仮想通貨ソラナ (SOL) の将来性を解説!NFTやDeFiの進出に期待

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • ソラナ (SOL) の将来性は期待でき、2倍以上も見込める
  • ソラナ (SOL) の需要はDeFIやNFT関連で高い

ソラナ (SOL) は処理速度の速さや手数料の安さの観点から、「ブロックチェーン開発の王様」イーサリアム (ETH) に唯一対抗できるのではないかと、将来性を期待されています。

ソラナ (SOL) のブロックチェーンにおける基軸通貨もソラナ (SOL) といい、急速な成長を見せています。

ソラナ (SOL) の価格が上昇し始めたのは、ローンチされた翌年の2021年の1月ごろで、それからは月を追うごとに高騰が続きました。

本記事では、ソラナ (SOL) の価格はどこまで上がるのか、その将来性について徹底解説していきます。

ソラナ (SOL) の価格はどこまで上がる?価格の将来性を解説

アプリケーション開発の通貨は2度に分けて上昇しやすい

ソラナ (SOL) の価格は2021年に大きく値幅を伸ばしましたが、将来的にはより大きな価格上昇が見込めます。

まずは、同じくアプリケーション開発に用いられるバイナンススマートチェーン (BSC) の基軸通貨バイナンスコイン (BNB) と、イーサリアム (ETH) の値動きをモデルにして、ソラナ (SOL) の価格の将来性を見ていきます。

上記の画像からわかるように、バイナンスコイン (BNB) もイーサリアム (ETH)も、しばらく横ばいの時間が続いた後に 大きな上昇を見せました(①参照)。

その後、①の価格のおよそ2倍ほど価格が更につり上がっています(②参照)。

一方、ソラナ (SOL) はローンチから大きな上昇を経験したのはまだ一度だけで、将来的には今の2倍以上に値幅を伸ばす可能性があります。

ソラナ (SOL) が再び上昇した時の価格はいくら?

各通貨の値幅

バイナンスコイン (BNB)

$300

$690

イーサリアム (ETH)

$1900

$4100

ソラナ (SOL)

$259

$600(予想)

バイナンスコイン (BNB) もイーサリアム (ETH) 、使い道や最大上昇幅が非常に類似しています。

ソラナ (SOL) は今後、これら通貨と近い値幅を取る可能性があります。

プロダクト面から見るソラナ (SOL) の将来性

今後ソラナ (SOL) に期待できる理由① DeFiとの親和性が高い

ソラナ (SOL) は処理速度が非常に速く、手数料も安いで多くの分野での活用が見込まれています。

最近、人気となっている分散型金融(DeFi)そのうちの1つです。

DeFiとは、ブロックチェーン上で行われる金融サービスで、銀行のようなに中央機関を介さずに運営されています。

中央機関が存在しないので、当事者同士で直接取引が完結し、どこに対しても仲介手数料料を払う必要がありません。

ただし、イーサリアム (ETH) 上のDeFiでは、取引の需要がブロックチェーンの処理性能を上回るスケーラビリティ問題が発生しています。

そのため、実際はDeFiを触るとガス代と呼ばれるネットワーク利用手数料を徴収されます。

一方、ソラナ (SOL) は、秒間5万件の取引記録を処理するため、ガス代が非常に安く、今後多くのDeFI分野で応用が見込まれています。

イーサリアム (ETH) で開発されたDeFiを統合

DeFi分野の一つにDEXがあります。

DEXとは、分散型取引所のことで、中央の運営企業が存在しないので、取引手数料を支払わずに仮想通貨の売買ができます。

有名なDEXの1つに、Sushiswapがあります。

Sushiswapはイーサリアム (ETH) を基盤にしており、スケーラビリティ問題を抱えていました。

例えば、上記ツイートのように、2021年の執筆時点ではSushiswapに仮想通貨を入金するだけで$4.5〜$14のガス代がかかり、取引(スワップ)をすると$40以上のガス代が引かれてしまいます。

