「仮想通貨を始めたいけど、出来ればリスクは避けたい…」 と考えてはいないでしょうか。たしかに投資をする以上は損はしたくないですよね。

そこでこの記事では、取引する際の注意点を3つご紹介します

仮想通貨の注意点1 余剰資金で行うようにする

仮想通貨は一瞬で数百万円のデータが0になる危険性をはらんでいます。そのため余剰資金での運用をおすすめします。

月々の収支を管理し、自分の責任の負える範囲のお金でスタートするのがおすすめです

長期的にみれば右肩あがりの仮想通貨。ですが短期的に見ると値段の上下が激しいです。

損をしたからと借金してまで仮想通貨を購入するのはやめましょう。最悪の場合、借金で生活が立ち行かなくなる場合があります。

editTIPS
余剰資金とは
余裕資金とも言い、手持ちの資産のうち、生活費や非常時に必要とされるお金を差し引いた資金で、当面使う予定がないお金のこと。または、減ってしまったり、無くなってしまっても、それほど生活に影響を与えないお金のことを指します。

仮想通貨の注意点2 慣れないうちはレバレッジ取引に手を出さない

慣れないうちはレバレッジ取引に手を出さないのが賢明です。

レバレッジ取引とは担保金をもとに実際に持っている金額より大きいお金を動かせる取引のこと。

たとえば1万円の証拠金をもとに、10万円の仮想通貨を動かすことができます。

ですが損失が大きくふくらんだ場合、証拠金以上の負債を背負う可能性があります。

一方で現物取引では、投資額以上の損失は出ません。1万円を入金したら、1万円分の仮想通貨しか購入できないからです。

初心者の方はまずは現物取引をやってみましょう。

仮想通貨の注意点3 怪しい団体などには関わらない

仮想通貨をやる以上、以下のような気持ちを持つのは自然です。

・できるなら損したくない
・自分の買った仮想通貨をもっと詳しく知りたい
・値段があがる仮想通貨を知って儲けたい

ですがなかには初心者の気持ちにつけこみ、高額な情報商材を売りつけてくるセミナーもあります。

またMLM (マルチ・レベル・マーケティング) やネットワークビジネスの片棒を、知らないうちに担がされていることも。

最悪の場合、逮捕されることもあります

セミナーに参加するのは知識を吸収するときの方法として大いにありです。

運営母体や登壇者を事前に調べて、不審点が残るものは行かないといった対応が必要です。

まとめ

「怖そう……」 と感じたのなら、危機意識を持っている証拠。仮想通貨はリスクなく稼げる魔法の通貨ではありません。

「絶対」 や 「損しない」 ことはどれだけ優秀な投資家でもあり得ません。

ですが仮想通貨の知識を身につけながら、自分のできる範囲で運用を続けることで成果を出している人もいます

リスクを認識して安全な仮想通貨取引を始めてください。

まとめ
  • 0になっても大丈夫なお金から始める
  • 初心者におすすめの取引は現物取引
  • 信頼できる団体や取引所を利用する
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!