この記事のポイント
  • 30代の所得状況や資産状況について
  • 30代で資産運用をはじめるべき理由と将来設計
  • 30代におすすめの投資方法

こちらでは30代の所得状況や資産状況を、単身者と既婚者にわけてくわしくご紹介します

また30代が資産運用をはじめるべき理由や将来設計についても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

投資は積み立てや国債、太陽光投資などさまざまな方法があります。30代からはじめるおすすめの投資方法をご紹介しますのでこちらも参考にしてみてください。

30代の所得状況

こちらでは30代の所得状況についてご紹介します。

年収

30代の男女別と男女合計の年収は以下になります。

平均給与 (30~34歳)
30~34歳 (男性) 30~34歳 (女性)30~34歳 (合計)
470万円315万円410万円
平均給与 (35~39歳)
35~39歳 (男性)35~39歳 (女性)35~39歳 (合計)
528万円314万円448万円

30代前半の平均給与は、男女合計でみると410万円と平均的です

しかし30代後半の合計となると448万円とやや高めです。しかし30代の男女で見比べると、どちらも女性の方が給与が低い数値となっています。

30代後半になったときに男性が給与があがっているのに対して、女性はほぼ変わりません。

また30代後半になってから、 また給与階級別にみるともっとも多い層が「400万円以下から500万円以下」となります。日本の給与の平均値は400万円前後といわれているため、この統計はうなずけるでしょう。

貯金額

厚生労働省が公開している「国民生活基礎調査」があります。これによると、 平成28年の30代世帯における平均貯蓄額はおよそ400万円です

一見多いように感じますが、あくまで平均値となります。

令和元年の「30代における金融資産保有額」の平均額は529万円で、中央値は240万円となります。この調査は金融資産を保有していない30代も対象となっており、 貯金がある人ない人の差が顕著に出ています

平均値は1人でも給与の高い人がいると数値が高く出てしまう傾向があるため、より現実的にみるなら中央値をチェックするのがおすすめです。

中央値は合計から割って計算するのではなく、データとして出た中央の値をあらわしたものです。データに平均値しかない場合は、出ている平均値より少し低めに見積もるといいでしょう。

老後のために必要な資産は?

こちらでは老後のために必要な資産についてご紹介します。

単身者の場合

単身者が老後に必要といわれている貯金額は2,000万円です。一般的に夫婦2人で3,000万円といわれており、単身者であれば半分の1,500万円で十分と考えがちですが2,000万円の貯蓄があるのがいいといわれています。

これには理由があり、既婚者と違い単身者には子どもがいません。その点で将来困ったときに助けてくれる人がいないことを考えると、500万円程度は余裕を持たせる必要があるのです。

さらに現代では寿命が延びてきており、老後に老人ホームへの入所は介護士にお世話になるケースが増えています。

そうでない場合、ご近所づきあいや友人との交際費なども考慮しておく必要があります。

夫婦の場合

一方夫婦の場合は先述したとおり2人で3,000万円の貯金が必要といわれています。ただし夫婦の場合、3,000万円は足りないという意見も出ています。

単身者と比べ子どもがいる場合は、子どもが金銭的に助けてくれるケースもありますが、あてにし過ぎるのも危険でしょう。また既婚者の場合は、家のリフォーム費用も考慮する必要があります。

マンションの場合は月額で修繕費の積み立て立を行うところがほとんどですが、戸建ての場合はリフォーム時に多額の資金が必要です。

また 子どものケガや医療費など予期せぬ出費もあります

30代で2,000万円以上の貯金がある人はどのくらい?

老後に必要な貯金は2,000万円といわれていますが、 30代で2,000万円以上の貯金がある人は8.7%です

8.7%という数字は100人中9人いかないくらいの人間があてはまる計算になります。

思ったよりもコツコツと貯蓄している人は多いようです。その原因として30代前半と後半で男性の平均給与があがるからだと考えられます。

30代で資産運用をはじめるべき理由

こちらでは30代で資産運用をはじめるべき理由についてご紹介します。

将来設計

30代から資産運用をはじめるべき理由として将来設計があげられます

30代になると会社では中堅的なポジションになる人も多く、昇進や昇給とともに転勤になる人も多いです。

さらにスキルアップを狙う人であれば転職する人もいます。既婚者であれば、結婚式や妊娠・出産・育児とイベントが増えるでしょう。

イベントが増えると頭を抱えがちですが、見方を変えれば「将来必要なお金の目安がたっている」といえます。

長期投資が可能

30代になったらおすすめなのが長期投資です。 長期投資はリスクを押さえながら投資できるのがポイントです

短期投資はリスクが高く1度に損をする確率が高いので、イベントの多い30代にはおすすめしません。

また30代になると給与アップする人も多く、多少なりとも生活に余裕が出るでしょう。だからこそ手堅い長期投資がおすすめです。

すぐに増やそう」ではなく「これから少しずつ増えればいい」といった考え方が大切です。結婚して子どもがいる人ほど、将来設計が立てやすいのでさらに先のイベントに備えた投資を検討してみてください。

