Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) 評判・レビュー評価・口コミ

金融サービスに関する評価基準と広告開示要件
閉じる
編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Liquid by Quoine
(リキッドバイコイン)
QUOINE株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
BTC (ビットコイン) 国内取引高1位の高い流動性を誇る、総合取引プラットフォーム
Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) は、QUOINE株式会社によって運営される暗号資産(仮想通貨)取引所です。BTC (ビットコイン)の流動性が日本国内において最も高い取引所になっています。また、通貨ペア数が多いのも非常に魅力的で、その数なんと52ペアです。
取引手数料
無料
取引方法
現物 / レバレッジ取引 / 信用取引
暗号資産数
108
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
-
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る
先に比較してみたい方はこちら

国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング (金融庁認可の取引所から厳選してご紹介)

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の最新情報

Liquidライト版アプリVer.2.3.4がリリース

2019年11月19日、Liquid by QuoineがAndroid、iOSアプリ共に、ver 2.3.4をリリースしました。

このバージョンでは以下の点が変更となっています。

  • レバレッジ取引の新規注文時における決済指値・逆指値設定機能追加
  • 新規逆指値及びトレール注文の追加
  • QASHを利用した現物取引手数料の支払い設定の追加
  • 約定照会の復帰
  • アプリ新アイコン

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の基本情報

Liquid by Quoineの基本情報

取引所/販売所

取引所

取引仮想通貨数

5種類

日本語対応

スマートフォン対応

最大レバレッジ

4倍

取引方法

現物取引/信用取引

最低取引単位

0.001BTC

セキュリティ

コールドウォレット/マルチシグ※/二段階認証

サポート

公式HPのお問い合わせフォームにて受け付け

法人口座

※マルチシグはBTCとBCHにのみ対応

2018年8月24日、大手仮想通貨取引所の一つであったQUOINE(コインエクスチェンジ)より、9月4日に新しくリリースされて生まれ変わったのがこの「Liquid by Quoine (リキッドバイコイン)」です。

基本的な機能はすべてQUOINEXより引き継がれ、新しくLiquid取引プラットフォームが誕生しました。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) のキャンペーン

Liquid by Quoineで過去・現在に開催されているキャンペーンについて解説します。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の過去のキャンペーン

最大2万3千円相当QASH(キャッシュ)バックキャンペーン

Liquid by Quoineでは、2018年10月17日水曜日0時から2018年11月16日金曜日23時59分までに口座開設するとQASHがもらえるキャンペーンを開催していました。

「最大2万3千円相当QASH(キャッシュ)バックキャンペーン!」というタイトルで、詳しいキャンペーンの内容は以下のとおりです。

最大2万3千円相当QASH(キャッシュ)バックキャンペーン!概要

行動

報酬

口座開設の完了

120QASH

日本円で5万円以上の入金

400QASH

日本円換算で50万円以上の仮想通貨の売買

400QASH

Liquid1周年新規口座開設キャンペーン

Liquid by Quoineでは現在「Liquid1周年新規口座開設キャンペーン」と題し、条件を満たした方の中から抽選で100名様に3,000円相当のビットコインをプレゼントするキャンペーンを行っています。

Liquid1周年新規口座開設キャンペーンの概要

プレゼント内容

抽選で100名に3000円相当のビットコインをプレゼント

条件

キャンペーン期間中の新規口座開設を完了し、日本円で5万円以上の入金を完了すること

期間

2019年11月1日(金)0:00〜12月10日(火)23:59

今回のキャンペーンは、新規に口座を開設する方が対象です。5万円の入金という条件は、他の取引所のキャンペーンと比べてもやや達成しやすいため、この機会にぜひ口座を開設することをおすすめします。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の現在のキャンペーン

現在各取引所で開催しているキャンペーンを以下の表にまとめました。現在Liquid by Quoineはキャンペーンを開催していませんが、今後も新たにキャンペーンを開催する可能性があるので情報をいつも確認するようにしましょう。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) のメリット

Liquid by Quoineのメリットは以下の6つに分けられます。

  • 金融庁からの行目停止処分は一度もなし
  • 国内唯一QASHが取引可能
  • 対応法定通貨ペアが多い
  • 国内取引所出来高No.1
  • 極小スプレッド
  • 情報の量が多い

メリット1 金融庁からの業務停止処分は一度もなし

国内のトレーダー保護の目的から、金融庁では国内の仮想通貨取引所に対して、厳しい規制を行なってきました。その規制により、業務停止処分にまで追い込まれた取引所がある中、Liquid by Quoineは一度も処分されたことがありません。

