ゼロ知識証明とは

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)

ゼロ知識証明とは、証明者が検証者に機密情報を明らかにすることなく、いくつかの機密情報に関する記述が真実であることを数学的に証明する方法です。これは一連の暗号化アルゴリズムによって可能となります。ゼロ知識証明認証の1つの例は、証明者が非対称鍵ペア (RSA、ECなど) を持ち、秘密鍵 (識別秘密) を使用して公開鍵で送信されたチャレンジに応答する場合です。秘密鍵が公開されることはありませんが、検証者は証明者が鍵を持っているかどうかを判断できます。

ゼロ知識プロトコルは確率論的評価です。つまり、単にそれを明らかにするだけの完全な確実性で何かを証明することはできません。代わりとして、リンクできない小さな情報を提供、蓄積することで、アサーションの有効性が圧倒的に高い可能性を示します。

このテクノロジーを用いることで、たとえば、個人の身元を証明する際に個人データの共有が必要ない身元認証システムを作成可能です。このことによって、個人データを第三者に盗まれることがなくなります。