同じ30代でも全員の給与が増えるわけではありません。1番危険なのは、 生活費を削って資産運用に回すことです。これだけは避けるようにしましょう。

▶ 『長期投資』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

少額からの投資が可能

長期投資は少額からの投資が可能です。また積み立てのようにコツコツと行えます。

そのため少額からはじめたとしても目標金額に到達しやすいというメリットもあります。

少額から少しずつ投資することで、失敗しても損失が最小限におさえられます。また長期投資により、知識や経験を得ることにもつながります。

早いうちから投資をはじめると知識・経験を身に着けられ、40代50代であらたな投資をする際役立つでしょう

▶ 『少額投資』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

複利効果が期待できる

30代で投資するべき理由として複利効果が期待できる点があげられます。少ない金額だったとしても投資による利益があげられるのは強みです。

ゆっくりでも利益があがるとわかれば、さまざまな場面で役に立つでしょう。

ふとしたときにお金が必要になっても 長期投資による実績があれば気持ちに余裕が生まれます

30代で資産運用をはじめる際の注意点

こちらでは30代で資産運用をはじめる際の注意点についてご紹介します。

目標貯蓄額を明確にする

30代で資産運用をはじめる際は 目標貯蓄金額を明確にしましょう。目標貯蓄金額を明確にしないと、無茶な投資をして失敗する可能性が出てしまいます。

資産運用は低リスクから高リスクまでさまざまです。貯蓄金額に余裕がない人が、無理に高リスクな資産運用を行うのは大変危険です。目標を決めることで、焦らずゆとりを持って投資できます。

少額投資で無理なく資産運用を行う

30代が資産運用をする際は、少額投資で無理のない資産運用を行うようにしましょう。30代になると給与があがり、貯蓄金額も増える傾向にあります。

しかし貯金すべてを投資にまわすのは危険です。既婚者はもちろん単身者も家族がケガや病気になる可能性があるでしょう。

緊急時に使えるお金は残しておきましょう

最初は少額投資でも利益が出はじめた途端に欲張って貯蓄すべてを投資してしまう人もいます。利益が出ているからといって、焦ったり欲張って追加投資をしないように注意しましょう。

元本割れリスクを認識する

投資するにあたって元本割れのリスクは考慮しておきたいところです。投資はぜったいに利益があがるものではありません。どんなにリスクの低い投資でも、リスクそのものは存在します。

とくに少額投資はコツコツと利益を積み重ねていくものです。長期投資も同様ですが急に大きな利益にはなりません。

とはいえハイリスクの投資はもっと危険です。とくに短期間で大きな利益があがる投資は、大きく元本割れする可能性があります。

投資によって貯蓄したい目標金額などを考慮したうえで、投資方法や投資金額を決めるのがベストです

投資金額を設定する

投資金額を設定する際は「投資目的」「目標貯蓄金額」「投資金額」をあらかじめ決めておきます。

  • なぜ投資をはじめるのか?
  • 目標貯蓄金額
  • 投資にまわせるお金はいくらか?

この3つを決めておくと無茶な投資を回避できます。また子どもの学費や進学費など目的がはっきりしている場合は「いつまでに」といった期限を設定するのも1つの方法です。

どれくらいの人が30代で資産運用している?

30代で投資している人はどの程度いるのでしょうか。こちらでは日本証券業協会が行った平成27年の全国調査をご紹介します。

年齢別投資実施率
年齢株式投資信託
30~34歳9.7%4.6%
35~39歳12.6%7.3%

株式だけみても、全体の年齢層からすると保有率は低めです。30代後半から保有率があがっているのは、給与が増えて投資に回せるお金があるからでしょう。

投資信託にいたっては30代前半では5%を切っており、30代後半でも10%を切っています。

生活費を無理やり投資に回すのは危険ですが、余裕があるなら早めに投資をスタートしておくのが有利でしょう

資産運用先の選び方

こちらでは投資先の選び方をご紹介します。

支出と収入のバランスを考える

支出と収入のバランスを考えて投資先を選ぶようにしましょう。20代に比べて30代は給与もあがり、生活に余裕が出てくる人も多いです。

しかしイベントが多いのも30代の特徴です。
結婚」「妊娠・出産」「子育て」「マイホーム」「病気」こういったイベントが30代の方が多くなります。また知人の結婚式で「祝儀」が必要になるケースも多いです。