一度業務停止命令が出ると、そこで取引しているユーザー全てのトレードも一時停止になりますので、その被害は計り知れません。Liquid by Quoineはそのような危険性は限りなく低いこともあり、かそ部編集部が独自に作成した、「仮想通貨・ビットコイン取引所ランキング- 国内金融庁認可一覧 -」ではLiquid by Quoine は1位を獲得しています。

「少しでも安心して取引をしたい」そんな方はLiquid by Quoineに登録してみることをオススメします。

メリット2 国内唯 - QASH (キャッシュ) が取引可能

Liquid by Quoineは、国内で唯一金融庁公認ICOで資金調達を行ったプロジェクトとして有名です。

世界中の取引所の流動性を一つにする「World Book(ワールドブック)」という構想が非常に評価され、このプロジェクトのICOトークンであったQASHは、18年1月には初期のICO価格から10倍以上となる300円近くまで上昇し、100億円以上の時価総額となりました。

そして2019年2月27日、Liquid by Quoineは「QASH」の名称を「Liquid Coin (LQC)」へ正式に変更する旨を発表しました。名称変更に伴うQASHホルダーへの影響はないとの発表ですが、QASHの機能を最大限に高めるために、Liquidプラットフォームと完全に統合していく狙いがあるようです。

そんな今話題のQASHの取り扱いがあるのはもちろん国内ではLiquid by Quoineのみです。仮想通貨はいかに話題の通貨に乗り遅れずに投資できるかが勝負ですから、Liquid Coin (LQC)を購入するためにはLiquid by Quoineに口座を開設しておくのも手でしょう。

メリット3 対応法定通貨ペアが多い

Liquid by Quoineは、大手仮想通貨取引所としては最大規模の法定通貨ペア対応数を誇っています。具体的には日本円、米ドル、ユーロ、豪ドル、香港ドル、シンガポールドル、人民元、フィリピンペソ、インドネシアルピアに対応しています。(取扱仮想通貨の項目にて後述)

メリット4 国内取引所出来高No.1

仮想通貨FX取引において取引所の出来高は、自分の買いたい価格で買えるか、売りたい価格で売れるかといった一つの指標となることも多く、多くのトレーダーにとってとても重要になってきます。

Liquid by Quoineは、国内の取引所でつい最近出来高でbitFlyerを抜き去り、日本No.1の出来高を誇る取引所となりました。

メリット5 極小スプレッド

Liquid by Quoineにおいては、スプレッド額が非常に小さいタイトスプレッドが提供されています。

これは、Liquidプラットフォーム内において、世界規模の流動性や日本No,1の出来高が担保されているからこそ実現できるものと言えます。

ほとんどの取引所では、手数量は無料に設定しつつ、大きなスプレッドをかけることで利益をあげていますが、Liquid by Quoineではあえてユーザーの目に見えやすい「手数料」を設定し、スプレッドを安く抑えることで、真にユーザー目線の運営を行なっていると考えても良いでしょう。

とはいえ、スプレッド小さいからといって迂闊に取引を続けて、「気がついたら損益が膨れ上がっていた・・」なんて事態にもつながりかねませんから、こちらのコンテンツで「スプレッド」についてもしっかり勉強しましょう。

参考 : Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) のスプレッド手数料は安い? - 主要6社比較と通貨別検証

メリット6 情報の量が多い

Liquid by Quoineの歴史は取引所の中でも長く、旧QUOINEX(コインエクスチェンジ)からリニューアルした取引所のため、「QUOINEX」検索すると多くのサイトがヒットします。

マイナーな疑問なども答えが見つかるはずです。国内取引所をいうこともあり、情報の量に関しては心配いりません。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) のデメリット

Liquid by Quoineではセキュリティの都合上、日本円や仮想通貨の入出金反映が遅くなっています。普通に利用している分には利用するのをやめるほど不便です。

しかし取引所のハッキングやアカウントの乗っ取りが頻発している現在では、不正出金や乗っ取りがもっともしづらい取引所になっています。

出金に時間がかかっている間に対応できてしまうので、不正する側は失敗しやすくなっているのです。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の取扱仮想通貨

取扱仮想通貨数

取扱仮想通貨数

5種類

通貨ペア数

34種類

取扱仮想通貨

取扱通貨

現物取引

レバレッジ取引

BTC (ビットコイン)

ETH (イーサリアム)

BCH (ビットコインキャッシュ)

-

QASH (キャッシュ)

-

XRP (リップル)

QASHは国内取引所の中で唯一Liquid by Quoineが取り扱っている仮想通貨です。

法定通貨ペア

JPY(円)

USD(米ドル)

EUR(ユーロ)

AUD(オーストラリアドル)

SGD(シンガポールドル)

HKD(香港ドル)

CNY(人民元)

PHP(フィリピンペソ)

IDR(インドネシアルピア)

Liquid by Quoineが取り扱う法定通貨数(フィアット)は全部で9種類あります。すべての法定通貨のペアを組み合わせるとなんとその数34種類。国内でこれだけの通貨を取引できるのはここだけ!

