ホワイトペーパー (Whitepaper)

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)

ホワイトペーパーとは、企業または非営利組織が提供または提供する予定のソリューションや製品、またはサービスの機能を宣伝したり強調したりするために発行するマーケティング文書です。ホワイトペーパーの目的は、特定の製品やサービス、テクノロジーなどについて宣伝し、顧客やリード顧客、投資家の決定に影響を与えることです。

ホワイトペーパーは、パンフレットのような他のマーケティング資料とは目的や役割が異なります。パンフレットは派手な文言や図表を用いて、明らかな売り込みを行うことを意図して作成されますが、ホワイトペーパーは特定の製品が問題や課題を解決するために優れた方法であることを、説得力のある事実に基づいて証明します。一般的にホワイトペーパーは、よりアカデミックな書式で書かれます。

多くのホワイトペーパーはB2Bマーケティングにおいて作成、使用されます。また、暗号資産 (仮想通貨) の分野でも、ホワイトペーパーの発行はよく行われます。最も代表的な暗号資産 (仮想通貨) であるビットコインは、2008年10月に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物またはグループによってホワイトペーパーが発行されてから数カ月後に、最初の通貨が発行されたことで有名です。また、ICO (イニシャル・コイン・オファリング) でも、ユーザーと投資家に対してプロジェクトへの参加を呼びかけるために、プロジェクトチームによってホワイトペーパーが発行されました。