今回は「分散型取引所」について解説します。

分散型取引所は一般的な仮想通貨取引所とは性質が異なり、 日本にはあまりないタイプの取引所です。取引所の特徴や使用する上でのメリット・デメリットを確認し、一般的な取引所と上手く使い分けましょう。

分散型取引所 (DEX) とは?

分散型取引所は、ブロックチェーン技術をベースに運用されている仮想通貨取引所です。

分散型取引所はDEXとも呼ばれています。DEXは「Decentralized Exchange」の略称で、Decentralizedつまり「分散型」の取引所です。DEXはDAppsの一種で、イーサリアムのブロックチェーン技術をベースに運用されています。

editTIPS
DApps
管理者を必要としない、自動運用されている非中央集権のアプリ。公開・暗号化されたブロックチェーンを利用しており、仕様変更は利用者全員の同意のもと行われる。また独自の通貨を発行し、利用者に配布している。

分散型取引所 (DEX) の特徴

それでは分散型取引所の特徴について解説します。まず分散型取引所と一般的な取引所の違いについてまとめた表が下のものになります。

項目一般的な取引所DEX
中央管理者いるいない
秘密鍵の管理取引所ユーザー自身
KYC不要

一般的な取引所では中央管理者の運営がいるため、秘密鍵の管理を行うのは運営です。

しかし分散型取引所は一般的な取引所と違って、中央管理者がいません。分散型取引所では管理者がいないので、 秘密鍵の管理はユーザー自身が行っています

また分散型取引所を利用するとき本人確認 (KYC) が不要で、一般的な取引所より比較的スムーズに利用可能です。

分散型取引所では取引所のブロックチェーンネットワークに接続しているユーザー、つまり投資家同士が直接取引しています。取引履歴をブロックに記入するので、管理者なしでも不正なく取引が可能です。

分散型取引所 (DEX) のメリット

分散型取引所のメリットから解説します。分散型取引所にはいくつかのメリットがあるので、内容を押さえて上手く利用しましょう。

ハッキングリスクが少ない

分散型取引所では、イーサリアムのブロックチェーン技術を利用して運営されています。 分散型取引所はブロックチェーンネットワークに接続しているノード、つまり投資家全員が相互的に繋がり、取引情報の共有・監視している取引所です

各投資家が同じ情報を共有しているため、万が一1人がハッキングにより取引データ削除・改ざんされても、他の投資家全員が取引情報のバックアップ・整合性の確認をできます。しかし一般的な取引所では運営が取引情報を一括管理しているので、取引所のサーバがハッキングによりダウンすれば復旧は困難です。

以上の点から、 分散型取引所は一般的な取引所よりもハッキングリスクが少ないといえます

高額な手数料を取らない

分散型取引所では投資家同士が情報の管理をしているので、存在しない運営に手数料を支払う必要がありません。

KYCが不要

分散型取引所では本人確認が必要ないため、スムーズに仮想通貨取引を行えます。

一般的な取引所では本人確認が必要なので、本人確認完了を通知するハガキが届くまで待たなくてはいけません。口座開設から取引開始までラグがあるので、待っている間にチャンスを逃してしまいます。

しかし分散型取引所なら 即日取引を開始できるため、チャンスを逃しません

常に取引が可能

分散型取引所では年末年始・お盆問わず、24時間365日稼働しています。そのため分散型取引所は、いつでも仮想通貨取引可能です。

分散型取引所 (DEX) のメリット
  • ハッキングリスクが少ない
  • 高額な手数料を取らない
  • KYCが不要
  • 常に取引が可能

分散型取引所 (DEX) のデメリット

分散型取引所のデメリットも解説します。分散型取引所を利用する前にデメリットを確認し、一般的な取引所と上手く使い分けましょう。

流動性が低い

分散型取引所はできて間もない取引所なため、利用する投資家が一般的な取引所よりも少ないです。仮想通貨の取引が成立しづらいので、必要に応じて一般的な取引所も併用しましょう。

全てが自己責任

分散型取引所には中央管理者である運営がいません。

情報は全て投資家が管理しサポートもないため、 問題が発生しても全て自己責任です。もちろん保証もないので注意しましょう。

プラットフォーム上の通貨しか利用できない

イーサリアムのブロックチェーンをベースに運営しているので、イーサリアムやアルトコインペアでの取引しかできません

取引できる仮想通貨の種類に偏りがあるため、一般的な取引所を併用して仮想通貨を取引しましょう。

分散型取引所 (DEX) のデメリット
  • 流動性が低い
  • 全てが自己責任
  • プラットフォーム上の通貨しか利用できない

代表的な分散型取引所 (DEX)