「一つの通貨に大きくかけるよりも、多くの通貨でリスクヘッジしたい!」なんていう方には、Liquid by Quoineがおすすめです。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の手数料

アカウント・口座開設手数料

アカウント・口座開設手数料

アカウント・口座開設

無料

口座維持手数料

無料

アカウントの開設には料金は一切発生しませんので、仮想通貨の価格の急騰に備えて口座だけ持っておくのも良いでしょう。

入出金手数料

入出金手数料

手数料

法定通貨

仮想通貨

入金手数料

無料

無料

出金手数料

500円

無料

仮想通貨誤入金回復手数料

-

入金数量の10%/処理手数料:500QASH

※ 銀行手数料のみユーザーの負担になります。[1]

bitFlyer, QUIONEX 取引ルール
, 2021年7月8日参照

triangle

入金手数料は無料です。ご自分の銀行の送金手数料が発生するのみの形となります。出金手数料は500円で、プラスでご自身の銀行の入金手数料が発生します。

取引手数料

取引手数料

手数料

対象取引

ベース通貨ペア

ノンベース通貨ペア

取引手数料

現物/FX

無料

約定金額の0.25%

ポジション手数料

FX

0.025%/日

0.025%/日

※ ベース通貨ペア = ベース通貨は居住地国に基づき決定されます。日本の場合はBTC/JPYとなります。
※ ノンベース通貨ペア = ベース通貨以外
※ 取引手数料 = ETHを含む通貨ペアは0.10%
※ Liquid by Quoineでは、レバレッジ手数料という形ではレバレッジ手数料を取っておらず、ポジション手数料と呼ばれる、ポジションを持つことで毎日7時に自動的に手数料が支払われる仕組みを採用しています。

取引手数料は基本無料ですが、ポジション手数料(手数料0.05%)として手数料が支払われるというわけです。

先述の通りLiquid by Quoineはスプレッドがかなり安く抑えられているので、手数料だけを気にしていれば問題なく取引できます。取引する前にまずはLiquid by Quoineの手数料にしっかり勉強しましょう。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) のFX・レバレッジ

基本情報

レバレッジ倍率

2倍

取引ルール (追証)

証拠金維持率が120%を下回った場合

取引ルール (ロスカット)

証拠金維持率が110%を下回った場合

最大で2倍までのレバレッジ取引が可能です。もちろんFX取引ですので、買いからでも売りからでも取引を始めることができます。また、証拠金として、法定通貨のみでなくビットコインを証拠金として預けることが可能です。ただし、上記の条件時においてのみ、追証ルールが適用されます。

【追証とは】

証拠金維持率とは、レバレッジをもとに使える予算のうち証拠金がどれだけ残っているかを示しています。レバレッジ取引とはかんたんに言うと、この証拠金を担保にお金を借りて取引をしているようなものなので、損失が大きくなると当然担保の額を増やさなければならなくなります。これを「追証」と呼びます。

参考 : 追証とは?初心者でもわかりやすく投資の基本を徹底解説!!

【ロスカットとは】

損失額があまりに大きくなりすぎた際、トレーダーの損失をこれ以上増やさないために、買い注文が強制的に売られたり、空売りしたものが強制的に買い戻されたりします。これを「ロスカット」と呼びます。ユーザーの過剰な損失を防ぐための安全装置とも言えますが、急激な価格の変動で間に合わず、ユーザーが多額の損失をしてしまう場合もあります。

参考 : ロスカットとは | ロスカットを避ける対策や計算方法・具体例を紹介!

