フロー (Flow/FLOW) の特徴 | チャート・購入方法・将来性について解説

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
1分で理解する要約
  • コンシューマー向けの新しいブロックチェーン
  • BINANCE (バイナンス) などの有力なパートナー企業多数
  • 価格上昇する可能性大の暗号資産 (仮想通貨)

暗号資産 (仮想通貨) 界隈での技術と言えば、ブロックチェーンが取りあげられます。特に有名なのがイーサリム上のブロックチェーンですが、暗号資産 (仮想通貨) と同様に日々進化しています。

そんな中で、注目を浴びているブロックチェーンの技術を使用しているのがフロー (Flow/FLOW) です。本記事では、フロー (Flow/FLOW) の特徴や価格、購入方法、おすすめの取引所まで具体的に解説します。

フロー (Flow/FLOW) の購入を検討されている方はぜひ最後まで見ていきましょう。

フロー (Flow/FLOW) とは

フロー (Flow/FLOW) は新しいブロックチェーンの技術であり、ゲームやアプリなど消費者向けのコンテンツを作る際に必要な技術と言われています。従来のブロックチェーンでは、トランザクション処理性能をはじめとする様々な課題に直面して、消費者向けのコンテンツを作るには限界がありました。

そこで開発元であるダッパーラボ (Dapper Labs) がその課題を払拭しようと考えてフロー (Flow/FLOW) を開発しました。フロー (Flow/FLOW) で作られたゲームは消費者に優れた体験をお届けし、新世代のゲームを作るきっかけになるとも言われています。

最近では、「NBA Top Shot」というフロー (Flow/FLOW) を使ったゲームが大人気となり、徐々に認知度を広げています。

フロートークン

フロートークンはフローネットワークに使われる暗号資産 (仮想通貨) であり、新しいボーダーレスなデジタル経済を作るのに必要なものです。フロー (Flow/FLOW) はブロックチェーンを用いたインフラですが、フロートークンはそのネットワークを動かす燃料であると覚えておくと良いでしょう。

フロートークンは決済手段としての機能はもちろん、バリデータや開発者、ユーザーがネットワークに参加して報酬を得るために使用されることもあります。また、長期的な資産として設計されていて、新しい経済圏を作るのではないかと期待もされています。

そのほか、プロトコルガバナンスに参加するためにも使用され、ユーザー側に運営方針や決定権を持たせる暗号資産 (仮想通貨) としても機能します。

創設者

フロー (Flow/FLOW) を開発したのはダッパーラボ社 (Dapper Labs) で、2018年に設立されました。ダッパーラボ (Dapper Labs) は「NBA Top shot」や「Cryptokitties」といった数々のゲームを生み出して多くのユーザーに支えられています。

フロー (Flow/FLOW) を開発した経緯はイーサリアム上のブロックチェーンの課題に直面した点もありますが、消費者がネットワークに参加することができ自らクリエイターになれる場所の提供をしよう考えた背景もあります。

それによって新たなデジタルな経済圏を作り出し、より高度なアプリケーションを作るのに必要な環境を提供しているのがダッパーラボ (Dapper Labs) です。

出資者

フロー (Flow/FLOW) の技術に注目して出資している企業もたくさん存在します。その中には、有名なベンチャーキャピタルのアンドレッセンホロウィッツやワーナー・ミュージックなど、有名どころがずらりと出資しています。

それだけフロー (Flow/FLOW) の技術に可能性を感じ、成長の見込みや社会に変革をもたらす技術であることが出資者を見ていても分かるでしょう。

パートナー

フロー (Flow/FLOW) のパートナー企業はゲーム関連に強い企業が多数いるほか、様々な分野の企業がフロー (Flow/FLOW) と提携しています。その中でも特に注目なのが、世界大手暗号資産(仮想通貨)取引所のBINANCE (バイナンス) が加わっていることです。

つまり、今後はBINANCE (バイナンス) でもフロー (Flow/FLOW) が上場する可能性があり、上場されたら価格が大幅に上昇する可能性があります。

フロー (Flow/FLOW) の特徴

フロー (Flow/FLOW) の特徴は元々のブロックチェーンの技術を改良し、シャーディングやコンセンサスの分散化を低下させることなくネットワークを拡張することが可能です。

