本記事では「仮想通貨のレンディング」について解説します。取引所やウォレットに仮想通貨を眠らせている方は、少なくないでしょう。

マイニングを行っていれば、仮想通貨を保有しているだけで資産が増えます。しかし、 売り相場を待って放置しているだけでは、一向に資産が増えません

仮想通貨のレンディングについて知り、眠らせている資産を有効活用しましょう。

仮想通貨のレンディングとは

仮想通貨のレンディングは文字通り、仮想通貨を他の投資家に貸し出すサービスです。金利を設定し一定期間仮想通貨を貸し出すので、何もしなくても資産が増え続けます。仮想通貨のレンディングは取引所で手続きを行えば、サービスを利用可能です。

仮想通貨レンディングの仕組み

取引所レンディングの仲介
借りたい人レバレッジ取引をしたい人
貸したい人借りたい人に資産を貸し出す

仮想通貨レンディングの仕組みを解説します。仮想通貨のレンディングは取引所が仲介し、借りたい人と貸したい人をマッチングさせるシステムです。

海外取引所では、投資家同士が直接資産の貸し借りをしています。資産を借りた人は借りた資産で何をするのかというと、レバレッジ取引を行っています。レバレッジ取引では資産以上の金額を動かし、仮想通貨取引が可能です。

資産以上の資金は、レンディングで貸し出された仮想通貨を利用しています。資産を借りた人は得た利益から金利を支払い、貸した人は金利から利益を得る仕組みです。

editTIPS
レンディング
自分の保有している仮想通貨を一定の期間貸し出すことによって、利息による利益を得る仕組み。

仮想通貨レンディングのメリット

仮想通貨のレンディングには、いくつかのメリットがあります。メリットを確認し上手く利用しましょう。

利用していない通貨を貸すだけで利益が得られる

仮想通貨のレンディングで資産を貸す側は、金利を設定して資産を貸し出すだけです。 設定した金利分の資産がもらえるので、資産を眠らせるより有効利用できます。仮想通貨の投資に自信がない方でも、レンディングを行えば資産を増やせるので利用しましょう。

時間がなくてもできる

仮想通貨のレンディングなら、投資に費やす時間がなくても資産を増やせます。サラリーマン・学生・主婦の方など、投資に費やす時間がない人向けのサービスです。

金利は銀行より高い

仮想通貨のレンディングで設定できる金利は、銀行の金利よりも高いです。 銀行の金利は0.01%に設定されているので、100万円を預金しても100円しか金利をもらえません

しかし、仮想通貨のレンディングは、金利が5%に設定されています。レンディングで得られる金利は、銀行で設定されている金利の500倍です。

安定している

国内取引所で利用できるレンディングは、取引所が仲介となりサービスが提供されています。 取引所が仲介に入っているので、借りた投資家は資産を持ち逃げできません

そして、借りた人・貸し出した人・金利などについて取引所が管理しているので、不正も起こりづらいです。国内取引所のレンディングサービスは取引所がしっかり管理しているので、不正が起こらず安定したサービスを受けられます。

仮想通貨レンディングのデメリット

仮想通貨のレンディングにはメリットだけでなく、いくつかのデメリットもあります。国内取引所でサービスを受けるなら、デメリットも確認し上手く利用しましょう。

貸し出し中は利用(送金や売却)できない

仮想通貨レンディングで貸し出した資産は、一定期間中送金したり売却したりできません。 全く動かせなくなるので、急に価格が下落しても貸し出した資産は扱えない仕組みです。もちろん途中解約もできます。しかし違約金が発生するので注意しましょう。

取引所でレンディングサービスを利用する場合は、中途解約が可能かどうか・貸出期間を確認してください。

貸し出し中に取引所が倒産すると戻ってこない可能性がある

仮想通貨のレンディングでは、仲介している取引所の倒産リスクがあります。 仮想通貨に関する法整備で取引所が登録制になった現在では、取引所の倒産リスクが減少しました。しかし、倒産する可能性がゼロではないため、経営が不安定な取引所ではレンディングサービスの利用に注意しましょう。

特に海外取引所は、運営元がはっきりしていない場合もあります。いつ取引所が閉鎖されるかわからないので、なるべく信用できる取引所でレンディングサービスを利用しましょう。

国内で利用可能な取引所が少ない

仮想通貨のレンディングサービスを提供している取引所は、数が多くありません。ただレンディングサービスを行っている取引所は大手ばかりのため、安心してレンディングサービスを受けられます。

国内でレンディングサービスを行っている取引所は3つあるので、自分に合った取引所を利用しましょう。

仮想通貨レンディングが利用できる国内取引所一覧

仮想通貨レンディングが利用できる国内取引所の、特徴や金利などを解説します。

国内で仮想通貨のレンディングを行っているのは、3つの大手取引所です。

bitbank (ビットバンク)

金利3~5%
取扱通貨BTC
貸出期間1年
貸出可能数量1~25BTC
中途解約可能
解約手数料5%分の手数料
返還までの期間契約期間満了後10日以内

仮想通貨のレンディングサービスを提供している取引所で、最も有名なのがbitbankです。bitbankでは金利3~5%に設定可能で、ビットコインのみレンディングで利用できます。貸出期間は1年と、他の取引所に比べて長めです。

貸し出し数量は1BTCからと多額で、一般の投資家向けではないといえます。そして中途解約はできますが、5%の手数料が必要です。

また解約後から10日以内に返金する必要があります。bitbankのレンディングサービスは募集期間が決まっているので、取引所のお知らせを確認しましょう。

 

GMOコイン

金利5%
取扱通貨BTC/BCH/ETH/XRP/LTC
貸出期間90日
貸出可能数量10~200BTC
中途解約可能
解約手数料貸出期間 × 期間 × 利率 ÷ 365
返還までの期間契約期間満了当日

GMOコインのレンディングは、最低10BTC以上からと高額です。bitbankと同じく、大口投資家向けのサービスといえます。レンディングサービス対応の仮想通貨が多めで、貸出期間も90日と短めです。

また中途解約できますが、当日返還する必要があるので注意してください

 

Coincheck (コインチェック)

金利1~5%
取扱通貨BTC/BCH/ETHなど13種類
貸出期間14日/30日/90日/365日
貸出可能数量最低10万円分から
中途解約不可
返還までの期間満期日翌日から6営業日以内

Coincheckは中途解約ができない分、貸し出し可能数量が10万円分からと安めに設定されています。そして、貸出期間も最短14日から選べるので、Coincheckは気軽にレンディングサービスを利用できる取引所です。

取り扱い通貨も13種類と豊富なため、レンディングサービスを受けやすくなっています。

 

まとめ

仮想通貨のレンディングサービスを利用すれば、時間をかけずに資産を増やせます。そして金利も銀行より高いので、資産を眠らせるくらいならレンディングサービスを利用してみましょう。

ただ、仮想通貨のレンディングには、いくつかリスクもあります。貸出分は資産を動かせなかったり、取引所が倒産したりするリスクもあるので、メリットだけでなくデメリットも確認しておきましょう。

まとめ
  • 仮想通貨のレンディングを利用すれば時間をかけずに資産を増やせる
  • 仮想通貨のレンディングで貸し出している資産は一定期間動かせない
  • 仮想通貨のレンディングサービスを提供している国内取引所は3箇所ある
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!