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン)のレバレッジ取引については、以下の記事でも詳しく解説しています。

参考:Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) のレバレッジ取引方法 | 使い方と注意点まとめ

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の取引ツール

Liquid by Quoineでは、Trading ViewとCrypt Watchといった2種類の取引ツールを使うことができます。

Trading View (トレーディングビュー)

インジケーターの種類が豊富で、一目均衡表やRSIなどといったさまざまなインジケーターが利用することができます。

また世界中のユーザーが活用しているインジケーターの組み合わせやチャート分析を活用することができるため、豊富な知識をもとに取引を進めることができます。

CryptoWatch (クリプトウォッチ)

サブウィンドウに表示させる、RSIやMACDなどのみ利用できます。メインチャートに表示させるインジケーターは利用できません。

チャートは便利な機能が多数搭載されている分、それらの機能を余すところなく完全に使いこなすのはなかなか難しいため、どちらかというと上級者向けの取引ツールとなります。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) のスマホアプリ

Liquid by Quoineでは、「Liquid by Quoineライト版」というアプリがリリースされています。

アプリ機能一覧

資産状況確認

日本円入出金

JPY取引

通貨ペア取引

-

現物取引

信用取引

-

FX

-

仮想通貨の出金

-

ウォレット(送金)

-

ダウンロード先

Liquid by Quoineのスマホアプリは機能がシンプルにまとめられていて、初心者でも直感的に取引をすることができます。仮想通貨FXには対応していないものの、現物取引と入出金に対応しているため、アプリだけで取引を完結させられます。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の使い方

Liquid by Quoineの使い方を解説します。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の入金方法

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の入金方法は以下の2つがあります。

  • 銀行振込
  • クイック入金

それぞれ詳しく見ていきましょう。

銀行振込

Liquid by Quoineのアカウントにログインしたら、メニューボタンをクリックして「入金」をクリックしましょう。日本円を選択して、銀行情報を入力してください。

設定を完了したら銀行口座を選択して、入金額を入力しましょう。手続きが完了したら入金を行なってください。

クイック入金

銀行入金と同じくメニューボタンをクリックして、「入金」をクリックしましょう。日本円を選択して、入金依頼書画面にある「クイック入金する」をクリックしてください。

クイック入金の手続き画面に移動したら、「コンビニ」「銀行」「ATM」のどれかを選択してクリックしましょう。受付番号などが表示されるので指示に従って入金手続きを進めてください。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の送金 (出金) 手順・方法

日本円出金

Liquid by Quoineのアカウントにログインしたら、メニューボタンをクリックして「出金」をクリックしましょう。日本円を選択して、出金手続きを進めてください。

仮想通貨送金 (出金)

日本円出金と同じくメニューボタンをクリックして、「出金」をクリックしましょう。出金する仮想通貨を選択して、出金手続きを進めてください。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の買い方・購入方法

Liquid by Quoineでは、仮想通貨の現物取引やレバレッジ取引をすることができます。最大レバレッジは4倍で、他の国内取引所よりも比較的高いレバレッジを設定することができます。

仮想通貨を取引するには、画面上メニューの「現物」をクリックして取引方法を選択してください。チャートや注文パネルが表示されるので、注文内容を入力して注文しましょう。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) のセキュリティ

セキュリティ対応

コールドウォレット

マルチシグ

2段階認証

アカウントロック

取引時暗証番号

マルチシグ

ログイン履歴の通知

その他対策

クーリングピリオド

※ コールドウォレット対応 = BTC、ETH、BCH、QASH、XRP
※ マルチシグ対応 = BTC、BCH

コールドウォレット:インターネットから完全に切り離されたウォレットのこと。コールドウォレットを用いることで、不正アクセスなどによる仮想通貨盗難の危険性はなくなりますが、コールドウォレットを物理的に盗まれてしまう危険性が存在することに注意しましょう。

二段階認証:スマートフォンを使い、メールアドレスとパスワードでのログインの他に認証コードなどによってセキュリティを高める方法です。ほとんどの取引所・販売所で導入されているサービスですが、個人の資産を守るためには欠かせないので必ず設定しましょう。

SSL通信:インターネットによる情報を暗号化する技術です。

アカウントロック:パスワードを一定回数以上間違ってしまうと、アカウントへのログインがロックされる技術です。

取引時暗証番号:自分自身で設定する暗証番号のことです。

マルチシグネチャ:複数のシグネチャ(署名)を活用して、セキュリティを高める方法です。

ログイン履歴の通知:メールなどでログイン時に確認のメッセージが届きます。

クーリングピリオド:お客様の資産を安全に保護するために設定される期間。ログイン情報(パスワード、2段階認証、メールアドレス)変更完了後は、3日間の仮想通貨の出金が制限されている。

特に上記のセキュリティ対策の中でも「二段階認証」と「ウォレット」は仮想通貨を守る要と言っても過言ではありません。

二段階認証は不正なアクセスを防ぐ、最初の関門の役割を果たします。頻繁に確認を求められ面倒に感じるかもしれませんが、安心して取引をするためにはなくてはならない機能です。