また開発者のために「Cadence」という簡単で安全なプログラミング言語で書かれていて、フロー (Flow/FLOW) のネットワーク上で新たなアプリケーションや製品を生み出すこともできます。

消費者側にもメリットがあり、決済手段として機能するほか、ユーザー同士のやり取りにも使用することができる特徴があります。これらは新たなデジタル経済を作るのに欠かせない特徴でしょう。

フロー (Flow/FLOW) の価格

現在の価格

フロー (Flow/FLOW) の現在の価格は現時点 (2021年3月18日) で3,530円となっています。この価格は徐々に上昇している傾向であり、2021年1月27日時点では、155円でした。つまり、あれから10倍以上も価格が上昇していることになり、出始めの頃の値段で購入していれば大幅な利益を得られたことが分かります。

過去の高騰

フロー (Flow/FLOW) が高騰した理由として、実際にゲームに活用されて大きな話題を呼んだのがきっかけと言われています。元々、ゲームやデジタルアートなどはイーサリアム上のブロックチェーンで開発されていましたが、コスト面や機能の面でいくつか課題を抱えていました。

開発元であるダッパーラボ社 (Dapper Labs) はそれらの問題を払拭すべくフロー (Flow/FLOW) を開発し高度なゲームやデジタルアート、様々な分野へと活用する意向を示しています。

既にフロー (Flow/FLOW) のブロックチェーンを活用したゲームは存在し、「NBA Top Shot」がそのゲームの1つです。実際、「NBA Top Shot」は高度な表現をなされたゲームであり、ユーザーに大きな人気を集めることができました。

また、NFT (非代替性トークン) への期待があったこともありましたが、実際にブロックチェーンを活用したことで人々の期待は今まで以上に高まり、フロー (Flow/FLOW) が高騰するきっかけになったとも言われています。

今後も新たなゲームがどんどん開発される傾向にあり、この勢いは増すことでしょう。なので、価格が再度高騰する見込みはこれからもあります。

フロー (Flow/FLOW) の評判・口コミ

NFTブームの過熱感から、フロー (Flow/FLOW) のステーキングが上がっているという意見がありました。

フロー (Flow/FLOW) のICOに参加していたら、400倍にもなっていたという意見がありました。

フロー (Flow/FLOW) の購入におすすめの取引所

Kraken (クラーケン)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Kraken
(クラーケン)
Kraken Digital Asset Exchange
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
MtGOXの破産処理手続きの支援を表明した歴史と信頼のある取引所
Kraken (クラーケン) は、2011年に設立された老舗の海外暗号資産(仮想通貨)取引です。海外取引所ながら、日本語や日本円に対応しています。また、取引量に応じて取引手数料が安くなるシステムが設けられていたり、スプレッド低いので、余計な出費が少ない点が魅力です。
取引手数料
Maker : 0〜0.16% / Taker : 0.1~0.26%
取引方法
現物 / FX / 両替
暗号資産数
70
最大レバレッジ
5倍
スマートフォン対応
Androidのみ
最低取引単位
0.01BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
8.5
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
詳細を見る

フロー (Flow/FLOW) の取引ができる大手取引所としてKraken (クラーケン) が挙げられます。Kraken (クラーケン) は2021年1月27日からフロー (Flow/FLOW) の取引を開始し、ユーザーはフロー (Flow/FLOW) を購入できます。

Kraken (クラーケン) は世界の総合的な取引所ランキングで世界第3位を誇っており、2011年にカリフォルニアで開設されて以来、ハッキングや大規模なサイバー攻撃を受けたことがなく、ユーザー側から信頼されている取引所の1つです。

高評価な取引所であることから、ユーザー数も多数おり、ほぼ希望通りの価格で購入することが可能なので初心者でも安心できます。安全にフロー (Flow/FLOW) を取引するのであれば、登録しておいて損はないでしょう。

尚、ICOでトークンを受け取ったユーザーはステーキング報酬分のみの取引が可能です。 そのためICOで購入した分に関しては1年間取引できないので注意しましょう。取引通貨ペアに関しては以下の通りです。