結婚や妊娠・出産はまだしも、病気は突然やってくるので注意が必要です。20代のときは無茶ができても30代では無茶がきかないため、普段どおりに生活していても体調を崩したという人もいます。

また子どもがすでにいる家ではマイホームの購入を検討しはじめる年齢といえます。

これら支出と収入のバランスを考慮し、かつ緊急時に使えるお金も残しておきましょう。

そのうえでいくら投資に回せるのかを検討してみてください

積立保険で貯蓄する

30代の投資先として積立保険を使った貯蓄がおすすめです。とくに家族がいる人ほど積立保険はいざというときに頼りになります。

積立保険は毎月コツコツと積み立てることでそこまで高くはありませんが利息がつきます。しかし銀行などに比べれば高い利息がつきます。

また 積立保険の種類によっては満期になるとお金が戻ってくるタイプもあります

長期的に積み立て可能かを考える

積み立てを行う場合は長期的にみて積み立て可能かを考えましょう。「株式投資」「FX」「暗号資産(仮想通貨)」など投資のスタイルによっては、こまめに管理しなくてはなりません。

投資や積み立ては副業として行うものです。そのため仕事・家事・育児などの本業をおろそかにしては、長く続かないでしょう。投資や積み立てはコツコツと長期的に続けることが大切です。

管理が少なく長期的にコツコツとはじめられるものとして、積み立て型の投資信託がおすすめです。とくに「個人型確定拠出年金」「NISA (少額投資非課税制度) 」などは少ない資産からはじめられます。

目安として月2,3万円程度から積み立て可能です。貯金の一種と思ってはじめるのがいいでしょう。また勤め先によって個人型確定拠出年金を導入しているところもあり、その場合は掛け金の追加もできます。

これにより将来受け取れる年金が増えますし、すでに会社で導入されているなら利用する方がお得です。

30代におすすめの資産運用方法

こちらではおすすめの資産運用方法についてご紹介します。

投資信託

投資信託は専門家にお金を預けて運用してもらうしくみです。専門家は投資家からあつめたお金を使って資産運用で利益をあげ、あがった利益を預けた分配します。

投資信託というとそれなりに大きな金額を預ける必要がある、資産家がやっているものという勘違いが多いです。実際は安い投資信託では数百円の少額投資からはじめられるものもあります。

ただし投資信託もメリットだけではありません。 投資信託における「手数料」や利益があがった際の「信託報酬」がかかります。30代の投資信託としては、これらのコストが低い投資信託がおすすめです。

株式投資

株式投資は知っている人も多いでしょう。 株とは企業が発行するもので「購入と売却」「配当金」といったかたちで利益をあげらるのが特徴です。購入と売却で利益をあげるには、差額に注目しましょう。

たとえばA社の株を「1株100円×10株=1,000円」購入したとします。売却したときは「1株110円×10株=1,100円」でした。すると利益は「100円」という計算です。

こうして売買した際の差額によって利益をあげるのが株です。配当金は株を保有しているともらえます。

現金」のほかに「株主優待」があり、保有する会社の施設やサービスを安く使えます。

不動産投資

不動産投資はマンションやアパートなどの不動産を所有し、そこに住む人から家賃をもらって利益を得る投資方法です。入居者が安定すると長期にわたり家賃収入というかたちで利益が得られます。

不動産は一見ハイリスク・ハイリターンに見えますが、ミドルリスク・ミドルリターンの投資方法といわれており、30代におすすめです。

しかし不動産という特性上、入居者がいないと先行投資した分を回収できません。またマンションやアパートなどの不動産は、 いずれリフォームや建て替えなどが必要になります

不動産投資を選ぶ場合は、これらを考慮したうえで物件を検討しましょう。

太陽光発電投資

太陽光発電投資は戸建のマイホームを持っている人や日当たりのよい土地があまっている人におすすめです。2019年6月に「太陽光発電の買取終了」という見出しで新聞に掲載され、世間を賑わせました。