2019年9月時点で存在する分散型取引所の中から、代表的な取引所について解説します。

最近では海外大手取引所「BINANCE」が分散型取引所の開発に着手しているため、 今後分散型取引所がオープンされる予定です。大手仮想通貨取引所が分散型取引所をオープン予定なので、注目を浴びています。

EtherDelta

EtherDeltaはイーサリアムが基軸通貨の取引所で、イーサトークンのERC20トークンが多く取り扱われています。

取り扱っているトークンの数が豊富なため、イーサトークンを保有する投資家の間で有名です。またICO直後の仮想通貨が取り扱われやすいため、 ICOで一攫千金を狙う投資家からも人気があります

イーサリアムのウォレット「MyEtherWallet」を同期させて、仮想通貨取引を行う取引所です。

editTIPS
ERC20トークン
イーサリアムのブロックチェーン上で新規にトークンを発行する時に採用される統一の規格のこと。「Ethereum Request for Comments: Token Standard #20」の略。

0x

0xは分散型取引所の名称で、ゼロ知識証明技術の「STARK technology」を採用している取引所です。

STARK technologyは「スケーラビリティ問題の解消・プライバシーの保護・知識不要・透明性」を兼ね備えた技術のため、0xでは取引情報の処理速度が維持されています。

以上の技術を採用しているのでStarkDEXと呼ばれており、より安定した仮想通貨の取引を目指している取引所です。

KyberNetwork

KyberNetworkでは無駄な機能が省かれており、直感的に取引所を利用できる仕組みになっています。

MyEtherWalletと取引所を同期させると利用可能です。KyberNetworkはイーサリアムの開発者ヴィタリック・ブテリン氏がアドバイザーなことでも知られています。

Bancor

Bancorは 仮想通貨の両替所として知られている分散型取引所です。利用している投資家の売りや買いがなくても取引が成立するため、分散型取引所で課題とされている流動性問題を解決しています。

またBancorは仮想通貨のゲームで取り扱われている、ゲーム内トークンを取り扱っている取引所としても有名です。

代表的な分散型取引所 (DEX)
  • EtherDelta
  • 0x
  • KyberNetwork
  • Bancor

分散型取引所 (DEX) の今後の課題や懸念

分散型取引所はまだまだ多くの課題を抱えている取引所です。多くの仮想通貨投資家が懸念している内容を解説します。

低い流動性

分散型取引所は一般的な取引所に比べて新しく、 認知度が低いため利用するユーザーが少ないです

そのため取引板が薄く、仮想通貨の取引が成立しづらくなっています。Bancorのように流動性問題を解決している取引所が、続々と開設されているので、今後低い流動性は解決されるでしょう。

UI/UX

分散型取引所はシンプルなデザインの取引所が多いです。使いやすい取引所もありますが、MyEtherWalletなどを使用する必要があるため、 仮想通貨投資の初心者にとって使いづらくなっています。またシンプルなため目新しさがなく、使っていて飽きやすいです。

BINANCEが分散型取引所の開発に着手しているので、新しくオープンする取引所に期待しましょう。

分散型取引所 (DEX) の未来

分散型取引所は海外の大手取引所がオープン予定のため、多くの仮想通貨投資家が期待しています。今後分散型取引所が、どのようにして「流動性の低くさ・UIUXの改善」を行っていくのかに注目が集まります。

一般的な取引所ではハッキングが相次いでいるため、ハッキングリスクの少ない分散型取引所の発展に注目です。

現在分散型取引所の抱えている問題が解決されれば、 一般的な取引所に取って代わる可能性もあります。従来の取引所とは使い方が異なるので、今のうちに分散型取引所の使い方を確認しておきましょう。

editTIPS
BINANCE (バイナンス)
BINANCE (バイナンス) は取引量が世界最大級の海外取引所。2017年に急成長を遂げた。80種類以上もの通貨を取り扱っている。

まとめ

分散型取引所は、イーサリアムのブロックチェーン技術をもとに運用されています。

全ユーザーが取引情報を共有・監視し合っているため、ハッキング攻撃によるリスクが少ない取引所です。 しかし利用しているユーザーが少ないので、今後どのように流動性を改善するのかに注目が集まっています。また分散型取引所は取引所の使い方が分かりづらく作りがシンプルなため、UI・UXが低いです。流動性だけでなくUI・UXが改善される様子にも注目してみましょう。

分散型取引所が発展すれば、ハッキングによる仮想通貨流出の被害が減ります。ハッキング対策も現状の仮想通貨市場では大きな課題のため、分散型取引所の発展を見守りましょう。

まとめ
  • 分散型取引所はハッキングによるリスクが少ない
  • 分散型取引所は新しい取引所なので課題が多い
  • 海外大手取引所BINANCEが分散型取引所の開発に着手している
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!