MEX (メックス) はBitMEX (ビットメックス) の略称!人気海外取引所を紹介

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • MEXの基本情報がわかる
  • MEXのメリット・デメリットがわかる
  • MEXの口座開設方法から使い方までがわかる

本記事では「MEX」について解説します。

MEXとは仮想通貨のレバレッジ取引で有名な、BitMEXのことです。仮想通貨取引を行っている投資家であれば、一度は名前を聞いたことがあるでしょう。

基本情報や口座開設方法、使い方などについて、画像付きで解説していきます。

MEX (BitMEX) の基本情報

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#先物取引
#無期限先物取引
BitMEX
(ビットメックス)
HDR Global Trading. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
香港のセントラルプラザに拠点を構える、世界No,1の実績と信頼をもつ暗号資産(仮想通貨)取引所
BitMEX (ビットメックス) は、2014年に設立された海外取引所です。日本語対応もあり、日本人向けにマニュアルを提供している点が魅力です。他にも、最大100倍のレバレッジ取引が、様々な種類の暗号資産(仮想通貨)を用いてできます。
取引手数料
Maker : 0.025% / Taker : 0.075%
取引方法
FX
暗号資産数
23
最大レバレッジ
100倍
スマートフォン対応
-
最低取引単位
0.0001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
0.5
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

MEXとはBitMEXの愛称です。最大レバレッジ100倍や追証なしで仮想通貨のレバレッジ取引ができるとして、世界中の投資家に人気があります。

ホームページはもちろんお問い合わせも日本語に対応しているため、日本人の投資家も利用しやすい取引所です。

MEX (BitMEX) の特徴

MEX (BitMEX) の取扱通貨

取扱仮想通貨

取扱仮想通貨数

8種類 (UP&DOWNにも対応)

取扱仮想通貨ペア数

21種類

MEXは仮想通貨のレバレッジ取引だけでなく、先物取引も行える仮想通貨取引所です。ビットコインの価格を予想する、UP&DOWNにも対応しています。

またXBTという仮想通貨は、ビットコインのことです。

主な取扱仮想通貨

取扱通貨

現物取引

レバレッジ取引

最大レバレッジ

BTC (ビットコイン)

-

100倍

ETH (イーサリアム)

-

50倍

BCH (ビットコインキャッシュ)

-

20倍

LTC (ライトコイン)

-

33.33倍

XRP (リップル)

-

20倍

ADA (カルダノ)

-

20倍

EOS (イオス)

-

20倍

TRX (トロン)

-

20倍

MEXで取り扱っている仮想通貨は、上記の8種類です。ユーザーはレバレッジをビットコインが100倍・イーサリアムが50倍・ライトコインが33.33倍で、他のアルトコインは一律20倍まで設定できます。

MEX (BitMEX) の手数料

入出金手数料

送金手数料

仮想通貨の種類

入金手数料

出金手数料

BTC (ビットコイン)

無料

マイナー手数料のみ

ETH (イーサリアム)

無料

無料

BCH (ビットコインキャッシュ)

無料

無料

LTC (ライトコイン)

無料

無料

XRP (リップル)

無料

無料

ADA (カルダノ)

無料

無料

EOS (イオス)

無料

無料

TRX (トロン)

無料

無料

MEXは日本円の入出金に対応していない、海外の仮想通貨取引所です。仮想通貨を取引するときは、上記の仮想通貨を入金する必要があります。MEXでは仮想通貨の入出金手数料が一律無料です。

ただビットコインのみ、出金時にマイナー手数料が発生します。

取引手数料

取引手数料

仮想通貨の種類

Maker手数料

Taker手数料

ロング資金調達率 (8時間ごと)

ショート資金調達率 (8時間ごと)

BTC (ビットコイン)

-0.025%

0.075%

-0.0024%

0.0024%

ETH (イーサリアム)

-0.025%

0.075%

0.01%

-0.01%

BCH (ビットコインキャッシュ)

-0.05%

0.25%

-

-

LTC (ライトコイン)

-0.05%

0.25%

-

-

XRP (リップル)

-0.05%

0.25%

-

-

ADA (カルダノ)

-0.05%

0.25%

-

-

EOS (イオス)

-0.05%

0.25%

-

-

TRX (トロン)

-0.05%

0.25%

-

-

MEXの取引手数料・資金調達率は、上記の表通りです。資金調達はポジションを保有していると、8時間ごとに発生します。ロングは資金調達率分の手数料を受け取れますが、ショートは手数料を支払う必要があります。

MEX (BitMEX) のメリット

メリット1 最大レバレッジ100倍の取引が可能

MEXはレバレッジを最大100倍までかけて、仮想通貨取引を行える取引所です。仮想通貨の種類により最大レバレッジは異なるので、取引を行う前に確認しましょう。

メリット2 追証がない

MEXでは追証が発生しません。レバレッジ取引は保有している資産以上の金額を動かして、大きな利益を狙える取引方法です。取引をするときは、一定の証拠金が必要になります。

しかし保有しているポジションのマイナスが膨らみ続けると、証拠金が不足し強制ロスカットされてしまいます。追証が必要な取引所では、不足分の証拠金を入金しなければなりません。

一方追証がないMEXでは、強制ロスカット後にマイナス分を自動でリセットしてくれます。そのため急な価格変動でポジションのマイナスが膨らんでも、大きな借金を背負う必要はありません。

メリット3 安心の日本語対応

MEXは海外の仮想通貨取引所ですが、日本語に対応しています。海外の仮想通貨取引所では、日本語に対応していないことが多いです。しかしMEXはホームページとお問い合わせが日本語に対応しているため、日本人の投資家もスムーズに利用できます。