そこで、Sushiswapは (SOL) を基盤としているDEXのRaydiumとの統合を発表し、処理速度の遅延や手数料高騰の解決を図ったのです。

Sushiswapとの統合により、多くのユーザーが (SOL) 基盤のRaydiumに流入することが考えられます。

また、Sushiswap以外にもいくつかのDEXでイーサリアム (ETH) からソラナ (SOL) への移行が進んでいます。

こうした動きにより、基軸通貨ソラナ (SOL) の価値は今後さらに上昇することが見込まれます。

今後ソラナ (SOL)に期待できる理由② NFTとの親和性が高い

現在、非常に大きな注目を集めているNFTですが、まだまだ多くの課題が残っています。

そのうちの大きな1つが、イーサリアム (ETH) の高額なガス代です。

イーサリアム (ETH) を使用してNFTの売買を行うと、取引時に多くの手数料が取られてしまいます。

もちろんこれはイーサリアム (ETH) のスケーラビリティ問題によるものです。

一方ソラナは独自のアルゴリズムや優れたスマートコントラクトによって処理速度の遅延や手数料の高騰といった問題を解決しており、NFTとの親和性も高いと言えるでしょう。

実際、2021年11月にはcoinbookとアトノイによって「NFTex.Solana」というソラナ (SOL) を基盤としたプロダクトが発表されました。

NFTex.Solanaはソラナ (SOL) 上でNFTの発行や取引が行えるマーケットプレイスで、非常に安い手数料で利用することができます。

また、決済手段にはETHの他にクレジットカードや銀行振込が選択できるのも特徴です。

その他にも、コミュニティやポイントの相互交換など様々な機能が実装される予定となっています。

Degenerate Ape Academy

Degenerate Ape Academyとは、ソラナ (SOL) が立ち上げたNFT上のプロジェクトで、類人猿のようなキャラクターのNFTコレクションです。

ソラナ (SOL) はTwitterなどでプレゼントキャンペーンを行っており、Degenerate Ape Academyは当初から大きな注目を集めていました。

実際にDegenerate Ape Academyの販売が始まると、10,000体のコレクションが8分ほどで完売してしまうほどでした。

SolPunks

ソラナ (SOL) にはSolPunksというNFTコレクションも存在しています。

これはイーサリアム上で発行され、「世界最古のNFT」とも言われているCryptoPunksをモチーフにしたNFTコレクションです。

ドットで描かれたキャラクターという点でもCryptoPunksと共通しています。

このように、もともと存在する作品をモチーフにしたNFTをソラナ (SOL) で販売するというケースは珍しくありません。

しかし、コレクターからすると同じような画像でも、その価値はまったく異なります。

SolPunksNFTは、1体12万円ほどで購入することができますが、オリジナルのCryptoPunks(イーサリアムチェーン)になると1体数千万円以上で取引されています。

今後、ソラナ (SOL) のNFT市場がどのように発展していくのか動向を追ってみるのもいいでしょう。

今後ソラナ (SOL)に期待できる理由③ 数多くのプロジェクトと連携している

ソラナ (SOL) のブロックチェーンはイーサリアムなど他のものと比べて非常に優れているため、その機能性を求めて多くの企業やプロジェクトがソラナ (SOL) に参入しています。

簡単にソラナ (SOL) と提携しているプロジェクトを紹介します。

・Akash Network(分散型マーケットプレイス)
・Audius(音楽プロジェクト)
・Chainlink(ブロックチェーン)
・Civic(ウォレットプロバイダー)
・Serum(分散型取引所)
・LoanSnap(住宅ローン業者)
・USDC(ステーブルコイン)
・USDT(ステーブルコイン)