しかしこれに対して資源エネルギー庁は「2009年から10年の固定買取制度がスタートしているため、早い投資家は2019年で終了するという意味」と回答しています。

10年の固定買取制度のため、永遠に投資できるわけではありません。しかし10年きっかりの投資ととらえるのもありでしょう。

買取価格は年々低下していますが、マイホームを持っている人は買取が終わったあとも自家発電として使えるのでおすすめです。

国債

安心安全に投資したい人には「国債」も人気があります。国債から得られる利益はほかの投資に比べたら少ないものの、安全かつ安心なのは間違いないでしょう。

また銀行に預ける利息に比べたら、やや高く設定されています。国債はその特性上「資産を守るための投資」ともいわれており、国の将来にもつながる投資です。

じつは普段銀行に預けているお金は、銀行により大部分のお金を国債の買い付けに使われています。銀行が行っている国債買い付けですので、銀行に預金を預けている人は利益を得られません。

それなら自分で購入する方が銀行より高い利息がもらえるため、お得といえるでしょう。また銀行に預けた場合はその銀行がつぶれると最悪お金が戻らない可能性もあります。それらを考慮しても自分で直接国債を買い付けた方が安心です。

定期預金

定期預金は20代からしている人も多い投資方法といえます。定期預金の利率はほとんど期待できませんが、なかなか貯蓄ができない人にはおすすめです。

さらに確定拠出年金を使った定期預金がお得です。確定拠出年金をとおして定期預金を行うと、 住民税が安くなったり所得税が還付されます

30代になって給与があがり所得税が増えた人は、かなり節税になるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)

資産運用として暗号資産(仮想通貨)もおすすめです。暗号資産(仮想通貨)はビットコインリップルイーサリアムなどたくさんの種類があります。

一般的な金融商品のなかでも、価格変動が大きいのが特徴です。日経平均株価が1日に数パーセントしか変動しないのに対して、暗号資産(仮想通貨)が1日に十数パーセント変動しても投資家はおどろきません。

暗号資産(仮想通貨)への投資では、この価格変動を利用して利益をあげます。株や投資信託は長期間で利益を上げるものですが、暗号資産(仮想通貨)は短期で利益を上げるものです。

しかし短期間で利益が上がる分損失のリスクも大きいと覚えておきましょう

▶ 『そのほかの資産運用の種類』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

30代向けの資産運用に関するQ&A

こちらでは30代向けの資産運用に関するQ&Aについてご紹介します。

おすすめの資産運用方法は何ですか?

専門家にお金を預けて資産運用する「投資信託」、企業の発行した株式売買や配当金目当ての「株式投資」、マンションやアパートの管理をする「不動産投資」の3種類が30代におすすめです。

コストが高い分ある程度安心なのが投資信託です。資産運用に自信がない人は、まずは専門家にあずけてみるのもいいかもしれません。

株式投資は売買による差額で利益を得るだけでなく、配当金や株主優待も視野に入れてみてください。不動産投資は一見難しそうですが、ミドルリスク・ミドルリターンの投資方法です。

資産運用を行ううえでの注意点は何ですか?

統計によれば30代になると給与アップすることで生活に余裕が出るといわれています。

しかしイベントごとが多くなるのも30代の特徴です。
結婚」「妊娠・出産」「子育て」「病気・ケガ」など、なかには予期せぬイベントもあるでしょう。

収支のバランスを考慮したうえでどの程度のお金を資産運用に回すのかを検討してみてください。

目標金額と時期を決めておくのも1つの方法です。また資産運用はかならずしも利益になるわけではありません。 元本割れを起こすケースもあると覚えておきましょう

投資先の選び方を教えてください。

収支のバランスから投資先を決めるのがおすすめです。収入から細かい支出も含め引いて残った金額のうち、どの程度を資産運用に回せるかです。無理に資産運用に回して生活を圧迫しないようにしましょう。

またどんな目的で投資したいのかも明確にしておきます。こうすることで資産運用による目標金額といつまでといった時期が決まります。
たとえば「10年後に子どもの進学資金にしたい」という目標であれば、無理に投資額を捻出する必要はなく、10年後に目標金額になるようコツコツ貯蓄していけばいいのです。

30代向けの資産運用に関するまとめ

30代向けの資産運用として「投資信託」「株式投資」「不動産投資」「太陽光発電投資」などをご紹介しましたが、収支のバランスと目標金額・時期を決めてから選ぶようにしましょう。

30代は人生のイベントが多く、その分「いつまでにいくら必要なのか」といった人生設計がしやすいのが特徴です。また無理な資産運用は続きません。

生活を圧迫しない程度に無理なく資産運用するのが、長続きさせるコツです

▶ 『資産運用』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!