この記事のポイント
  • 10万円を貯金と資産運用のどちらにまわすべきか
  • 資産運用にまわしていいお金とは
  • 10万円でできる資産運用の方法

銀行の金利が低いから資産運用を試してみたいけれど、資産運用はリスクが高いのでは?と迷っている人もいらっしゃるでしょう。最近の投資商品には少額からはじめられる商品も多くあります。

失敗しても大きな痛手とならない10万円程度ならば、資産運用を試してみたい人も多いでしょう。

資産運用の資金の捻出方法と、10万円でできる資産運用の方法をいくつか紹介します

貯金するべきなのか?

手元にあるお金を貯金するべきか、もしくは資産運用にまわすべきか?と迷っている人も多いでしょう。貯金とは、毎月コツコツとお金を貯めていくことです。

一般的に貯金は銀行に預けて貯めていきます。銀行に預けたお金は、それぞれの銀行が設定した金利によって預けたお金よりも増加しますが、銀行の金利は低金利なのであまり増加が望めません。

そのため貯金の金利だけで資産を増やしていくことはかなり難しいでしょう

資産を増やす方法には、貯金以外に「資産運用」もあります。はじめて投資する人にとっては、投資はリスクが高くて知識がないと不安に感じるかもしれません。

しかし最近の投資商品は、専門家が自分の代わりに運用する商品や、少額からはじめられる投資商品などさまざまなものがあります。

投資初心者で心配な人は、リスクが低くて安全性の高い投資商品からはじめてみましょう

10万円を資産運用に利用してもよい?

手元に10万円あったとします。たとえばこの10万円が、生活資金として必要なお金ならば資産運用にまわすべきではありません。 資産運用にまわしていいお金は、あくまでも「しばらく必要とならない、または当分使わない余過剰金」です

毎日の生活に必要な生活資金や子どもの成長に合わせて必要な教育資金、住宅購入の頭金などとして貯蓄した住宅資金などは余過剰金ではありません。

資産運用は低リスクで安全性が高い商品もありますが、多少のリスクはつきものです。そのため遠くはない将来、使う予定の資金は資産運用に利用しないようにしましょう。

また年齢によっても異なりますが、老後資金は余過剰金ではありませんが余裕資金とも言えます。資産運用に10万円を利用するならば、余過剰金や、しばらく使う予定のない老後資金からまわすようにしましょう。

そもそも10万円で資産運用可能?

日本証券教会調べによると、資産運用をしている人の約8%の人は保有額が10万円未満です。この結果だけを聞くと、資産運用は高額のイメージを持つかもしれません。

しかし実際には10万円程度の少額からはじめられます

とくに初心者の場合には、万が一資産運用に失敗したときのことを考えて、少額からはじめることがおすすめです。

たとえば少額からできる資産運用には、ボーナスなどの臨時収入のなかから10万円をまとめて投資する方法や、月々1万円ほどの定額積立で投資する方法があります。

10万円の資産運用で利益は出せる?

10万円で資産運用すると利益はどれくらいになるのでしょうか?実際に10万円を10年間資産運用した場合の、金利別利益を見てみましょう。

普通預金や定期預金などの金利0.01%の場合では、 10年預けて100円しか増えません。個人向け国際や新型窓口販売方式国債の金利0.05%では、 500円増えます

投資信託や株式などで10万円を運用した場合には、選ぶ銘柄などによって収益率が大きく異なるため一概に利益がいくらかは言えません。目安としては 利回りが1%ならば約1万円、3%ならば約3万円も利益が出せます

同じ10万円を運用するならば、投資をしたほうが10年後により大きな利益が望めるでしょう

低リスクで運用するには分散投資がおすすめ

初心者はハイリスク・ハイリターンを狙うのではなく、低リスクで運用する方法がおすすめです。分散投資には4つの方法があり、以下にそれらの方法を紹介します。

資産分散

資産分散」とは投資の対象を預貯金のほか、株式・債権・投資信託などいくつかの種類に分散して投資する方法のことです

1種類だけに投資をしていると、万が一その投資対象の価値が下落した場合にはマイナスが生じるかもしれません。また異なる種類に投資すれば、それぞれの投資対象の下落と上昇によって全体的に損失を抑えられる可能性があります。

投資にはリスクがあり、種類によってもリスクの大きさが異なります。一般的に最も低リスクの種類が預貯金です。つづいて債権、投資信託、株式の順にリスクが高くなります。

資産運用をする際には、いろいろな種類の資産を保有しましょう。

時間分散

時間分散」は1回で多額を投資するのではなく、少額ずつ時間を分散して投資する方法のことです。たとえば10万円を投資する際には、まずは3万円、翌月に3万円などのように少し時間をおいてから投資することで、高値や安値など購入単価を平均化できます。

地域分散

投資商品は、日本国内だけではなく、アメリカやヨーロッパなど海外にも債券や株式があります。地域分散」は、1種類の通貨ではなくいろいろな国や地域の通貨に分散させる方法です

