くりぷ豚とは?始める準備から遊び方まで徹底解説

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
1分で理解する要約
  • くりぷ豚は豚 (くりぷとん)を育ててレースを楽しむブロックチェーンゲーム
  • ゆったり楽しめるゲームとして人気になっている
  • 育てたくりぷとんはアセットとしてイーサリアム (Ethereum/ETH)に換金できる

ゲームのジャンルでもキャラやモンスターを育成するゲームは幅広い年齢層から支持を得ています。ブロックチェーンゲームではアセット (資産)としての価値を持つことで、育成ゲームの分野はさらなる人気を獲得しています。

くりぷ豚というゲームも育成レースゲームとして人気のタイトルです。かわいい生き物が好きな人にとってお気に入りのゲームになるかもしれません。

本記事では、くりぷ豚の操作方法と楽しみ方を紹介します

くりぷ豚とは?

くりぷ豚は2019年春にリリースされたスマホ向けゲームアプリです。2018年にはWeb版もリリースされました。ジャンルは育成レースゲームです。ゲーム内で登場する生き物である通称「くりぷとん」を育成して楽しむゲームです。

くりぷ豚は、仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用したDappsです。世界中のくりぷ豚プレイヤーが育てたくりぷとんたちを交換でき、ゲーム内の取引所で売買することも可能です。

くりぷ豚の始め方

くりぷ豚ではイーサリアムを使用します。まだイーサリアムを保有していない人は取引所で入手しましょう。またくりぷ豚はスマホとスマホアプリとWeb版の両方が用意されています。くりぷ豚をプレイするならMetaMaskを活用することで簡単にウォレットを利用できます。

登録方法

くりぷ豚のアプリを起動したら、パスワードを入力してアカウントを作成します。その後イーサリアムウォレットが作成されますが、そのさいにウォレット内で表示されるバックアップキーは、必ずメモしておきましょう。バックアップキーが流出すると、他人があなたのウォレットにアクセスできるようになってしまいます。

くりぷ豚の遊び方

くりぷ豚はくりぷとんを育成してレースを楽しむゲームです。育成の過程で以下のような楽しみ方ができます。

  • くりぷとんの購入、売却
  • お見合い
  • レンタル (トン活) に出す

くりぷ豚の購入方法

くりぷとんは卸トン屋くりぷとん取引所から購入が可能です。卸トン屋では運営からくりぷとんを購入します。くりぷとん取引所ではユーザー同士でくりぷとんを取引します。目当てのくりぷとんを購入するとウォレットが起動するので、トランザクション処理をおこないます。

トランザクション処理が完了するとマイリストに購入したくりぷとんが追加されます。

お見合い方法

お見合いでは2匹のくりぷとんを交配させることで、新しいくりぷとんを誕生させます。お見合いの方法として以下の2通りの方法があります。

  • 保有するくりぷとん同士でお見合いする
  • 他ユーザーのくりぷとんとお見合いする

他ユーザーのくりぷ豚とお見合いをするさいには、相手が定めたレンタル料がかかります。またどちらの方法でもトランザクション処理が実行されます。

くりぷ豚の誕生

ゲーム画面の上にある卵のアイコンをタップすると、出産を控えたくりぷとんが表示されます。出産させたいくりぷとんを選択するとトランザクションを生成します。実行したトランザクション処理が完了することで、新しいくりぷとんが誕生します。

くりぷ豚の売却方法

あなたが育成したくりぷとんは売却可能です。売却によって指定した額のイーサリアムを獲得できます。マイリストより売却するくりぷとんを選択して以下の内容を決めることでトランザクションが処理されます。

売却方法

  • 始値
  • 終値
  • 販売期間 (日数)

能力が高く貴重なくりぷとんほど、高値で売却できるでしょう。

レンタル (トン活) に出す方法

トン活ではあなたのくりぷとんをお見合い相手として、他ユーザーにレンタルできます。あなたのくりぷとんがレンタルされると、設定したレンタル料が手に入ります。

マイリストからくりぷとんを選択し、「トン活する」を選択します。以下の項目を入力してトランザクションを実行しましょう。

レンタルに出す方法

  • 始値
  • 終値
  • 販売期間 (日数)

くりぷ豚のレース出走方法

くりぷ豚の目的の1つに育てたくりぷとん同士のレースがあります。メニューの「グラントンリスモ」からレースに出場します。出場するくりぷとんはトレセンで登録をおこないます。登録は3体までおこなえます。

レースをするごとに多くのスタミナを消費するので、できる限り多くのくりぷとんを登録しておくといいでしょう。レースでは障害物などが存在するので、うまく飛び越えて1位を目指します。