  • FLOW/USD
  • FLOW/EUR
  • FLOW/GBP
  • FLOW/XBT
  • FLOW/ETH

Huobi global (フォビグローバル)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
Huobi Global
(フォビグローバル)
HBUS Holdco, Inc.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
シンガポールに拠点をおく暗号資産(仮想通貨)取引所
Huobi Global (フオビグローバル) は、2013年に設立された、シンガポール発の暗号資産(仮想通貨)取引所です。独自トークンを利用することで取引手数料が半額になるというサービスを受けることができる点が魅力です!また、取引の約定がスムーズです!
取引手数料
0.007
取引方法
現物
暗号資産数
331
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
-
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
8.8
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
詳細を見る

Huobi global (フォビグローバル) でもフロー (Flow/FLOW) を取引できます。Huobi global (フォビグローバル) も世界的に有名な暗号資産 (仮想通貨) 取引所であり、多くのユーザーに支えられています。

特徴としては、最大で5倍のレバレッジ取引が可能で、支払いに関してもクレジットカードで暗号資産 (仮想通貨) を購入できるため、ビットコインを持っていない方でも気軽に暗号資産 (仮想通貨) を購入できます。

また、セキュリティ面も優れていて、ユーザーの資産はコールドウォレットに保管されて24時間365日のセキュリティ監視を行っているため安心です。そのほか、Android用とiOS用にモバイルアプリが存在し、いつでも気軽に入出金や取引を開始することができます。

尚、取引できる通貨ペアは以下となります。

  • FlOW/BTC
  • FLOW/ETH
  • FLOW/USDT

OKEx (オーケーイーエックス)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
#無期限先物取引
OKEx
(オーケーイーエックス)
OKEx Fintech Company. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
中国三大暗号資産(仮想通貨)取引所の一つ。binanceに続いてマルタに本拠地を移した取引所
OKEx (オーケーイーエックス) は、中国に拠点を置く海外取引所で、中国3大取引所の1つとして数えられています。ユーザー数が多く、中国屈指の取引高を誇っており、流動性は非常に高いです。また、bitbankが正規取次店となっているので信頼度も高いです。
取引手数料
Maker : 0~0.05% / Taker : 0.05~0.15%
取引方法
現物 / FX / 先物 / インデックス
暗号資産数
269
最大レバレッジ
100倍
スマートフォン対応
Androidのみ
最低取引単位
-
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
7.1
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
詳細を見る

OKExは香港に存在する世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。中国を発祥の地とした取引所の中でも有名な取引所となっています。

OKExではビットコインだけでなく多くの暗号資産(仮想通貨)を取扱っていることを特徴とします。新しく上場したまだ世間に知られていないアルトコインや取引所がオリジナルで発行しているOKBトークンを購入可能です。

ただし日本円で購入不可なので、購入する場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムに交換して送金するという作業が必要となります。

また中国3大取引所と言われており、1日の取引量が多く流動性が高いことも特徴といわれています。通貨の流動性が高いということは希望の価格で取引が成り立つことに繋がり安全な売買が可能となります。

その点ではOKExは世界最大の出来高を誇るため、取引に安心感があります。しかし残念ながら日本語対応していないため、翻訳機などを用いながら取引を行いましょう。

フロー (Flow/FLOW) の購入方法・買い方

取引所で購入する

OKEx (オーケーイーエックス)を例に買い方を説明したいと思います。

フローの買い方

STEP1

口座開設する

STEP2

入金する

STEP3

フローを購入する

STEP1 口座開設する

公式サイトにアクセスした後、右上の「Sign Up」を押してください。

次に各欄に必要事項を打ち込んでいきます。「Email」欄にメールアドレスをうち、次の「Enter code」欄の右にある「Get code」ボタンを押すと、メールで6桁のコードが送られます。コードの有効期限は60秒しかないので60秒以内に「Sign Up」まで終えてください。

Password」欄にはパスワードを「Confirm Password」欄には確認のためのパスワードをもう1度入力してください。パスワードは6文字以上となります。

チェックボックスの右に書かれているのは、「私は、利用規約、リスク&コンプライアンス開示、プライバシーポリシー、および声明を読み、理解しました。」という意味です。問題がなければチェックボックスをクリックしてください。