MEX (BitMEX) のデメリット

デメリット1 日本円の出金に対応していない

MEXでは日本円の出金に対応していません。そして入金にも対応していないため、取引を行うときは仮想通貨を入金する必要があります。MEXはビットコインの入金に対応しているので、ビットコインを外部ウォレットや取引所から送金しましょう。

デメリット2 現物取引に対応していない

MEXは仮想通貨のレバレッジ・先物取引に対応している取引所です。しかし現物取引には対応していません。仮想通貨の現物取引を行う場合は、bitbankやbitFlyerなどを利用しましょう。

デメリット3 入金できるのがビットコイン (Bitcoin/BTC)のみ

先ほども解説しましたが、MEXはビットコインの入金のみ対応している取引所です。アルトコインの入金は対応していないため、送金しないように注意しましょう。

MEX (BitMEX) の使い方

MEX (BitMEX) の入金方法

MEXで仮想通貨を取引するには、まず「アカウント」をクリックしましょう。次に左メニューの「入金」をクリックし「入金用QRコード」と「BTCの入金アドレス」を確認してください。

その後外部ウォレットや取引所に、MEXの入金アドレスを入力しましょう。

MEX (BitMEX) の出金方法

MEXから仮想通貨を出金するには「アカウント」をクリックして、左メニューの「出金」をクリックしましょう。出金手続き画面に切り替わったら、以下の情報を入力してください。

  • 送金先の入金アドレス
  • 送金額
  • マイナー手数料 (最低0.001XBT)
  • 二段階認証アプリのコード

マイナー手数料が多ければ多いほど、送金速度が速くなります。

必要事項をすべて入力し終えたら「送金内容」を確認しましょう。次に「送信する」をクリックしてください。「出金履歴」では送金の状況や履歴を確認できます。

最後に出金確認メールが届くので、「View Withdrawal」をクリックしてください。以上でMEXの出金手続きは完了です。

MEX (BitMEX) の取引方法

①注文発注

MEXの取引画面左上には、注文発注画面があります。注文手順は以下の通りです。

1.指値や成行などの注文方法を選択する
2.注文数量を入力する
3.注文したい価格を選択 (指値注文時)
4.買いか売りボタンをクリックする

②レバレッジ設定

注文発注画面の下には、レバレッジを設定する画面があります。つまみを右にスライドさせると、簡単にレバレッジを調整できます。

③対象通貨の契約詳細

選択中の仮想通貨に関する情報を確認できます。表示されている情報は以下の通りです。

  • 現在の価格
  • 24時間の取引量
  • 建玉残高
  • 資金調達率
  • 契約価格

④通貨ペアの選択

MEXの取引画面上側には、取引可能な通貨ペアが表示されています。クリックするとチャート画面やオーダーブックなどが切り替わります。

⑤オーダーブック (取引板)

オーダーブックとは取引板のことです。現在並んでいる注文のバランスを確認できます。上が売り注文・下が買い注文なので、確認しながら注文を行いましょう。

⑥最近の取引 (約定履歴)

チャート画面の右側には、成立した取引一覧を確認できます。

⑦ポジション確認画面

チャート画面の下には、ポジションを確認する画面があります。注文の種類を選択すれば、決済済み・アクティブ・ストップなど様々な種類のポジション情報を確認可能です。

⑧チャート画面

チャート画面右上の矢印をクリックすると、画像のようにチャートが大きく表示されます。描画ツール・時間足やインジケータなどのツール・スケールの自動調整など、様々な項目を利用可能です。

MEX (BitMEX) の口座開設方法

MEXで口座開設を行うときは、まずホームページにアクセスしましょう。登録ボタンをクリックすると、画像の画面に移動します。登録手続きページに移動するので、以下の項目を順に入力してください。

①メールアドレス
②パスワード
③居住国
④氏名

最後に⑤「登録」をクリックして、手続きを進めましょう。

入力したメールアドレス宛に確認メールが届くので、⑥「Verify My Email」をクリックしてください。以上の手順で、MEXの口座開設は完了です。

MEX (BitMEX) の二段階認設定方法

MEXで二段階認証を行うには、まず「アカウント」をクリックしましょう。画面が切り替わったら「セキュリティセンター」をクリックしてください。次に「2要素タイプを選択」をクリックします。

二段階認証アプリを選択すると「認証コード」と「QRコード」が表示されます。二段階認証アプリで読み込み「アプリで表示されている6桁のコード」を入力しましょう。最後に送信するをクリックすれば、二段階認証が完了します。

一度自動ログアウトするので、再度メールアドレス・パスワード・二段階認証コードを入力してログインしましょう。

MEX (BitMEX) まとめ

MEXの基本情報から、二段階認証の設定方法までを解説しました。MEXとはBitMEXの愛称で、新興取引所ではありません。MEXという名称に聞き覚えがなくても、BitMEXと聞けばピンとくる方はいるでしょう。

仮想通貨のレバレッジ取引を行うなら、レバレッジ最大100倍・追証なしのMEXがオススメです。ビットコインだけでなくイーサリアムやリップルなどといった、アルトコインのFX取引もできます。また買い注文でポジションを保有していれば、資金調達分の手数料を受け取れます。

MEXは日本円の入出金に対応していないので、ビットコインを入金してレバレッジ取引を開始しましょう。

Important

MEX (BitMEX) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。どの取引所を選べば良いか迷っている方はぜひ「国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング」をご覧ください。

関連記事