勝てない場合は育成

レースで勝てないときはあなたの所有するくりぷとんのレベルが足りないため、育成を進めましょう。育成はトレセンでおこないます。育成を1度おこなうとスタミナを消費して、くりぷとんの年齢が1か月上がります。

基本的にステータスが上昇することで、あなたのくりぷとんの能力が上がり勝ちやすくなります。しかし年齢のピークが過ぎることで、全体的な能力が下がっていくので注意が必要です。

くりぷ豚のステータスについて

くりぷとんのステータスには以下の内容があります。

  • スピード
  • パワー
  • スタミナ

ステータスは、レースをどれだけ有利に進められるかを示す値です。また障害物ごとに対応するステータスが異なっており各ステータスをどのように育てるかがポイントになります。公式では障害物の特性が公表されておらず、レースに参加することで障害物の乗り切り方を見極める必要があります。

スピード

スピードはくりぷとんの走る速度に影響します。コースの直線ルートやスピードで切り抜けられる障害物から妨害を防ぐさいは、素早いくりぷとんを出場させることで有利にレースを進められます。全てのステータスで共通する内容として、それぞれのステータスの上限値は6です。

パワー

パワーはカーブに差し掛かった場面で要求されるステータスです。パワーの項目が優秀なほど、コーナーを素早く突破できます。倒木などの障害物を乗り越えるさいにもパワーが要求されます。

スタミナ

スタミナはくりぷとんがレースを最後まで全力で進めるために、必要なステータスです。スタミナがないとレースの後半でばててしまい、最後の追い上げが難しくなります。

またスタミナによって障害物を乗り越えることも要求されるので、上げておきたいステータスだといえます。

ステータスは上限がある

ステータスの上限はくりぷとんの種類に関わらず8で固定されています。鍛えられるのは8回までなので、どんなステータスを鍛えるかでくりぷとんの強さが変わってきます。コースの特性が把握できているなら、その特性に合わせたくりぷとんを育成することが重要です。

またくりぷとんには、長靴やローラースケートといった特性もあります。特性とステータスをうまく組み合わせることで強力なくりぷとんが誕生するかもしれません。

くりぷ豚プレセールの参加方法

2018年11月6日から15日にかけて、くりぷとんのプレセールが実施されました。このプレセールではレースの実装に合わせて、強いスキルを持つくりぷとんが販売されました。

特別なくりぷとんの購入方法は、いつもの購入方法と同じです。逆オークション性が導入され、くりぷとんの購入ごとに値段が上昇する形式がとられました。

くりぷ豚の入金方法

くりぷ豚を十分に楽しむためには、イーサリアムの投入が必須事項です。

アプリの下のメニューから資産を選択しましょう。表示される受け取りアイコンをタップするとあなたのウォレットアドレスが表示されます。このアドレスをコピーして出金元のウォレットにペーストすることで、くりぷ豚と紐づけられたウォレットにイーサリアムを送金できます。

イーサリアムを所有していない人は、Coincheckなどの国内取引所からイーサリアムを購入して送金するといいでしょう。

くりぷ豚ではトンが高値で売れる可能性も

くりぷ豚では保有するくりぷとんを売却することでイーサリアムを入手できますが、珍しい個体なら高値で売れることが多いです。中でもスペシャルトンと呼ばれるくりぷとんたちは、高値で取引されています。

スペシャルトンの種類としては、他タイトルとのコラボで生まれたくりぷとんやイベントで発生した個体もあります。また10,000匹目と20,000匹目のキリ番に誕生したくりぷとんは、レアな個体として認知されています。

くりぷ豚の評判・口コミ

2018年11月前半に開催されたプレセールでは、くりぷとんが購入されるごとに値上がりする仕組みが採用されましたが、そのシステムが話題になりました。賛否両論があったようですが、買い占めを防ぐための施策として一定の評価を得ていたようです。

現時点で多くのブロックチェーンゲームが登場している中、くりぷ豚はほのぼの遊べるゲームとして人気なようです。

新しく登場したくりぷとんばかりがひいきされずに、これまでに登場したくりぷとんも大切にする姿勢が高評価を得ているようです。

くりぷ豚 まとめ

くりぷ豚はかわいいくりぷとんたちを育成して、好みの個体を作り出す楽しさがあります。くりぷとんが他のブロックチェーンゲームとコラボする機会が増えており、くりぷ豚の認知度も高まってきているようです。

レースをする以外にもコレクションゲームとして人気のため、気になる人は一度くりぷ豚をプレイしてみるのもいいかもしれません。