ビットコインキャッシュ (BCH) とは

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)

ビットコインキャッシュ (BCH) の概要

ビットコインキャッシュ (BCH) は、2017年にビットコイン (BTC) からハードフォークした仮想通貨です。ビットコインキャッシュ (BCH) は、ビットコイン (BTC) のスケーラビリティ問題に不満を持つ人々によって考案されました。スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンがこなせる取引以上に取引が行われることにより、送金の遅延や取引の手数料の高騰などが起こることを指します。この問題を解決する方法として、ブロックサイズの拡大変更という選択肢がありましたが、セキュリティとは引き換えになるために、ビットコイン (BTC) のコミュニティは2つに分裂してしまい、変更を希望しなかった人たちは引き続きビットコイン (BTC) を運用し、ブロックサイズの拡大を行った人はビットコインキャッシュ (BCH) へと移ることになりました。

ビットコインキャッシュ (BCH) の特徴

ビットコインキャッシュ (BCH) の大きな特徴としては、生まれる発端ともなったスケーラビリティ問題の改善がされていることです。ビットコインキャッシュ (BCH) は、ブロックサイズを8MBにし、2018年には更に4倍の32MBまで拡張したため、ビットコイン (BTC) よりはるかに大きい取引処理能力を持つようになりました。またビットコイン (BTC) からハードフォークする形で生まれたビットコインキャッシュ (BCH) ですが、DAPPの見解違いによりビットコインSV (BSV) とまたハードフォークをすることになります。度重なるハードフォークは開発者やマイナーを分散させ、結果としてははネットワークの強さを低下させてしまいました。機能面でのビットコイン (BTC) との大きな違いは、スマートコントラクトを搭載していることです。これにより、DeFiやNFTなどの新しい流行を取り入れることが可能となりました。

ビットコインキャッシュ (BCH) の将来性

ビットコインキャッシュ (BCH) の今後の活用としては、スマートコントラクトによるDeFiなどの用途が考えられます。スマートコントラクトの一大プラットフォームであるイーサリアム (ETH) では、DeFi以外にもさまざまな活用をされているため、ビットコインキャッシュ (BCH) にも発展の余地がありそうです。また不安要素としては、半減期後のハッシュレート低下による51%攻撃の可能性が挙げられます。ビットコインキャッシュ (BCH) は、度重なるハードフォークにより、コミュニティとマイナーが分断されているため、攻撃者のターゲットにされる可能性が高くなっているとも言えます。