これらはほんの一部に過ぎず、2021年12月の段階で800以上のプロジェクトがソラナ (SOL) 上で進んでいます。

今後も、多くの企業やプロジェクトの参入が期待されます。

ソラナ (SOL) の過去の値動き

2020年の3月からローンチされたソラナ (SOL) ですが、当初は大きな変化もなく価格としては84円ほどをずっと推移していました。

しかし、2021年に入ると状況は大きく変わり、1月から4月にかけてソラナ (SOL) の価格は60倍以上にまで上昇しました。

その後、仮想通貨市場全体の下落によりソラナ (SOL) の価格も下降してしまいましたが、7月からは再び価格が高騰しました。

2021年12月現在では、1月と比べて100倍以上の値幅を取っています。

9月には、3万円弱の最高値を叩き出し、その後下落や上昇を繰り返しながらもソラナ (SOL) は高騰を続けています。

その結果、2021年12月の段階で仮想通貨の時価総額ランキングでは5位にランクインしています。

2021年になってここまでソラナ (SOL) の価格が高騰したのにはいくつかの理由があると考えられます。

・2月、3月にSerum上で仮想通貨「COPE」を無料配布したこと
・ソラナ (SOL) 上でステーブルコインのテザー (USDT) がローンチされたこと
・ソラナ (SOL) がNFTに参入したこと

こうした要因が絡まり合って今回の高騰に繋がったと見られています。

また、ソラナ (SOL) が盛り上がりを見せたことにより、ソラナ (SOL) のブロックチェーンを使った銘柄も高騰を見せています。

今後ソラナ (SOL) の価格上昇が予想されるタイミング

今後値上がりが予想される時期① イーサリアム (ETH) のガス代が高騰している間

イーサリアム (ETH) のスケーラビリティ問題が解決されず、取引手数料の高騰がこのまま続くと、イーサリアム (ETH) 上で動いているプロジェクトがソラナ (SOL) に流入する可能性が考えられます。

実際に、Sushiswapはソラナ (SOL) を基盤としているDEXのRaydiumとの統合を発表しました。

他にも、ソラナ (SOL) へ移行しているプロジェクトは多くあり、この流れが止まらないならば今後もSOLの価格は上昇し続けると考えられます。

今後値上がりが予想される時期② ソラナ (SOL) の開発が進んだとき

ソラナのブロックチェーンはまだベータ版で、完成品ではありません。

メインネットでないにも関わらず時価総額5位に入るのは、ソラナ (SOL) それだけに期待が集まっている証と言えます。

完全版のソラナ (SOL) のブロックチェーンでは、今よりも動作が安定したり、処理速度がより早まることが期待されています。

しかし、現在のところソラナ (SOL) のメインネットのリリースはいつ行われるのか未定です。

情報によると、アメリカの掲示板サイト「Reddit」でソラナ (SOL) の開発チームのメンバーが2022年3月にメインネットがリリースされると示唆していたようです。

