レジスタンスライン (上値抵抗線) とは

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)

レジスタンスラインとは、株などの資産の価格がその価格での販売を希望する売り手の増加によって伸び悩むラインのことを指します。日本語では「上値抵抗線」とも呼ばれ、株価などのテクニカル分析でサポートラインと並び最も重要とされる概念です。チャート上では過去の上値と上値を結んだ線によって可視化されます。

レジスタンスラインまで値上がりした場合、上値が伸びづらくなります。しかし、レジスタンスラインを抜けて上値が上昇した場合、市場で買いのエネルギーが強くなっている証拠となり、より一層の上場が期待できます。

テクニカルトレーダーはこの情報に基づいて投資決定を行うのではなく、過去における同様の状況での市場の動きを調べることにより、上値が短期的にどのように動くのかを理解しようとします。