もっとも身近な通貨は日本円ですが、日本円のみで資産を保有していると日本が経済不況に陥ったときに価値が下落して大きな損失につながります。

長期投資

10年、20年と長期で投資する方法が「長期投資」です。資産運用は長期投資することで、低リスクで高収益を望める傾向があります。

10万円でできる資産運用方法

資産運用はバリエーションが豊富です。ここでは10万円でできる10種類の資産運用方法を紹介します。

株式

株式の銘柄の単元は100株や1,000株が多いです。たとえば単元株100株の株価が1,000円とします。1,000円×100株=10万円となり、10万円で株式を購入可能です。

また10万円以下で単元株を購入できる銘柄は日本国内では2,000銘柄以上もあります。このうち東証一部上場している銘柄は約1,000銘柄です。このように10万円でも十分に株式投資がスタートできます。

ミニ株

ミニ株」は一部の証券会社が提供しているサービスです。株数が単元株の10分の1以下から購入できます。 株式では単元株100株の株価が1,000円だと10万円が必要ですが、ミニ株ならば10株を1万円で購入可能です

それぞれ証券会社ごとにミニ株の設定が異なり、証券会社によっては100分の1や1,000分の1からミニ株を提供しているところもあります。

ただしミニ株では配当金が出た場合には、株数に応じた配当金を受け取れますが、保有株数が単元未満なので株主にはなれません。そのため株主総会への出席や株主優待などは対象外です。

投資信託・ETF

投資信託」も「ETF」もどちらも同じ投資信託ですが、大きな違いはETFの取扱いは証券会社のみで、投資信託の取扱は証券会社や銀行・郵便局という点です

投資信託では、投資家から集めたお金で「ファンド (基金) 」を作成し、運用の専門家「ファンドマネージャー」が投資家の代わりに運用します。

ファンドマネージャーは市場の動向や業績などさまざまな点から分析をして運用方針に従って投資します

投資信託の単位は「口数」です。基準価額は1万口で表され、購入する際には金額での最低購入単位を使用します。基準価格が高くても、金額指定で購入できるため、10万円でも投資信託・ETFをはじめられます。

▶ 『ETF』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

個人向け国債

個人向け国債」とは、日本が発行している個人向けの債権のことです。証券会社や銀行などで取扱いがあり、価格は最低1万円から、1万円単位で予算にあわせて購入できます。

債券は、お金を貸してくれる人に発行する「借用証書」です。個人向け国債は国債を購入した人が国にお金を貸したことになり、保有中は国から利息が支払われます。

満期になると国が借りたお金を返金する「償還」されるのがルールです。現在個人向け国債は以下の3種類用意されています。

個人向け国債一覧
種類金利満期
変動10変動10年
固定5固定5年
固定3固定3年

いずれのタイプも最低金利は0.05%です

また個人で購入できる国債には、個人向け国債のほか「新型窓口販売方式国債」もあります。個人向け国債と異なる点は最低購入金額は5万円から、5万円単位で購入できる点です。新型窓口販売方式国債の概要は以下のとおりです。

新型窓口販売方式国債の概要
種類金利満期
固定2固定2年
固定5固定5年
固定10固定10年

個人向け国債と新型窓口販売方式国債は、いずれも半年ごとに年2回利子が受け取れます

外貨建て個人年金保険

外貨建て個人年金保険」は、外貨で積立をする年金保険です。日本でも公的年金制度がありますが、少子化や高齢化が進むにつれ年金受給額の減る恐れがあるため、外貨建て個人年金保険の人気が高まっています。

月払いの外貨建て年金保険では、一般的に1万円単位が多く10万円で運用可能です。保険料の支払いや年金などの受給も外貨で行われるのが原則ですが、保険会社によっては日本円でもOKのところもあります。

日本円に比べてわずかに金利が高い外貨でも、長期運用することで大きな利益となる可能性が高いため、長期運用が向いているでしょう

また掛け金は所得額から控除されるため、利益だけでなく節税効果も期待できます。

変額個人年金保険

変額個人年金保険」は株式・債券の運用実績に応じて、年金の受給額が変動する保険です。手数料などha保険会社がそれぞれ独自で設定しているため、月々の支払金額の目安はわかりにくいですが、1万円単位の少額運用に対応できる商品もあります。

投資としてだけでなく保険としての性質が強いため年金受給額は変動しますが、契約締結時に決められた死亡保険金額は変動しません。

ポイント投資

ポイント投資」は、0円から資産運用できる投資方法です。ポイント投資では、普段の買い物やサービスの利用によってたまった特定のポイントを株式購入や投資信託の運用にまわせます。

