仮想通貨の取引を行いたいけど、どこで取引を始めたら良いかわからない。仮想通貨を始めたばかりのころはそんな悩みがあるのではないでしょうか。

本記事では、仮想通貨初心者向けに、買い方・売り方、おすすめの販売手法をご紹介します

販売所と取引所の違い

仮想通貨取引所には基本的に2通りの購入方法があります。それが、「販売所」と「取引書」

一見同じような雰囲気ですが、内容は異なります。それぞれの特徴を解説いたします。

まず「販売所」は仮想通貨を買い手と売り手が直接売買できる場所です。言わば仮想通貨の「売店」ようなもの。CoincheckGMOコインが代表的な販売所です。

それに対し、「取引書」は仮想通貨をお客同士が「板」を使って購する「市場 (バザー) 」のようなもの。買い手と売り手の間に、不動産取引で言う所の仲介業者があるようなイメージです。

両者の大きな違いは 「取引相手」と「注文方法」の違いになります。

どちらがオススメ?

初心者にとっては、「じゃあ、どっちを選べばいいの?」という疑問が生じるかもしれません。

あくまで目安ですが、長期的に見るのなら取引所で購入し、短期的に見るのなら販売所がよいでしょう。

なぜなら、販売所は仮想通貨を早く確実に手に入れることができるからです。

最初のうちは手続きが面倒に思うかもしれません。しかし早く手に入れることができる反面、値段が高いです。長期的に儲けようとするには相場の上昇を待つ必要があります。また手数料も多く取られます。

取引所は断然販売所に比べて安く購入できるので、 価格面でいうと取引所がおすすめです

取引手数料が圧倒的に安い取引所

先に述べた通り、取引所は手数料が圧倒的に販売所に比べて安いです。

そのためお得に購入したいのなら、圧倒的に取引所が良いでしょう

取引書ではユーザー同士が購入したい金額をすり合わせ、お互いのニーズが一致した時に売買が成立する仕組みになっています。

そのため価格設定がなく、販売所のように手数料が大きくなる心配もありません。

取引所での仮想通貨の買い方・売り方

取引所で仮想通貨を売買するためには、まず取引所選びを行います

その取引所を選択するかは非常に重要です。その後、登録してきます。次に日本円を入金します。

銀行口座・コンビニ入金・クイック入金から選びます。

そこまで完了すると後は取引所の「板情報」を確認して仮想通貨を購入する、という流れになります。

まとめ

仮想通貨の購入方法や「販売所」と「取引所」の違いなどを解説してきました。いかがでしたでしょうか。

仮想通貨初心者のうちはどこから通貨を購入すれば、一番お得なのか疑問に感じることもあるでしょう。

トータルで見ても仮想通貨は取引所で購入するのがお得です

取引所も登録方法や購入方法は場所により異なりますので、自分にあった用途で使用しましょう。

まとめ
  • 「販売所」と「取引所」の違いを理解しよう!
  • 仮想通貨を売買するなら取引所がおすすめ
  • 取引所での買い方・売り方を理解しよう!
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!