またLiquid by Quoineでは、取引所のハッキング対策として、コールドウォレットでの資産の管理およびマルチシグの採用を行っています。コールドウォレットとは、完全にインターネット環境から隔離されたウォレットを指すため、コインチェックやザイフのようにハッキングによる通貨の不正送金のリスクが非常に低くなっています。

国内の取引所が相次いでハッキングの被害にあっている中、Liquid by Quoineはセキュリティ対策が万全であるため、一度も被害を受けていない点は非常に評価ができます。しかしながらそれに甘えることなく、自分自身でも仮想通貨を管理しておくこともとても重要です。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の口座開設方法

Liquid by Quoineの口座開設方法をご説明します。

Liquidの口座開設手順は、以下の手順で進んでいきます。

口座開設 全STEP

口座開設 全STEP

STEP1

準備

STEP2

フォーム入力

STEP3

本人確認情報の登録

STEP4

ハガキの受け取り

STEP5

口座開設完了確認

STEP1 準備

まずは口座開設に必要なものを準備しましょう。必要なものは以下の4つだけです。

本人確認資料

マイナンバーや免許証、パスポート、保険証といった本人確認資料が必要です。

【ご自身のメールアドレス】

GmailやYahooメールなど普段お使いのメールアドレスの記入で構いません。準備をしておきましょう。なお、金銭的なやりとりが発生する大事な口座ですので、できるだけ普段お使いのメールアドレスに集約されることをおすすめします。

【出金口座】

お持ちの預金銀行との連携で、口座番号などが必要です。なお、本人名義であるかどうかも念のため確認しておきましょう。

【スマートフォン】

セキュリティレベルを高くする2段階認証や電話番号登録の際に必要です。できれば手元に置いて作業しましょう。

STEP2 フォーム入力

居住地国の選択

居住国が日本になっていることを確認して「次へ」を押してください。

フォームへの詳細入力

先ほどご準備いただいていた「メールアドレス」と解読されにくい「パスワード(英数字8文字以上)」を準備し、チェック項目に同意チェックをしていきます。

※ なお、パスワードは LUFTTOOLSのサイトが非常に簡単にパスワードを作成してくれて便利です。

注意点

  1. 私は日本以外に居住地国が無いことを確約します。
  2. 私は、米国納税義務がないことを確約します。

上記の2つに同意チェックがされていないと次に進めませんので、必ずチェックを行ってください。

そのあと、氏名、生年月日、性別、国籍、住所、携帯電話番号、職業等本人情報を入力する項目に続けて入力していき、年収や投資のご経験などの質問にもできるだけ正確に答えていきましょう。

なお、年収が少ない選択肢「30万円未満」の場合、口座開設が承認されない恐れがございます。ご注意ください。

メールアドレスを確認

最後まで入力が終了すると、Liquid by Quoineからメールが届きます。そのメールの指示にそのまま従う形で、メール本文内になる「URLをクリック」しましょう!

Liquid by Quoine」のサイトにログイン

すると、ログイン画面に行くため、先ほど登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「サインインをクリック」してログインしましょう!

STEP3 本人確認情報の登録

さて、いよいよ本人確認書類のアップロードです。

「メニューバー」から「プロフィール&口座開設状況」をクリックして、「本人確認書類の種類」を選択してください。本人確認書類を指示・条件に従ってアップロードしてから、Liquid by Quoine側での審査対応を待つことになります。

STEP4 ハガキの受け取り

審査完了後、審査完了通知ハガキが「簡易書留」で郵送されますので、ハガキの受け取り完了後、アカウント承認メールを受信しましょう!

STEP5 口座開設完了確認

アカウント承認のメールを確認したら、「Liquid by Quoine」サイトにログインして、口座開設状況ステータスが「承認済」であることを確認して口座開設は完了です。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) のまとめ

Liquid by Quoineは取引高が多く市場の流動性が高いため、快適でスムーズな取引をすることができます。また独自通貨キャッシュを持っているなど、壮大なプロジェクトを掲げている取引所のため、今後の成長に期待が持てます。

まだ使う取引所で迷っているという方は、取引のしやすいLiquid by Quoineでまずは口座開設することをおすすめします。

情報ソース・引用元一覧

1

bitFlyer, QUIONEX 取引ルール
, 2021年7月8日参照

メディアメソドロジー
主な「暗号資産取引所」の評価・レビュー基準
  • ユーザー体験
  • 取引の質やボリューム
  • セキュリティや運営会社の信頼性
  • サービスを利用する上での利便性
  • 日本語対応やカスタマーサービスの充実度 ..etc

関連記事