自分の資金を使わずに、日常生活でたまったポイントを運用する方法なので、万が一運用が失敗しても自己資産の損失は発生しません。

おつり投資

おつり投資」は、アプリを使って毎日のおつりを運用資金として積み立てる投資方法です

おつり金額の設定はアプリによっても異なりますが、5円から1円単位で設定できるアプリもあります。

買い物するたびに、自動的に少額投資ができるため、初心者でもかんたんに資産運用が可能です。おつり投資で有名なアプリは以下の3つです。

  • THEO (テオ)
  • マメタス
  • トラノコ

少額投資非課税制度

少額投資非課税制度」は、少額の投資によって得られた利益が非課税になる制度です

NISAとも呼ばれており、3種類あります。

少額投資非課税制度の種類
投資先種類対象者非課税枠投資期間対象商品注意
一般NISA日本国内で満20歳以上の人毎年120万円まで最長5年間公募株式投資信託 / 上場株式 / 投資信託・ETFなどつみたてNISAとの併用不可
つみたてNISA日本国内で満20歳以上の人毎年40万円まで最長20年間公募株式投資信託 / 投資信託・ETF (金融庁が定めた諸条件を満たした金融商品のみ) NISAとの併用不可
ジュニアNISA日本国内の0〜19歳 (親権者が代理で資産運用を行う) 毎年80万円まで最長5年間公募株式投資信託 / 上場株式18歳まで資金を引き出せない

外国為替証拠金取引

「外国為替証拠金取引」は通貨の為替相場によって利益を狙う投資方法です。FX会社によって、最低取引通貨単位が決められており、数円から取引がはじめられるFX会社もあります。

またFXでは自己資金よりも大きな金額を取引できる最大25倍のレバレッジ取引が可能です。

そのため少額の自己資金でも、大きな金額を取引することで多額の利益も狙えます

ただしハイレバレッジは、投資金額以上の損失が発生する可能性もあるため、初心者はローレバレッジで少額取引からはじめるようにしましょう。

▶ 『初心者向けの資産運用情報まとめ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

よくある10万円資産運用のケース

どんなときに資産運用をするのでしょうか?ここではよくある資産運用のケースを3パターン紹介します。

子どもの教育費や住宅ローンを確保したい場合

子どもの大学進学費用などの教育費や、住宅購入時の頭金といったある程度決まった資金が必要な場合に、資産運用をはじめる人がいます。 一般的に教育費や住宅費用などは余過剰金ではないため、資産運用はしないほうがいいとされています

しかし使う時期が5年以上先の場合には、預貯金ではなく余裕金として資産運用にまわすのも1つの方法です

損失がなるべく発生しない低リスクの運用にまわすようにしましょう。たとえば元本が大きく減らさないような「低リスクのバランスファンド」がおすすめです。

低リスクのバランスファンドならば、投資先を分散するだけでなく相場変動に応じた配分変更や、買いポジションと売りポジションを組み合わせることで、相場が下落しても損失を抑えられます。

ただしバランスファンドでも、元本が減らない保証はありません。絶対に損失を出したくない資金は、運用しないようにしましょう。

老後資金を増やしたい場合

老後資金は、10年、20年先に必要なお金です。そのため余裕資金として時間をかけて資産を育てる人も多いです。

また長期での資産運用は利益が狙いやすいので、目先の変動によるリスクではなく、長期的な目線での利益も狙えます。

市場の動きが反映しやすい「インテックスファンド」は、10年以上運用を続けられる老後資金の運用において人気が高いです

低リスク型の投資と比べて、インデックスファンドは市場が暴落するとダメージが大きい反面、市場が回復し上昇すれば利益が得られます。

また保有中にかかる信託報酬などのコストも低いため、コストが節約できる点もメリットです。国内だけでなく海外の株式にもまとめて投資できるインデックスファンドもおすすめです。

リスク覚悟で貯蓄を増やしたい場合

大きな利益を獲得して貯蓄を増やしたい場合には、リスクの覚悟が必要です。

投資は一般的に「ローリスク・ローリターン」が推奨されがちですが、「ハイリスク・ハイリターン」が悪いわけではありません。

ただしハイリスクな状況をよく理解した上で、自分の許容範囲ならばハイリターンを狙ってもOKです

たとえば万が一損しても大きな痛手とならない少額の場合や、資金に余裕がある人はチャレンジしてみてもいいでしょう。

▶ 『仮想通貨のFX』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

10万円で行う資産運用に関するQ&A

10万円で行う資産運用に関するよくある質問を2つ紹介します。

初心者が10万円で資産運用を行う際のおすすめ方法は何ですか?

初心者が10万円で資産運用をするならば、以下の3つがおすすめです。

  • 投資信託
  • 株式投資
  • 海外積立投資

10万円の資産運用で利益は出せますか?

10万円で資産運用しても、利益を出すことは可能です

ただし、投資商品などによっても利回り率が異なります。また運用期間によっても利益は異なり、一般的に長期のほうが利益を出しやすいでしょう。

10万円で行う資産運用に関するまとめ

手元に10万円ある人は、貯金ではなく資産運用にまわしてみましょう

資産運用は高額なイメージを持たれやすいですが、投資商品には資金が0円から投資できる商品や低リスクの個人向け国債など1万円から資産運用できる商品などさまざまなタイプがあります。

商品によって、リスクや利回りなどの特徴が異なるため、利益だけでなく自分の投資イメージに合った商品を選ぶことがポイントです。

また10万円で資産運用する際には、近い将来必要となる資金ではなくあくまでも余裕資金や余過剰金から資金を捻出するようにしましょう

▶ 『資産運用のおすすめ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!