最後に「Sign Up」をクリックします。これでアカウントの登録が終了しました。メールにアカウントが作成されたことの確認メールが届きます。ただしアカウントレベルは0なので、入金は可能ですが出金はまだできません。注意してください。

次に初心者か経験者かを確認するアンケート画面となります。初心者を選ぶとこれからの手続きの説明がはじまり、経験者選択すると入金に進めます。日本語ではありませんのでご注意ください。

STEP2 入金する

まずは入金アドレスを獲得しましょう。ログイン後の画面右上にある「Account」をクリックします。

画面左部のメニューにある「My Wallet」を押してください。

「My Wallet」の画面で、暗号資産(仮想通貨)の入金用アドレスを獲得します。入金したい暗号資産(仮想通貨)は「Search Token」から検索することも可能です。

入金希望の通貨を見つけられれば、列の右側にある「Token Deposit」を押して、入金用アドレスを得てください。

「Token Deposit」の画面では、TokenとDeposit Addressをチェックしてください。Deposit Addressとは入金用アドレスのことです。TokenがFLOWであることを確認し、入金用アドレスの右側にある小さなタブをクリックします。クリックすると入金用アドレスは自動的にコピーされるので非常に便利です。

また小さなタブの横にカーソルを持っていくとQRコードを出すことができます。スマホで送金を行う場合などQRコードでスキャンした方が楽となる場合もあるので、その都度使いやすい方法で入金してください。

そして入金用アドレスは選択した通貨以外では使用不可です。間違った暗号資産(仮想通貨)の入金をしてしまわないように注意してください。

OKExで入金用アドレスをコピーしたら、送金元の取引所やウォレットの画面に移りましょう。送金元の送金画面にて、OKEXの入金用アドレスを貼り付けてください。これにて入金は完了です。

この手順でOKExのウォレット内に無事資金が入金されました。しかし現在の状態ではまだ取引を行えません。

OKExではウォレット取引用アカウントにあるお金は管理が別となっていることが理由です。よってウォレットからアカウントへお金を移さなければ取引ができません。

その方法を説明します。まず「Transfer」をクリックしてください。

「My Wallet」内からアカウントに移動させたい暗号資産(仮想通貨)を見つけて、列の右端にある「Transfer」を押してください。

次に「Transfer」画面より資金を移動させましょう。

上記画面より「My Wallet」から取引用アカウントへ資金を動かしましょう。まずはなんのアカウントに資金を動かすかを選びましょう。ここで種類を紹介します。

アカウント種類

Spot Account

現物取引用アカウント

Futures Account

先物取引用のアカウント

C2C Trading Account

ユーザー同士の売買用アカウント

Margin Account for Spot

信用取引用のアカウント

Portfolio Account

インデックス取引用のアカウント

OK PiggyBank

レンディングサービス利用のアカウント

暗号資産(仮想通貨)同士の現物取引をお使いになりたい場合は「Spot Account」を選んでください。そして「Amount」で資金を動かしたい暗号資産(仮想通貨)の数を入力します。

ここで下の「Transfer All」を押すと、選んでいる暗号資産(仮想通貨)の残高を表示できます。

入力を終えたら「Confirm」を押して資金を動かしましょう。

フローを購入する

いよいよフローを購入していきます。トレード画面に移ってください。

暗号資産(仮想通貨)取引を行う場合は画面の上にあるタブより「Spot Trading」を選択してください。次に希望の通貨ペアを選択します。

トレード画面に移ったら、どの基軸通貨を使って取引を行うのかを選択しましょう。BTCやETH、USDT、OKBから選択可能です。ここではBTCを選びます。

そして画面右側には通貨ペアが表れますので、どの通貨と取引したいのかを検索してください。

それからBuy FLOWを選びます。選択後は「Order Type」で注文方法を選んでください。

次に購入価格と取引数量を打ち込んでいきましょう。購入価格はご自身で数値を入力できますし、板から自動入力も可能です。

最後に購入に問題なければ「Buy FLOW」を押します。実際に購入する際はクリック後、ファンドパスワードを入力してください。

オークションで購入する

Coinlistに登録

まずはCoinlistに登録するため、公式サイトにアクセスしてください。アクセスしたら画面上部の右上にある「Get started」をクリックします。

「Get started」をクリックすると、「名前」「メール」「パスワード」を入力する画面に移るのでそれぞれ必要事項を入力し、入力完了後に「Create Accout」をクリックします。

