• オーストラリアでは仮想通貨を資産として扱われるようになる

この記事のポイント

資本利得税としてを徴収か

オーストラリアの徴税局(ATO)は、仮想通貨を資産として分類しCGT(キャピタルゲイン税)を収集する。

「多くの他国と同様にオーストラリア機関内では仮想通貨をどのように分類にするかまだ議論の途中である」という見解を、オーストラリアの私用オンライン税務申告サービスの管理人であるリズラッセル氏は持つ。

しかし、その一方上級税務当局者はATOは仮想通貨を資産とみなすことを明確にしているという。
オーストラリア人は、仮想通貨売買を通じて得た利益に対しCGT税を支払わなければならない。例えば、2,000ドルで買い20,000ドルで売却すれば、18,000ドルの利益はCGTの対象となる。
米国の国税庁(IRS)も仮想通貨の取引は資産の取引と同様に扱われる。

情報取集目的か

オーストラリアの徴税局(ATO)は「とてつもない情報量の照合機能」を所持し、納税者が仮想通貨所得を正式に報告しているかどうかを確認ができるとラッセル氏は指摘した。

仮想通貨サービス提供者が「顧客の身元確認、取引監視、疑わしい活動や現金$ 7,755以上の活動を報告する」ための情報収集をできるよう近年の国の傾向の一貫として促進させている。