本記事では「ハードウェアウォレット」について解説します。 仮想通貨の秘密鍵を保管するハードウォレットについて、特徴・メリット・デメリットについて確認しましょう

またハードウェアウォレットにも様々な種類があるので、おすすめのハードウェアウォレットも解説します。

仮想通貨のハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットは、仮想通貨の秘密鍵を保管するウォレットです。他にはパソコン上で管理するデスクトップウォレットや、秘密鍵やアドレスを紙に印刷するペーパーウォレットなどもあります。

ハードウェアウォレットはUSBタイプのものが多いです。ハードウェアウォレットでは、仮想通貨の秘密鍵を完全オフラインで管理します。 ネットに接続するのは仮想通貨を送金するときのみで、ハードウェアウォレットをPCにさして使用する仕組みです

保管に対応している仮想通貨はハードウェアウォレットにより異なるため、購入するときは注意しましょう。

主に開発元の正規店やAmazonなどで購入できます。ただ中古品は仮想通貨の盗難リスクが高いので、なるべく正規店から購入してください。初期設定済みのハードウェアウォレットには、絶対アクセスしないようにしましょう。

editTIPS
秘密鍵
所有している仮想通貨が、自分のものであるということを証明するための暗号。対義語は公開鍵

ハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットのメリットを解説します。メリットを確認して、他のウォレットと上手く使い分けましょう。

セキュリティの高さ

ハードウェアウォレットは仮想通貨を送金するとき以外、ネットからは遮断されています。通常時はオフラインのため、ハッキングされるリスクが低いです。

常時ネットに接続されているソフトウェアウォレットやモバイルウォレットより、比較的安全に仮想通貨を保管できます。

また、ハードウェアウォレットにはPINコードを設定できるものがあり、万が一紛失してもPINコードを知らなければ仮想通貨を引き出せません。紛失による仮想通貨の流出リスクも、しっかりカバーされています。

editTIPS
PINコード
機種変更やメールアドレスの変更など、新しいメールアドレスにてアプリを引き継ぐ際に、登録していたパスワードを忘れてしまい、メールアドレスの変更もパスワードの変更も行なえない場合に必要となるコード。

種類が豊富

ハードウェアウォレットは、保管に対応している仮想通貨の種類が豊富です。モバイルウォレットに比べて保管できる仮想通貨が多いので、より多くの仮想通貨を保管したい方におすすめします。

持ち運びが簡単

ハードウェアウォレットは形状がUSBメモリで、小さく持ち運びが簡単です。肌身離さず持ち歩けるので、しっかり身につけていれば盗難のリスクは軽減させられます。

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウェアウォレットにはデメリットもあるので、内容を確認し他のウォレットと上手く使い分けてください。

値段が高い

ソフトウェアウォレットやペーパーウォレットなどは無料なのに対して、ハードウェアウォレットは比較的高価な商品が多いです。

安くて7,000円程度で、高いハードウェアウォレットなら2万円前後で販売されています。

使い方が複雑

ハードウェアウォレットは取り扱い方法が複雑です。パソコンに専用のソフトウェアをインストールしたり、仮想通貨を送金・受金したりしなければなりません。

そのため普段からパソコンを使い慣れていない方や、仮想通貨の送金・受金しない方にとって、ハードウェアウォレットは使いづらいです。

故障

ハードウェアウォレットはソフトウェアウォレットとは違って、物理的な仮想通貨ウォレットです。万が一落としたり踏んだりして破損させると、仮想通貨が引き出せなくなります。

ただハードウェアウォレットにはリカバリーフレーズがあるので、フレーズを保管していれば復元可能です。しかし、 リカバリーフレーズを第三者に見られると、ウォレット内に保管している仮想通貨を盗まれる可能性もあります

リカバリーフレーズの管理には十分注意しましょう。

おすすめのハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットにもいくつか種類があるので、特に有名なウォレットの特徴を解説します。

特徴を確認して、自分にあったハードウェアウォレットを利用しましょう。

Ledger Nano S

対応通貨BTC/BCH (BCC) /ETH/XRP/LTCなど約1200種類
主な特徴リカバリーフレーズ/PINコード/ディスプレイ/マルチアプリケーション
価格相場9000円前後

Ledger Nano SはUSBメモリと同じような形状で、小さく持ち運びが楽です。

そして保管対応している仮想通貨の種類は約1200種類と豊富で、リップルにも対応しています。 リップルの保管に対応しているハードウェアウォレットは珍しいので、リップルの投資家から愛されているハードウェアウォレットです

またLedger Nano Sはセキュリティが強固で、より安全に仮想通貨の秘密鍵を保管できます。

Ledger Nano Sにはディスプレイが埋め込まれているので、画面を見ながら仮想通貨の送金・受金を確認できる仕組みです。

料金は9,000円前後で、ハードウェアウォレットの中でも安い部類といえます。

LedgerNanoS ホームページはこちら

TREZOR

対応通貨BTC/BCH (BCC) /ETH/XEM (NEM) /LTCなど約1100種類
主な特徴ハードフォークへの対応が早い/PINコード
価格相場1万円前後

TREZORは野球のホームベースを細長くしたような形をしており、付属のケーブルを使ってパソコンと接続します。

大きさは小さくて持ち運びが便利で、Ledger Nano Sとほどんど変わりません。そして保管できる通貨は約1,100種類と豊富で、仮想通貨ネムの保管にも対応しています。

またTREZORは仮想通貨のハードフォークへの対応が早いので、安心して利用できます。価格は1万円前後と高めです。

TREZOR ホームページはこちら

まとめ

仮想通貨のハードウェアウォレットは価格が高いです。しかし仮想通貨の秘密鍵をより安全に保管したいなら、オフラインで保管できるハードウェアウォレットをおすすめします。

ハードウェアウォレットは対応通貨の種類が多いです。そしてPINコードによるロックや復元コードに対応しているので、万が一本体を落としても仮想通貨を盗まれるリスクが抑えられます。

また復元を逆手にとってAmazonに中古品を流し、仮想通貨が保管された時点で復元させる盗難被害も多発しているので注意しましょう。ハードウェアウォレットを購入するときは、なるべく正規店から購入してください。

まとめ
  • ハードウェアウォレットはなるべく正規店から購入する
  • ハードウェアウォレットはオフラインで秘密鍵を保管できる
  • ハードウェアウォレットは保管に対応している通貨の種類が多い
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!