その後、Coinlistにて本人確認をする必要があり、住所とパスポートの写真を提出をします。また、PCやスマホのカメラを使用してパスポートを持ちつつ写真を撮影して提出する必要もあります。

尚、審査には2日〜3日かかるので数日間は待ちましょう。審査が無事に通れば、この後紹介するオークションに参加することができます。

オークションで入札

Coinlistにて本人確認の審査が通ればダッチオークションと言われるものに参加ができ、フロー (Flow/FLOW) への入札が可能となります。ダッチオークションとは、最高値から段々と値段を下げて売買を成立させるオークションのことです。

通常のオークションとは逆をイメージして頂くと分かりやすいでしょう。別名で「オランダ競売法」とも呼ばれ、変わった方式でオークション取引が可能です。尚、通常のオークションのことを「イングリッシュ・オークション」と呼び、こちらは最高価格を最終的に提示した買い手が落札できる方式です。

トークンセール

Coinlistに登録する

先程の説明と重複しますが、まずはCoinlistに登録する必要があるので公式サイトにアクセスしましょう。すると、上のページに移るので、画面上部の右上にある「Get started」をクリックします。

次のページにて「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力する画面に移るのでそれぞれ必要事項を入力し、最後に「Creat Accout」をクリックします。その後、メールアドレス宛に確認メールが届くので認証しましょう。

ログインすると上のページが表示されるので、左側の項目から「ダッシュボード」を選択します。すると、画面に真ん中の一覧にトークンセールの一覧が出てくるので、その中からフロー (Flow/FLOW) の「コミュニティセール」に参加する方を選択します。

尚、フロー (Flow/FLOW) のICOに参加する方法は「オークション形式」か「コミュニティセール」の2通りありますが、ここでは「コミュニティセール」の買い方をメインに解説します。

コニュニティセールを選ぶ

「コミュニティセール」を選択すると、上のページが表示されるので、「Register Now」をクリックして登録を開始します。

すると、上の英文にてずらりとプロセスが書かれているページに飛びます。書かれている内容としては、1,000ドルまでしか参加できないという内容と「米国在住者ではない」ことが条件として書かれてあります。

そのほか、必要条件として「ウェブカメラ (スマホでも可) 」「身分証明書」「送金手段」を持っていることを確認してくださいという注意事項が書かれてあるので、条件に同意するのであれば「Get started」をクリックしてください。

身分・居住地域を登録する

「Get started」をクリック後、名前と身分を入力する画面に移ります。法人や信託でなければ「A person (個人) 」を選択しましょう。身分を選んだ後は、氏名を入力して「Save &Continue」をクリックします。

次の画面で居住地域の情報を入力する画面となります。まず、「SELECT YOUR COUNTRY OF RESIDENCE」の下にあるボタンをクリックします。プルダウンにて国の一覧が表示されるので、その中から「Japan (日本) 」を選択しましょう。

居住国を選んだ後は、「I confirm〜」の横にあるチェックボックスにチェックを入れて最後に「Continue」をクリックします。

そうすると、住所と電話番号を入力する画面に移ります。ここで、名前が既に入力されていることを確認したら、英語で住所を入力し、誕生日、電話番号を入力して最後に「Save &Continue」をクリックしましょう。

身分証明の読み込み

このページでは身分証明書の読み込みが必要になります。尚、ウェブカメラをお持ちでない場合は「Start」をクリックしてください。QRコードが表示されるので、そのQRコードをスマホで読み込むとリンクが現れます。

リンクをクリックすると身分証明書の顔写真ページを撮影できるので撮影完了後、無事に認識されれば完了となります。尚、ここでGoogle2段階認証の設定をしておくとセキュリティ面で安全なので、やっておくと良いでしょう。

