにオススメです。

ユ一ザーは一般的なマイニングからスマートプールマイニングにワンクリックで切り替えることができ、マイニング層のURLやユーザーIDを変更する必要がなく、簡単に始められるので誰にでもオススメ出来るマイニングプールです。

AntPool (アントプール)

ビットコインでも大きなシェアを持つ、世界的なマイニングプールです。ビットコインをはじめ、イーサリアムやライトコイン、ダッシュなど有名なコインのマイニングを行っています。

実績があり、サーバーの安定性も定評がありますが、専用マシンのエーシック(ASIC)の購入や設定が必要になるなど、ある程度の設備投資と専門知識が必要になります。

Nanopool (ナノプール)

イーサリアムやイーサリアムクラシック、シアコインやモネロ、ジーキャッシュなどのマイニングができます。

このマイニングプールはイーサリアムで大きなシェアがありますが、ジーキャッシュのマイニングに向いているとの評判が多くあります。マイニングのための設備投資としてGPU(グラフィックボード)を購入する必要がありますが、他の方法と比べて比較的安価で済みます。

おすすめのマイニングプール (日本国内)

vippool (ビッププール)

モナコインとジャガリコインRのマイニングができます。日本国内のマイニングプールなので、言葉に悩まされることがありません。

設備投資せずに、無料で始めることができます。ただし、マイニングで報酬を得るには、GPUを増設するなどある程度の設備投資が必要になると思われます。

Bluepool (ブループール)

ビットゼニーやエンテンなど、国産の仮想通貨を対象としたマイニングプールです。

小さなマイニングプールですが、その分小回りが利いて利用しやすいのが特徴です。

※注意
Bluepoolは、現在封鎖しています。

マイニングプールに投資するという方法はおすすめなのか?

マイニングプールに参加しても、報酬はそれぞれのハッシュパワーによるため、ある程度のハッシュパワーがなければ報酬は得られません。より多くの報酬を得ようとすると、より多くの設備投資が必要になります。また、マシンの設定などでは専門知識が必要になる場合もあります。

仮想通貨で報酬を得るのに、マイニングプールとよく似た「クラウドマイニング」という方法もあります。マイニングプールが自分で設備をそろえる必要があるのに対し、クラウドマイニングは出資するだけで、設備に関する考慮は必要ありません。いわば従来のクラウドファンディングへの出資と同じような感覚です。

これまで説明したのは「マイニングプールに参加」するという方法でしたが、これに対しクラウドマイニングは「マイニングプールへの投資」ということができます。仮想通貨のマイニングに興味はあるけど、自分ではできないという人におすすめの方法です。

マイニングプールのまとめ

仮想通貨には、いろいろな関わり方ができます。仮想通貨の根幹を成すブロックチェーンの生成に、参加することもできます。

マイニングに個人で参加することは可能ですが、報酬を得ることは難しくなります。手軽に参加できるものから大がかりな設備投資が必要なものまで、様々なマイニングプールがあります。マイニングに参加することで、より一層仮想通貨の知識を深め、さらに楽しむことができるようになります。