メインネットがリリースされると価格高騰が予想されるので、ソラナ (SOL) の動向を今から追っておきましょう。

ソラナ (SOL) の買い方

ソラナ (SOL) が買える仮想通貨取引所

2021年12月現在、ソラナ (SOL) を扱っている国内取引所はありません。

そのため、国内取引所で仮想通貨を購入し、それを送金して海外の取引所でソラナ (SOL) を購入するには購入します。

おすすめはBINANCEかBybitです。

BINANCEは世界最大模を誇る取引所で、ソラナ (SOL) の流動性の高さに定評があります。

Bybitは流動性こそBINANCEに劣るものの、日本語の取引画面の翻訳がより正確なため、初心者の方に特におすすめできます。

両者とも、口座開設も簡単に行うことができます。

手順① 国内取引所で仮想通貨を購入する

海外取引所は日本円に対応していません。

そのため、国内取引所で仮想通貨を購入し、それを海外取引所へ送金するというのが一般的です。

初心者の方はCoincheckを使って入金用の仮想通貨を仕込むのがおすすめです。

わかりやすい取引画面のため、直感的な操作で仮想通貨を購入できます。

手順② 海外取引所に仮想通貨を送金する

Coincheckで仮想通貨を購入したら、次はその通貨を海外取引所への送金します。

ここで必ず注意しなければいけないのが入金アドレスです。

入金アドレスを1文字でも間違えると通貨データが紛失してしまいます。

仮想通貨の送金が不安な方は、以下の記事を参考にしてください。

手順③ 海外取引所でソラナ (SOL) を購入する

送金が完了したら、実際に海外取引所でソラナ (SOL) を購入してみます。

今回はBINANCEを用います。

ログイン後、画面上部の「マーケット」をクリックします

切り替わった画面右側の検索ボックスに「sol」と入力し、「トレード開始」をクリックします。

ソラナ (SOL) をステーキングする方法

最後に、購入したソラナ (SOL) をステーキングする方法について紹介します。

ソラナ (SOL) の将来性に投資すると決めたら、ステーキングによって複利で保有枚数を増やし、今後の値上がりを待つ戦略がおすすめできます。

ソラナ (SOL) のステーキングはBINANCEで可能です。

ログイン後、画面上部の「収益」→「バイナンスアーニング」の順にクリックし、以下の画面にいきます。

続いて、検索窓からにて「SOL」と入力し、表示されるステーキングメニューの中から、希望する期間の商品を選びましょう。

期間、ロック金額を入力、サービス規約に同意をして承認するとステーキングが完了します。

ソラナ (SOL) の概要

処理速度が速い

イーサリアムではユーザーの激増によりトランザクションの処理速度に問題を抱えていました。

ソラナ (SOL) はこうした処理速度の問題を解決しており、イーサリアムと比べて数千〜数万倍もの処理速度を誇っています。

また、リップル (XRP) などの送金に特化した仮想通貨でも既に処理速度を克服していると言われますが、ソラナ (SOL) はリップル (XRP) と比較しても10倍以上の処理速度なのでいかに優れているかが明らかです。

独自アルゴリズムPoH

ソラナ (SOL) では、PoH(Proof of History)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

PoHでは、ブロックの承認データに目印(タイムスタンプ)をつけることでトランザクションの発生した時間を共有します。

この手法では、前のブロックと新しいブロックを繋ぐ作業が自動化でき、従来はかかっていたブロック同士の接続作業が不要になりました。

この方法により、非常に高速な処理速度が実現できるようになったのです。

優れたスマートコントラクト

ソラナ (SOL) の処理速度が早い理由とし、てスマートコントラクトが優れているという点もあげられます。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で契約を自動に行う仕組みのことです。

あらかじめプログラムされたルールに則って契約が行われるため、人が仲介するよりも正確で不正される心配もありません。

そしてソラナ (SOL) のスマートコントラクトはイーサリアムなどよりも優れているため、より素早く低コストな取引が可能となっています。

手数料が安い

ソラナの大きな特徴として、取引手数料の安さも挙げられます。

ソラナ (SOL) の処理速度は非常に速いためそれに伴い取引手数料がとても安く、ソラナ (SOL) の取引手数料をビットコインやイーサリアムと比べると30,000分の1ほどになります。

こうした点から、ソラナ (SOL) は長年にわたって続いていたイーサリアムの牙城を崩すのではないかと注目されています。

他のブロックチェーンと相互運用できる

ソラナ (SOL) には、他のブロックチェーンと連携して相互運用ができるインターオペラビリティという機能があります。

これまでは、ビットコイン (BTC) をはじめほとんどのものにインターオペラビリティはありませんでした。

中にはイーサリアム (ETH) と連携しようというブロックチェーンもありましたが、それ以外のブロックチェーンとのブリッジ機能は存在していません。

しかしソラナ (SOL) はイーサリアム (ETH) 以外にも多くのブロックチェーンと連携できる見込みです。

ソラナ (SOL) の将来性まとめ

ソラナ (SOL) は高速化されたトランザクションと複数のチェーンをまたぐインターオペラビリティを兼ね備えたアプリケーション開発チェーンです。

イーサリアム (ETH) の抱えるスケーラビリティ問題を解決すると共に、DeFiやNFTの分野で既に実装が始まっているため、今後のさらなる将来性に期待が持てます。

これまで多くのブロックチェーンが崩すことのできなかったイーサリアム (ETH) の牙城は、ソラナ (SOL) によって崩壊されるのかもしれません。

ソラナ (SOL) の購入はBINANCEかBynitがおすすめです。

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

仮想通貨取引所(総合)ランキング

国内
海外
広告掲載 / お問い合わせ
「Kasobu」への広告掲載・そのほかご相談は、下記お問い合わせボタンよりご連絡ください。
お問い合わせ
Kasobu / 仮想通貨投資情報サイトの Twitter