フロー (Flow/FLOW) の問題

フロー (Flow/FLOW) はイーサリアム上のブロックチェーンの問題を払拭するために開発されたものです。そのためコンシューマ向けアプリケーションの開発に優れていて、開発元であるダッパーラボ社 (Dapper Labs) もゲームやアプリ開発をフロー (Flow/FLOW) 上に移行しています。

なぜイーサリアム上での開発は適切でないと判断したのかというと、トランザクション手数料のgas代が高いことと、処理性能の問題に直面したからです。これらの課題はゲームを利用するユーザーが高い手数料を支払うことになり、長期的に見てコストが莫大にかかると判断したからです。

そのためフロー (Flow/FLOW) の開発に至りましたが、イーサリアム2.0がリリースされてもスケーラビリティの課題は残るだろうとダッパーラボ社 (Dapper Labs) は予想しています。

それらの課題を解決するためフロー (Flow/FLOW) ではまだまだ改良が行われており、最終的にはPoS (プルーフ・オブ・ステーク) のコンセンサスを採用してユーザーの体験を悪化させないことも目的としています。

フロー (Flow/FLOW) の今後・将来性

フロー (Flow/FLOW) は現在、Kraken (クラーケン) とHuobi global (フォビグローバル) の大手取引所に上場されています。上場されてからは徐々に価格が上昇しており、今後も価格が上昇する見込みがあります。

フロー (Flow/FLOW) のパートナー企業にはBINANCE (バイナンス) とCoinbase (コインベース) のベンチャー企業などが参加していて、今後これらの取引所に上場される可能性があります。

BINANCE (バイナンス) に上場されることになれば、認知度が広まり投資家が続々と購入されることが予想されるので買い圧力が高まるでしょう。またフロー (Flow/FLOW) のステーキング報酬5%を利確する動きがあれば、売り圧力が高まることが予想されます。

したがって今からフロー (Flow/FLOW) を購入するのであれば、プロジェクトの推進について着眼し、投資判断をしていく必要があるでしょう。

参考 : 暗号資産(仮想通貨)フロー (Flow/FLOW) の今後の展望は?技術面を踏まえながら将来性について徹底解説

フロー (Flow/FLOW) に関するQ&A

フローは他のブロックチェーンとどのように違うのですか?

フロー (Flow/FLOW) は他のブロックチェーンとは違い、高速な処理をすることが可能でコンシューマ向けのアプリケーション開発ができるブロックチェーンです。コンシューマー向けのアプリケーションというのは、主にゲームやデジタルアートといったエンターテイメント業界に関連するアプリのことを言います。

通常のブロックチェーンでは、トランザクション処理性能や多大なコストがかかってしまうという課題に直面していて、フロー (Flow/FLOW) はこれらの課題を払拭するよう今も尚改良が続けれられています。

また、技術的内容を細かくお伝えすると、バリデータによる通常作業を分散化して効率化の向上がなされていて、機密情報の専用証明 (SPoCKs) と呼ばれる暗号技術が使われています。

そのほか、スマートコントラクト間での相互作用を可能にし、フロー (Flow/FLOW) 上で構築されたアプリに対して大きなネットワーク効果も与えます。

フローは分散化されますか?

フロー (Flow/FLOW) のネットワークを安全に保つために分散化する方向となっています。フロー (Flow/FLOW) のネットワークに今後も簡単に参加できるようにするため、セキュリティ面や処理性能を維持するために、分散化は必然的になされるでしょう。

フロー (Flow/FLOW) に関するまとめ

フロー (Flow/FLOW) は価格上昇する見込みのある魅力的な暗号資産(仮想通貨)ですが、その技術も大変魅力あるものです。特に、ブロックチェーンに関しては今後新世代向けの面白いゲームが開発される可能性があり、新たなデジタル経済が作られることもあるでしょう。

そして国家や特定の企業といった枠組みを超えて我々の生活に新たなエンターテイメントを生み出し、変革をもたらす力も秘めている暗号資産(仮想通貨)です。まだまだ、発展途上の暗号資産(仮想通貨)ですが、有力なパートナー企業や出資者が多数存在していることを考えると今後も注目しておく必要のある暗号資産(仮想通貨)であることに間違いないでしょう。

もし、購入を検討している方であれば、今のうちに購入してみてはいかがでしょうか。